池下の歯医者 阿部歯科院長のブログです。歯科治療に関する話題を中心に更新しています。

<電話番号をタップするとお電話できます>
TEL:052-751-0613
メール予約の受付は24時間可能です!ご予約・お問い合わせ
東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近くの歯医者
診療案内
院長ブログ

当院院長からのメッセージや出来事のご紹介です。

歯医者さんの最近のブログ記事

こんにちは、千種区池下、今池の歯医者さんの阿部歯科です。歯肉炎って言葉はよく聞くと思いますがいまいちどんなものなのかを知らない方も多いと思います。今回はその歯肉炎についてどんな特徴があるのかを含めましてお話ししていきたいと思います。

歯肉炎

歯肉炎と歯周病は実は違うものなのです。同じように感じるかもしれませんが病気の状態としましてはその特徴には違いがあるのです。歯肉炎歯周病では皆さんはどちらの方が悪い病気だと思われるでしょうか?知っている方にとっては当たり前かもしれませんね。答えは歯周病です。
 
歯肉炎の特徴としましては歯肉つまりは歯茎にのみ炎症が起きた状態になるのです。歯周病とは違いましてセメント質や歯根膜やはを支えてる骨であります歯槽骨は病的に破壊されてはいないのであります。しかしながら、その歯肉炎の状態を甘く見てしまって放置してしまいますと炎症がセメント質、歯根膜そして歯槽骨に波及することによりまして歯周炎つまりは歯周病へと進行してしまう恐れがあるのです。

原因はなんといっても歯の汚れ

歯磨きがうまくできていないですと歯の汚れでありますプラークというものが歯の面に付着することとなります。そしてそのプラークが増加することによりまして歯茎つまりは歯肉に炎症が出始めてしまうのであります。早いと2-3日で炎症の徴候が出てしまうこともあるのです。

歯肉のポケット

プロービングという歯茎の検査におきまして数値の上昇は認められることがあります。歯周病と違うこととしましては歯槽骨という歯を支えている骨へのダメージはないですのでその数値の上昇は歯周病のように骨が溶けてしまって増加した数値ではないのです。炎症によって歯茎が腫れていることによります数値の上昇なのです。

プラークリテンションファクター

プラークという歯の汚れが蓄積して増悪する状態があります。プラークコントロールを難しくさせるような原因であったり、プラークの停滞を促進させるような原因のことをプラークリテンションファクターといいます。それにはいくつかありますが、例えて言いますと歯石、歯列不正、適合の悪い修復物や補綴物がそれに当たることになります。

歯ぎしりで歯肉炎は影響するの?

ブラキシズムで歯肉は直接影響を受けることはないのです。それによりまして歯肉炎が悪化するということもないのであります。歯周病では歯軋りによって悪化してしまって歯を支えている骨であります歯槽骨が溶けていってしまうことは考えられます。十分に歯軋りには気を付けてみていく必要性はあると思います。

プラークコントロールによって歯肉炎は改善します

口の中の清掃を歯磨き指導などで教えてもらったブラッシング方法によって徹底することによりまして歯肉炎は明らかに改善することとなります。また、先程のプラークリテンションファクターを除去するか修正することによりましても歯肉の炎症はさらに改善することとなります。歯周炎の前段階であります歯肉炎の段階で止めることがとっても大切になります。
 
千種区池下、今池の歯肉炎についての歯科医院ブログ
 
こんにちは、名古屋市千種区池下の阿部歯科の院長、阿部丈洋です。毎日食事をすると、ある悩みにさいなまれる方もおられると思います。その悩みとは食事をすると歯と歯の間にものがつまってしまうことです。その、ものがつまってしまうという事態はとっても不快であると考えられます。
 
食べかすが口のなかに残っているという状態も気分がいいものではないですし、ずっと食べかすが歯と歯の間に残っていれば、臭いとかも気になってしまうと思います。人とのコミュニケーションでも支障が出てしまいかねないですね。では、なぜそんな歯と歯の間にものがつまってしまうような状態になってしまうのでしょうか?今回はその理由について、少しではありますがお話ししていきたいと思います。

食片圧入

食べ物が歯と歯の間につまってしまうという、いわゆる食片圧入という状態は実は歯と歯の関係性が問題となってきている場合が多いのです。食片圧入が発生してしまうのは1本の歯に対しまして2本の歯が噛み合っていることが原因となっているのであります。
 
