千種区池下の歯医者 阿部歯科 副院長の阿部利晴によるブログで、アメリカの歯科医療についての事情等を載せています。

東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近くの歯医者
診療案内
副院長ブログ

当院副院長からのお知らせ、出来事のご紹介です。

歯磨きの最近のブログ記事

患者さんの中にデンタルフロスを入れると痛みを感じるとおっしゃる方が時々います。デンタルフロスは使えば歯の清掃で非常に有益なのですが使い方を間違えると逆に歯茎を痛めてしまうこともあります。

何故デンタルフロスを使うと痛いのか

この理由の可能性はいくつかありますがそれは、歯肉炎が起きてる、歯周病の症状が出ている、虫歯がある、歯の詰め物が取れているもしくは取れかかっている、といった理由が考えられます。歯肉炎とは歯肉に限局して起こる炎症ですがこの炎症があるとデンタルフロスを歯茎に当てた時にチクチクとした痛みを感じる可能性があります。ちょうど炎症の起きている組織を何かで押している様な感じになります。歯周病の症状が出てきている時には炎症もあるのですが歯と歯肉の付着が剥がれていたり剥がれかかってそこにデンタルフロスを当てる事で剥がれた付着部位を刺激してしまったり剥がれかかっている付着をデンタルフロスで剥がしてしまっている可能性がありこれが痛みへとつながってきます。虫歯の際には隣接面齲蝕があるとデンタルフロスを挿入した際に汚れを押し込んだりして齲蝕部位に対して痛みを引き起こす可能性があります。そして歯の詰め物が取れていたり取れかかっている際にはデンタルフロスを挿入した際に詰め物を動かしてしまいその下の象牙質に刺激が加わり痛みを感じている可能性があります。

デンタルフロスの間違った使い方

デンタルフロスは歯の隣接面の汚れを取るのに使われますがフロスを隣接面に入れた際にそのまま押し込むと汚れを歯周ポケットに押し込んでしまう可能性があります。そのためデンタルフロスは歯肉側から歯冠側に向かって歯の表面の汚れをかき出してくるように使わないといけません。そして汚れが多くついたまま他の歯に対しても使い続けると他の部位でついてきた汚れを別の歯のポケットに押し込んでしまう可能性があるためデンタルフロスは可能な限り綺麗にしつつ使うか汚れが多くついたら新しいものに変えていく必要があります。

デンタルフロスの種類

デンタルフロスにはプラスチックにフロスがついたものと糸巻き状になっているものがあります。プラスチックについたものは不慣れでも比較的使いやすいもののある程度同じ物を使い続けないといけなくなります。一方で糸巻き状になったものは自分の指に巻きつけて使うので使うのに慣れが必要ですが汚れたら別の部位に変えながら使えるので綺麗なフロスの部位を使いやすいというメリットがあります。

デンタルフロスも慣れてきたら糸巻き状になっているものを使えるようになるといいかもしれませんね。

デンタルフロス.jpg

 

※※※ 審美歯科・口腔外科・歯周病治療・予防歯科は千種区の歯医者の阿部歯科 ※※※

こんにちは、千種区の歯科医院、阿部歯科の副院長 阿部利晴が「患者さんのお役に立つ歯科情報」をお伝えします!

今日のクリスマスイブから年末にかけておいしいものを食べる機会が増えてきますね。おいしい食べ物や飲み物を食べたり飲んだりする食事の機会が増えるという事で、今回は食後の歯磨きについてお話をしようと思います。

記事の再執筆:12/25 18時にリライト
 

食後どのタイミングで歯を磨くのが適切か??

患者さんと話してると時々「どのタイミングで歯を磨いた方がいいのか?」という内容を聞かれる事があります。

ずっと昔、まだ私が歯科医師になる前の頃に食後30分は歯を磨かない方がいいという情報がテレビや雑誌などで見た事があります。当時は、食後に口の中は酸性環境になって歯が溶けかけてるから磨かずに30分後に口の中の環境が中性に近づいてから磨くのがいいというような内容だったと思います。
 

しかしながら、現在では食後すぐに磨けばいいという流れになっています。確かに食後は口の中が酸性環境になるのですが、歯の頭の部分のエナメル質はとても丈夫で食後の酸性環境の中で歯ブラシを使ってもそれで削れる事はないと現在は説明されているからです。歯はエナメル質の他に象牙質というエナメル質よりも柔らかい構造があります。食後の酸性環境で歯ブラシを使って歯磨きをすると削れやすくなってしまうというのはこの象牙質の部分です。

