池下の歯医者 阿部歯科院長のブログです。歯科治療に関する話題を中心に更新しています。

<電話番号をタップするとお電話できます>
TEL:052-751-0613
メール予約の受付は24時間可能です!ご予約・お問い合わせ
東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近くの歯医者
診療案内
院長ブログ

当院院長からのメッセージや出来事のご紹介です。

2018年6月アーカイブ

再生とはどういうことでしょう?文字通り再び生まれるということになります。医学的に解釈していきますと、失われてしまった組織が再び同じ組織で治ることという理解になっていくと思います。皆さんが身近で感じられることには、皮膚や口の中の粘膜がそれに当たると考えられます。
 
こんにちは、名古屋市千種区池下の歯科医院ブログです。医療の世界でも、少し前くらいからこの再生医療についての話題が盛り上がっていたこともありますね。もちろん今でもホットな話題であることには代わりはありませんが、内容としましてはちょっと難しい感じは否めないですよね。

歯科領域での再生

前進的なことの再生医療は私も専門ではないですのでたくさん知っているわけではないのですが、歯科の範疇でしたら少しはお話しすることもできますので、説明していきたいと思います。
 
そもそも口の周囲での組織で再生する力が強いものや弱いものがあるのですが、では度の組織が再生する力が津避けて、度の組織が再生する力が弱いのかが定かではないでしょうか。まずは、再生する力が津よい組織ですが
歯槽骨
歯根膜
血球
皮膚組織
末梢神経
続きまして、再生の力が弱いものです。
唾液腺
筋肉
腺組織
最後に、再生する力がないものです。
エナメル質
神経細胞
組織によって違いがありますので、もちろん自然に回復するスピードも変わってくるのですね。歯のエナメル質は再生しない組織になりますので、失わないように、虫歯などで壊れないようにすることがとても大切になってきます。もし虫歯になってしまっていたら出来るだけ早く治療して、もうそれ以上虫歯にさせないという考え方が重要になってくると思います。

iPS細胞

生きた細胞を使って傷ついた組織や臓器、病気を治療していくことが再生医療ではあります。以前にはES細胞いわゆる胚性幹細胞が先行していたそうです。生きた万能細胞を使った再生医療ですね。現在では、人工多能幹細胞つまりはiPS細胞が話題となっているそうですね。
 
自分の細胞を使うことによるそうで吸うので、拒絶反応や倫理的にも問題が少ないとされているとのことです。非常に期待されている再生医療になりますので、歯科の世界にもこのような再生医療が入ってくれば患者さんの生活の豊かさや生活の質をもっと向上できることと思います。

を支える骨の再生医療(エムドゲイン)

失ってしまった歯を支える骨の再生に期待が持たれているものに、エナメルマトリックスデリバティブでありますエムドゲインというものがああります。適応が限られますが適切な状態で使うことによって歯を支える骨の再生ができる可能性があるのです。このエムドゲインの条件で一番大切なことは患者さん自身のプラークコントロールがしっかりできていることになります。頑張ってください!
 
名古屋市千種区池下の再生医療についての歯医者さんブログ
 
こんにちは、名古屋市千種区池下の阿部歯科の院長、阿部丈洋です。口の中に傷ができたとき、手術で切開をしたときにどのようにその傷が治癒していくかについて今回はお話ししていきたいと思います。歯ブラシで過度に磨いてしまってできてしまった傷の治り方も同様なのです。
 
口の中の粘膜は様々な刺激が加えられることとなります。食べ物を摂取したときに口の中の粘膜を傷つけてしまう可能性もあります。飲み物を飲んだときに熱いもので粘膜をやけどしてしまって、ただれてしまうこともあるかもしれませんね。粘膜に歯みがきのときに歯ブラシの毛先が当たって口内炎になることもあるのではないでしょうか?