ですが、この1本の歯に対しまして2本の歯が噛み合っていることは奥歯のならびの完成にとっては必要なことになるのであります。噛み合わせの関係を構築していく上で、大切なことになっているのです。噛み合わせににて必要なことではあるのですが、その反面に副作用があるのも事実なのであります。
 
歯と歯の間に肉や野菜などの繊維性の食物が入り込んでしまって、その繊維性の食物が挟まってしまうことは不快な事態になってしまいます。又、歯周病を引き起こしてしまうことにもなりませんし、その事を知っておかなければなりませんね。歯は山型になっていますので、山が谷に入り込むようにして食物を圧入させてしまうことになるのです。

抜歯後

また、歯を抜いてしまうことになった場合にその抜いた状態をそのまま放置してしまいますと噛み合うはずの歯がどんどん伸びて出てきてしいまいまして、より食物が歯と歯の間に入り込みやすい状態になってしまうのであります。
 
抜いたままの状態は噛み合わせにも悪いのですが、食物が歯と歯の間に挟まり不快な状況を作ってしまうことになりかねません。抜歯後はそのような事態にならないように、痛くないからといってそのまま放置せずに治療を完了させて、定期検診をしていくことをおすすめ致します。
 
名古屋市千種区池下の食片圧入についての歯医者さんブログ
 
態癖として患者さんが無意識に行っていることはいくつかあると思います。その癖が何も悪さをしなければいいのですが、長い間その癖を行うことによりまして、歯や歯並びに少なからず影響を与えてしまう可能性のあるものもあるのです。ではどのようなものがあるのでしょうか?
 
癖について患者さん自身が訴えをもって相談にこられることはそんなに多くはないと考えられます。無意識で行っている癖ですので、そのくせ事態にあまり気づいていない可能性もあります。そのため歯医者さんがその癖を見つけて、気づいてもらうことから始まると思います。

口の周りの態癖

口の周りの態癖はその周囲に普通ではかからないような力が加わってしまうことで歯のならびに歪みが出てしまうこともあるのです。その態癖によって特徴的な歯並びになることもありますので、歯医者さんでもある程度予想することができると思います。ではいくつかの癖についてお話ししていきたいと思います。

下唇の巻き込み

下唇を巻き込む癖は比較的よく見られると思います。患者さん自身では意識していない場合が多いのではないのでしょうか?このような巻き込みの癖がありますと歯並びにおいては、前歯が一直線になってしまう状態になりことがあります。歯並びはボックスフォームの状態で、下唇の周囲は黒ずんでいることが特徴となります。

上下唇の巻き込み

歯並びはボックスフォームになってしまっています。もともと唇が厚くて、その事を気にしている患者さんが無意識的に上下の唇を巻き込んでいるそうです。デリケートなことですので周りの人たちも慎重に対応していかなければなりません。

唇がタイト

この唇がタイトな患者さんはその唇を閉じる力が強い傾向にあります。その影響で、上の前歯が内側に倒れこんでしまう可能性があります。癖のなかにも様々なものがありますので、いち早くその癖を見つけ出して、必要ならば改善していくように伝えていくことも大切になります。

クレンチング

噛み締めをしている人は顔から判断できることがあります。咬筋が発達しているために、外から見てもしっかりした顎のように見えます。また、頬や舌に噛み締めている歯のあとがあることも特徴となります。いろんな些細な事柄を見つけて診断をしていかなければなりませんね。
 
名古屋市千種区池下の癖に注意する歯科医院ブログ
 
妊娠期に現れるからだの変化や口の中の変化はどのようなものがあるのでしょうか?女性のライフサイクルの中で、妊娠、出産はとても大きな位置を占めていることと思います。お母さんになっていく準備段階の女性の心理的なところも大変不安が大きくなってくるのではないでしょうか?
 
妊娠している患者さんに歯科が求められることはたくさんあると思います。10か月もの間お腹の中でお子さんを育てて、生むという大変なライフイベントを迎える女性のか谷対しまして、歯医者さんとしてできることをしていきたいと考えております。患者さんに寄り添った歯科医療が大切になってきます。

妊娠期の体の変化

体型の変化はもちろんありますが、目では見えにくいところでは循環器系の変化というものがあります。妊娠中はお母さん自身の体重が増加していきます。お子さんへの血流を確保する必要もあるために、循環血液量は約40%増えるそうです。血液量は増えるのですが相対的な赤血球の割合が減ってくるために、妊娠期の女性は貧血の症状が出やすいとのことです。
 
