千種区池下の歯医者 阿部歯科 副院長の阿部利晴によるブログで、アメリカの歯科医療についての事情等を載せています。

東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近くの歯医者
診療案内
副院長ブログ

当院副院長からのお知らせ、出来事のご紹介です。

抜歯時の麻酔の後の注意点

 歯科治療の際に齲蝕の除去や抜歯を行うために局所麻酔をする事がありますが今回は局所麻酔をして治療を終えた後の注意点についてお話をしようと思います。

治療終了後に

局所麻酔をして治療を終えた後もおおよそ2〜3時間ほど麻酔の効果が持続します。時間とともに効果は薄れてきますが歯肉の感覚や頬の感覚がしばらく薄れたままになります。そのため、治療終了後に注意をしないといけない点の一つに食事があります。口腔内に麻酔の効果が残ったまま食事をすると頬を噛んでしまう可能性があり、痛みに対する感覚も鈍っているため頬を噛み続けても気がつかない場合があります。そのため局所麻酔を行なった処置の後は麻酔の効果が薄れる2時間ほどまではあまり食事をしない方がいいと言えます。食事をする必要がある場合は上に書いたように気がつかずに頬を噛んで傷つけてしまう可能性があるため注意深く食事をする必要が出てきます。

食事の際の注意事項の1つに口に含んだ飲み物がこぼれやすいという点があります。口の周りには口腔周囲をしぼめるための筋肉である口輪筋がありますが口腔内に打った局所麻酔の影響で口輪筋の動きが一時的に鈍くなる事があります。口輪筋の作用によって口を閉じて頬を空気で膨らませる事ができますが口輪筋に局所麻酔の影響が及ぶと頬を膨らませる事ができずに空気が漏れてしまいます。それと同様に口に含んだ水などの液体が漏れてしまう事があるので局所麻酔を使った直後の飲食の際には飲み物が口からこぼれやすくなる事がある事に注意しないといけません。

麻酔がきれかけてくる過程で

治療後に局所麻酔がきれかけてくる過程で局所麻酔を打った部位の周囲に違和感を感じる事があります。麻酔の効果自体が薄れてきて感覚が少しづつ戻ってくるのですがその際に痒みのようなドーンとした違和感のような感覚を感じる場合がありますが局所麻酔の効果が完全に消えればこれらの感覚は改善されます。

注射針を打った部位に口内炎ができる事がある

局所麻酔のために歯肉や頬部などの口腔粘膜に注射針を打った跡が数日後に口内炎になる事があります。針を打った部位の口腔粘膜が治る過程で口内炎ができる事があるのですが日にちの経過とともに治癒していきます。

このように治療の際に局所麻酔をした後の注意事項がいくつかあります。局所麻酔後に頬を膨らませ辛くなる事などは知っていないと知らずに水を口に含んでこぼしてしまう可能性があります。千種区も千種区外の患者さんにも安心して受診していただける歯医者を阿部歯科では目指しています。

麻酔.jpg

現在、医院建物の改装中につき、固定電話が繋がらなくなっております。
求人等に関するご連絡は、下記携帯番号までお願いいたします。(原則メールにてご連絡ください)
採用担当:阿部 090-3300-5882
診療時間
月~金
10:00~14:00 / 16:00~19:30
土・日
9:30~13:00 / 15:00~18:00
休診・・・祝日

医院情報


阿部歯科

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

TEL:052-751-0613
※現在、医院建物の改装中につき、固定電話が繋がらなくなっております。
求人等に関するご連絡は、下記携帯番号までお願いいたします。(原則メールにてご連絡ください)
採用担当:阿部 090-3300-5882

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

Copyright © 阿部歯科医院. All Right Reserved.
Web Management Exe.
お問い
合わせ
ページ
最上部へ
TOP
PAGE