千種区池下の歯医者 阿部歯科 副院長の阿部利晴によるブログで、アメリカの歯科医療についての事情等を載せています。

東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近くの歯医者
診療案内
副院長ブログ

当院副院長からのお知らせ、出来事のご紹介です。

歯周病の最近のブログ記事

歯周病は細菌と免疫機構の関わりによって起きる恒常性の維持の破綻によって引き起こされますが歯周病の関連細菌にPorphyromonas gingivalisがいます。P. gingivalisはTannerella forsythiaやTreponema denticolaと合わせて歯周病の発生と関連が深い細菌群として同定されレッドコンプレックスと命名されました。そこで今回はこのレッドコンプレックスの内のP. gingivalisの病原性に関してお話をしようと思います。

Porphyromonas gingivalis

グラム陰性の編性嫌気性菌で空気の存在下では培養できません。血液寒天培地上で培養すると通常は黒色のコロニーを形成して独特の強い臭いを発生させます。この様な細菌の発生させるガスも口臭の原因のひとつとなります。このP. gingivalisは歯肉の上皮細胞に付着侵入する能力があり、細胞内に侵入する事で口腔内で生き延びる能力があるとされます。細菌学的には様々な病原因子が指摘されており、ジンジパインと呼ばれる病原因子は菌体より分泌されて細菌自体の栄養の確保などに貢献する事でP. gingivalisの生存に寄与します。ジンジパインの機能は様々なものが報告されており、栄養の獲得の他にコロニーの集積や細胞への侵入、免疫機構の一部から逃れるなどの役割があると言われて言われています。他にも莢膜多糖や繊毛などの病原因子があり、免疫機構からの回避や細胞への付着など様々な病原因子が報告されています。

レッドコンプレックスの細菌群はよく研究がされている

レッドコンプレックスの細菌群は歯周病関連細菌として臨床的にも基礎医学的にもよく研究がされています。歯周病は病原性の細菌と免疫機構の間に起きる恒常性の維持の破綻によって引き起こされていますが、何かひとつの単独の細菌のみが歯周病を引き起こしているわけではありません。しかしながら疫学的にはP. gingivalisの関わりが深く指摘されており歯周病の発生において重要な役割を果たしているという様に考えられています。

歯周病は免疫反応の結果である

レッドコンプレックスが歯周病において注目されるためどうしても細菌に目がいってしまいますが歯周病は究極的には免疫機構の破綻であるという事も忘れてはいけないとても重要な要素のひとつです。それは歯周病の臨床症状である歯槽骨の吸収や炎症による血管透過性の行進、発赤、腫脹などは破骨細胞や免疫細胞などによる作用の結果だからです。齲蝕の場合はStreptococcus mutansが直接歯質を侵食するのに対して歯周病の場合は細菌感染の結果免疫機構のを含めた歯周組織での恒常性の維持の破綻に結びつき発症するという流れに大きな違いがあります。

歯周病.jpg

※※※ 歯周病治療・口腔外科・審美歯科は千種区の歯医者の阿部歯科 ※※※

 

多剤耐性菌という言葉を聞いた事があるでしょうか?もう随分前から複数の抗菌薬に抵抗性のある多剤耐性菌の問題が出てきていますが感染症で抗菌薬が段々と効かなくなってきていると言われています。そこで今回は多剤耐性菌についてお話しをしようと思います。

薬剤耐性菌とは

薬剤耐性菌とはその名の通り薬剤に対して耐性のある細菌の事です。ニュースでも院内感染の際に問題とされる事が多い薬剤耐性菌ですが具体的にどのように耐性があるかというと今までは効果のあった特定の抗菌薬に対して効果がなくなるもしくは効果が著しく下がるというものです。複数の種類の抗菌薬に対して耐性を持ったものは特に多剤耐性菌と呼ばれます。