血圧の低下も認められるとのことです。黄体ホルモンでありますプロゲステロンというホルモンが上昇することによりまして、血管が拡張します。その拡張した血管の影響で、血圧が10mmHg前後低下してしまうそうです。様々な循環器系の変化がこのように起こってくるのです。

口の中への影響

では、口の中への影響はどんなことが起こってくるのでしょうか?妊娠期には黄体ホルモンでありますプロゲステロンや卵胞ホルモンでありますエストロゲンの増加によって口の中の組織への炎症症状が過剰に引き起こされてしまうのです。唾液においても分泌の量が減ることや、唾液の粘りが増えてしまうことによって口の中での自浄作用も減ってしまうのです。影響としましては次のようなことが考えられます。
炎症症状が過剰に引き起こされてしまう
唾液の粘りが増して、量も減ってしまうのです。
口の中が酸性に傾いてしまう
抗菌作用や自浄作用が低下
不快感によって口の中の清掃不良
食習慣の変化
嗜好品の変化
妊娠期の女性にとってはストレスとなるようなことが多い時期ではあると思いますが、歯や歯茎の悩みに対しては歯科医院に相談していただいて、口のことは任せてしまった方がいいのかもしれません。快適な日々を少しでも遅れるように、歯医者さんはお手伝いしていきます。
 
名古屋市千種区池下の妊娠期の女性をサポートする歯医者さんブログ
 
こんにちは、名古屋市千種区池下の阿部歯科の院長、阿部丈洋です。口の中に傷ができたとき、手術で切開をしたときにどのようにその傷が治癒していくかについて今回はお話ししていきたいと思います。歯ブラシで過度に磨いてしまってできてしまった傷の治り方も同様なのです。
 
口の中の粘膜は様々な刺激が加えられることとなります。食べ物を摂取したときに口の中の粘膜を傷つけてしまう可能性もあります。飲み物を飲んだときに熱いもので粘膜をやけどしてしまって、ただれてしまうこともあるかもしれませんね。粘膜に歯みがきのときに歯ブラシの毛先が当たって口内炎になることもあるのではないでしょうか?

創傷の治癒

歯医者さんでの治療時にも少なからず口の中の粘膜に傷ができてしまうことがあります。局所麻酔をしたときの針を指した場所であったり、歯茎の掃除虫歯の除去のときや型採りをしたときにも粘膜に刺激が加わる可能性があるのです。ですが、通常でしたらすぐに治ってしまいますので安心してください。

傷の治り方のメカニズム

傷が治っていくときにはいくつかのステージを経過して治癒していくことがわかっています。行きなり傷が塞がったり、もとの状態に戻るわけではなく体が一生懸命治癒過程をへてあるべきもとの状態に戻そう、戻そうとしているのです。そのステージとはどういうものなのか?それは…
炎症のステージ
増殖、肉芽形成のステージ
リモデリングと組織の成熟のステージ
このようなステージを経過していくのです。

血管のリモデリング

組織の切開をしたときに血管はどれくらいで復活してくるのでしょうか?口の中の粘膜にはたくさんの毛細血管がありますので、そのためにきれたその毛細血管から出血するのです。
 
血管の再生は通常では傷ができてから3-4日で始まっていくのです。血管から体を治すための栄養をどんどん取り入れ始めるのです。そして次々に新しい血管を新生していくのです。もとの状態に戻るには約二週間ほどかかりますが、血管を作り続けて治癒していきます。

骨のリモデリング

骨の治癒についても少しお話をしておきます。骨の治り方は血管と比べると少し遅くなりまして、骨が作られ始めるのが一ヶ月くらいから起こっていきまして完全な治癒には1-2年かかることもあるのです。ゆっくりですが骨も治っていくということになります。
 
名古屋市千種区池下の傷の治癒を考える歯科医院ブログ
 
下顎の骨は歯がなくなると実は変化が起きてしまうのです。どのような変化が起きてくるかと言いますと、歯の喪失に伴いまして下顎の骨の外形と内部構造に変化が生じてきてしまうのです。歯があることによって、その下顎の骨の外形と内部構造が保たれているということになるのです。
 
こんにちは、名古屋市千種区池下の歯医者さんブログです。入れ歯を作っていくに当たりまして、問題となることがあります。その一つに顎の骨の状態があります。特にした顎の骨の状態は、入れ歯を維持するためにとても大切なものなのです。しっかりした骨には、安定した入れ歯が乗ることが出来るのです。

