千種区池下の歯医者 阿部歯科 副院長の阿部利晴によるブログで、アメリカの歯科医療についての事情等を載せています。

<電話番号をタップするとお電話できます>
TEL:052-751-0613
メール予約の受付は24時間可能です!ご予約・お問い合わせ
東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近くの歯医者
診療案内
副院長ブログ

当院副院長からのお知らせ、出来事のご紹介です。

治療器具についての最近のブログ記事

こんにちは、千種区池下の歯医者の阿部歯科です。

注射針は歯科治療の局所麻酔の際の口腔粘膜への注射や、点滴の際の静脈への循環へのルート確保の際、時には全身麻酔下でのリアルタイムでの血圧モニタリングのために動脈に留置針を刺入する際などに使われますがそれらの針の太さは目的に合わせて様々なものが用意されています。針の太さは直径が大きければ大きいほど刺入時の刺激が強く痛みが強いのですが、この注射針の太さはG(ゲージ)と呼ばれる規格が決められておりその規格を見てどの太さの注射針を使うかを決定します。そこで今回は普段あまり気にすることのない注射針に焦点を合わせてお話をしようと思います。

注射針の太さ

注射針の太さはその目的によって太さが変わってきます。細ければ細いほど刺入時の痛みを感じにくいのですがその反面、細いほど液体の流入速度も遅くなります。歯科治療の際の口腔粘膜へに局所麻酔ではかなり細いものが使われており、これは敏感な口腔粘膜に対して可能な限り刺入時の痛みを感じにくくする目的のために細いものが使われています。針の太さは「G(ゲージ)」という単位で太さが決められており、数字が小さければ小さいほど太く、大きければ大きいほど注射針の直径が小さくなっていきます。歯科治療の際の局所麻酔では通常はおおよそ30Gから33Gの太さの注射針のものが使われる事が多くなっています。数字だけ30Gから33Gと聞いてもイメージがつきにくいと思いますが、インフルエンザワクチンの予防注射目的の皮下注射ではおおよそ26G付近の太さの注射針が、点滴などの目的の静脈内注射では22G付近の太さの注射針が、全身麻酔中の術中管理目的の輸液では目的に合わせて18Gから22G付近、全身麻酔中の失血に対する輸液や輸血ではかなり太いものだと16Gに太さの注射針が使われる事もあります。33Gの太さと16Gの太さを比べるとそれぞれおおよそ直径1.6mmと0.2mmと、直径で8倍もの太さの差があります。この注射針の太さの比較から見ても歯科治療の際の局所麻酔の注射針にはかなり細いものが使われている事がわかりますね。

どうしてG(ゲージ)が大きいほど注射針の直径が小さくなるのか

なんとなくのイメージだとゲージの数字が大きくなれば太く、小さくなれば細くなりそうですが注射針の太さの場合は逆になります。ゲージの数字が大きくなれば細く、小さくなれば太くなります。そしてゲージの数字が半分になったから注射針の太さが2倍になるといったような規則性もなくゲージの数字から注射針の太さをイメージするのは非常に困難です。実際の臨床現場ではゲージの数字から大体の太さのイメージを記憶していても、それぞれの注射針のゲージ数の比較からそれぞれの太さの差を計算で出す事はできません。実はこのゲージという規格は19世紀のイギリスで鉄線や鋼鉄線の金属線(ワイヤー)の規格として決められたBirmingham Wire Gauge(バーミンガムワイヤーゲージ)からきており、このゲージの部分をGauge(ゲージ)という規格で注射針に利用したのです。このバーミンガムワイヤーゲージという針金類などに使われる規格が注射針に応用されたのは少し不思議ですね(尚、このバーミンガムワイヤーゲージという金属線の規格は今では大分古いもののようですが、一部では使われているようです)。そしてこのゲージと太さの関係ですが数式では計算不可能でバーミンガムワイヤーゲージで規定された太さに金属線の伸線(金属線を円錐状の筒に通して太さを変える工程)を行い決められているようです。一時期この金属線の太さの定義を数式的に再定義し直すようにするという試みもあったようですが、数式に当てはめてしまうと現在ある規格との太さの間に誤差が生まれてしまうという理由で結局は見送られたようです。これらの金属線の太さについても19世紀のイギリスの時代から色々な人が色々な規格を提案しており、当時のイギリスでも規格が乱立して大変だったようです。

