千種区池下の歯医者 阿部歯科 副院長の阿部利晴によるブログで、アメリカの歯科医療についての事情等を載せています。

<電話番号をタップするとお電話できます>
TEL:052-751-0613
<時間外受付はこちら(初診のみ)>
TEL:090-3300-5882
メール予約の受付は24時間可能です!ご予約・お問い合わせ
東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近くの歯医者
診療案内
副院長ブログ

当院副院長からのお知らせ、出来事のご紹介です。

歯周病予防の最近のブログ記事

歯周病が糖尿病や循環器系の疾患などに広く影響するという事は広く知られていますが最近の研究では歯周病が認知症の大部分を占めるアルツハイマー型認知症の増悪にも関わっている可能性があるという研究結果も出てきています。歯周病は口腔内細菌と体の免疫機構の関わりから始まり、免疫機構が破綻する事で発症しますが、その中でもPorphyromonas gingivalis (以下、P.g.菌)が歯周病増悪に関わっているという事が分かっています。

歯周病の患者さんの口腔内の細菌を調べるとP.g.菌の数はそれほどでもないのに重度の歯周病を患っているという方もいます。これはP.g.菌が少ない数でも歯周病発症のメカニズムに中心的な役割を果たすという考え方からkeystone pathogen(キーストーン病原体)と呼ばれます。今では広く話題になっているこの考え方は私の関わった論文から出てきた考え方であり、石積みのアーチの真ん中の一個の石がアーチ全てのバランスを取るキーストーンとなる事から着想を得て、アーチ(歯周病)のキーストーン(P.g.菌)という仮説で命名されました。千種区の阿部歯科でも歯周病予防と予防歯科はメインの診療項目のひとつとなっており、このような論文で発表される最新情報も取り入れながら新しい歯科医学情報が診療に反映されるように日々勉強を続けています。

このように歯周病に関して中心的な役割を果たす口腔内のP.g.菌ですが、アルツハイマー型認知症においても影響を与えているという論文が話題となっています。

歯周病菌がアルツハイマー型認知症に関わっている?

アルツハイマー型認知症では脳にアミロイドベータという物質が蓄積して発症すると言われています。アミロイドベータはアルツハイマー病発症の数十年前から蓄積が始まると言われており、このアミロイドベータの蓄積にP.g.菌が関わってるかもしれないというのが報告された論文の要旨となっています。歯周病になると歯肉から出血する事でその部位の血流に口腔内の細菌が乗って慢性的な菌血症を起こしているとも言われます。

その際にP.g.菌が血流に乗って脳内に到達する可能性があります。口腔内細菌が慢性的な菌血症で循環器系で発見される事があり脳内にもその考え方でP.g.菌の侵入が起きた場合に、P.g.菌の持つジンジパインといった毒素が脳内でアルツハイマー病の原因となると言われているアミロイドベータの蓄積を引き起こすと説明されています。

仮説のひとつ

現在ではアルツハイマー病の発症の仮説がいくつかあり、今回のP.g.菌との関わりも仮説のひとつという事になります。ただ、上で書きましたようにP.g.菌は数が少なくてもキーストーン病原体として病気の発症に大きな役割を果たしていたりしますので循環器の血流に乗って脳に到達した場合は何かしらの影響を与えるかもしれないという事も不思議ではありません。特に近年では歯周病と全身疾患の関わりが大きく取り上げられているため今回の仮説も今後注目していきたい内容となっています。

参考文献: Porphyromonas gingivalis in Alzheimer's disease brains: Evidence for disease causation and treatment with small-molecule inhibitors. Stephen S. Dominy et al. Science Advances. 2019.

阿部歯科副院長の歯周病関連の論文掲載誌

2011年-2018年
1) Science Translational Medicine  (サイエンス姉妹誌):『掲載論文について』で歯周病最新情報として内容を詳しく掲載しております
2) Journal of Clinical Periodontology
3) Science Translational Medicine  (サイエンス姉妹誌)
4) Nature Communications  (ネイチャー姉妹誌)
5) Advances in Experimental Medicine and Biology
6) The Journal of Immunology
7) Infection and Immunity
8) The Journal of Immunology
9) Cell Host & Microbe  (セル姉妹誌)
10) The Journal of Immunology
11) Science Translational Medicine  (サイエンス姉妹誌)
12) Seminars in Immunology
13) Journal of Immunological Methods
14) Cellular Microbiology
15) The Journal of Immunology
16) Nature Immunology  (ネイチャー姉妹誌)
17) Molecular Oral Microbiology
キーストーン病原体.jpg

 

 

Trained Immunityという言葉をどこかで聞いた事があるでしょうか?ほとんどの方は聞きなれないと思いますが免疫機能の中ではここ数年で最も注目を集めている言葉の一つとなっています。医療全般においてこのTrained Immunityは注目されており、歯科の領域においても今後注目されていくと思われるキーワードになっています。

Trained Immunityって?

