池下の歯医者 阿部歯科院長のブログです。歯科治療に関する話題を中心に更新しています。

<電話番号をタップするとお電話できます>
TEL:052-751-0613
メール予約の受付は24時間可能です!ご予約・お問い合わせ
東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近くの歯医者
診療案内
院長ブログ

当院院長からのメッセージや出来事のご紹介です。

歯科で使われるお薬の治療

薬物両方は、多くの咀嚼システムの筋骨格系の疾患に対するさまざまな治療法の中で主なものであります。薬物は診断の助けになったり、急性の痛みや不安を取り除いたり、局所的または全身的な疾患を抑制したり、またはリハビリテーション計画の一部としましても使用されております。今回は、千種区池下の歯医者さんの阿部歯科から歯科で使用します薬物治療についてお話ししていきます。
IMG_20180206_130536.jpg

原因因子確認

この段階におきまして、しばしば慎重な考え方が必要となる場合があります。病気の原因となる要素におきましては、複雑で多様であります。それらは、障害あるいは精神的ストレスに対します反応、または潜在的な全身疾患や遺伝的要素のような特定の体質的な生理的要素であるのかもしれません。
 
そのようなことを考えましても、適切な薬物が、特定された原因をもとに選択されなければなりません。例えばですが、精神的葛藤や不安、抑圧などが主な原因となるならば、抗精神薬などの投与が必要になると考えられます。極度の、開口障害や関節包の浮腫が夜間のブラキシズムと関連していることがわかったならば、抗炎症薬を抗不安薬と一緒に就寝前に投与すると有効かもしれません。歯医者さんで処方します抗炎症薬としましてはロキソニンがよく使用されております。

発生源

薬物療法が効果的に行われますと、痛みの組織的な部位がはっきりとしてきます。痛みは筋内受容器や腱内受容器で主に発生するとしばしば考えられておりますが、関節包、歯周組織、骨膜、血管の周囲の受容器からも発生することがわかっております。痛みは、一点あるしは数ヶ所のトリガーポイントがあることが考えられまして、また広がって、多発することもしばしばあります。

病気段階確認

急性の痛みと慢性の痛みとでは明らかに違うことがわかっております。従って、薬物投与におきましても異なってきます。急性の痛みに関しましては、鎮痛薬などの使用によりカテコールアミンの放出を抑制するようにしていかなければなりません。また、慢性の痛みに対しましては筋萎縮や線維症、身体的社会的な不活性、うつ状態、そして全身的な副交感神経優位が関わってきます。抗うつ薬などの、その症状に合わせた効果的な薬物投与が必要になってくると考えられます。

薬物

使用する薬物のなかには、主に五つのものがあると考えられます。それには、局所麻酔薬鎮痛薬抗炎症薬不安緩解薬抗うつ薬などがあげられます。しかしながら、薬物の乱用はその効果を弱めてしまう恐れがありますので、むやみに投与するのではなく慎重に投与計画をたてて、歯医者さんとしましても患者さんの苦しみに対処していかなければならないと思います。千種区池下の地域の患者さんにとって有用な情報を提供できれば嬉しく思います
 
名古屋市千種区池下 阿部歯科 院長 阿部丈洋のブログ
 
【お電話でのご予約】TEL:052-751-0613
診療時間
月~金
10:00~14:00 / 16:00~19:30
土・日
9:30~13:00 / 15:00~18:00
休診・・・祝日
阿部歯科 特別コラム

医院情報


千種区の歯医者 阿部歯科

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

【お電話でのご予約】
TEL:052-751-0613

ご予約・お問い合わせ

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

千種区の歯医者さん|Copyright © 阿部歯科. All Right Reserved.
Web Management Exe.
ご予約
ご相談
ページ
最上部へ
TOP
PAGE