今回は注射針の太さ「G(ゲージ)」についてお話をしましたが元々は19世紀のイギリスの金属線規格のバーミンガム ワイヤー ゲージからきており、太さは計算式ではなく決められた伸線工程での太さで定義されているというお話をしました。歯科治療でも局所麻酔のための注射に使われる注射針ではかなり細いものが採用されていますが、その注射針の太さの規格の成り立ちにはこのようなお話が隠されていたのです。

参考文献:The story of the gauge. J. S. Poll. 1999. Anesthesia

 

☆☆☆ 名古屋市千種区の歯医者なら審美歯科・口腔外科・歯周病治療の阿部歯科 ☆☆☆

週末に歯科医院内の衛生管理関係のセミナーに参加してきました。阿部歯科では歯科医院内の衛生管理と感染対策、すなわち消毒や滅菌と器具の扱い方に関してマニュアルをしっかり作成していきます。

感染とは

器具の消毒や滅菌といった衛生管理と感染対策はやり方を間違えるとせっかくの対策も効果が大きく下がります。それには感染とは何かと言うところから考えないと答えが出ません。感染とは感染性の真菌や真性細菌、ウイルスが人の細胞に対して侵入、もしくは付着を起こして体内もしくは体外で増殖を確立させる事ですがそのためには病原性の微生物が感染を成立させると大前提として細胞への侵入もしくは付着を成立させないといけません。

感染成立には

病原性の微生物の感染成立には上に書いたように人の細胞への接着が必要になります。血管内で循環系に流れ込み増殖を成立させると敗血症とは別に多くは臓器や組織への感染を成立させます。この感染の際には人の細胞に接続するための鍵が必要となります。それが病原性微生物の持つある種のタンパク質であり、病原性の微生物の細胞表面に存在するタンパク質が人の細胞の表面に存在するタンパク質と接続する事で人の細胞への侵入や付着を成立させていきます。つまりこの微生物側の鍵となるタンパク質の3次構造や4次構造の立体的な形が人の細胞側の鍵穴へと接続されて感染が成立していきます。

感染対策にはこのタンパク質機能を不活化させて感染が起きないようにするものと微生物そのものを直接死滅させる方法が大きく分けてあります。タンパク質機能を失活させる場合は微生物の持つ多くのタンパク質が不活化されるため結果的に微生物が死滅する事が多くなります。微生物のタンパク質の失活を目的とするものはつまりはタンパク質の立体構造を崩す事が目標となります。その方法には熱でタンパク質変性を起こす方法、タンパク質の構造の間に架橋を作るなど様々な方法がありますが共通する目的は微生物の細胞表面もしくは内部に存在するタンパク質の分子の機能を失わせる事にあります。

やり方を間違えれば感染対策は効果が下がる

感染対策にはこのようにタンパク質そのものをターゲットにした方法が非常に多くあるため器具の感染対策で順番を間違えると効果が大きく下がってしまいます。タンパク質に架橋を加えたりしてタンパク質を変性させるという行為はそれと同時に器具に対して強固にタンパク質本体の固着を招くため器具へのタンパク質の固着を起こさせないように洗浄処理であったりの流れを確立させていく必要があります

感染対策.jpg

千種区の阿部歯科では根拠のはっきりした理由を持って確実な衛生管理と感染対策に力を入れていきます。

こんにちは!千種区池下の歯医者 阿部歯科の副院長/歯科医師の阿部利晴です。

皆さんも聞いたことがある「CTとMRI」という体の画像を見る方法ですが、歯科治療でもCTやMRIによる画像診断が行われる事があります。
そこで今回はCTとMRIの違いについて詳しくお話をしようと思います。

【ブログ内容の再執筆日】2017年12月8日(金)18時30分

 

CTとMRIの違い

CTは日本語でコンピュータ断層撮影法と言い、MRIは磁気共鳴画像と言います。


どちらも体を3次元的にコンピュータに画像として作り出す事ができる技術なのですが、その原理が全く違います。CTはレントゲン撮影に使われるX線を利用してMRIは磁力を利用して画像を作り出しています。画像を作り出す原理自体が違っているのです。

 