日本語に直訳すると訓練された免疫とでも訳せるのですが、まさにその通りで訓練された免疫機能の話になります。その意味は特定の対象に対しての自然免疫の免疫機能が向上する事を意味します。この、特定の対象への免疫機能の向上というのは自然免疫とは別の獲得免疫に関しては古くから知られていました。

有名なものではワクチンがあります。ワクチンはあらかじめ体に抗原という外敵を意図的に取り込む事でその抗原に対抗する抗体の産生を記憶させる事を目的とします。この抗原を取り込む事で免疫機能の内の抗体産生に関わるB細胞に抗原の存在を認識させてその後に再び同じ抗原が体に取り込まれた時に素早く抗体産生できるようにする事ができます。このようにかつての抗原を対象に反応するため免疫記憶とか二次応答という言葉で説明されます。

似たように聞こえるTrained Immunityですが、このTrained Immunityの対象は抗体産生ではなく貪食細胞などの自然免疫に適用される事が新しい発見となっています。この自然免疫では抗体産生の二次応答のような免疫記憶はないと言われていましたが、自然免疫にもあるという事がここ数年で分かってきました。

歯科におけるTrained Immunity

このTrained Immunityはここ数年で急激に医療全般で研究が始まりましたが歯科においても今後研究が進むと考えられます。それは歯科の中でも慢性疾患と免疫の関わりとして深い歯周病の領域です。歯周病と免疫機能の関係は切っても切り離せず、免疫機能の口腔内での関わりの研究が進めば歯周疾患の予防や治療に対して大きく治療法が発展する事も期待できます。特に歯周病は免疫機能の過剰反応とも言える部分も備えているのでこの免疫機能をどううまくコントロールして恒常性を維持するのかが重要となります。Trained Immunityの分野は基礎的な研究が始まったばかりなので臨床応用されるにはまだ時間がかかりますが今後歯科領域においても研究が進み、新しい治療法や薬が開発される事を期待しています。

Trained Immunity.jpg

☆☆☆ 若水からアクセスのよい歯医者の阿部歯科へは歯周病治療・予防歯科・口腔外科・審美歯科に限らず口の中でお悩みの事があればお気兼ねなくご来院ください。今年も残り少なくなりましたが、来年も阿部歯科をよろしくお願いいたします。 ☆☆☆

 

 

 

昔から虫歯になりにくい人は歯周病になりやすいと言われる事もしばしばありますが、虫歯になりにくいとどうしても歯磨きの習慣がつかなく歯周病になりやすくなってしまうという可能性があります。歯磨きは歯周病の予防にすごく大切なのですが、そもそも具体的に虫歯と歯周病の成り立ちはどう変わってくるのでしょうか

虫歯は細菌が歯周病は免疫反応が

虫歯は主にミュータンス菌という酸を産生する細菌が歯の表面に取り付き、酸で歯を溶かす事でどんどん進行していきます。このミュータンス菌を取り除いたり、酸を産生するための栄養を取り除くために虫歯予防には歯磨きによるブラッシングが大切になります。

では、歯周病はどうでしょうか、歯周病は結論だけを言ってしまえば体の免疫反応による結果です。通常は体を正常に保ってる免疫反応が口の中の細菌の過剰な増殖により破綻をきたして過剰反応を示してしまったために過剰な炎症によって歯周病は起きます。通常は体の中を普段通りに保つ「恒常性の維持」という状態が細菌などによって乱されるために歯周病は起きてしまいます。元々の原因は口の中についた汚れや細菌によって引き起こされるのですが、歯周病の症状である歯茎の腫れや出血、歯を支える骨が溶けるといった状態はこの免疫系の細胞が引き起こしています。