通常は細菌の抗菌薬の感受性に関して最小発育阻止濃度という指標で薬剤に対する抵抗性を確認します。希釈した薬剤に対して一定の濃度の細菌を培養して薬剤がどれくらいの濃度だと細菌の発育が抑えられるのかという事を確認して細菌の薬剤に対する感受性を試験していきます。同種の細菌でも通常の最小発育阻止濃度よりも大きく高濃度でないと発育を阻止できないものや全く発育を阻止できなくなった細菌が薬剤耐性と認識されます。有名な耐性菌ではメチシリン耐性黄色ブドウ球菌という細菌がありこの細菌は通常の黄色ブドウ球菌に有効であるβラクタム系の抗菌薬に対する抵抗性を獲得しています。

何故薬剤耐性を持つのか

細菌が薬剤耐性を持つにはいくつかの方法があります。1つは細菌に取り込まれた抗菌薬を分解して無効にしてしまう酵素を細菌自身が作り出すように進化する事で、別の方法は抗菌薬が細菌に取り込まれないようにする方法です。βラクタム系の抗生物質であるペニシリンがペニシリンを分解する酵素を産生するペニシリン耐性ブドウ球菌によって無効化された際に同系統の抗菌薬でありながら分解されないメチシリンを開発した経緯があります。しかしその後βラクタム系抗菌薬が結合するために取りつくペニシリン結合タンパク質の立体構造を細菌が変える事でメチシリンも無効になりました。これがメチシリン耐性黄色ブドウ球菌です。βラクタム系の抗菌薬はこのペニシリン結合タンパク質という酵素に結合して細菌のペプチドグリカンの合成を阻害して薬効を発揮していたのですがこのような耐性菌の出現によって無効化されてしまいました。

薬剤耐性はこのような細菌の新たなタンパク質の発現の結果生まれた機能であり、通常の細菌の中からごく低い確率で出現してきます。この新たなタンパク質の発現の機能を複数獲得して複数の種類の抗菌薬に耐性を持った細菌が多剤耐性菌と呼ばれています。

歯科領域においては耐性菌はあまり話題になりませんがどのような細菌でも薬剤耐性を獲得する可能性があるため薬剤耐性の獲得機構を歯科医師もしっかり理解してないといけないのです。特に感染症の対応が多い口腔外科領域や歯周病の領域でも注意しないといけません。

耐性菌.jpg

記事の執筆者
千種区の歯医者 阿部歯科
副院長 阿部 利晴 (あべ としはる)
 
【歯科医師としてのプロフィール】
1980年:名古屋市の千種区池下で生まれ歯科医師の祖父と父親を持ち地元で育つ
2005年:愛知学院大学歯学部を卒業
2005年:豊川市民病院の歯科口腔外科で臨床研修医を経験
2006年:愛知学院大学歯学部の顎顔面外科学講座へ入局
2010年:愛知学院大学大学院の歯学研究科を修了 総代
2010年:愛知学院大学歯学部の顎顔面外科学講座にて非常勤助教に任命
2010年:名古屋大学医学部附属病院の麻酔科 医員となる
2011年:アメリカ ペンシルベニア大学歯学部で勤務
2014年:アメリカ ペンシルベニア大学歯学部にて講師となる
2014年:アメリカ 国立衛生研究所 国立歯科・頭蓋顔面研究所の非常勤連邦職員となる
2015年:名古屋市千種区の阿部歯科 副院長に就任
趣味:ハイキング、英会話
 
【一言】国内の歯学部や病院だけでなく、アメリカの歯科医療を通して様々な知識や経験を得てきました。千種区や池下だけでなく名古屋市内や市外の患者さんにも信頼される歯科医院を作っていこうと思います。

 分子標的薬という言葉をご存知でしょうか?癌の治療法などで最近注目される事もある分子標的薬という薬ですが歯科領域においても歯周病などの治療に対してその利用が模索されています。そこで今回はこの分子標的薬という薬についてお話しをしようと思います。

分子標的薬とは

その名の通り対象を標的として特異的に疾患を制御しようとする薬です。この分子標的薬の最大の特徴はその特異性にあり狙った標的のみに作用するという部分が通常の薬と大きく変わってきます。通常の薬だと何か別の標的やもしくは複数の標的に対して作用し、その結果薬効を発揮するという流れになるのですが分子標的薬はダイレクトに標的を目標とします。