創傷の治癒

歯医者さんでの治療時にも少なからず口の中の粘膜に傷ができてしまうことがあります。局所麻酔をしたときの針を指した場所であったり、歯茎の掃除虫歯の除去のときや型採りをしたときにも粘膜に刺激が加わる可能性があるのです。ですが、通常でしたらすぐに治ってしまいますので安心してください。

傷の治り方のメカニズム

傷が治っていくときにはいくつかのステージを経過して治癒していくことがわかっています。行きなり傷が塞がったり、もとの状態に戻るわけではなく体が一生懸命治癒過程をへてあるべきもとの状態に戻そう、戻そうとしているのです。そのステージとはどういうものなのか?それは…
炎症のステージ
増殖、肉芽形成のステージ
リモデリングと組織の成熟のステージ
このようなステージを経過していくのです。

血管のリモデリング

組織の切開をしたときに血管はどれくらいで復活してくるのでしょうか?口の中の粘膜にはたくさんの毛細血管がありますので、そのためにきれたその毛細血管から出血するのです。
 
血管の再生は通常では傷ができてから3-4日で始まっていくのです。血管から体を治すための栄養をどんどん取り入れ始めるのです。そして次々に新しい血管を新生していくのです。もとの状態に戻るには約二週間ほどかかりますが、血管を作り続けて治癒していきます。

骨のリモデリング

骨の治癒についても少しお話をしておきます。骨の治り方は血管と比べると少し遅くなりまして、骨が作られ始めるのが一ヶ月くらいから起こっていきまして完全な治癒には1-2年かかることもあるのです。ゆっくりですが骨も治っていくということになります。
 
名古屋市千種区池下の傷の治癒を考える歯科医院ブログ
 
誤嚥性肺炎という言葉をメディアでも良く耳にする機会が増えてきました。高齢化社会ですので、そのような病気が取りざたされることも不思議ではありませんね。今回は名古屋市千種区池下の阿部歯科より歯医者さんで出来る誤嚥性肺炎の予防につきましてお話ししていきたいと思います。
 
誤嚥性肺炎の発症には、実は嚥下機能が低下することだけが原因ではないのです。いくつかの原因が重なって発症に至るのであります。では、他にはどのような原因が関係しているかと言いますと、患者さんの免疫力が低下してしまうことでしたり、咳をして痰を出すことが難しくなってしまったりすること、誤嚥してしまった食べ物とか唾液に含まれる細菌の量も関係しているのです。

ムセのない誤嚥

誤嚥性肺炎の隠れた原因の中で注目されているものがあります。私たちは誤嚥してしまいますと、ついつい反射的にムセてしまうと思います。ムセによって異物を除去しようとする生体防御反応が起きるのです。そのようなことは日々の生活で時々あったりするのではないでしょうか。
 
ムセのない誤嚥は不顕性誤嚥と呼ばれております。知らず知らずのうちにこのような病気になってしまいますので、とても怖い病気とも言えますね。寝ているときに自分の唾液を謝って飲んでしまうことになりますので、その唾液が出来るだけきれいな状態になるように寝る前には口の中をきれいにしておくことが大切になります。

ムセの解決法

ムセを解決するためには、訓練して鍛える方法や、食事内容を変えること環境を調整すること食べる方法や飲み込み方を工夫することがあげられます。いろんなことを実践することによって、上手にムセを出来るようにすることはこの不顕性誤嚥を予防する手だてとなるのです。

歯医者さんが出来ること

口は食べ物の通り道でありますし、唾液が流れていく経路になります。入り口をきれいにすることは大切になりますね。ではどんなことが歯医者さんで出きりのでしょうか?いくつかをあげていきます。
唾液腺のマッサージをしてきれいな唾液を保つ
口腔ケアで口の中を直接きれいに
口の回りの筋肉を鍛えるための筋力トレーニング
噛める入れ歯、ちゃんと使える入れ歯を作る、もしくは作り直す
健康な歯を維持するためにしっかり治療をしておき、予防に努めること
食べ物の形態について相談する
耳鼻科さんなど他の科との連係をする
 
以上が、誤嚥性肺炎にたいしまして歯科医院で出来ることの数々でした。根本的に肺炎自体を歯医者さんで治療することはできないのですが、そうならないように出来る限りで予防することは可能だと考えております。誤嚥性肺炎を治すことはできないのですが、誤嚥性肺炎にならないように予防することは可能だと思います。一度歯医者さんに相談なさってはいかがでしょうか?
 