歯茎の腫れや出血は体に侵入してきた細菌に対して免疫系の細胞が戦う際に「炎症」という結果で自分の体に対して熱感や浸出液の増大による腫れや毛細血管の拡張といった反応を引き起こして細菌と戦う準備をしていきます。この時に自分自身に対しても痛みといった状態を自分に感じさせているのです。

同様に歯周病の特徴である歯を支える骨が溶ける、といった状態も細菌が直接引き起こしているのではなく自分自身の細胞の「破骨細胞」という細胞が引き起こしています。通常は骨を作る骨芽細胞と骨を溶かす破骨細胞が共同して体の骨を常に新鮮なものに入れ替えているのですが、細菌感染などによって炎症が過剰に起きてくるとこの骨を解かす破骨細胞が活性化されて、破骨細胞から出される酸によって歯を支える骨を溶かしていってしまいます。決して、細菌自身が酸を出したりして骨を溶かしているわけではありません。

虫歯と歯周病の機構は別でも歯磨きは必須

虫歯と歯周病の起きる機構は大きく違いますが、必ず言えることはどちらの予防にも必ず歯磨きは必要という事です。歯周病の状態は体の免疫系の細胞の過剰反応によって引き起こされているのですが、その過剰反応を引き起こすそもそもの原因が細菌などの口の中の汚れにあるという事を忘れない事が大切になります。

歯周病と破骨細胞.jpg

☆☆☆ 木曜日・日曜日も診療の千種区・池下・仲田の歯医者の阿部歯科では予防歯科・歯周病治療・審美歯科・口腔外科など様々な治療に力を入れております。 ☆☆☆

 

こんにちは、千種区の歯医者の阿部歯科 副院長の阿部利晴です。口の中の病気と言うとどうしても虫歯や歯周病、それに伴う虫歯菌であるミュータンス菌や歯周病関連細菌のP. gingivalisといった細菌に目がいきますが口の中の病気との関わりには自分の体自身の免疫細胞も大変重要な関わりを持っています。そこで今回は口の中の免疫細胞についてお話をしようと思います。

口の中の免疫細胞はどこで働いているのか

好中球やマクロファージ、リンパ球などの免疫細胞は体の組織の中に分布していますが口の中の病気、特に歯周病との関わりでは歯と歯茎の境目の歯肉溝という部位で大きな役割を果たしています。歯肉溝では歯茎の(歯肉)の粘膜が歯の表面に付着しており、ちょうどガラスの表面にゴムの薄い板をペタッと貼り付けるようにしてついていています。これを上皮性付着と言いますが、この上皮性付着をしている口腔粘膜の上皮と歯の表面の間は組織からの浸出液が出ると同時に免疫細胞も分布しています。そのため、この歯肉溝に集まった細菌に対して浸出液と共に分布してきている免疫細胞が細菌の組織への侵入を防ぐ役割をしています。

歯周病が進むと

歯周病がすすむとこの上皮性付着が炎症により剥がれて口腔内の細菌が組織に侵入しやすくなります組織へと侵入してしまった細菌に対しても免疫細胞が対応をする事になりますがこの時には好中球、マクロファージ、リンパ球といった様々な免疫細胞が対応する事になります。これらの免疫細胞はそれぞれに役割が大きく違い、例えば好中球は侵入してきた細菌を貪食し細胞内で溶かしてしまう、マクロファージは細菌を貪食した上で細菌の構造の情報をリンパ球に伝えてリンパ球が抗体を産生するといったように色々な免疫細胞が共同して外敵から抵抗するように働いています。

これらの免疫細胞が大きく活動するという事は炎症が強く働き痛みや腫れも同時に起きる事を意味しているので免疫細胞の過剰な活動は強い痛みをもたらすとも言えます。そのため歯周病になった場合は口腔内の清掃などによって細菌の数をコントロールして過剰に免疫反応が起きないようにするという事も非常に大切になってきます。

炎症に伴って歯肉からは出血をしやすくなり、この血液の成分自体が細菌の増殖のための栄養分となってしまうので炎症と細菌増殖の悪循環に陥ってしまう可能性があります。そこで、口腔内清掃によるプラークコントロールや歯周外科といった歯周組織の状態の改善のための処置をする事でこの悪循環から抜け出すといった事を目指していきます。

免疫細胞と歯周病.jpg

☆☆☆ 千種区の阿部歯科では歯周病治療・審美歯科・口腔外科・予防歯科に力を入れています ☆☆☆

今回は皆さんが日常的に行う「歯磨き」についてお話ししようと思います。「歯磨きは1日に何回行えばいいのか?」と疑問に思う方もいると思いますが、皆さんは1日に何回歯を磨きますか?1日3回朝昼晩、1日に終わりの寝る前に、など人によって様々だと思います。生活スタイルによっても変わりますが、やはり歯を磨く回数は1日に3回、朝直後、昼食後、夕食後が基本となってきます。

歯を磨くタイミングは?

