千種区池下の歯医者 阿部歯科 副院長の阿部利晴によるブログで、アメリカの歯科医療についての事情等を載せています。

<電話番号をタップするとお電話できます>
TEL:052-751-0613
メール予約の受付は24時間可能です!ご予約・お問い合わせ
東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近くの歯医者
診療案内
副院長ブログ

当院副院長からのお知らせ、出来事のご紹介です。

歯ぎしりの最近のブログ記事

こんにちは、千種区池下の歯医者の阿部歯科です。歯の痛みというと代表的なものには虫歯がありますね。冷たい水を飲むと歯に鋭い痛みを感じることがある患者さんもいるかもしれませんが、それは虫歯ではなくもしかしたら知覚過敏かもしれません。

知覚過敏とは

虫歯と知覚過敏は別に分けられますが、その痛みを感じるメカニズムは似ています。大きな違いは、それが虫歯によってもたらされた痛みなのか虫歯とは別の理由で起きたのか、という事です。そのため、虫歯の場合は例え痛みが治まっていても治す必要性がありますが、知覚過敏の場合は痛みが治まっていれば経過観察で済ませる事もあります。ここが大きな違いで、虫歯は痛みを取り除く事ももちろんですが、痛みの原因となった細菌に感染した病巣を取り除く事が大きな目的になりますが、知覚過敏の大きな目的は痛みそのものを取り除く事にあります。虫歯も知覚過敏も歯の構造の内の象牙質という組織が露出してきて刺激に対して痛みを感じるようになるのですが、どちらも痛みを感じる原理は同じです。1番の違いはそれが細菌感染によるものかそうでないのかという点です。

なぜ知覚過敏になるのか

虫歯では歯が溶けて象牙質がむき出しになってくるために痛みが出るようになるのですが、知覚過敏の場合は

日頃の歯ぎしりによって歯がすり減ってしまった

歯周病によって歯茎が下がって歯の根の部分が露出してきた

歯の硬いエナメル質という部分がかけて象牙質が露出してきた

などの理由があります。これらを見てわかるようにその理由は物理的に象牙質が露出してしまったという点に問題があります。歯周病の場合は歯周病を起こすのは細菌感染なのですが、歯周病が起きて歯茎が下がった結果歯の根の部分が露出してきてしまった、というように虫歯のように細菌が直接知覚過敏をおこしているわけではありません。

歯のくびれの部分がすり減っている

これが知覚過敏をおこしている中で非常に多い理由の一つです。何かしらの理由で歯茎近くの歯のくびれの部分がへこむようにすり減っている状態を楔状欠損と言いますが、この状態だと象牙質が大きく露出している事が多いので冷たい水にしみる知覚過敏の状態を引き起こす可能性があります。その痛みが強い場合はこれ以上歯を擦りへらせてしまわないように歯磨き指導をしたり、シミ止めの薬を塗ったり、すり減った部分をプラスチックで埋めたりなどの処置をしていきます。

知覚過敏と言ってもその原因には色々なものがありますので、第1の目的は痛みを取り除く事になりますが、その痛みを取り除く方法はその原因に合わせて選択していく必要があります。

知覚過敏.jpg

執筆者

名古屋市千種区の歯医者 阿部歯科

阿部利晴

 

あけましておめでとうございます。千種区の池下にある歯医者の阿部歯科です。今年は戌年という事で犬にちなんだ話題として「犬歯」についてお話をしようと思います。犬歯は糸切り歯とも言われ前歯から数えて3番目にある先端の尖った歯です。上下左右にあり位置がずれていると八重歯と呼ばれる事もあります。この犬歯ですが他の歯にはない様々な特徴があります。

犬歯の特徴

上下左右にある犬歯は他の歯に比べて顎の骨に埋まっている根の長さが長いという特徴があります。そのためこの犬歯は左右の揺れにも強くこの特徴から歯をギリギリと擦り合わせた時に擦れるという特徴があります。この状態にある噛み合わせを犬歯誘導と呼びますが八重歯などの歯の噛み合わせの状態によっては犬歯が擦りあわされない状態にある場合があります。この状態だと犬歯以外がギリギリと歯を擦り合わせた時に擦れる事になります。しかしながら他の歯は犬歯のように擦り合わの時の抵抗力が強くないため歯茎が痛んだり痛みが出たりする事もあります。この犬歯ですが歯の持ちも良く、一番最後まで残りやすい歯は下の犬歯だと言われます。