知覚過敏になったり歯茎が下がって歯の根っこが見えてくるとこの象牙質という部分が出てきます。
他にも長年の歯ぎしりなどでエナメル質の隙間から象牙質が顔を出す事もあります。この象牙質が見えている部位では歯ブラシでゴシゴシ磨いてしまうと削れやすくなってしまうのですが、通常のエナメル質で覆われている歯の場合は非常に丈夫で食後すぐに歯磨きをしても良いとなっています。
 

 

食後の歯磨きで注意すべき点

知覚過敏や歯茎が下がって象牙質が見えてしまっている場合は象牙質の部位を歯ブラシで激しくこすらない方がいいのですが、食後の食べ物が口の中でたまった状態ではその食べ物の残りが細菌の増殖の栄養になってしまいます。
そのため、細菌が口の中の食べ残しを栄養にして増えてしまう前に早めに歯磨きをしても食べ残しを残さないようにするのが良いと最近言われています。


食後にお腹がふくれると眠くなって寝てしまうかもしれませんが、寝てる間は唾液の分泌量も減って口の中でより細菌が増えやすい環境になってしまいます。細菌が増えるとプラークという、様々な種類の細菌の集団の巣のようなものが強固にできてしまって歯磨きで取り除くのがより難しくなってしまいます。

そのため、細菌の集団が食べ物の残りを栄養として巣を作ってしまう前に食べ物の残りを口の中から取り除いた方がいいのですね。
ただし、上に書いたように象牙質が露出している患者さんの場合は歯磨きにも歯が削れすぎないように注意して歯磨きをする事が大切となってきます!

 

歯磨き.jpg


 

本記事の執筆:歯科医師  阿部 利晴 (あべ としはる) / 千種区の歯医者 阿部歯科副院長

【歯科医師としてのプロフィール】
1980年:名古屋市千種区生まれで、歯科医師の祖父と父親を持ち地元で育つ

2005年:愛知学院大学歯学部を卒業
2005年:豊川市民病院の歯科口腔外科で臨床研修医として活動
2006年:愛知学院大学歯学部の顎顔面外科学講座へ入局
2010年:愛知学院大学大学院の歯学研究科を修了 総代
2010年:愛知学院大学歯学部の顎顔面外科学講座にて非常勤助教
2010年:名古屋大学医学部附属病院の麻酔科 医員を経験
2011年:アメリカ ペンシルベニア大学歯学部で勤務
2014年:アメリカ ペンシルベニア大学歯学部にて講師となる
2014年:アメリカ 国立衛生研究所 国立歯科・頭蓋顔面研究所の非常勤連邦職員を経験
2015年:名古屋市千種区の阿部歯科 副院長に就任
趣味:ハイキング、英会話
 

【一言】国内だけでなく、アメリカでも歯科治療に関し、様々な知識/経験を得てきました。
日本とアメリカで長年培ってきた技術をリニューアル開業後、存分に活かし、それぞれの患者さんに適した治療をいたします。

阿部歯科のある池下近隣の患者さんはもちろん、千種区内にお住いの多くの方に頼っていただけるような歯科医院を作り上げたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

こんにちは、名古屋市千種区 にある歯医者の阿部歯科の阿部利晴です。

皆さんは歯医者さんにいくと、歯石がついている事を指摘されて歯石を取ったことはありますか?歯石がついていると口の中で汚れがたまりやすくなってしまうため歯周病の原因にもなるので歯石を取るのですが、部位によって歯石がたまりやすい場所があるのをご存知でしょうか?

歯石のつきやすい場所

歯石は歯の周りにたまったプラークという汚れが硬く石灰化した、歯石という文字の通り石のような付着物なのですが、この歯石は口の中で比較的できやすい場所があります。歯石は元々は柔らかい汚れであるプラークが唾液の中に含まれるミネラルの成分で硬く石灰化していくのですが、唾液が関係するだけあって口の中でもこの唾液が出てきやすい場所に比較的たまりやすい傾向があります。

汚れがたまりやすくかつ、唾液が多く出て来る場所という事で、下の前歯の内側と上の奥歯の外側が比較的歯石ができやすくなっています。

特に下の前歯の内側は意外と歯磨きでも磨きにくかったりするので知らない間に汚れがたまってしまい、その汚れが歯石になっていたりします。この部位は、自分で鏡で見てみるとギリギリ見える事も多いのですが、歯の周りにやや黄色味を帯びた歯の色とは少し違う硬いものがついていればそれが歯石である事が多いです。

歯石は段々と硬くなる

この歯石は歯にしっかりとくっついてしまっているので自分では簡単には取れない上に、時には歯茎に埋まってる歯の深い位置までついてしまっている事もあります。歯石は長い事ついたままだとさらに汚れがつきやすくなって歯周病の原因になったりします。長い事つき続けた歯石は石灰化の具合も高く、歯石を取る時になかなか取れない場合もあります。逆にできたばかりの歯石は比較的柔らかく、歯石も取りやすくなっています。