下顎の骨のオトガイ孔までの吸収

歯がたくさん失われてしまって、歯が全くない状態の顎の骨の状態を無歯顎といいます。この無歯顎では入れ歯は総入れ歯の状態になってしまいます。この無歯顎の状態ですと歯槽部が次第に消失していってしまいます。そしてついには、頬っぺた側の臼歯部において外斜線に沿ってオトガイ孔という場所まで吸収されてしまうのです。

オトガイ孔

このオトガイ孔は下顎の骨の中を走っている神経の出口でもあります。脳神経の分枝である三叉神経のうちのひとつ、下顎神経の末端であります下歯槽神経の枝になるオトガイ神経というものになります。この神経は感覚を司っておりまして、下顎や下唇のさわっている感覚などを担っております。
 
下顎の骨の吸収が、このオトガイ孔付近まで到達してしまいますと入れ歯をいれたときや、入れ歯を入れて噛んだりしたときに神経の出口でありますオトガイ孔付近を刺激してしまいまして、痛みを伴うことがあるのです。噛むという生活の豊かさが脅かされてしまう事態になってしまいます。

バッカルシェルフ

下顎の骨の部分で外斜線と歯槽頂線の間の部分を頬棚、バッカルシェルフといいます。このバッカルシェルフは顎の骨が残っているときには外下方へ向かう斜面担っております。顎の骨が吸収していきますと平坦になってしまいます。さらに吸収が進んでしまいますと強いくぼみになってしまいます。
 
このバッカルシェルフの変化も入れ歯の維持安定に大きく関係してしまいます。しっかりした入れ歯を得るためには、その土台となる顎の骨の状態が大切になってくるのです。一番は、顎の骨を失わないようにすること。しかしながら、年齢と共に顎の骨は少しずつ減ってしまう事実は変えることが難しいのです。減ってしまったその顎の骨の状態で出きるだけ安定した入れ歯を作っていきたいと考えております。
 
名古屋市千種区池下の下顎の骨の吸収についての歯科医院ブログ
 
年齢とともににお口が乾いてきて、悩む患者さんが増えてきました。子供のときは、逆に唾液が多すぎて大変だった時期も、唾液腺の機能低下に伴いまして口の乾燥が悩みの種となってくることもあるとおもいます。こんにちは、名古屋市千種区池下の歯医者さんブログ執筆者、阿部丈洋です。
IMG_20180110_130516.jpg
季節の影響によっても、口の乾燥は出てくるとおもいます。本当に口腔乾燥は不快感が強いと考えられます。飲み込むことが大変になってしまったり、口の臭いが気になってしまったり…様々な訴えが出てくる、その原因が唾液の減少、つまりはお口が乾いてしまうことにあると考えられます。

保湿剤

お口の乾燥にたいおうするのに、ほしつざいをとふするほうほうがあります。口のなかは粘膜ですが、皮膚の保湿剤のようなイメージをもってもらえればいいと思います。高齢の方の口腔ケアでは誤嚥を防止したり、生活の豊かさ、クオリティーオブライフのためにも不快感のもととなる乾燥を少しでも楽にして上げることが大切なのではないでしょうか。

マッサージ

唾液が出るには、唾液腺が正常に機能していることが必要になります。衰えてしまった機能を後押しするために、唾液腺マッサージも有効ではないでしょうか。耳の下くらいに耳下腺という大きな唾液腺がありますので、痛くない程度に刺激して上げるといいです。また、舌回し運動も気軽にできまあすの、簡単な唾液を出す方法のひとつになりますね。

保湿剤の種類

保湿剤の種類にはいくつかがあります。スプレータイプや液体タイプ、ジェルタイプがあげられます。自分にあって、長く使えそうなものを選択していただければと考えております。一時的な使用だけを考えるよりも、自分の生活のいたかさを高めるために、ずっと付き合っていけそうなタイプを探してみてくださいね。

保湿剤の使い方

スプレータイプでしたら乾燥している場所、例えば唇であったり粘膜に直接吹き掛けて使用ができます。ジェルタイプでしたら、指に適量のせまして唇や粘膜に塗布していただけれいいです。入れ歯の内面に塗布したりして乾燥防止をすることもありますね。色々試していると、自分にあったいい方法も見つかってくるとおもいますよ。

スポンジブラシの使用

口が十分に開かなかったり、自分でのセルフケアが難しい方にたいしましてはスポンジブラシを使用してみるといいかも知れません。使い方としましては、少量をスポンジブラシにつけてもらいます。その時にポイントとしましては水はスポンジブラシに含ませないでください。
 
