千種区池下の歯医者 阿部歯科 副院長の阿部利晴によるブログで、アメリカの歯科医療についての事情等を載せています。

<電話番号をタップするとお電話できます>
TEL:052-751-0613
メール予約の受付は24時間可能です!ご予約・お問い合わせ
東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近くの歯医者
診療案内
副院長ブログ

当院副院長からのお知らせ、出来事のご紹介です。

2018年7月アーカイブ

こんにちは、今回は皆さんも一度は考えた事があるかもしれない「親知らずって抜いた方がいいの?」という話題のついてお話をしようと思います。親知らずが腫れて痛み出したら一度は抜いた方が「いいのかなぁ」と考えてしまいますよね。でも抜くと痛そうという心配からどうしても二の足を踏んでしまうと思います。そこで親知らずは抜いたほうがいいのか、抜かなくてもいいのかという事に焦点を当てて今回はお話をしようと思います。

親知らずを抜いた方がいい場合

「親知らずを抜いた方がいいのかなぁ?」という問いに関して、結論からお話をしますと、場合によっては抜かなくてもいい、もしくは抜かない方がいい場合もあります。では、逆にどのような時に親知らずを抜いた方がいいかというと、親知らずが何かしらの悪さをする時です。例えば、上でお話ししたような、親知らずが腫れるといった場合や、親知らずがある事で親知らずの一つ前の歯が虫歯になりやすくなっている、もしくはすでに虫歯になってしまっているといった場合や、親知らず自体がひどく虫歯になっており歯磨きもし辛いので治してもまた虫歯になりやすい、といった場合などです。

最初の、「親知らずが腫れる」という場合は、親知らずの一部に肉が乗っかってしまっていて歯磨きをしても歯と肉の間をよく磨く事ができずに汚れがたまってしまいしばしば歯茎が腫れる、という場合によく起きます。一度だけ腫れたものの、その後は一度も腫れていないという場合は様子を見る事もありますが、2度3度と何度も繰り返す場合は、思い切って抜く事を考えてもいい場合があります

この腫れはひどい時にはのどの奥の方まで腫れてしまい、そのまま腫れがさらに進むと入院する必要が出てくる場合もあるので、腫れがひどい場合はすぐにでも受診した方がいい場合が多々あります。

2つ目の、「親知らずのせいで他の歯が虫歯になってしまう」という場合は、親知らずが横に生えている場合にしばしば見られます。この場合は、親知らずの頭の部分が隣の歯の横と接していてそこに汚れがたまりやすいためにそこから虫歯になってしまうという場合です。この場合はひどい時は、親知らずのせいで前の歯が大きく虫歯になってしまいその隣の歯も残らない、という時もあります。磨けない部分の虫歯はどんどん進行してしまうため、この場合は他の歯を守るために積極的に親知らずを抜いていった方がいい場合があります。

3つ目の、「親知らず自体がひどい虫歯になっている」場合は、虫歯の治療ができるようなら治療をしても良い場合もありますが、今後も虫歯になる確率が高いと思われる場合は親知らずを抜く事を考えてみてもいいかもしれません

状況によって、抜いた方がいい、抜かない方がいいという違いはありますが、何が何でも今親知らずを抜かなければいけないという状況は限られてきます。ただし、腫れや虫歯にしろ、今後のリスクを考えた上で今のうちに抜いておいた方がいいという考え方もあります。特に、2つ目の他の歯を虫歯にさせてしまうリスクは、他の歯が虫歯になってしまってからでは遅いのでそうなる前に親知らずを抜いてしまうという考え方は今後のリスクを考えた上で一度選択肢に入れるのも良いかもしれません。

親知らずを抜く場合はメリットとリスクを天秤にかけて

ただ、なんでもかんでも親知らずは抜けばいいというものではなく、親知らずを抜く場合のリスクも当然あります。親知らずが顎の骨の中を通る神経と近い場合は唇の感覚(触った時の感覚)に影響を及ぼす可能性もありますし、親知らずを抜いたらそこに空間ができるので前の歯がしみるようになったといった事や、血が止まりにくかった、傷口が感染して喉の奥が痛くなった、抜いた後の傷口の痛みが続く、といった症状が出る事があります。