名古屋市千種区池下の誤嚥性肺炎を予防する歯科医院ブログ
 
こんにちは、名古屋市千種区池下の歯科医院、阿部歯科です。加齢とともに出てくる全身的な病気の中に高血圧や糖尿病があると思います。患っている患者さんは循環器の内科さんや内分泌の内科さんに通って高血圧や糖尿病の状態のコントロールをするために頑張っていると思います。
 
高血圧糖尿病の患者さんが歯医者さんを受診する確率は非常に高いと考えられます。歯科医療で頻繁に使用します歯科の麻酔、主に局所麻酔を使用する治療は多くなってくることと思います。

安全のために

歯医者さんで使う局所麻酔を安全に使っていることを知ってもらうことによって、患者さんに安心してもらって、不安な気持ちを少しでも減らせればと思います。医療従事者としましても、出来るだけ安心、安全に歯科医療を進めていきたいですし、せっかく来ていただいている患者さんに不快な思いをできるだけさせないように努力していきたいと思います。

歯科用局所麻酔薬

歯医者さんで使います歯科用局所麻酔薬についてお話ししていきたいと思います。局所麻酔薬のなかにはアドレナリンもしくはフェリプレシンというものが入っています。その作用としましては、麻酔の作用を強くしたり、麻酔が聞いている時間を伸ばしたりするためなのです。なぜそのようなことが出来るのかと言いますと、このアドレナリンフェリプレシンは血管を収縮させる作用がありまして、麻酔薬を効率的にその場に停滞させることが出来るからなのです。

高血圧への影響

歯科の局所麻酔はリドカイン(キシロカイン)になりまして、血管を収縮させるアドレナリンが入っています。そのアドレナリンの作用によって、心拍数が増加してしまったり、心臓の筋肉の収縮する力が増えることによりまして、心拍出量が増加することにもなりまあす。血圧が上昇してしまう原因にもなります。

糖尿病への影響

糖尿病におきましてはインスリンの分泌が押さえられることや、グリコーゲンの分解などが活性化することによりまして、血糖値が上がります。また、歯科治療時のストレスも血糖値をあげてしまう理由にもなります。インスリングルカゴンのバランスが壊れることによりまして、糖尿病の患者さんへの内分泌系への悪影響を引き起こしかねないということになります。
 
名古屋市千種区池下の局所麻酔を考える歯科医院ブログ
 
下顎の骨は歯がなくなると実は変化が起きてしまうのです。どのような変化が起きてくるかと言いますと、歯の喪失に伴いまして下顎の骨の外形と内部構造に変化が生じてきてしまうのです。歯があることによって、その下顎の骨の外形と内部構造が保たれているということになるのです。
 
こんにちは、名古屋市千種区池下の歯医者さんブログです。入れ歯を作っていくに当たりまして、問題となることがあります。その一つに顎の骨の状態があります。特にした顎の骨の状態は、入れ歯を維持するためにとても大切なものなのです。しっかりした骨には、安定した入れ歯が乗ることが出来るのです。

下顎の骨のオトガイ孔までの吸収

歯がたくさん失われてしまって、歯が全くない状態の顎の骨の状態を無歯顎といいます。この無歯顎では入れ歯は総入れ歯の状態になってしまいます。この無歯顎の状態ですと歯槽部が次第に消失していってしまいます。そしてついには、頬っぺた側の臼歯部において外斜線に沿ってオトガイ孔という場所まで吸収されてしまうのです。

