千種区池下の歯医者 阿部歯科 副院長の阿部利晴によるブログで、アメリカの歯科医療についての事情等を載せています。

<電話番号をタップするとお電話できます>
TEL:052-751-0613
メール予約の受付は24時間可能です!ご予約・お問い合わせ
東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近くの歯医者
診療案内
副院長ブログ

当院副院長からのお知らせ、出来事のご紹介です。

口の中にいる細菌をどうやって見分けているのか

口の中には様々な細菌が住み着いていますがその種類は500種類から700種類にも登ると言われています。それらの目には見えない細菌ですが口腔に対して有害なものから普段は無害なものまで様々です。ではこれらの細菌ですがどう区別をしてるのでしょうか?

細菌の形

細菌を区別していく上で最も基本的になるのは形の確認です。細菌は種類によって特徴的な形態をしている細菌が様々にあります。それはスプリングのような螺旋形になったものや球のような球形のもの、その球形が連なったもの、棍棒状や紡錘形のものといったように様々な形をしています。これらは細菌を染色した後に通常の顕微鏡で確認したり染色を必要としない位相差顕微鏡などで確認する事ができます。細菌の形の他にも細菌によってある程度平均的な大きさが決まっているため細菌自体の大きさも判断材料の一つにする事もあります。

運動性

細菌には運動性のある細菌とない細菌がいます。通常の染色行程を経た細菌では固定されていて運動性を確認する事は出来ませんが位相差顕微鏡や蛍光顕微鏡、共焦点レーザー顕微鏡といった特殊な顕微鏡では細菌を生きたまま観察できるのでその運動性を確認する事ができます。運動性のある細菌は菌体自身を回転させたり鞭毛といった構造を使って動き回る事ができます。運動性を持つ場合は比較的ランダムに菌体が動き回るため周りの液体の流れに乗って菌が動くのとは見分ける事ができます。

染色による確認

最も基本となるグラム染色という方法で細菌の種類を大きく2種類に分ける事ができます。これらは細菌の細胞壁の構造のペプチドグリカンの厚みによって違った染まり方をし、それぞれにグラム陽性菌、グラム陰性菌と分けられます。数多くある細菌の種類をこのグラム染色で大きく分けられる事になります。その他にも細菌によってはその細菌に特有な染色方法などもありその染色方法は目的によって使い分けられます。

細菌の種類をこういった見た目上で見分けるのにはある程度制限が加わります。これよりも細かく見分けるには細菌の生育条件やその菌自体が賛成分泌する酵素などを確認したり遺伝子的にその細菌を同定するといった手法が必要となってきます。これらの方法は確認に時間が必要なため迅速な判断の方法としては使い辛いといった側面もあります。そのためどこまで細菌の種類を判別するのかといった目的によってこれらの確認に使われる方法を使い分けるといったような事も行われています。

口の中の細菌.jpg

☆☆☆ 歯周病治療・審美歯科・口腔外科は名古屋市千種区池下の歯医者の阿部歯科 ☆☆☆

【お電話でのご予約】TEL:052-751-0613
診療時間
月~金
10:00~14:00 / 16:00~19:30
土・日
9:30~13:00 / 15:00~18:00
休診・・・祝日
阿部歯科 特別コラム

医院情報


千種区の歯医者 阿部歯科

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

【お電話でのご予約】
TEL:052-751-0613

ご予約・お問い合わせ

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

千種区の歯医者さん|Copyright © 阿部歯科. All Right Reserved.
Web Management Exe.
ご予約
ご相談
ページ
最上部へ
TOP
PAGE