食後すぐに磨くの?しばらく後でもいいの?と疑問を持つ方もいると思いますが、食後すぐに歯磨きをした方が口の中の細菌の増殖も抑えられます

以前は「食後30分は磨いてはダメ」と言われていた時期もありましたが、その理由は食事直後は食べ物の影響で口の中のpHが酸性に傾いているため、pHが低い状態で歯を磨くと歯が削れてしまう、と言われていたからです。実際に歯はおおよそpH5.5まで口の中が酸性に傾くと溶け始めると言われています。食後に口の中のpHが酸性に傾いた状態で歯を磨くとどうなるのか、という事を確かめ、食事の直後の口の中が酸性に傾いた状態では歯を磨かない方がいいという事がかつては言われたのですが、今では食事の直後に歯を磨いても歯は削れない、というように考えられています。

理由は、酸性に傾いた状態で歯が削れるかどうかを確認した条件は歯の構造のうちの「象牙質」という部分を確認していたからです。

かつて食後30分は歯を磨かない方がいいと言われた理由

歯の構造は象牙質というやや柔らかい硬い物質の上にエナメル質というとても硬い物質が覆いかぶさってできています。通常の口を開けて見える白い歯はこのエナメル質と呼ばれる組織が見えているのです。この硬い組織を対象とした場合は、食事の直後の口の中が酸性に傾いている状態でも歯磨きでは歯は削れないと認識されるようになりました。

ただ、人によっては歯茎が下がって象牙質がむき出しになっている人もいます。知覚過敏を感じる人などはこの象牙質の一部が露出している状態になっている人が多くいます。

このように象牙質が露出している人に関しては食事直後の口の中が酸性に傾いている環境では象牙質の部分が削れやすくなっている可能性があるので、歯ブラシでゴシゴシ磨くのは注意が必要となります。

口の中の環境は食後はpHが酸性に傾くものの、時間とともに口の唾液の影響で次第に中性に戻ってきます。以前言われていた「食後30分は歯を磨かない方がいい」という話はこの口の中の環境が酸性から中性に戻ってくるまで待つ、という意味合いがあったのですね。

食後はすみやかに汚れを取り除いた方がいい

しかしながら、食事によってできた口の中の食べ物の残りは口の中の細菌の格好の栄養となります。口の中の細菌の影響で歯が虫歯になったり、歯周病になったりするので口の中の食べ物の残りは細菌がそれを栄養として増殖する前に速やかに取り除いた方が良いという事になります。

そのため、「食後には毎回歯を磨いた方がいい」という事になりますが、人によっては食後すぐもやる事が色々あってどうしても歯がなかなか磨けない、という人もいるかと思います。

「朝食を急いで食べて歯を磨く暇がない」といった方や「昼食を車の中で取って歯磨きできない」といった方など、様々だと思います。

理想は「毎食後すぐに歯を磨く」という事になりますが、どうしても歯を磨く時間が取れない、という方は何もしないよりも口をしっかりゆすぐという事をされた方が口の中に残る食べ物が減ります。

実際には、歯ブラシでの歯磨きだけでは食べ物の残りや歯の表面についた汚れを取りきるのは難しいので「デンタルフロス」や「歯間ブラシ」や「洗口液」などを併用して磨くのが良いのですが、1日3回全てやるのが難しいという人もいると思いますので、生活スタイルに合わせて1日のうちの朝食後と昼食後は軽めに、寝る前にはしっかりと歯を磨く、といった組み合わせが有効となるかもしれません。

寝ている間は細菌が増殖しやすい

夜寝ている間には細菌を自然と洗い流す口の中の唾液の分泌量が減って細菌が増えやすい環境が整ってしまいます。さらに唾液には先ほど書いたように酸性になった環境を中性にしたり、細菌に抵抗する抗菌性の効果も持っているので、寝ている間の唾液の分泌量の減少は口の中の細菌にとって増殖のための絶好のチャンスとなってしまうのです。そのため、生活スタイルでどうしても朝食後と昼食後に歯をしっかり磨く時間が取れないという方でも、夕食後はしっかり歯を磨いて寝る前には口の中が綺麗な状態でも寝られるのが良いと思われます。