オトガイ孔

このオトガイ孔は下顎の骨の中を走っている神経の出口でもあります。脳神経の分枝である三叉神経のうちのひとつ、下顎神経の末端であります下歯槽神経の枝になるオトガイ神経というものになります。この神経は感覚を司っておりまして、下顎や下唇のさわっている感覚などを担っております。
 
下顎の骨の吸収が、このオトガイ孔付近まで到達してしまいますと入れ歯をいれたときや、入れ歯を入れて噛んだりしたときに神経の出口でありますオトガイ孔付近を刺激してしまいまして、痛みを伴うことがあるのです。噛むという生活の豊かさが脅かされてしまう事態になってしまいます。

バッカルシェルフ

下顎の骨の部分で外斜線と歯槽頂線の間の部分を頬棚、バッカルシェルフといいます。このバッカルシェルフは顎の骨が残っているときには外下方へ向かう斜面担っております。顎の骨が吸収していきますと平坦になってしまいます。さらに吸収が進んでしまいますと強いくぼみになってしまいます。
 
このバッカルシェルフの変化も入れ歯の維持安定に大きく関係してしまいます。しっかりした入れ歯を得るためには、その土台となる顎の骨の状態が大切になってくるのです。一番は、顎の骨を失わないようにすること。しかしながら、年齢と共に顎の骨は少しずつ減ってしまう事実は変えることが難しいのです。減ってしまったその顎の骨の状態で出きるだけ安定した入れ歯を作っていきたいと考えております。
 
名古屋市千種区池下の下顎の骨の吸収についての歯科医院ブログ
 
歯をなるべく削らずに処置をするミニマムインターベンションという概念が歯科の世界でも注目されてきました。歯は一度失ってしまいますと、もう戻ってこない大切な体の一部なのです。今回は、名古屋市千種区池下の歯医者さんブログからレジン充填とミニマムインターベンションについてお話ししていこうと思います。
 

ミニマムインターベンション

先程もお話ししましたように、歯は失ってしまうと昔のように戻ることができないのです。ですから、なるべく歯を失わないようにしていかなければなりませんね。患者さんでできることは、きちんとしたセルフケアであったり、早め早めに歯科医院で予防をしていくことに他なりません。

歯医者さんが出来ること

ミニマムインターベンションの考え方から、出きるだけ削らないこと、削ったとしても最小限に押さえるという努力が大切になってきます。取らなければいけない虫歯は、しっかりと取らなければなりません。そのとったあとの修復方法をどうしていくかに、一工夫あるのです。

レジン充填

レジンという歯科材料があります。いわゆる、プラスチックの一種でありまして歯に接着することが出来る性質を持った優れた材料なのであります。最小限の歯の削除後にこのレジンというプラスチックの材料で修復することは一般的にも行われているミニマムインターベンションの考え方によるものだと考えます。

前歯がすいている場合

前歯の隙間があったときにもし、神経をとって大きく削って被せものをしたときにはもちろんメリットとデメリットがありますが、ミニマムインターベンションの考え方からしますと歯質を大きく失ってしまうこととも考えられます。そのようなときに、レジン修復で出来ることもあるのかもしれません。
 
歯と歯の間を前歯の色に合わせたレジンを選択しまして、隙間の部分を埋めるように接着するという方法です。メリットとしましてはほとんど歯を削らなくてすむということになります。デメリットとしましては外れてしまう可能性があったり、長期間の使用によって変色してしまう恐れがあるということになります。
 
しかしながら、やはりこのレジン修復によるミニマムインターベンションの可能性につきましてはやはり目を見張るものがあります。コンセプトをもって、ミニマムインターベンションによる治療を行っていけば患者さんにとって利益になっていくことを望みながら、毎日治療をしていきたいと考えております。
 
名古屋市千種区池下のミニマムインターベンション治療を行う阿部歯科
 
歯の感覚は、その歯の神経によるものであります。歯の神経は歯科では歯髄と呼ばれているのです。歯がしみてしまったりするのも、この歯髄が関係しているのであります。歯の神経はレントゲンでは見ることができないのです。レントゲンでわかることは、その歯の神経が入っている空洞、歯髄腔が分かるのです。
 