分子標的薬はどのように直接作用するのか

それぞれの細胞の表面には色々な形をしたタンパク質が存在します。このタンパク質の立体的な構造に対して合致する形を分子標的薬は持っています。タンパク質の立体構造は非常に複雑でそれぞれが非常に特異的な構造をしているため同じような形をしているものは非常に少ないです。その構造の中のタンパク質としての機能を発揮する部位に対して分子標的薬が取り付く事でその薬効を発揮します。それは例えばその部位に取り付く事で機能を抑制したりといった具合にです。

免疫抗体が分子標的薬にも使われる

抗体というのは元々特異的な部位に対して免疫系細胞の貪食を活性化したり抗体そのものが細菌を死滅させるなどの効果があるのですがその特性から非常に特異性の高いものとなっています。よく聞くワクチンというのも、ワクチンを打つことによってそれに合った特異的な抗体を作り細菌などの外敵を排除しようとするものです。以上のことから抗体には定まった場所に接合する極めて優秀な機能があり、分子標的薬として使われる事もあります。

通常の抗体はワクチンのように人体で作られるのですが、現在の分子標的薬であるモノクロナール抗体と呼ばれる特異的な部位に接合する抗体は体の外の試験管で人為的に大量生産されます。B細胞という細胞が抗体を作る事が出来るのですが通常のB細胞では増殖する能力に限界があり、薬として利用できるほどの分子標的薬としてのモノクロナール抗体を得ることができません。そこで通常の細胞とは違うハイブリドーマと呼ばれるB細胞と無限に増殖し続ける事ができる細胞の融合体を作り出し、その細胞が出す大量のモノクロナール抗体を得る事で分子標的薬としての利用ができるようになりました。

これらの分子標的薬は口腔癌はもちろん、歯周病領域での歯周病増悪のメカニズムを抑える目的としても歯科領域で近年研究が進められています。

分子標的薬.jpg

※※※ 千種区の歯医者は歯周病治療・審美歯科・口腔外科の阿部歯科 ※※※

体の中では骨を作ったり溶かしたりして骨の再構築(骨リモデリング)が常に行われていますが、この骨リモデリングの代謝のうち骨を作る作用をしている細胞が骨芽細胞、骨を溶かす作用をしている細胞が骨芽細胞ですこの骨リモデリングですが歯科領域において歯周病やインプラント、抜歯後の骨修復、根尖病巣の骨欠損部の修復など様々な疾患や治癒過程において大変重要な働きをしています。そこで今回は歯周病や炎症性疾患などの際に骨を溶かす破骨細胞についてお話をしようと思います。

骨を溶かす破骨細胞

歯周病などの炎症性疾患や嚢胞、良性腫瘍または悪性腫瘍では骨の吸収が行われますが、疾患自体は細菌感染が原因になっていたり腫瘍そのものが増殖して疾患の原因となっておりますが、この際の骨の吸収に関して共通する事はこれらの骨吸収は破骨細胞によって行われているという事です。細菌の増殖によって細菌が骨を直接溶かしているわけではなく、腫瘍が骨を直接溶かしているわけではありません。これらの細菌感染による炎症などが間接的に破骨細胞を刺激して骨の吸収を促進しています。破骨細胞を活性化させる因子としては様々な物質がありますが破骨細胞の分化に重要な役割を果たすRANKLというサイトカインが非常に有名です。この破骨細胞分化を促進するRANKLは感染による炎症の際に発現したり悪性腫瘍によって骨芽細胞を介して発現されたりします。