私の場合は、例え食事会があってその場でお酒が出て酔って帰ってきた後でも眠い目をこすって、寝る前に必ず歯をしっかり磨く、という事をしています。それだけ常日頃から寝る前に口の中を清潔にしておく事が大切という事なんですね。

もしも、時間が取れるようなら朝食後、昼食後、夕食後全てにしっかり歯を磨けたら理想的ですね。忙しい方でも、ご自分の生活スタイルにあった歯磨きのタイミングや回数を色々と工夫する事で口の中を清潔に保ち続ける事もできるので分からな事があれば是非とも阿部歯科でおたずねください。

歯の臨界pH.jpg

☆☆☆ 予防歯科・審美歯科・口腔外科・歯周病治療は千種区の歯医者の阿部歯科、日曜や木曜も含めて週7日診療しておりますので安心しておこしください ☆☆☆

 

 

プロバイオティクスという言葉をご存知でしょうか?プロバイオティクスは善玉の微生物を食べ物やタブレットなどの形で取り込むことで細菌の種類の分布である細菌叢や体内環境を整えようという目的で使われます。有名なものでは腸内環境を整える乳酸菌やビフィズス菌が有名です。このプロバイオティクスですが最近10年ほどで歯科領域においても活用して口腔内の環境をコントロールしようという研究が行われています。プロバイオティクスを歯肉炎や歯周病に対して活用して抗菌薬や消毒薬に代わる新しい治療法として使えないかという目的で研究が行われています。今回はプロバイオティクスの歯科疾患への応用に関して「Journal of Dentistry」誌より2016年5月に報告されたレビュー論文”Probiotics for managing caries and periodontitis: Systematic review and meta-analysis. D. Gruner et al.”のご紹介をしようと思います。このレビュー論文の中でも特に歯肉炎と歯周病に注目して今回お話をしようと思います。

プロバイオティクスの有用性

歯周病の治療には通常は機械的な清掃や必要に応じて抗菌薬の投与や消毒薬による洗浄などが行われますが、善玉菌を使った歯周病細菌のコントロールという治療方法はここ最近の新しい試みです。この論文では歯科疾患に関してプロバイオティクスの研究を行った512報の関連報告から情報源の論文としてふさわしい2001年から2015年にかけて報告された論文を選別してその内容を解析して報告しています。歯肉炎や歯周病へのプロバイオティクスの応用として特定の種類の乳酸菌が主に利用され、それらの善玉菌は乳製品や粉末などで体に取り入れてその効果を確認しています。

プロバイオティクスの歯肉炎や歯周病に対する応用を報告する論文は増えてきていますがまだ始まって間もないとも言えます。そのためこれからさらなる論文報告を待つ必要性がありますが今回のレビュー論文からは歯肉炎や歯周病のコントロールの可能性を示す報告が増えつつあると報告しています。プロバイオティクスを歯肉炎や歯周病に応用した事で歯肉からの出血が優位に減少し歯周ポケットも改善されたとも報告しています。

今後のプロバイオティクスの歯周病への応用

プロバイオティクスの有用性の報告は増えつつあるものの、まだ研究として始まって間もないと言えます。今回のレビュー論文で様々な論文を確認した結果プロバイオティクスが歯肉炎や歯周病のコントロールに使える可能性が示されつつある一方でさらなる研究が必要とされると締めくくっています。歯周病のコントロールを今後は特定の種類の乳酸菌を含んだ食品や錠剤なども経由してもできるようになるといいですね。

現段階では歯周病治療の基本は適切な口腔内清掃や機械的な掃除などですがさらなる治療方法の進歩で新しい方法が生まれてくるかもしれません。

乳酸菌.jpg

千種区の歯医者の阿部歯科では国内だけではなく海外の最新情報も含めて患者さんのお役に立つ情報をお届けできればと考えています。

最近では虫歯が減ってきていますが、虫歯になりにくい人という方もいます。その理由は様々で虫歯を引き起こす細菌であるストレプトコッカス ミュータンス菌がほとんどいない方もいれば子供の頃から歯磨きの習慣がしっかりしている方もいます。では、虫歯にならなければ歯磨きは必要ないのでしょうか?