レントゲンの写真からいくつかの抜歯後のリスクは予測できるので、可能性のある術後の症状は事前にリスクをお話ししてから親知らずの抜歯を希望されるかどうかを確認しております。ただ、やはり一番大切なのは、ご自分の親知らずの状況を確認して親知らずを抜きたいと思うか抜きたくないと思うか、という事だと思います。親知らずを残す事で将来的に親知らずを何かしらの形で利用する事も可能性としてありますが、親知らずを残す事による将来にわたるリスクも存在するので、親知らずを抜いた時のメリットとデメリット、親知らずを残した場合のメリットとデメリットを天秤にかけて最終的な結論を出されるといいと思います。

一言で親知らずの抜歯と言いましても、性別、年齢、全身的な健康状態、口の大きさ、歯の生え方で親知らずの抜歯の難易度もその後の術後の合併症のリスクもガラリと変わってきます。中には決断が早い方が好ましい場合もありますが、どうしても親知らずを抜くとなると身構えてしまいますよね。

当医院は、院長・副院長共に口腔外科で研鑽を積んで、さらに麻酔科での全身麻酔の研修も修了しておりますので全身的な健康状態も含めた親知らずの診断に深い知見があります。親知らずの抜歯とはいえ、血も出ますし、時には親知らずを骨から掘り起こすために歯茎を切り開いて骨を削る必要がある場合もあります。その時にはやはり出血や傷の治りという点から全身的な理解が大変重要となってくると考えています。

抜歯のメリットとリスク.jpg

☆☆☆口腔外科・歯周病治療・審美歯科・予防歯科に力を入れている千種区の歯医者の阿部歯科は木曜・日曜も診療しています☆☆☆

 

 

 

 

手に水疱ができたり荒れたりして皮膚科を受診される方もいると思いますが時にはそれが口の中の虫歯と関連している事もあるかもしれないという事をご存知でしょうか?そのため、今回は「手にできた水疱や荒れが虫歯と関連しているかもしれない」、という内容でお話をしようと思います。手と口の中、一見してほとんど関係なさそうだし、やや発想が飛躍してるのではないかとも思われるかもしれませんが、その手の荒れとは、「掌蹠膿疱症」と呼ばれるものです。

掌蹠膿疱症って?

この掌蹠膿疱症ですが、手のひらや、指、足の裏にしばしば左右対称に現れる病気で、多数の水泡を作ったり膨れ上がったり、皮膚がむけたりして、痒さを感じる事があります。体の中で水疱を作るものはウイルス性の病気だったり、免疫応答に関連する免疫疾患の系統の病気である事がしばしばありますが、この掌蹠膿疱症は、歯に詰めた金属や虫歯や歯周病などが原因で起きる事があると言われています。

実際に、両手の指に水疱ができて痒かったのが、虫歯を治した途端に治ったという事が実際にあります。あまり関連がなさそうで突飛な話に聞こえるかもしれませんが、実際に私も虫歯を治したら本当にすぐに指にできていた水疱が治ってしまったという患者さんを見た事があります。口の中の治療をしたら指の水疱が治ってしまったのを見たときは非常に不思議な感じでした。この掌蹠膿疱症ですが、原因がやや不明、という部分があり、虫歯が原因なのか、歯周病が原因なのか、歯に詰めた金属が原因なのかその他の原因なのか、もしくはその他のものが原因なのかはっきりとしないという特徴があります。

ただ、実際の症例として、詰め物の金属を取ったら治ったり、虫歯を治したら治ったり、歯周病の治療をしたら治ったというものが報告されています。虫歯の治療に限らず、特定のビタミンを補充したら治ったという報告もあるようです。