破骨細胞

この、様々な要因で骨を溶かす破骨細胞ですが他の細胞にはない様々な特徴があります。1番の特徴は骨を溶かすという能力です。骨はカルシウム塩結晶を成分として形成されていますが破骨細胞にはこのカルシウム塩結晶を溶解させるための水素イオンの放出能力があり骨に面した部位から水素イオンを放出し虫食いのように骨を溶かしていきます。骨が溶解された痕は破骨細胞が存在した直下にハウシップ窩と呼ばれるくぼみ状のヘコミが出来上がります。この破骨細胞は複数の核を持ち多核細胞であるマクロファージと共通の前駆細胞を持ちます。実際にマクロファージに破骨細胞分化因子などを加える事でマクロファージを破骨細胞様細胞に分化させてカルシウム塩の吸収能力を付加させる事も可能です。この破骨細胞とほぼ同様の細胞に破歯細胞という細胞があり、破歯細胞は歯質を吸収する事で歯根に対して外部吸収を引き起こします。根尖病巣での破歯細胞による外部吸収が歯内治療おける正常な根尖最狭窄部の吸収を引き起こすなどのメカニズムの理解も歯医者での治療に関して重要な項目となってきます。

このように普段あまり気にしない骨再構成のメカニズムを理解する事も千種区の阿部歯科では臨床的な歯科治療計画立案のために大切にしています。

破骨細胞.jpg

こんにちは、千種区の歯医者の阿部歯科です。歯を噛み合わせたり物を噛んだりした時に痛みを感じる事があるかもしれませんがこの時に歯を何かでコンコンと叩いた時に痛みを感じる場合があります。歯の痛みには外部からの刺激で神経を介して感じるものと炎症によるものがあります。今回は歯を叩いた時に感じる痛みについてお話をしようと思います。

垂直方向の痛み、水平方向の痛み

歯を叩いた時に歯の軸方向に感じる痛み(垂直方向に感じる痛み)と歯の側面を叩いた時に感じる痛み(水平方向に感じる痛み)があります。垂直方向に痛みを感じる場合は根尖部に炎症がある事が多く、水平方向に痛みを感じる場合は歯の周囲に炎症がある場合が多いです。この根尖部の炎症と歯の周囲の炎症は歯根膜を介して根尖を含めた歯の周囲全部に歯根膜炎を起こす事もあるのでこの場合は水平方向と垂直方向両方に痛みを感じる場合もあります。歯根膜炎が起きた状態でも原発巣の炎症が強くなっている事が多いので垂直方向と水平方向の痛みの程度を比較する事で原発巣を予測する事も可能となる場合もあります。

根尖性歯周炎

根尖性歯周炎とはう蝕や歯髄壊死などによって歯髄の感染を通して根尖に感染巣を作った状態です。稀にう蝕がなくても逆行性に歯髄に感染を引き起こし根尖性歯周炎を起こす場合もあります。歯の根の先端の根尖に感染巣を作り急性炎症を引き起こすと歯の軸方向への刺激に対して痛みを感じるようになる場合があります。そのため垂直性の刺激に対して強い痛みを感じる場合は根尖性歯周炎の存在が疑われます。根尖性歯周炎まで移行してなくても歯髄が急逝炎症を起こす急性化膿性歯髄炎の場合でも少しの刺激に敏感になり歯を叩いた時に激しい痛みを感じる場合もあります。

歯周組織炎

歯の周囲に急性の歯周炎を起こした場合は歯根膜に強い炎症を伴い水平方向に歯に刺激を与えた時に痛みを感じる場合があります。すなわち上に書いたような垂直方向に強い痛みを感じるか垂直方向に強い痛みを感じるかで炎症の原因が歯髄を介したものか歯周病によるものかを確認していきます。これらの臨床症状とう蝕の有無とレントゲン像を確認して原発巣を特定していきます。

咬合性外傷

上の2つの疾患は細菌感染によって急性炎症が引き起こされた状態ですが咬合性外傷は歯の当たりが強いといった咬頭干渉などの機械的な刺激により歯根膜炎が起きた状態です。この場合も歯を叩いた時に痛みを感じる場合がありますが同時に根尖性歯周炎や歯周組織炎を伴っていたり、咬合性外傷から歯髄炎へと移行する事もあります。

