千種区池下の歯医者 阿部歯科 副院長の阿部利晴によるブログで、アメリカの歯科医療についての事情等を載せています。

東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近くの歯医者
診療案内
副院長ブログ

当院副院長からのお知らせ、出来事のご紹介です。

虫歯と蓄膿症(副鼻腔炎)

蓄膿症というと聞き覚えがあるかもしれませんが正式には副鼻腔炎とい病名がつきます。副鼻腔という体の中の部位が炎症を起こしているのでこのような病名がついています。この副鼻腔炎ですが、虫歯によって引き起こされる場合もあります。虫歯と副鼻腔炎(蓄膿症)はどのような関係があるのでしょうか

副鼻腔とは

まず、副鼻腔とは何でしょうか?この部位は鼻の内部に交通している頭蓋骨にある空洞の部位名称なのですが、この副鼻腔とは4種類の空洞の総称となっています。なぜこのような空洞が鼻の横に交通しているかという理由には声の反響に関わっているとか、頭の重さを軽くするためとか色々言われていますがはっきりとは分かっていないようです。この空洞の中の粘膜に炎症が起きた状態が副鼻腔炎と呼ばれる状態です。

虫歯と副鼻腔炎

この副鼻腔ですが、その中の一つの上顎洞という部位が丁度上の奥歯の根っこの先端付近に位置しています。そのため歯が虫歯になり神経が細菌に感染してその感染が歯の根の先端まで到達するとその細菌感染がそのままに上顎洞まで達してしまう場合があります。こうなると上顎洞に炎症が起きて時には強い痛みや腫れがもたらされる場合があります。こうなると元々の感染源である歯の細菌感染をどうにかしないといけなくなります。この状態が虫歯によって副鼻腔炎(特に上顎洞炎)が引き起こされた状態です。歯が原因で副鼻腔炎が引き起こされる以外にも鼻の粘膜から感染が起こり副鼻腔炎(蓄膿症)になる場合もありますが、この場合は耳鼻咽喉科の領域となります。

歯から上顎洞に炎症が起きた場合を「歯性上顎洞炎」と呼び、鼻から上顎洞に炎症が起きた場合を「鼻性上顎洞炎」と呼びます。そのため、歯が原因なのか、鼻の側が原因なのかで治療方法が大きく変わってきます。歯から上顎洞炎が起きた場合は比較的片側に起きる場合が多く、鼻が原因の場合は両側に起きる事がしばしばです。しかしながら、実際にはレントゲンを確認して歯が虫歯になっていないか、歯の根の先端まで炎症が到達してないか、という事をしっかり調べる必要があります。この歯の虫歯によって副鼻腔炎が起きる状態は上の歯に虫歯ができた時に特有の話なので、下の歯に虫歯ができた場合はまた別の話となります。

歯性上顎洞炎.jpg

歯科と耳鼻咽喉科の領域をまたいで副鼻腔炎が起きる場合があるので耳鼻咽喉科のお医者さんから歯科に紹介が来ることもありますし、逆に歯科から耳鼻咽喉科に紹介をする事もあるのですね。いずれにせよ炎症が起きた原因の部位を明らかにして診断する事がとても大切となります。

※※※ 池下の歯医者 阿部歯科 ※※※

現在、医院建物の改装中につき、固定電話が繋がらなくなっております。
求人等に関するご連絡は、下記携帯番号までお願いいたします。(原則メールにてご連絡ください)
採用担当:阿部 090-3300-5882
診療時間
月~金
10:00~14:00 / 16:00~19:30
土・日
9:30~13:00 / 15:00~18:00
休診・・・祝日

医院情報


阿部歯科

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

TEL:052-751-0613
※現在、医院建物の改装中につき、固定電話が繋がらなくなっております。
求人等に関するご連絡は、下記携帯番号までお願いいたします。(原則メールにてご連絡ください)
採用担当:阿部 090-3300-5882

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

Copyright © 阿部歯科医院. All Right Reserved.
Web Management Exe.
お問い
合わせ
ページ
最上部へ
TOP
PAGE