千種区池下の歯医者 阿部歯科 副院長の阿部利晴によるブログで、アメリカの歯科医療についての事情等を載せています。

<電話番号をタップするとお電話できます>
TEL:052-751-0613
メール予約の受付は24時間可能です!ご予約・お問い合わせ
東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近くの歯医者
診療案内
副院長ブログ

当院副院長からのお知らせ、出来事のご紹介です。

アメリカでの歯医者さん事情(保険って使えるの?)

こんにちは副院長の阿部利晴です。今日は、普段ではなかなか知る機会のない、一風変わったアメリカの歯科事情、歯科医療機関受診の行程についてお話ししようと思います。

アメリカでの歯科治療事情って?

アメリカの歯科医療というと皆さんはどのような印象をお持ちでしょうか?

世界の最先端医療?医療費が高そう?治療も自己責任?治療が大雑把そう?日本と同じようなものなのかな?

色々な印象があるかもしれませんが、一言で言い表せばアメリカの歯科治療事情は

「格差」

です。

なんとなくそうだろうな、と思った方もいるかもしれませんが、具体的にどういう格差なのか。

例えば、入れ歯があります。すごく良い入れ歯とあまり良くない入れ歯、そのような格差があるのかな?と思われるかもしれませんが、これが驚きなのですが、そもそも誰が治療をするのかというところから格差が始まります。

どういう事かと言うと、入れ歯の作製キットが街のホームセンターで売っているのです。入れ歯の良し悪し以前に、「自分で作るのか」、「歯科医院で作るのか」、というところから格差ができてきます。

これは、いわゆるお金がなくて歯科医にかかれない、もしくは歯科医療の保険に入ってない、または歯科医療の保険に入っていても入れ歯の作製が保険でカバーされていないといった患者さんのために、自作で入れ歯を作るために売られています。まるで日曜大工でもやるようにホームセンターに行って、専用キットを使って入れ歯を作っていくのです。しかもその専用キットも決して安くはありません。

本来、入れ歯はそれぞれ個人の残りの歯の数や、位置、高さ、噛み合わせ、顔や頬の張りを考慮して一人一人オーダーメイドで出来上がるものなのです。しかしながら、アメリカではそのような治療を受けられる人は限られているのが実情です。

決して珍しい事ではなく、街の看板にも「キットが700ドル!」などと掲げられているのを目にします。最初にその看板を見た時は何の宣伝だったのか分からなかったのを思い出します。

こういうところにもアメリカは格差が広がっているのだなと驚くばかりです。

しかし、一方では最先端の材料、最先端の知識を使って治療を受けられる患者さんもいます。こればかりは、お国柄が色濃く出る部分ですのでアメリカの国では当然と思って受け入れられているようです。

アメリカの保険治療は制限がやたらと多い

そういった医療格差の事情もあり、アメリカの人はとにかくしっかり歯を磨く、予防のため定期検診に通う(治療を受けた場合の費用とは雲泥の差が出るために)、歯科関係の歯磨き粉、洗口剤が豊富に取りそろえられている。といった、口腔ケアに関する意識が非常に高くなっています。薬局に売っている歯科関係の物は大変豊富です。そのためアメリカは予防歯科の先進国でもあります。

難しい問題は、そのような治療格差にとどまらず、「歯科医療の保険に入っていても受信できる歯科医院が決まっている」「保険の利く歯は〜本まで」「一本の歯でも治せる面積はここまで」

というように事細かに規則が決まっており、歯科医療を受けるには、歯科医院に電話をする前にとにかく最初に保険会社に連絡を取って保険が下りるかどうか確認して許可を得る事から始まります。

実際の流れはいくつか難関があり、アメリカで歯科医療を受けるための1番最初の難関が保険会社が許可している歯科医療機関を探すというところです。「あの歯科医院がいい」「この歯科医院がいい」よりも前に、

「どの歯科医院がその保険会社の保険を使えるのか」

そして

「その医療機関のどのドクターなら保険会社への保険請求が認められるのか」つまり、同じ医療機関なのに保険の効くドクターと効かないドクターが分かれているのですね。

そしてその次に「どういう治療なら保険でカバーされるのか」

という事を調べて受信をしないといけません。さらに、医療機関に着くと、まず最初に医療機関が連絡を取るのが保険会社で、本当に保険が下りるのかを医療機関と保険会社の双方で確認を取ります。

アメリカの保険事情.jpg

ここまでいくと、治療を受けにきたのか、何かの契約をしにきたのか分からなくなってしまうほどです。そのため、歯科医療機関への受診は大変大きなイベントという位置付けになっています。

こういった医療機関への受診過程においてもアメリカの契約社会、というものが色濃く出ているのだと思います。

実際の治療に関しても治療材料のメーカーから患者が自分で選ぶ必要がある事もあり、これは自分で選択した自己責任に繋がるというアメリカのお国柄のようです。

全世界的に歯医者での予防歯科の大切さが認識されてきている

アメリカで使われる歯科材料や治療器具は日本でも有名なものが多いのですが、保険医療制度と合わせてあまりにも選択肢が多く、患者さんにとっては複雑すぎるというのが実情だと思います。こういった非常に複雑で高価な医療システム、といった背景があるために歯をしっかり磨いて虫歯にならないようにしようという意識が強くなっているのだと思います。

さらに笑顔を見せる時には、歯を見せて笑うのが良いとされているために見栄えという意味でも非常に歯のメンテナンスつまりは予防歯科を気にされ、定期的に歯科医療機関を受診するのが文化として定着しております。

国が違えば文化もシステムも違うとは言え、自作で入れ歯を作ったりするなどあまりにも日本とかけ離れており、驚く事が非常に多いです。

今回は、一風変わったアメリカの歯科医療の事情をお話ししましたが、イギリスやスイス、インドやタイなど、国によってかなりの差があるようです。しかしながら、世界全体の流れとしては先進国を中心に、治療から予防へというように歯科治療のトレンドが変わってきているのを感じます。

そのため今では日本でも「治療」から「予防」へ、という今ある歯を守るという事の大切さが重要視されてきております。

 

☆☆☆ 日曜日も診療 予防歯科・歯周病治療・口腔外科・審美歯科は千種区の歯医者の阿部歯科 ☆☆☆

執筆者 阿部 利晴

【略歴】

1980年 名古屋市千種区生まれ歯科医師の祖父と父親を持ち地元で育つ
2005年 愛知学院大学歯学部 卒業
2005年 豊川市民病院 歯科口腔外科 臨床研修医
2006年 愛知学院大学歯学部 顎顔面外科学講座入局
2010年 愛知学院大学大学院 歯学研究科修了 総代
2010年 愛知学院大学歯学部 顎顔面外科学講座 非常勤助教
2010年 名古屋大学医学部附属病院 麻酔科 医員
2011年 アメリカ ペンシルベニア大学歯学部 勤務
2014年 アメリカ ペンシルベニア大学歯学部 講師
2014年 アメリカ 国立衛生研究所 国立歯科・頭蓋顔面研究所 非常勤連邦職員
2015年 阿部歯科 副院長

 

【お電話でのご予約】TEL:052-751-0613
診療時間
月~金
10:00~14:00 / 16:00~19:30
土・日
9:30~13:00 / 15:00~18:00
休診・・・祝日
阿部歯科 特別コラム

医院情報


千種区の歯医者 阿部歯科

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

【お電話でのご予約】
TEL:052-751-0613

ご予約・お問い合わせ

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

千種区の歯医者さん|Copyright © 阿部歯科. All Right Reserved.
Web Management Exe.
ご予約
ご相談
ページ
最上部へ