この他にも歯の詰め物が取れかかっていたり、歯にヒビがはいっていたりなど歯を噛んだ時の痛みには様々な原因があります。そのため、視診やレントゲン像、臨床症状などから総合的に原因を解明していく必要があるのです。

歯が痛い.jpg

今後も患者さんに役に立つような情報をお伝えして、池下、千種区、名古屋の近郊、そして名古屋市外の患者さんにも安心して通っていただけるような歯医者を阿部歯科では目指しています。

こんにちは、名古屋市千種区の歯医者の阿部歯科です。細菌感染という言葉を聞いた事があると思いますが歯科疾患の多くも細菌感染によって成立しています。そのため今回はそもそも細菌感染とはどういう事なのかというお話をしようと思います。

細菌感染

その名の通り細菌が生体に対して感染を成立させている状態です。細菌とは正式には真正細菌と呼ばれる核膜を持たない原核生物の事で、カビである真核生物の真菌や非生物のウイルスとは全く別の生物です。真正細菌と同じように見られる古細菌と呼ばれる間欠泉などの過酷な環境に生息する生物もいますがこの古細菌も進化的には真正細菌とは別の種類に分類されます。この真正細菌が口腔内で感染を成立させて歯周病や歯の根の先の膿の発生を引き起こしています。

感染とは

感染とはその病巣で増殖を成立させた状況になります。例えそこに細菌がいても増殖する事ができていなければ感染とは言われず、例えば血液の循環の中に細菌が入り込んでも増殖する事ができなければ菌血症と呼ばれ、増殖が成立すれば敗血症と呼ばれます。重度の歯周病では腫脹して血管透過性も上がった感染部位の歯周組織で歯周病関連細菌が血液の流れに入り込み慢性的な菌血症の状態にあると言えます。この循環器系に入り込んだ細菌が心臓の弁などに付着して感染を成立させると心疾患の原因となり得る可能性があるのです。このように、感染とはあくまでも感染部位において細菌の増殖が成立する事が要件となるのです。

何故感染するのか

細菌が感染するためにはまずは細菌が生体の組織に対して付着もしくは侵入が成立する必要があります。この際に利用されるのがそれぞれの細菌が特異的に持つタンパク質でこのタンパク質の機能によって生体の細胞にたいして付着もしくは侵入を成立させていきます。実験的には特定のタンパク質をコードするそれぞれのORFと呼ばれる遺伝子領域を欠失させる事で細菌の特定のタンパク質が人の細胞に対して付着や侵入に寄与しているかを調べる事ができます。

付着や侵入を成立させるタンパク質を特定したら

そのタンパク質を特定する事が出来ればその細菌の細胞への付着や侵入メカニズムを解明する事が可能となってくるためそのメカニズムを抑制する薬の開発など治療法への道筋をつける事も可能となってきます。そのため、それぞれの細菌の感染成立のメカニズムを明らかにする事で治療の可能性の幅を広げる事が出来るのです。

細菌感染.jpg

 

こんにちは、千種区池下の歯医者の阿部歯科です。歯の痛みというと代表的なものには虫歯がありますね。冷たい水を飲むと歯に鋭い痛みを感じることがある患者さんもいるかもしれませんが、それは虫歯ではなくもしかしたら知覚過敏かもしれません。

知覚過敏とは

虫歯と知覚過敏は別に分けられますが、その痛みを感じるメカニズムは似ています。大きな違いは、それが虫歯によってもたらされた痛みなのか虫歯とは別の理由で起きたのか、という事です。そのため、虫歯の場合は例え痛みが治まっていても治す必要性がありますが、知覚過敏の場合は痛みが治まっていれば経過観察で済ませる事もあります。ここが大きな違いで、虫歯は痛みを取り除く事ももちろんですが、痛みの原因となった細菌に感染した病巣を取り除く事が大きな目的になりますが、知覚過敏の大きな目的は痛みそのものを取り除く事にあります。虫歯も知覚過敏も歯の構造の内の象牙質という組織が露出してきて刺激に対して痛みを感じるようになるのですが、どちらも痛みを感じる原理は同じです。1番の違いはそれが細菌感染によるものかそうでないのかという点です。