虫歯にならなくても歯磨きは必ず必要

これは比較的言われる事なのですが、虫歯になりにくい人は歯周病になりやすいと言われる事があります。その理由の一つは歯磨きをしなくても虫歯になりにくいのでついつい歯磨きをサボってしまうという点にあるとも言われています。虫歯にならなくても歯周病にはなるためにどうしても歯磨きをせずに歯石が溜まってしまうとそこから炎症が起きて歯を支える骨が溶けてきてしまったりします。さらに歯周病は虫歯のようにただ1種類の細菌によって引き起こされるわけではなく様々な細菌の集団が歯茎の周りに巣のような物を作ってそこに留まり続ける事で歯茎に炎症を起こして歯周病となっています。そのため、例え虫歯になりにくくとも歯周病予防のためにも歯磨きは必ず必要となります。

虫歯菌はいるが虫歯になりにくい人

虫歯の原因となるミュータンス菌がいない人とは別に例えミュータンス菌がいても虫歯になりにくい人もいます。そのひとつは、歯磨きが正しく行えている方です。「歯磨きをしている人」ではなくて「歯磨きを正しく行えている人」という点がとても大切になります。患者さんの中にも歯磨きをしているけど磨き残しがあるという方がいます。ご本人は毎食後に歯磨きをしているのですがやはり歯ブラシが届いていなかったり、正しく磨けていないため汚れが残ってしまうとう状況です。阿部歯科ではそのような方には歯磨きの仕方はもちろんですが、歯ブラシの形状からご本人が磨きやすいものをお知らせしたりします。特に歯ブラシを何ヶ月も変えていなくて歯ブラシの毛先が完全に曲がってしまっていたり、歯ブラシが大きすぎたりといった歯ブラシ自体の問題点から、どのように磨けば汚れが取れるのか、どのくらいの時間磨けばいいのか、どのタイミングで磨けばいいのか、といった事を順を追って説明していきます。歯磨き自体はうまくできるようになると口の中が非常に爽快になるので、うまく磨けるようになったら歯磨きをしない事が気になるくらい爽快さがクセになると思います。

このように虫歯になりにくいなりやすい関わらず歯磨き自体はとても重要な事となってくるのですね。

阿部歯科の歯ブラシ.jpg

名古屋市千種区の歯医者の阿部歯科では患者さんの歯に対する日々の疑問などに答えられるような情報をお届けしています。

 

 

こんにちは、千種区の歯医者の阿部歯科の阿部利晴です。

皆さんは洗口液は使われていますか?洗口液はマウスウォッシュとも言われますね。色々なメーカーから口の中を爽快にして綺麗にするとも言われたりしていますがどのタイミングで使われていますか?

まずは歯磨き

市販の洗口液を使うにはまずは口の中の汚れがしっかりと取れている事が前提となります。歯磨きの代わりに洗口液を使うということではなく、プラークと呼ばれる歯の表面についた汚れは歯磨きや歯間ブラシやデンタルフロスでしっかりと取り除く事がとても大切になります。プラークは口の中に残った汚れや増殖した口の中の細菌やその最近から出てきた産生物質が巣のように塊を作ったものです。この歯の表面にこびりついたプラークは非常に強固でうがいで取り除くことは大変難しくブラッシングで取り除く必要があります。

歯磨きはお風呂掃除に似ている

口の中は湿度も高く体温と同じでとても温かい環境にあります。この高温多湿の環境は湯船をはったお風呂の中に環境が似ています。お風呂も入った後に壁を洗ったりふいたりしないと水垢や汚れがついてしまいますよね。それと同じで口の中も歯磨きによるブラッシングなしでは汚れを取り除くことは難しいです。お風呂掃除に例えると、お風呂の壁に洗剤を吹きかけてそのままお湯をかけて流すという事はしないように、洗剤をかけてお風呂の壁をまずはこするように口の中もまずはブラッシングによる歯の表面のこすりから始めます。