こんにちは、名古屋市千種区池下の歯科医院、阿部歯科です。歯の神経は若いときと、年齢が上がっていたときでは同じではないのです。違いが実は出てくるのです。今回は、歯髄の変化としまして、色々ありますがその中でも歯髄腔の変化について、お話ししていきたいと思います。

歯髄腔

加齢とともに歯髄形態は変化していきます。若年者の時には大きかった歯髄腔は、年齢とともに細くなって狭窄してくる変化が出てきます。歯は毎日使うものでありまして、様々な刺激にさらされることになるのです。もちろん、治療という刺激も例外ではありません。
 
レントゲンで歯の検査をしてみますと、その細くなっている狭窄状態についてよく判断することができます。歯が出来てくる過程でその栄養は唯一、歯髄から栄養されるのであります。栄養が歯の外側から取り込まれるわけではないのです。

症状はどうなの?

歯髄腔が狭くなることで、何か症状が出るのかと心配のか他もおられるのかもしれません。実は、そのような自覚症状はほとんどないことが多いのであります。歯髄腔が狭窄することで、歯の神経への刺激が届きにくくなるためとも言われております。むしろ、そのような刺激から歯の神経への影響を少なくするために、歯髄腔が狭く、細くなっているとも考えられます。

虫歯からの影響

虫歯が慢性的にあって、その虫歯から歯の神経を守ろうとする働きもあると考えられます。急性の虫歯ですと、歯を作る前に一気に虫歯が進んでしまいますが、慢性的の虫歯ですとゆっくりゆっくり進みますので、歯が作られる時間もできるのです。加齢とともに起きる歯の変化ですね。

根面カリエスと歯髄腔への影響

歯の根っこの部分は、歯の頭の部分と比べて、虫歯になりやすいのです。また、神経との距離というのも近くなっているのです。歯の根っこの部分はくびれてきている形態ですので、どうしても形態的にやむを得ないことではあります。根面カリエスになってしまいますと、やはり歯髄腔への影響は否めないものではあります。虫歯になりやすい場所、かつ細くなっている場所、このような環境ですので加齢とともに歯茎が下がってしまい、虫歯になりやすくなってしまうことが原因となってしまうのですね。
 
名古屋市千種区池下の歯髄を守る歯科医院ブログ
 
歯に窪みがあると汚れの停滞が起きてしまいます。汚れとは、歯垢つまりはプラークのことになります。歯垢が付かないようにきれいにすることプラークコントロールともいいます。ただ歯の環境によってはそのプラークコントロール、歯磨きがしづらくて汚れが残ってしまうこともままあると考えられます。
 
歯の窪みも色々ありますが、今回は歯と歯茎の境、歯頚部の窪みのひとつ、楔状欠損についてお話ししていこうと思います。こんにちは、名古屋市千種区池下の歯科医院、阿部歯科です。窪みは歯のいたるところにあります。噛むところや、歯の根っこにもあります。歯の表面にももちろんあります。

虫歯のできやすい箇所

窪んだ場所はプラークの停滞場所になりやすいですので、虫歯ができやすい場所でもあります。もちろん若い人では唾液もたくさん出て、汚れが一時的に例えたまってしまったとしましても、唾液の自浄作用によってそんなに問題にならないことが多いと考えられます。

食物が残ってしまうこと

年齢とともに唾液の分泌量が減ってきますと先程お話ししました唾液の自浄作用ということが期待しづらくなってきます。歯の楔状欠損部に歯垢が停滞したままになってしまいますと、歯の根っこの部分の虫歯、専門的には根面カリエスになってしまうリスクが上がってしまいます。

楔状欠損になってしまう要因

楔状欠損になってしまう要因としましては、色々あげられております強すぎるブラッシング圧であったり、歯ぎしりによる歯の咬耗噛み合わせが強くて、その強い力によって引き起こされますアブフラクションというもの、噛みしめ圧迫症候群(CDS)等も関係しているのかと考えられております。
 