なぜ知覚過敏になるのか

虫歯では歯が溶けて象牙質がむき出しになってくるために痛みが出るようになるのですが、知覚過敏の場合は

日頃の歯ぎしりによって歯がすり減ってしまった

歯周病によって歯茎が下がって歯の根の部分が露出してきた

歯の硬いエナメル質という部分がかけて象牙質が露出してきた

などの理由があります。これらを見てわかるようにその理由は物理的に象牙質が露出してしまったという点に問題があります。歯周病の場合は歯周病を起こすのは細菌感染なのですが、歯周病が起きて歯茎が下がった結果歯の根の部分が露出してきてしまった、というように虫歯のように細菌が直接知覚過敏をおこしているわけではありません。

歯のくびれの部分がすり減っている

これが知覚過敏をおこしている中で非常に多い理由の一つです。何かしらの理由で歯茎近くの歯のくびれの部分がへこむようにすり減っている状態を楔状欠損と言いますが、この状態だと象牙質が大きく露出している事が多いので冷たい水にしみる知覚過敏の状態を引き起こす可能性があります。その痛みが強い場合はこれ以上歯を擦りへらせてしまわないように歯磨き指導をしたり、シミ止めの薬を塗ったり、すり減った部分をプラスチックで埋めたりなどの処置をしていきます。

知覚過敏と言ってもその原因には色々なものがありますので、第1の目的は痛みを取り除く事になりますが、その痛みを取り除く方法はその原因に合わせて選択していく必要があります。

知覚過敏.jpg

執筆者

名古屋市千種区の歯医者 阿部歯科

阿部利晴

 

「何故虫歯菌はなくならないのか」というこの疑問は皆さんも一度は思ったかもしれませんね。虫歯菌はいわゆる酸を産生して歯を溶かすストレプトコッカス ミュータンス菌の事なのですがこの細菌は何故根絶できていないのでしょうか?

ワクチンでミュータンス菌を根絶できない訳

この、ミュータンス菌に対するワクチンを作って根絶すればいいのではないか?という疑問を思われた方もいるかもしれませんが、実はこのワクチンを使って菌を倒すという方法は歯の表面に取り付くミュータンス菌には無効なのです。この理由を説明する前にワクチンとは何か、という事からお話しないといけません。

ワクチンという物を簡単に説明すると、細菌を構成するするタンパク質の一部、もしくはそれに類似した物などを使って体に免疫力を持たせる方法です。この方法で細菌に対する免疫力を持った場合はそのターゲットとなった細菌のタンパク質にうまく合わさる抗体が出来上がり、この抗体が細菌の表面に付着するようになります。この抗体の付着によってマクロファージなどの細菌を食べてしまう細胞が活性化されるのです。しかしながら、この免疫細胞は血中であったり、組織の中であったり、または歯茎の付近にはいるのですが、歯の表面に這い出してくる事はありません。ワクチンに必須の反応である抗原抗体反応に関しては「アレルギーとは」「歯科治療とアナフィラキシーショック」の項目でも触れています。抗原抗体反応を利用する限りではミュータンス菌の細胞表面に存在するタンパク質をターゲットとしてワクチンとしての抗原抗体反応により体に抗体を作らせる事は可能なのですが、抗体がミュータンス菌に付着した後の貪食細胞によるオプソニン作用は期待が難しいという事になってしまいます。

では、抗体の中の粘膜免疫系に機能する抗体である分泌型IgAではどうかと言うと、IgAにおいても粘膜上での免疫系細胞の遊走に作用するものの歯の表面での免疫細胞によるオプソニン効果は難しいと言えてしまいます。ワクチンで作ったIgAに中和作用としての分子標的薬のような役割を期待した場合は有効な可能性もありますが常にミュータンス菌に対する抗体価を上げ続けるために定期的にワクチンを摂取し続けないといけないという別の問題が出てきます。

これが、例えワクチンでミュータンス菌に対する抗体を作ったとしてもなかなか効かない理由になってしまうのです。抗体が作られて例え抗体がミュータンス菌の表面に付着したとしても、歯の表面で酸を出して虫歯を作っているミュータンス菌の元まで免疫細胞がやって来られないという事といかにしてミュータンス菌に対する抗体価を維持し続けるのかというところに大きな課題が出てしまうのですね。

歯周病菌はワクチンで根絶できるのか?

