千種区池下の歯医者 阿部歯科 副院長の阿部利晴によるブログで、アメリカの歯科医療についての事情等を載せています。

東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近くの歯医者
診療案内
副院長ブログ

当院副院長からのお知らせ、出来事のご紹介です。

歯並びの最近のブログ記事

あけましておめでとうございます。千種区の池下にある歯医者の阿部歯科です。今年は戌年という事で犬にちなんだ話題として「犬歯」についてお話をしようと思います。犬歯は糸切り歯とも言われ前歯から数えて3番目にある先端の尖った歯です。上下左右にあり位置がずれていると八重歯と呼ばれる事もあります。この犬歯ですが他の歯にはない様々な特徴があります。

犬歯の特徴

上下左右にある犬歯は他の歯に比べて顎の骨に埋まっている根の長さが長いという特徴があります。そのためこの犬歯は左右の揺れにも強くこの特徴から歯をギリギリと擦り合わせた時に擦れるという特徴があります。この状態にある噛み合わせを犬歯誘導と呼びますが八重歯などの歯の噛み合わせの状態によっては犬歯が擦りあわされない状態にある場合があります。この状態だと犬歯以外がギリギリと歯を擦り合わせた時に擦れる事になります。しかしながら他の歯は犬歯のように擦り合わの時の抵抗力が強くないため歯茎が痛んだり痛みが出たりする事もあります。この犬歯ですが歯の持ちも良く、一番最後まで残りやすい歯は下の犬歯だと言われます。

犬歯は生えた時は尖っている

乳歯が抜けて永久歯の犬歯が生えてきた時は犬歯と呼ばれるように槍のように尖っているのですが上に書いたようにギリギリという歯の擦り合わせによって少しづつ削れて丸みを帯びてくるようになります。この削れる速度は夜に歯ぎしりをする人では早く、患者さんの年齢と犬歯の擦れ具合をを比較する事で歯ぎしりの有無を予測する事もできます。犬歯が大きく擦れると犬歯の奥の歯もギリギリした時に擦れるようになってきます。この状態をパーシャルグループファンクションと呼びますがさらに当たりが強くなり犬歯の後方の永久歯4本全てが当たる状態をグループファンクションと呼びます。この犬歯以外の歯の当りが出てくると疼痛や知覚過敏など様々な症状が出てくる事があります。そのため、通常の噛み合わせの状態では歯ぎしりなどの犬歯の擦れ具合によって

犬歯誘導→パーシャルグループファンクション→グループファンクション

と咬合時の誘導状態が変わってきます。この誘導状態の変化を抑えたり症状が出ないようにするためにナイトガードなどが使われる事があります。

 

このように犬歯だけをとっても特徴的な役割があり、他の様々な歯にもそれぞれの役割が割り当てられているのです。前歯にも前歯の、小臼歯には小臼歯の、大臼歯には大臼歯の役割がしっかり割り当てられているのですね。そしてしっかり上下が問題なく噛みあわされている場合においては親知らずにさえ実は隠された役割があるのです。

戌年.jpg

こんにちは、千種区広小路通り前の阿部歯科副院長の阿部利晴です。

今日は、口呼吸とそれに影響する歯並びという内容でお話をしようと思います。

口呼吸による歯並びへの影響

歯並びという事で、特にお子さんの乳歯が生え変わって大人の歯になる時の歯並びの話なのですが、口呼吸をしていると歯並びが悪くなる可能性があるという事をご存知でしょうか?

歯並びは歯が生えそろうための顎の大きさなども重要なのですが、歯を整列させるためには口の中の筋肉も影響を及ぼします。感じ的には、散らばった1ダースの鉛筆を両手でまとめて束にして整列させるように歯の並びも口の内側と外側から筋肉によって適切な力をかける事で歯が並ぶのを助けています。

歯並び1.jpg

では、内側からの筋肉の力とはなんでしょうか、それは「舌」の筋肉です。口を閉じると舌が歯に当たっているのが分かるでしょうか?これが歯を整列させる時の口の内側からの力になります。

逆に外側からの力を考えると、これは唇の力になります。口をプクっと膨らませようとすると唇は当然閉じたままですよね?これと同じように唇を閉じている時は唇に力を入れてないように見えてしっかり唇の筋肉が作用しているのです。この唇の周りにある筋肉の力が歯を整列させる外側からの力になります。

歯並び2.jpg

これら2つの内側からの舌の力と唇からの外側からの力がバランスを取って、散らばった鉛筆を手のひらで並ばせるように歯を口の中で並ばせることに寄与しているのです。では、今回のお話の題目であると口呼吸が歯並びとどう関係があるのでしょうか?

ここで実際に口呼吸をしてみてください、唇に力が全くかからず、舌もダランとしているのが分かるでしょうか?つまり、筋肉による力が歯に影響していない状態です。そして呼吸は24時間行われているので口呼吸を常にしているという事は、この歯に筋肉の力が加わらない時間が長時間続くという事になります。丁度手のひらの中でまとめた鉛筆の束が手のひらを離したら鉛筆がバラバラっと散らばってしまいようなイメージです。

そのため、お子さんに口呼吸の癖がある場合は歯並びに影響が出てくる可能性があるのです。

 

口呼吸の癖は、鼻詰まりがあったり、喉の扁桃腺が腫れていたりして鼻呼吸ができない場合にしばしば見られますのでお子さんに口呼吸の癖がある場合はまず、どうして口呼吸になってしまったのか、というところから理由を明らかにしていく事を明らかにしていくといいかもしれませんね。

 

他にも歯並びへの影響は顎の大きさや口呼吸だけでなく、指しゃぶりや舌を咬む癖など色々とありますのでお子さんがどのような口の周りの癖を持っているのかよく見られておくといいかもしれません。

現在、医院建物の改装中につき、固定電話が繋がらなくなっております。
求人等に関するご連絡は、下記携帯番号までお願いいたします。(原則メールにてご連絡ください)
採用担当:阿部 090-3300-5882
診療時間
月~金
10:00~14:00 / 16:00~19:30
土・日
9:30~13:00 / 15:00~18:00
休診・・・祝日

最近のブログ記事

医院情報


阿部歯科

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

TEL:052-751-0613
※現在、医院建物の改装中につき、固定電話が繋がらなくなっております。
求人等に関するご連絡は、下記携帯番号までお願いいたします。(原則メールにてご連絡ください)
採用担当:阿部 090-3300-5882

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

Copyright © 阿部歯科医院. All Right Reserved.
Web Management Exe.
お問い
合わせ
ページ
最上部へ
TOP
PAGE