お風呂で汚れがこすり落ちたら今度はシャワーで汚れを洗剤ごと洗い流しますが、歯磨きでも汚れがブラッシングによって取れてはじめて口をゆすいで汚れを洗い流せます。

歯の表面の汚れが取れた後に

そしてようやくここで洗口液の登場です。市販の洗口液には様々な薬効をうたったものがありますが、その薬効も歯の表面に届く必要があります。そのために先にあげたようにまずは歯の表面についたプラークの汚れを取り除いて歯の表面を洗口液が歯の表面にふれられるようにします。さらに、洗口液には殺菌作用を持ったものもありますので、歯磨きで取り除ききれなかったごくわずかな汚れや細菌の残りに対処する事も可能かもしれません。ただ、殺菌効果のある洗口液でもその液が細菌そのものに届かないといけないので、プラークのような強固で粘り気のある汚れが残っているとプラークの奥の方まで洗口液が届くことは難しいので、例え殺菌効果のある洗口液でもまず第1にブラッシングによって物理的にこの細菌の巣であるプラークを取り除く事が大切になります。

色々な洗口液が各メーカーから発売されていますが、まずは何をおいても歯磨きをきちんとできているという事が使用の前提条件になるのですね。

マウスウォッシュ.jpg

口腔内には500種類とも700種類とも言われる様々な種類の細菌が生息しています。細菌の他にも真菌と呼ばれる真核生物のカビも生息している事があります。口腔内は暖かく湿った環境なので細菌が増えるには絶好の環境なのですが今回は口腔内の細菌についてお話をしようと思います。

口腔内の細菌

口腔内には虫歯の原因となるStreptococcus mutans(ミュータンス菌)や歯周病関連細菌で有名なPorphyromonas gingivalisなど様々な種類の細菌が生息しています。細菌は病原性のあるものから普段は無害なものまで多岐にわたります。これらの細菌は口腔内の食後の残渣や歯肉溝からの出血などを栄養源として増殖しており、歯周病があり出血がしやすいという事も細菌の増殖を助ける原因となってしまいます。口腔内の細菌の分布は通常は細菌叢(フローラ)と呼ばれる特定の細菌の分布を形成しており人で言えば地球の中の人口の分布のような勢力関係を保っています。

害のない細菌は口腔内で大人しく共生する共生細菌と呼ばれる細菌群となっていますが免疫機構の影響や長期にわたる抗菌薬の使用、口腔内清掃の不良などによって特定の細菌が増えると通常の細菌叢が崩れて害のある細菌が増殖して疾患を発症する事があります。そのためいかにして普段の正常な細菌叢を保ち共生細菌が体との免疫機構との間で絶妙なバランスを取って口腔内状態を正常に保つのかが大切となります。

口腔内に細菌がいる事はいけない事なのか?

無菌状態で生まれ育って生きていない限り口腔内に細菌がいないという事はありません。その種類や分布こそ違えどそれぞれの人にはそれぞれの口腔内細菌の生息の特徴があります。そのため、口腔内に細菌がいるという事自体は悪いことではありません。通常は共生細菌と免疫機構のバランスが保たれ恒常性の維持がなされている場合は問題ないのですがこのバランスが崩れて免疫機構が過剰に反応するようになってしまうと口腔内に炎症という形でその症状が現れてきます。歯周病も口腔内の細菌と免疫機構とのバランスの破綻による結果とも言えます。そのため過剰に増えた細菌はブラッシングで取り除き、細菌の増殖の元となる食物残渣も無くし、歯周病をコントロールする事で歯肉から出る特定の細菌の栄養源となる出血も抑える事が大切となるのです。

口腔内には普段は無害な細菌から害をもたらす最近まで様々なものが溢れていますがこれらの細菌の増殖と口腔内の免疫反応とのバランスが崩れないようにプラークコントロールをする事がとても大切となるのです。

口腔内細菌.jpg

ーーー 千種区の歯医者は歯周病・口腔外科・審美歯科の阿部歯科 ---

 

こんにちは、千種区の歯科医院、阿部歯科の副院長 阿部利晴が「患者さんのお役に立つ歯科情報」をお伝えします!

今日のクリスマスイブから年末にかけておいしいものを食べる機会が増えてきますね。おいしい食べ物や飲み物を食べたり飲んだりする食事の機会が増えるという事で、今回は食後の歯磨きについてお話をしようと思います。

記事の再執筆:12/25 18時にリライト
 

食後どのタイミングで歯を磨くのが適切か??