それでもまずは皮膚科への受診を

この病気はあやふやな部分も多くあるため、他の皮膚疾患と勘違いしたりする事もあるので、当然ながらまずは皮膚科を受診する、という事が最優先されます。「虫歯があって指に水疱ができたから掌蹠膿疱症なのかな」と簡単に判断するのではなく、まずは医療機関で臨床診断をはっきりとさせるという事が大切になります。

この掌蹠膿疱症ですが、手のひらや指、足の裏にできる水疱は水疱の中身が細菌やウイルス、もしくは真菌(カビ)には感染していないという事も特徴です。水疱が痒くてかいていたら破ってしまい、傷口に細菌が感染してしまうといった事や、症状が悪化して小さな水疱がいくつもできてそれが集まって大きな水疱を作ってしまうといった事は起きる場合があるようです。

自分で見分けるのはむつかしい

皮膚に限らず、口の中の粘膜でも水疱を作る病気は単純ヘルペスウイルスや帯状疱疹ウイルスなどのウイルス性疾患や、免疫に関連する疾患にしばしば見られているので、それがウイルス性の感染なのか、自己の免疫に関連するものなのか、掌蹠膿疱症のように虫歯や歯周病に、歯の詰め物の金属が関連して起きてきているのか、などしっかり状態を把握する事が大切になってきます。

近年では掌蹠膿疱症はビタミンの一種であるビオチンが血中で不足して起こるのではないかと言われたり、特定の細菌に対する免疫応答が関連するのではないかと言われたろしますが、まだまだわかってない事が多くあるようです。

真菌性の感染(カビ)でもなくなかなか治らない手の荒れが歯科治療で治ったという話は報告や実際に他の先生方からも聞く事があります。あくまでも、虫歯や歯周病が手の荒れを直接起こしたということではなく、上の書いてあるように、口の中に存在する細菌が虫歯や歯周病の病巣で増殖を起こし、結果としてその細菌自体もしくはそれらに関連するものが血中を介して免疫応答を起こした結果なのかもしれません。歯の詰め物の金属が金属アレルギーを引き起こしてして、それが免疫応答に関連している可能性もあります。

実際に、掌蹠膿疱症のある患者さんの一部は関節炎を引き起こすと報告されていますが、炎症とは免疫応答そのものですので、何かしらの原因が免疫応答を引き起こして炎症となっているようです。その免疫応答を起こした原因が、虫歯や歯周病や詰め物の金属かもしれないという事なのですね。

詰め物の金属を外したら治ったという場合でも、もしかしたら金属アレルギーではなく、金属の下が虫歯になっていたり、金属と歯のつなぎ目に汚れがたまりやすくなっていて、そこで細菌が繁殖していたりする場合も考えられます。単純に「これ」と原因を断定するのは難しいようです。

手のひらや指に水疱を作る病気も掌蹠膿疱症だけではないので、あくまでも口の中の病気に関連したものも一部ある可能性がある、という認識になると思います。

しかしながらこの掌蹠膿疱症ですが、手のひらや指、足の裏や足の指にできるという話は聞いた事がありますが、なぜこのような四肢の末端に限定してくるのかが不思議です。ごく稀にその他の部位にも水疱ができてくる事もあるようですが稀のようですね。

まだまだ未解明な部分の多いこの掌蹠膿疱症ですが、より深くその原因と病気が起きるメカニズムが解明されると良いですね。

掌蹠膿疱症.jpg

日曜日も診療をしている千種区の歯医者の阿部歯科では口腔外科・歯周病治療・審美歯科に限らず様々な事柄に関してお役に立つ情報をお伝えしていければいいなと考えています。

 

 

【お電話でのご予約】TEL:052-751-0613
診療時間
月~金
10:00~14:00 / 16:00~19:30
土・日
9:30~13:00 / 15:00~18:00
休診・・・祝日
阿部歯科 特別コラム

医院情報


千種区の歯医者 阿部歯科

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

【お電話でのご予約】
TEL:052-751-0613

ご予約・お問い合わせ

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

千種区の歯医者さん|Copyright © 阿部歯科. All Right Reserved.
Web Management Exe.
ご予約
ご相談
ページ
最上部へ