スポンジブラシは口のなかでは回すように、汚れを絡めとるような感じで使用してください。回転しながら使うことで、より効果的に清潔にしながら保湿に勤めていくための一工夫になりますね。3時間くらいの感覚で行ってもらえれば非常に保湿効果は高まると考えます。
 
名古屋市千種区池下の口の潤いを考える歯科医院ブログ
 
認知症の患者さんはますます、増えてきていることと思います。こんにちは、名古屋市千種区池下の歯医者さんブログです。高齢化が進んできていることから、いろんな疾病が現れてきています。そのような病気に罹患している患者さんも、合わせて増えてきていることと考えます。
IMG_20180409_102632.jpg
さて、今回は歯医者さんで認知症の患者さんにしかの領域から出来ることをお話していきたいと思います。認知症の患者さんはどれだけ増えてきているのでしょうか?漠然と増えてきているのだろうと思っては見ても、その数はいささか不明確であるとは思います。

厚生労働省

厚生労働省の発表によりますと、日本においての認知症の患者さんの数としましては、2012年の段階においては約462万人いるそうなのです。この数を聞いてビックリすると思います。名古屋市の人口を越える患者さんの数が、日本の認知症の患者さんの数に匹敵することになります。
 
65歳以上の高齢者の方の約7人に1人の割合になるとのことです。じぶんたちの親や、おじいさんやおばあさんが認知症であったとしても不思議ではない数であると考えられます。今後、団塊の世代において75歳以上になる2015年には、その数は約700万人に達するとも言われています。65歳以上の高齢者の約5人に1人の割合になっていくとも言われています。

歯科的対応

そんななか、歯医者さんとして何ができるでしょうか?世間では、認知症の患者さんの徘徊がよく取り沙汰されております。意味もなくぶらぶらと徘徊してしまう患者さんの付き添いの方としてはヒヤヒヤものである考えられます。自宅からでかけて帰ってこなかったりしたら心配でたまらないものだと思います。
 
物忘れ、忘れ物。歯科的なもので言えば、入れ歯をなくしたようなこともあげられるのかもしれません。歯医者さんでできることには限界がありますが、例えば入れ歯に患者さんの名前を掘ってあげて忘れ物をしたとしてもまた見つかるようにしてあげる工夫はありなのかなと思います。入れ歯がないと、食べることもままならなくて栄養不良の心配も出てきます。
 
千種区池下の阿部歯科としましては、そのような介護をする方のストレスを少しでも減らせるようにして生活の質を高めていきたいと考えております。
 
名古屋市千種区池下の認知症から歯科で出来ることを考える歯医者さんブログ
 
こんにちは、名古屋市千種区池下の阿部歯科の院長、阿部丈洋です。今回は、長寿社会と歯科ということでお話をしていきたいと思います。ますます、日本では医学の進歩に伴いまして、高齢化社会つまりは長寿社会になっていっています。医学の進歩は目覚ましいもので、我々にも恩恵を与えていただいているありがたい技術進歩であります。
IMG_20180314_135614.jpg
さて、少子高齢化社会と言われていく年かたちますが、いくつかの問題も現れてきていると考えます。歯医者さんとしましては、歯科と関連した、口の状態と関連しましたお話をしていきたいと思います。

少子高齢化社会

日本につきましては人口の減少と、高齢化はまだまだ続くといわれております。そのライフスタイルにつきましても、一昔前の常識からは逸脱して考えていかなければならないと思います。健康寿命が本来の寿命と合致しているかと言えば、そうでないことは明らかであります。
 
世界一の長寿国になったとしても、例えば、ずっと美味しいものを美味しく食べれるかと言えばそうではありません。年齢と共に出てくる、色々な問題があります。歯は消耗品のようでありまして、しっかりとメンテナンスをすることはさることながら、歯科医院に通えるうちに治すべきものは治しておくことが大切であります。
 
通えなくなってしまうと、患者さんは訪問診療に頼らなければならなくなるかもしれません。しかし訪問診療では歯科医院での治療ほど完璧に治療することが難しいのです。患者さんのクオリティーオブライフを保つには、それまでの治療メンテナンスの蓄積鍵になると考えております。

高齢者

老年人口は今後も増えていくと予想されております。歯科におきまして、やはり入れ歯の必要性が増してくるのではないのでしょうか。インプラントをできればいいのですが、すべての患者さんがそのインプラントをできるわけではありません。入れ歯の需要はやはり増していくことが予想されると思います。