CTの原理について

これはコンピュータの性能を最大限に活かしたレントゲン撮影と言うと多少分かりやすいかもしれません。

X線は発生源から光の様に扇状に広がって進むのですが、この広がりを限りなく直線に近ずけてまっすぐ進む細いX線の束を作り上げる所から始まります。

そしてこの限りなく直線に近く進むX線をセンサー側で受け取ります。
この動作を体の周りグルリと撮影する事で色々な方向からの情報が手に入ります。その情報を元に解析してコンピュータ上に立体的な画像を作り出しています。
通常のレントゲン撮影と基本原理は同じですが、コンピュータの性能を最大限に活かした方法で画像はボクセルと呼ばれる四角い箱の様な空間データごとに管理されて、ドット絵の様に細かく画像を作り上げて行くので「細かい所も描写されるために空間分解能が高い」と表現されます。

 

MRIの原理

一方でMRIは全く別の原理で画像を作り上げています。CTの様にX線を使うことはなく強力な電気的に作り上げた電磁力を利用しています。

最近流行りの電気モーターを使った車がありますが、あれと同様に電気を利用して磁力を発生させているのです。MRIと電気モーターの違いは磁力を受ける位置に人がいるか車輪を回すための動力部があるかという違いがあります(この場合はブラシレスモーターに当たるのですが、歯科とはあまり関係ない分野の話になってしまいますので説明は控えます)。

電気モーターが磁力を発生させてクルクルと動力部の磁石を回転させるのと同様に、実はMRIでも発生させた磁力を利用して体の分子に影響を及ぼします。
その分子とは体の中にある水素分子なのですがこの水素分子は全ての軟組織に存在します。

水素原子は原子核の周りを1つの電子がクルクルと回っていますがこの回転方向によって水素分子にも磁石と同じようにS極とN極が出来上がります。
この水素原子にできたS極とN極に対してMRIで発生させた強力な磁力を当てることで体に存在する水素分子のS極とN極の方向を整列させる事ができます(これを水素原子(プロトン)のスピンを揃えると言います)。
そしてその後MRIから発生させた磁力を止めると水素原子のスピンはまたバラバラの方向に向いていきます。このバラバラに戻って行く過程を観察して画像にしているのがMRIなのです。


MRIは軟組織ごとのコントラストがつきやすいため軟組織の違いを見分けやすく組織分解能が高いと表現されます。

磁気.jpg

 

歯医者でのCTとMRIの利用方法

歯科領域ではMRIと比べると圧倒的にCTを使うことの方が多いです。

その理由はMRIは骨や歯が映らないからです。理由は骨や歯には水素原子が軟組織に比べて極めて少なくMRIで測定した時に信号なしとなってしまうからです。

歯科領域だともちろん歯や顎の骨が対象となってくるのでみたい部分が見えてないと言うことになってしまうのですね。
そのため歯科では骨や歯が映るCTがMRIに比べて圧倒的に多く用いられるのです。ただ歯科領域においても顎関節症などに対して軟組織を細かく見る目的でMRIを利用する事もあります。

 

本記事の執筆:歯科医師  阿部 利晴 (あべ としはる) / 千種区内の歯医者 阿部歯科副院長

【歯科医師としてのプロフィール】
1980年:名古屋市千種区生まれで、歯科医師の祖父と父親を持ち地元で育つ

2005年:愛知学院大学歯学部を卒業
2005年:豊川市民病院の歯科口腔外科で臨床研修医として活動
2006年:愛知学院大学歯学部の顎顔面外科学講座へ入局
2010年:愛知学院大学大学院の歯学研究科を修了 総代
2010年:愛知学院大学歯学部の顎顔面外科学講座にて非常勤助教
2010年:名古屋大学医学部附属病院の麻酔科 医員を経験
2011年:アメリカ ペンシルベニア大学歯学部で勤務
2014年:アメリカ ペンシルベニア大学歯学部にて講師となる
2014年:アメリカ 国立衛生研究所 国立歯科・頭蓋顔面研究所の非常勤連邦職員を経験
2015年:名古屋市千種区の阿部歯科 副院長に就任
趣味:ハイキング、英会話
 

【一言】国内だけでなく、アメリカでも歯科治療に関し、様々な知識/経験を得てきました。
日本とアメリカで長年培ってきた技術をリニューアル開業後、存分に活かし、それぞれの患者さんに適した治療をいたします。

阿部歯科のある池下近隣の患者さんはもちろん、千種区内にお住いの多くの方に頼っていただけるような歯科医院を作り上げたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

こんにちは、阿部歯科 副院長の阿部利晴です。

 

ドリルの特徴

皆さんは歯科医院で使う「ドリル」のようなものをご存知だと思いますが、あの道具をしげしげと眺めた事はありますか?「チュイーン」という高い音が苦手だという患者さんもいるかもしれませんが、歯を削る時に使いますよね。

