池下の歯医者 阿部歯科院長のブログです。歯科治療に関する話題を中心に更新しています。

<電話番号をタップするとお電話できます>
TEL:052-751-0613
メール予約の受付は24時間可能です!ご予約・お問い合わせ
東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近くの歯医者
診療案内
院長ブログ

当院院長からのメッセージや出来事のご紹介です。

食べ物がつまりやすいのはなぜ?

こんにちは、名古屋市千種区池下の阿部歯科の院長、阿部丈洋です。毎日食事をすると、ある悩みにさいなまれる方もおられると思います。その悩みとは食事をすると歯と歯の間にものがつまってしまうことです。その、ものがつまってしまうという事態はとっても不快であると考えられます。
 
食べかすが口のなかに残っているという状態も気分がいいものではないですし、ずっと食べかすが歯と歯の間に残っていれば、臭いとかも気になってしまうと思います。人とのコミュニケーションでも支障が出てしまいかねないですね。では、なぜそんな歯と歯の間にものがつまってしまうような状態になってしまうのでしょうか?今回はその理由について、少しではありますがお話ししていきたいと思います。

食片圧入

食べ物が歯と歯の間につまってしまうという、いわゆる食片圧入という状態は実は歯と歯の関係性が問題となってきている場合が多いのです。食片圧入が発生してしまうのは1本の歯に対しまして2本の歯が噛み合っていることが原因となっているのであります。
 
ですが、この1本の歯に対しまして2本の歯が噛み合っていることは奥歯のならびの完成にとっては必要なことになるのであります。噛み合わせの関係を構築していく上で、大切なことになっているのです。噛み合わせににて必要なことではあるのですが、その反面に副作用があるのも事実なのであります。
 
歯と歯の間に肉や野菜などの繊維性の食物が入り込んでしまって、その繊維性の食物が挟まってしまうことは不快な事態になってしまいます。又、歯周病を引き起こしてしまうことにもなりませんし、その事を知っておかなければなりませんね。歯は山型になっていますので、山が谷に入り込むようにして食物を圧入させてしまうことになるのです。

抜歯後

また、歯を抜いてしまうことになった場合にその抜いた状態をそのまま放置してしまいますと噛み合うはずの歯がどんどん伸びて出てきてしいまいまして、より食物が歯と歯の間に入り込みやすい状態になってしまうのであります。
 
抜いたままの状態は噛み合わせにも悪いのですが、食物が歯と歯の間に挟まり不快な状況を作ってしまうことになりかねません。抜歯後はそのような事態にならないように、痛くないからといってそのまま放置せずに治療を完了させて、定期検診をしていくことをおすすめ致します。
 
名古屋市千種区池下の食片圧入についての歯医者さんブログ
 
【お電話でのご予約】TEL:052-751-0613
診療時間
月~金
10:00~14:00 / 16:00~19:30
土・日
9:30~13:00 / 15:00~18:00
休診・・・祝日
阿部歯科 特別コラム

医院情報


千種区の歯医者 阿部歯科

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

【お電話でのご予約】
TEL:052-751-0613

ご予約・お問い合わせ

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

千種区の歯医者さん|Copyright © 阿部歯科. All Right Reserved.
Web Management Exe.
ご予約
ご相談
ページ
最上部へ