人口オーナス

かつては支える側が多い人口ボーナスの時代もあったことですが、現在は人口オーナスの時代にシフトしてきていることと思います。自分のみは自分で支えること、自分の健康は自分がまず気遣うこと。そんな考え方が大切になってくると思います。あとから誰かが支えてくれる時代から、自己責任の時代に変わってきているのかもしれません。
 
そのような時代背景から、自分の健康をまずは振り返ってみてはいかがでしょうか。虫歯は治すしかありません。お子さんの虫歯ならばフッ素で予防も可能ではあると考えますが、成人の虫歯はしっかりとした診断のもとに管理しなければなりません。
 
高齢者になったときに、歯科医院に通う理由が治療なのか、それともメンテナンスなのか。それによっても、日々の過ごし方が変わるのかもしれません。私は、是非とも高齢者になったときにメンテナンスのみで通院できるようなお口の中の環境を、若いうちから作っていってほしいと思います。頑張りましょう。
 
名古屋市千種区池下の長寿社会への歯科的対応を考える歯医者さんブログ
 
こんにちは、千種区池下の歯科医院のブログです。入れ歯の取り扱いについて、入れ歯をしている患者さんは知っていることと思います。復習もかねて、今回は、その入れ歯の取り扱いについてお話していきたいと思います。何となく知っていることも、今一度振り返ってみてはいかがでしょうか。
IMG_20180110_110513.jpg

義歯

義歯といいますのは、失った機能と見た目を取り戻すために作成されました取り外しができる補綴物のことになります。全部が義歯になっているものは、総義歯、もしくは総入れ歯全部床義歯とも言われております。部分的に入れ歯になっているものは部分入れ歯、もしくは部分床義歯といわれております。

義歯の取り扱い

義歯のつけはずし、つまり入れ歯の着脱はまずは基本的なこととなるでしょう。部分入れ歯でしたら、歯の位置に金具を合わせることから始まります。人工の歯の部分を歯が生えている方向に押してはめ込みます。舌で押してはめたり、噛むことによってはめたりすることは金具の変形や、入れ歯の破損に繋がりますのでやめた方がいい入れ方でしょう。
 
はずすときには、指や爪を使いまして、ゆっくりといれた方向とは逆にはずしていってください。なれるまでは、少し時間がかかりますがなれてくると簡単だと思います。特に、はじめて使う場合には特に時間がかかってしまうかもしれませんが焦らずにゆっくりと行ってくださいね。もしも、難しいようでしたら歯医者さんにアドバイスしてもらうとよいと思います。

入れ歯の管理

入れ歯はいつまでも、新品の状態の快適な使用をしてもらいたいと思います。義歯も使えば使うほど汚れてきます。長時間使用していれば、カビが生えてしまったり、そのカビはいわゆるカンジダでありますが、清掃を怠ったりすれば、もしくは誤った手入れのしかたをしていますと付着してしまって、義歯性口内炎の原因になってしまったり、口臭の原因になってしまうこともあります。
 
一日、一回は一定時間はずして、口の粘膜を休めることが重要になります。コンタクトレンズもはめっぱなしですと、目に負担がきてしまうように、入れ歯でも口の粘膜に負担が来てしまうのを予防していかなければなりませんね。はずした入れ歯は、水のなかににいれておくとよいでしょう。

入れ歯の保管

入れ歯は、プラスチックでできていますので乾燥してしまうと破損の原因になってしまいます。ですので、水のなかに保管するなどしていただければと思います。義歯の材料は口のなか、つまり唾液で潤った湿った環境で安定するようにできています。また、入れ歯をいれるようきもあらかじめ決めておいてもらいますと、紛失のリスクが少なくなると思います。

 
名古屋市千種区池下の入れ歯を快適に使ってほしい歯医者さんブログ
 
【お電話でのご予約】TEL:052-751-0613
診療時間
月~金
10:00~14:00 / 16:00~19:30
土・日
9:30~13:00 / 15:00~18:00
休診・・・祝日
阿部歯科 特別コラム

医院情報


千種区の歯医者 阿部歯科

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

【お電話でのご予約】
TEL:052-751-0613

ご予約・お問い合わせ

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

千種区の歯医者さん|Copyright © 阿部歯科. All Right Reserved.
Web Management Exe.
ご予約
ご相談
ページ
最上部へ