歯医者さんのドリル.jpgあの高い「チュイーン」という音ですが実はあの音は圧縮した空気を、あのドリルの中にある小さな風車に当てて高速で回転させているのです。あまりにも高速で回るのであそこまで高い音が出るのですね。その圧縮した空気はコンプレッサーという機械で作られるのですが、プラモ作りや日曜大工をされる方には馴染み深いかもしれません。歯医者さんではあのコンプレッサーが必須で歯科用のコンプレッサーとして色々な企業から販売がされています。

 

高速で回した小さな風車に歯を削る「ヤスリ」のようなものをつけて歯を削るのですが、回転数が高速な代わりに力自体はそこまで強くなく、あまり強く歯に押し付けてしまうと回転自体が止まったりしてしまいます。そのため、この「タービン」と呼ばれるドリルはあまり歯にグイグイ押し付けて削りません。

 

そして、このタービンの他にも歯を削る別の種類のドリルがあります。それは、マイクロモーターと呼ばれる電気的なモーターによって回転させるドリルです。ちょうど電気自動車のように電力でモーターを回して削るのですが、こちらは回転数がタービンに比べて遅い代わりに削る力がタービンよりもずっと強いです。そのため、このマイクロモーターを使ったドリルは歯をしっかり削るのに向いています。

しかしながら、このマイクロモーターには当然小さなモーターが入っているのに加えて内部は歯車を使ったギヤーを回しているので、タービンに比べてずっと重くなります。タービンの場合は基本的な構造が圧縮した空気の通り道と風車なのでマイクロモーターを使ったドリルに比べてずっと軽いです。

 

マイクロモーターを使ったドリルの場合はタービンのような高い音ではなく小さなエンジンを回してるような音がします。そしてさらに、このタービンとマイクロモーターの中間のような物も存在します。エアモーターと呼ばれるもので、これは圧縮空気を利用して歯車を回してギヤーに力を伝えます。

ギヤーを使う分タービンよりは重くなりますが、電気的なモーターの分の重さは省けます。ただ、マイクロモーターを使ったドリルよりは削る力がやや落ちると言われています。

 

歯医者さんで使う基本的なドリルは上にあげたようなものなのですが、実はまだ別にもあります。それは、小さなマイクロモーターではなく大きなモーターから紐を介して滑車のような構造をしたものです。この機械ですが、現在は歯医者さんの診療室では使われていません。私の祖父がまだ若かった頃に使われていたような道具です。

むき出しの紐(ベルト)がグルグル回転しながらドリルに力を加えていくのですが、イメージ的には自転車のチェーンのような感じです。このむき出しの紐がグルグル回るドリルですが、大きなモーターを使うだけあって削る力自体は結構あり安定して力強く削れるという事で、歯の詰め物や被せ物などを作る技工士さんは今でも使われる方もいるそうです。

そして、さらに時代をさかのぼると、この大きなモーターではなく足こぎのミシンのように足でこいで回転する力を得る物もあったようです。かなり昔の歯医者さんは足でこぎながら歯を削っていたのでしょうか?

 

歯医者さんのドリルといっても今では色々な種類が出てきていて必ずしもあの高い「チュイーン」という音がするドリルばかりなのではないのですね。

こんにちは

今日は阿部歯科で使う歯科用治療椅子(歯科用ユニットとも言います)と患者さんの歯科治療中の緊張感という事についてお話をしようと思います。阿部歯科では来年2018年4月の新装開院に向けて歯科用治療椅子も一新したものを増やしていきます。

歯科用治療椅子といえば患者さんが座って背中が倒れて治療を受けられるあの椅子の事ですね。

 

阿部歯科は千種区の池下の広小路通り前に立地しているという環境なのですが、来年に開院する医院は奥に長く設計されています。そのため大通り特有の交通の音も奥までは届くにくく大通り前にも関わらず、静かでリラックスした環境を提供できると思っております。それに合わせて歯科治療用の椅子もリラックスして治療を受けられるようなものを探しました。

さらに、阿部歯科では衛生面と快適さを考慮して、患者さん間での使い回しのスリッパは廃止していく事となりました。ご自分の靴を履いたまま治療を受けられるように阿部歯科院内の設計を見直して、衛生面、治療を受ける環境共に快適なものを目指して院内構造を考えました。そのため、治療を受ける最中の歯科用の治療椅子も圧迫感がなく、椅子に座りやすくなるものを選びました。さらに治療だけでなく、患者さんに説明をする際の位置どりにも配慮できるようなものを選んでいます。