患者さんと話してると時々「どのタイミングで歯を磨いた方がいいのか?」という内容を聞かれる事があります。

ずっと昔、まだ私が歯科医師になる前の頃に食後30分は歯を磨かない方がいいという情報がテレビや雑誌などで見た事があります。当時は、食後に口の中は酸性環境になって歯が溶けかけてるから磨かずに30分後に口の中の環境が中性に近づいてから磨くのがいいというような内容だったと思います。
 

しかしながら、現在では食後すぐに磨けばいいという流れになっています。確かに食後は口の中が酸性環境になるのですが、歯の頭の部分のエナメル質はとても丈夫で食後の酸性環境の中で歯ブラシを使ってもそれで削れる事はないと現在は説明されているからです。歯はエナメル質の他に象牙質というエナメル質よりも柔らかい構造があります。食後の酸性環境で歯ブラシを使って歯磨きをすると削れやすくなってしまうというのはこの象牙質の部分です。

知覚過敏になったり歯茎が下がって歯の根っこが見えてくるとこの象牙質という部分が出てきます。
他にも長年の歯ぎしりなどでエナメル質の隙間から象牙質が顔を出す事もあります。この象牙質が見えている部位では歯ブラシでゴシゴシ磨いてしまうと削れやすくなってしまうのですが、通常のエナメル質で覆われている歯の場合は非常に丈夫で食後すぐに歯磨きをしても良いとなっています。
 

 

食後の歯磨きで注意すべき点

知覚過敏や歯茎が下がって象牙質が見えてしまっている場合は象牙質の部位を歯ブラシで激しくこすらない方がいいのですが、食後の食べ物が口の中でたまった状態ではその食べ物の残りが細菌の増殖の栄養になってしまいます。
そのため、細菌が口の中の食べ残しを栄養にして増えてしまう前に早めに歯磨きをしても食べ残しを残さないようにするのが良いと最近言われています。


食後にお腹がふくれると眠くなって寝てしまうかもしれませんが、寝てる間は唾液の分泌量も減って口の中でより細菌が増えやすい環境になってしまいます。細菌が増えるとプラークという、様々な種類の細菌の集団の巣のようなものが強固にできてしまって歯磨きで取り除くのがより難しくなってしまいます。

そのため、細菌の集団が食べ物の残りを栄養として巣を作ってしまう前に食べ物の残りを口の中から取り除いた方がいいのですね。
ただし、上に書いたように象牙質が露出している患者さんの場合は歯磨きにも歯が削れすぎないように注意して歯磨きをする事が大切となってきます!

 

歯磨き.jpg


 

本記事の執筆:歯科医師  阿部 利晴 (あべ としはる) / 千種区の歯医者 阿部歯科副院長

【歯科医師としてのプロフィール】
1980年:名古屋市千種区生まれで、歯科医師の祖父と父親を持ち地元で育つ

2005年:愛知学院大学歯学部を卒業
2005年:豊川市民病院の歯科口腔外科で臨床研修医として活動
2006年:愛知学院大学歯学部の顎顔面外科学講座へ入局
2010年:愛知学院大学大学院の歯学研究科を修了 総代
2010年:愛知学院大学歯学部の顎顔面外科学講座にて非常勤助教
2010年:名古屋大学医学部附属病院の麻酔科 医員を経験
2011年:アメリカ ペンシルベニア大学歯学部で勤務
2014年:アメリカ ペンシルベニア大学歯学部にて講師となる
2014年:アメリカ 国立衛生研究所 国立歯科・頭蓋顔面研究所の非常勤連邦職員を経験
2015年:名古屋市千種区の阿部歯科 副院長に就任
趣味:ハイキング、英会話
 

【一言】国内だけでなく、アメリカでも歯科治療に関し、様々な知識/経験を得てきました。
日本とアメリカで長年培ってきた技術をリニューアル開業後、存分に活かし、それぞれの患者さんに適した治療をいたします。

阿部歯科のある池下近隣の患者さんはもちろん、千種区内にお住いの多くの方に頼っていただけるような歯科医院を作り上げたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

【お電話でのご予約】TEL:052-751-0613
診療時間
月~金
10:00~14:00 / 16:00~19:30
土・日
9:30~13:00 / 15:00~18:00
休診・・・祝日
阿部歯科 特別コラム

医院情報


千種区の歯医者 阿部歯科

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

【お電話でのご予約】
TEL:052-751-0613

ご予約・お問い合わせ

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

千種区の歯医者さん|Copyright © 阿部歯科. All Right Reserved.
Web Management Exe.
ご予約
ご相談
ページ
最上部へ