虫歯に続いて、では歯周病ではどうかというと歯周病の場合は虫歯の場合と大きく異なることがあります。それは歯周病に影響する菌の種類です。虫歯の場合はミュータンス菌が虫歯に影響してきますが、歯周病の場合は複数の菌種が入り乱れるようにして歯周病を引き起こしています。そのため、この細菌だけをやっつければいいとはならず、ワクチンで対応する事ができなくなってしまいます。歯茎の部分では免疫細胞が大きな役割を果たしているのですが、歯周病では1種類の細菌だけをやっつければいいというわけではない事に問題がでてきてしまうのです。生ワクチンや不活化ワクチンなどの複数の抗体産生を期待するようなワクチンは少し別ですが、ワクチンでは特定の細菌の特定のタンパク質の特定の部位をターゲットとするという非常に特異性の高い手法がとられるため、不特定多数を目標とするにはあまり向いていないのですね。

このように、虫歯でも歯周病でもなかなかそれに関連する細菌を取り除ききる事が難しいので、やはり基本は歯をよく磨いて汚れを取って全体的に色々な細菌が歯や歯茎にたまらないようにする事が大切となるのです。

ミュータンス菌.jpg

----- 千種区の池下の歯医者、阿部歯科からのお知らせでした -----

こんにちは、千種区の歯医者、阿部歯科の阿部利晴です。虫歯や歯周病、口の中の細菌感染や口唇ヘルペスなどの病気は微生物によって起きる疾患ですが、微生物とは何かという事を今回はお話しようと思います。

微生物とは

肉眼で見えない生物や非生物を総称したものです。これには原生生物や真菌、真正細菌、ウイルスなどが含まれています。微生物という言葉は非常に広い意味で使われており実際に歯科医学的に使われる場合は真菌や真正細菌、ウイルスなどに分類されて細かく使われます。

真菌

歯科医療において出てくる真菌で有名なものにはカンジダ・アルビカンスがあります。カンジダ・アルビカンスは長期の抗生物質服用や義歯などの清掃が不十分な場合に口腔内に発生するカビの事です。真菌は細胞の中に核膜を持つ真核生物で大きさ的には真正細菌よりも大きく真正細菌に効く抗菌薬の多くが無効になるため抗菌薬の長期投与で真菌が口腔内に過剰に増殖してしまう場合があります。

真正細菌

虫歯や歯周病、多くの感染がこの真正細菌によって引き起こされています。真正細菌は真菌とは全く別の生物で生物学的には遺伝子情報であるDNAの周りに核膜を持たず特殊な環状のDNAを持つ原核生物でその構造もペプチドグリカンで構成される細胞壁などの真正細菌にはない特殊な構造があり、これらの真正細菌特有の構造などを狙って抗菌薬は開発がされています。真正細菌には非常に多くの種類が存在し、それぞれの特性によって様々な病原性を発揮して虫歯や歯周病などといった疾患を引き起こします。

ウイルス

歯科領域において問題となる多くのウイルスが口唇ヘルペスや帯状疱疹ウイルスなどのヘルペス属と呼ばれるウイルスや乳頭腫ウイルスなどといったものです。ただ、多くの人に関連があるウイルスは口唇ヘルペスウイルスがほとんどで、口内炎や口角炎の原因になります。歯科領域においては他にも様々なウイルスが関連してきますが比較的稀なものが多くあります。ウイルスが真菌や真正細菌と違う1番の点はウイルスは生物ではないという点です。ウイルスは断片状になったDNAもしくはRNAの断片がカプシドと呼ばれるタンパク質の殻に包まれた非生物で自律増殖ができません。生物であるためには自ら増殖できる自立増殖の能力が必要不可欠ですがウイルスには自立増殖する能力はなく他の細胞に感染する事で宿主の増殖機構を利用して増えるという特徴があります。