歯の根っこ、いわゆる根面といわれる場所は、歯が細くなっているところでもあります。歯が細くなっているということは歯の神経とも近くなっていますので、虫歯になってしまいますと比較的早く神経への影響を及ぼす可能性があります。ですので、神経を守るという面でも、根面カリエスは予防、治療していかなければなりません。

アブフラクション

歯ぎしりで引き起こされるアブフラクションは、歯ぎしりが寝ている間に起こりますので防ぐことが非常に困難になります。歯ぎしりによる影響を少なくするという方法ではマウスピースをつくりまして、寝るときに着用していただくことが、歯を削ったり抜いたりしない、不可逆的でない一番の方法だと考えております。
 
名古屋市千種区池下の根面カリエスを考える歯科医院ブログ
 
食生活におきましては、年齢とともに変わっていきます。奥歯を喪失してしまったり、飲み込む機能の低下、口の周りの筋肉の機能の低下などが影響してしまったりします。今回の名古屋市千種区池下の歯医者さんブログでは虫歯と食生活の関係についてお話ししていきたいと思います。
 
口の周りの筋力の低下や、歯を失ってしまったことで咬むことが困難になってきてしまいますと唾液の分泌の低下を招いてしまいます。他にも胃液の分泌の低下や、消化菅の蠕動運動の機能低下を引き起こしてしまう可能性があります。

食べる力

食事中にすぐにお腹がイッパイになってしまったり、噛むことで感じられるはずの旨味を感じにくくなってしまうことが、奥歯を失ってしまうことや、飲み込む力の低下、噛む力によって起こってしまうかもしれません。旨味を食事から感じにくくなってしまえば一回の食事摂取量も少なくなってしまいます。栄養不良の引き金にもなってしまう可能性があるのです。

間食

減ってしまった食事量を間食で補ってしまっていることもあるのかもしれません。間食、いわゆるおやつの回数が増えてしまいますとだらだら食べ続けてしまうことになります。常に口の中に食事が入ることは実はあんまりよくないことなのです。食べ物があることによって口の中のPH が低下してしまうことが問題になってしまうのです。常に口の中が酸性に傾いてしまっていますと、虫歯になってしまうリスクが高まってしまうことになりかねないのです。

味覚

年齢とともに味覚の低下が引き起こってしまう可能性があります。特に塩味に対する味覚が鈍くなってしまうそうなのです。ですので、年齢とともに味付けが濃くなりすぎてしまったり、過剰に甘いものをとりすぎてしまうことがあるのかもしれません。食事の味付けについても、今一度振り返ってみることも必要なのかもしれません。
酸性に傾いてしまう食品
健康によいとして好まれる食品の中に、口の中を酸性に傾けてしまうものが実はあるのです。いくつかを列記していきたいと思います。
ワイン
ヨーグルト
柑橘類
クエン酸いりのサプリメント
栄養ドリンク
野菜ジュース
フルーツジュース
 
虫歯のリスクがあるからといって、これらの健康によいとされているような食品を避ける必要はないと思いますが、実は口の中を酸性に傾いてしまい虫歯のリスクを高めてしまうことを念頭に置いてもらうと、より口の中の健康、歯の健康の後押しになると思います。摂取したら、口の中に停滞しすぎないように工夫することが大切になるのかもしれませんね。
 
名古屋市千種区池下の食生活を考える歯科医院ブログ
 
【お電話でのご予約】TEL:052-751-0613
診療時間
月~金
10:00~14:00 / 16:00~19:30
土・日
9:30~13:00 / 15:00~18:00
休診・・・祝日
阿部歯科 特別コラム

医院情報


千種区の歯医者 阿部歯科

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

【お電話でのご予約】
TEL:052-751-0613

ご予約・お問い合わせ

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

千種区の歯医者さん|Copyright © 阿部歯科. All Right Reserved.
Web Management Exe.
ご予約
ご相談
ページ
最上部へ