千種区池下の歯医者 阿部歯科 副院長の阿部利晴によるブログで、アメリカの歯科医療についての事情等を載せています。

<電話番号をタップするとお電話できます>
TEL:052-751-0613
メール予約の受付は24時間可能です!ご予約・お問い合わせ
東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近くの歯医者
診療案内
副院長ブログ

当院副院長からのお知らせ、出来事のご紹介です。

歯の痛みの種類

こんにちは、千種区池下の広小路通前の阿部歯科、副院長の阿部利晴です。

今日は「歯の痛みの種類」という点に注目をしてお話をしようと思います。

痛みの種類は様々

歯の痛みと言うと、冷たいものや熱いものにしみる何もしてなくても痛い咬むと痛い寝る前に痛みが出てくる、といった事から、歯の根元が痛い歯茎が腫れた顎の下が腫れてきた、などなど様々だと思います。

特に歯自体が痛いのか歯茎が痛んでるのか分かりづらい事もしばしばあります。歯自体が痛いのか、歯茎が痛んでるのかで必要な治療は大きく変わってきますし、歯自体が痛んでる場合でも歯の神経が痛みを感じているのか歯の根の先が痛んでるのか、と色々な状態があります。

 

いずれの場合にせよ痛みを感じてから痛みが続く場合は歯の神経や歯茎や骨に炎症が起きている事が考えられます。冷たいものを飲んで一瞬だけ痛みを感じてすぐに痛みがなくなる場合は知覚過敏であったり、虫歯によって歯の神経に刺激が伝わりやすくなっている事が多いです。

歯の神経に刺激が伝わりやすくなって痛みを感じているのか、炎症自体が起きてしまって痛みを感じているのか、といった場合では治療方法が大きく変わります。

歯の神経に刺激が伝わりやすくなって痛みを感じている場合は、知覚過敏の処置や虫歯を取って穴を埋めるといった処置をしていきますが、炎症による痛みの場合は炎症を抑える事がまず必要となってきます。

親知らずが痛くて物を飲み込む時に喉が痛い、といった症状を経験された患者さんもいるかもしれませんが、この場合はまさに炎症によって親知らずの周りが腫れて物を飲み込む時に痛みを感じているといった状態です。

このような場合は炎症の原因になった細菌による感染を抑えるためにまずは抗生物質を出して親知らずの周りを消毒して炎症を落ち着かせるという事が大切になってきます。

そのため、一口に歯が痛い、といった場合でも「いつ」「どのように」「どのくらいの時間」痛みを感じるのか、といった事で痛みの部位と原因を突き止めていく必要があります。

その他にも歯が痛くてさらにその歯の近くの目の下のあたりが痛いといった場合は歯の外側に炎症が広がっている場合もあるので特に何もしなくても痛みが続く場合は強い炎症が起きている事がしばしばあります。痛み自体は体の中の神経自体が感じているのですが、何かの刺激で感じるのか、炎症で痛みが引き起こされているのか、で大きく処置の方向性が変わるのですね。

歯の痛み.jpg

 

【お電話でのご予約】TEL:052-751-0613
診療時間
月~金
10:00~14:00 / 16:00~19:30
土・日
9:30~13:00 / 15:00~18:00
休診・・・祝日
阿部歯科 特別コラム

医院情報


千種区の歯医者 阿部歯科

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

【お電話でのご予約】
TEL:052-751-0613

ご予約・お問い合わせ

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

千種区の歯医者さん|Copyright © 阿部歯科. All Right Reserved.
Web Management Exe.
ご予約
ご相談
ページ
最上部へ
TOP
PAGE