犬歯は生えた時は尖っている

乳歯が抜けて永久歯の犬歯が生えてきた時は犬歯と呼ばれるように槍のように尖っているのですが上に書いたようにギリギリという歯の擦り合わせによって少しづつ削れて丸みを帯びてくるようになります。この削れる速度は夜に歯ぎしりをする人では早く、患者さんの年齢と犬歯の擦れ具合をを比較する事で歯ぎしりの有無を予測する事もできます。犬歯が大きく擦れると犬歯の奥の歯もギリギリした時に擦れるようになってきます。この状態をパーシャルグループファンクションと呼びますがさらに当たりが強くなり犬歯の後方の永久歯4本全てが当たる状態をグループファンクションと呼びます。この犬歯以外の歯の当りが出てくると疼痛や知覚過敏など様々な症状が出てくる事があります。そのため、通常の噛み合わせの状態では歯ぎしりなどの犬歯の擦れ具合によって

犬歯誘導→パーシャルグループファンクション→グループファンクション

と咬合時の誘導状態が変わってきます。この誘導状態の変化を抑えたり症状が出ないようにするためにナイトガードなどが使われる事があります。

 

このように犬歯だけをとっても特徴的な役割があり、他の様々な歯にもそれぞれの役割が割り当てられているのです。前歯にも前歯の、小臼歯には小臼歯の、大臼歯には大臼歯の役割がしっかり割り当てられているのですね。そしてしっかり上下が問題なく噛みあわされている場合においては親知らずにさえ実は隠された役割があるのです。

戌年.jpg

こんにちは、副院長の阿部利晴です。千種区の中を歩いていると夜はすっかり寒くなったなぁと最近よく感じて今年は秋が短かったなぁと思ってしまいます。

今日は普段ではなかなか自分で気が付きにくい「歯ぎしり」についてお話をしようと思います。

歯ぎしり

歯医者さんに行って「夜寝てる時に歯ぎしりはありますか?」って聞かれた事はありますか?寝てる間の歯ぎしりは家族に指摘されないとなかなか自分では分かりづらいものなのですが実は歯医者さんが歯ぎしりがあるか聞く時に見ている場所があるのです。そこを見れば歯ぎしりがあるかどうかの目安をつけられるのですが、それは「歯がすり減っているかどう」です。

歯ぎしりをしているのだからよくよく考えれば当然と思われるかもしれませんが、具体的には

歯がすり減っている位置

年齢から見た歯のすり減り具合

歯の動揺

知覚過敏の有無

歯と歯茎の間の部分の状態

など

と複合的に見て判断をします。実際には口の中を見れば患者さんに聞く前に歯ぎしりの有無をおおよそ当てられる事が多いです。一番大きいのは、年齢から見た歯のすり減り具合とすり減っている位置ですが、これだけではまだ不確定要素があるため他の要素も合わせて判断をします。

歯をギシギシとする場合は、八重歯になってるなど特別な場合を除いて多くが糸切り歯(犬歯)で擦れます。

年齢を考慮するのは歯ぎしりがなくても食事をしていれば多少なりとも歯は擦れていくので、年齢から見て通常より糸切り歯がする減っていないかを確認するためです。

歯ぎしりがあると糸切り歯から磨り減りやすい

夜の歯ぎしりが強い人は年齢に比べて糸切り歯が明らかにすり減っている場合があります。そして糸切り歯がすり減ってくると今度はその奥の歯が当たってする減ってくるようになります。

これが、どの部位がすり減っているか、という事です。この、「歯のすり減り」の部位には特徴的な「ファセット」というものができて、すり減った部位に「平らな面」を作ります。これが、歯が長年をかけてすり減った証になります。

歯科医師はこのファセットをもとに歯のすり減り具合と位置を確認していきます。そしてこの「ファセット」ですが、治療をする際にも非常に大切な指標で、これを利用して顎関節の動きを大まかに再現する事ができます。歯を一度に何本も治して歯の形を変える場合には、このファセットを利用して顎関節の動きを再現して適切な歯の形を作る事ができます。

歯ぎしりと糸切り歯.jpg

そのため、この歯が擦れている状態を表した「ファセット」は歯ぎしりの診断だけでなく、治療自体にもとても有用となってきます。糸切り歯は生えたばかりの頃は犬歯とも言うだけあって、槍のように尖ったような形をしていますが擦れてくると段々と丸みを帯びたり、一部がへこんだような形になってきます。みなさんも興味があれば一度鏡の前で自分の糸切り歯の形を確認されてみてはいかがでしょうか?

【お電話でのご予約】TEL:052-751-0613
診療時間
月~金
10:00~14:00 / 16:00~19:30
土・日
9:30~13:00 / 15:00~18:00
休診・・・祝日
千種区の歯医者さん|Copyright © 阿部歯科. All Right Reserved.
Web Management Exe.
ご予約
ご相談
ページ
最上部へ