 

これら真菌、真正細菌、ウイルスのように生物学的には全く別の生物でその生物学的な特性を利用して薬による治療も行われるのです。

細菌.jpg

みなさんは歯医者さんで歯石を取る処置を受けた事がありますか?歯の周りに歯石がたまると食べ物の汚れが残りやすくなって歯周病を引き起こす原因になるので歯石はこまめに取った方がいいのですが、歯石はどのような器具で取るかご存知でしょうか?

 

歯石を取る道具

歯石を取る器具は大きく分けて3つあります。

一つ目はエアスケーラーという道具です。これはコンプレッサーといわれる空気を圧縮する機械から空気をこのエアスケーラーという道具まで押し出して、空気の力で尖った金属の先端を振動させて歯石を砕きながら取ります。道具の中を空気が通るときに内部の機械的な構造によって尖った金属を支える芯の部分が往復運動しながら前後に動く事で金属の先端を振動させています。結果的に金属の先端は8の字を描くように細かく動いて歯石を破砕して取る事ができます。

二つ目は超音波スケーラーと言われるもので、無機質の結晶に電気を流す事で細かい振動を与える事で金属の先端に振動を伝え歯石を破砕します。ちょうど一定の時をきざむためのクォーツ時計の水晶が電圧をかけて振動するのに似ています。この超音波スケーラーは非常にパワフルでかつ、電圧を変える事で振動のパワーを変える事ができます。

三つ目は急にアナログになりますが、手用スケーラーと言われるものです。字のごとく自分の手を使って道具を歯石に押し付けつつ削り取る道具です。最初の二つの道具とは違ってこの手用スケーラーは刃物のように鋭く、その尖った刃先でこそぎ取るように歯石を剥がし取ります。しかしながら、この道具は刃先を歯に押し付ける角度や、使う場所によってそれぞれ細かく種類が分かれているため慣れてないと使うのがやや難しいです。

歯石を取る道具の使い分け

歯周病用スケーラー.jpg

大きく分けてこれらの3つの方法が歯石を取るために使われていますが、使う用途はある程度分けられています。

パワーが比較的弱く振動の強さの調整をし辛いエアスケーラーはできてあまり時間の立ってない歯石や見えやすい部位にある歯石を取る時に比較的使われます。

パワーもあり、細かく振動の調整がしやすい超音波スケーラーは時間が経ってカチカチになってしまった歯石や歯と歯茎の間の深い場所に着いてしまった頑固な歯石を取る時に使いやすいです。

そして、三つ目の手用スケーラーはじっくり入念に1本1本の歯の歯石を取る事に向いています。この時には歯茎の周りに麻酔をして歯の深い部分まで歯石を取る事もあります。

 

歯医者さんでやる歯石取りといってもその道具には色々な種類があるのですね。それぞれの道具の特性を活かして綺麗に歯石を取る事で歯周病になりにくくなるのです。

現在、医院建物の改装中につき、固定電話が繋がらなくなっております。
求人等に関するご連絡は、下記携帯番号までお願いいたします。(原則メールにてご連絡ください)
採用担当:阿部 090-3300-5882
診療時間
月~金
10:00~14:00 / 16:00~19:30
土・日
9:30~13:00 / 15:00~18:00
休診・・・祝日
阿部歯科 特別コラム

医院情報


阿部歯科

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

TEL:052-751-0613
※現在、医院建物の改装中につき、固定電話が繋がらなくなっております。
求人等に関するご連絡は、下記携帯番号までお願いいたします。(原則メールにてご連絡ください)
採用担当:阿部 090-3300-5882

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

Copyright © 阿部歯科医院. All Right Reserved.
Web Management Exe.
お問い
合わせ
ページ
最上部へ
TOP
PAGE