歯石のできる速度は人によって違いますが、早い人だと歯石を取ってから1ヶ月後にまた歯石ができている人も中にはいます。歯石の原因の一つは歯についた汚れなので、歯についたプラークを歯磨きでしっかりと取る事が大切ですが、歯並びの関係で歯磨きがしにくくなっている場所がある場合にはそのような場所に歯石ができやすくなる傾向がある場合もあります。そのため、歯ブラシだけでは届きにくい場所があれば歯間ブラシや糸ようじも使いながら歯を磨くといいかもしれません。

歯.jpg

下の前歯の内側や上の奥歯の外側以外にも汚れがたまりやすくなっている場所にはどうしても歯石ができやすくなっているので、歯はこまめに磨いて口の中の汚れであるプラークを取ることが歯石の予防には大切になってきます。

こんにちは、千種区池下の歯医者の阿部歯科の阿部利晴です。今日は歯磨きと歯ブラシという内容で少しお話をしようと思います。

患者さんから時々「歯磨きしたんですけど汚れが残っているんですね」と聞かれる事があります。口の中は自分の目では実際に確認できない上に歯の奥や内側などどうしても確認がしにくい場所があります。そのため自分で磨いていて汚れの取り残しがあってもなかなか自分で気がつく事ができません。

歯磨きの習慣化

生活パターンによっても忙しさや食事のタイミング、歯磨きをする時間の余裕など患者さんによって様々だと思いますが、理想的には毎食後の歯磨きを、1日3食なら3食の毎食後に、朝食を食べない場合でも朝起きたら、と言ったように節々で歯磨きをするタイミングを決めて習慣化してくる事が大切となってきます。

歯磨きの仕方で何分やった方がいいか聞かれる事がありますが、やはり時間で区切ってしまうと「歯磨きの仕方」や「歯磨きをする部位」といったような歯磨きで本来大切なことに目が向かなくなってしまう場合があります。

そのため千種区の池下広小路通前の阿部歯科では「歯磨きの仕方」という部分を中心的に患者さんにお伝えしています。歯医者さんで歯磨きの仕方を聞いた事がないという方もいるかもしれませんが、治療を始める前も、治療中も、当然治療が終わった後も歯磨きをしっかりできるようにして再治療の必要性を少なくしていくという事がとても大切になってきます。

お勧めの歯ブラシ

歯ブラシ.jpgそのため阿部歯科では歯ブラシの形状から患者さんにお勧めを伝えたりもします。歯ブラシが歯ブラシ本体の毛がついている部分があまり大きすぎないものを。あまり歯ブラシの毛がついている部分が大きすぎるものだと一度に磨ける範囲は広いものの、どうしても細かい部分の磨き残しが出てきてしまいます。そして歯ブラシの毛の硬さに関してはあまり硬すぎないものを。あまり毛先が硬すぎるものだと歯茎を痛めてしまい知覚過敏を誘発してしまう可能性があるため「柔らかい〜普通」くらいの硬さをお勧めしています。

毛先が柔らかいものほど歯ブラシの毛先が曲がりやすくなるので歯磨きをする時に力加減でも歯ブラシの毛先の硬さによって力の入れ具合に注意をしなければいけません。

 

基本的にどの柔らかさの歯ブラシでも力を入れすぎて磨くと柔らかいものでは歯ブラシ自体が弱りやすくすぐダメになってしまい、硬いものでは今度は歯や歯茎が痛んでしまいます。力の入れ具合の調整が苦手という場合は親指と人差し指と中指の指先でつかむように歯ブラシを持ってもらうと歯ブラシに力がかかりすぎるという事を防げますが慣れも必要です。

 

歯磨きの仕方にも色々なコツがありますが、一度に全部やれるようにしようとするのはなかなか難しいのでまずは歯磨きの仕方の入り口の「歯ブラシの力の入れ方」という所から始めてみてはいかがでしょうか?

現在、医院建物の改装中につき、固定電話が繋がらなくなっております。
求人等に関するご連絡は、下記携帯番号までお願いいたします。(原則メールにてご連絡ください)
採用担当:阿部 090-3300-5882
診療時間
月~金
10:00~14:00 / 16:00~19:30
土・日
9:30~13:00 / 15:00~18:00
休診・・・祝日
阿部歯科 特別コラム

医院情報


阿部歯科

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

TEL:052-751-0613
※現在、医院建物の改装中につき、固定電話が繋がらなくなっております。
求人等に関するご連絡は、下記携帯番号までお願いいたします。(原則メールにてご連絡ください)
採用担当:阿部 090-3300-5882

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

Copyright © 阿部歯科医院. All Right Reserved.
Web Management Exe.
お問い
合わせ
ページ
最上部へ
TOP
PAGE