 

どうしても「歯科治療」と聞くと、ほとんどの患者さんは緊張してドキドキしてしまうので、私たちは、広小路通を歩いて池下の仲田に阿部歯科が見えてきた時から始まって、医院の入り口を通り、待合室で待ち、診療室に入って治療を受け、終わったら受付に行き、そして家に帰る、といった全ての流れで緊張感やためらいが生まれないような歯科医院作りを目指したいと考えています。新しい阿部歯科ではスリッパは廃止してご自分の靴で診療室へと進んでいただきますので、家を出るために靴を履く、というところから始まって阿部歯科に来院して治療を受けて、家に帰って靴を脱ぐ、というその間の行動全てを一まとめにして、その間全てでリラックスし続けてもらえるように考えております。

 

私も現在の阿部歯科で父に歯科治療を何度もしてもらっていますが、自分のよく知った父親でも歯科治療をしてもらう最中は「痛いのかな」とか「緊張する」といった気持ちを感じてしまいます。特に治療椅子が倒れてライトが口に当たる瞬間が一番緊張するので、私自身も患者さんの歯科治療に対する緊張感やためらいを理解する事がすごくできます。自分のよく知った場所や父親に治療してもらう最中でさえこれだけ緊張感を感じるので、来院される患者さんの緊張感はとても大きいものだと思います。そのため、患者さんには治療が終わって帰る瞬間が一番リラックスするのではなく、家を出て「今から阿部歯科に行く」という瞬間からリラックスして、治療中も寝てしまうくらい緊張感がほどけ、リラックスしたまま家路についてもらうという流れを理想として目指しています。さらにいえば、阿部歯科へ治療の約束に行く日が近づいてきた時点で既に安心感やリラックスを感じられるような歯科医院作りを目指しています。

リラックスできる治療椅子

写真 2017-10-18 11 54 36.jpg医院の雰囲気や、歯科用の治療椅子もその一環で私自身が患者さん目線になって緊張感を感じにくいものを選びました。治療する側だけではなく、私が実際に患者さんの席に座って、体を横に倒して口にライトを当てて、他の人に歯医者が座る席に座ってもらって歯医者が治療を開始するという流れも想定して治療椅子を選びました。私の経験でも、やはり治療椅子に座るという瞬間はとても勇気のいる事だと感じています。

もちろん、建物の雰囲気や治療椅子だけでは患者さんが心の底からリラックスするのは難しいので、阿部歯科の院長や副院長はもちろん、スタッフさん全てが患者さんがリラックスして阿部歯科に来られるような歯科医院作りをしていく事を目指していきます。

千種区池下の広小路通前といえば緊張せずに阿部歯科を思い出してもらえるよう頑張っていきたいと思います。

他にも阿部歯科では患者さんがリラックスして過ごせるようにプライバシーを配慮した個室、狭い場所が苦手な患者さんのための解放された治療室、その中間の半個室、と患者さんが可能な限り苦痛を感じずに治療を受けられるような環境作りを目指して2018年4月の開院に向けて着々と工事を進めています。

 

私自身も自分が歯科治療を受ける際に反射的に緊張してしまいますので、その教訓から「一体何が緊張の元になってくるんだろう」と考え抜いて、私自身が実際に治療を受けても緊張感が感じられないようにしたいと強く感じています。そのためには、私たち歯科医師の患者さんへの治療説明であったり、私たちやスタッフさんたちのの気配りであったり、歯科医院内の雰囲気であったり、阿部歯科に対するイメージであったりを緊張しないようなものにする努力が必要だと考えています。

 

千種区池下の広小路通前の阿部歯科に歯科治療に受けにいくとなった時に、患者さんには「覚悟」ではなく「安心」の気持ちを持って来院してもらえるように阿部歯科を作り上げていきたいと考えています。

【お電話でのご予約】TEL:052-751-0613
診療時間
月~金
10:00~14:00 / 16:00~19:30
土・日
9:30~13:00 / 15:00~18:00
休診・・・祝日
阿部歯科 特別コラム

医院情報


千種区の歯医者 阿部歯科

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

【お電話でのご予約】
TEL:052-751-0613

ご予約・お問い合わせ

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

千種区の歯医者さん|Copyright © 阿部歯科. All Right Reserved.
Web Management Exe.
ご予約
ご相談
ページ
最上部へ