池下の歯医者 阿部歯科院長のブログです。歯科治療に関する話題を中心に更新しています。

<電話番号をタップするとお電話できます>
TEL:052-751-0613
メール予約の受付は24時間可能です!ご予約・お問い合わせ
東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近くの歯医者
診療案内
院長ブログ

当院院長からのメッセージや出来事のご紹介です。

噛み合わせの最近のブログ記事

こんにちは、千種区池下、今池、覚王山の歯医者さんの阿部歯科です。今回は、歯があるときと、歯がないときの噛み合わせを作るときには実は違いがあるということにつきまして、少しお話ししていきたいと思います。ちょっと、専門的な言葉も出てきますが歯科の世界の言葉に興味がある方は引き続き読んでいただければと考えております。
 

カスピッドプロテクティッドオクルージョン

理想的な歯がすべてある状態でも噛み合わせはカスピッドプロテクティッドオクルージョンという状態を目指して噛み合わせを作っていきます。この状態は上と下の犬歯同士が噛み合わせを横にずらしたときに滑るように誘導される噛み合わせになります。この機能によりまして奥歯が離れるきとによって横にずれるときの奥歯への負担を減らす作用があるのです。つまりは奥歯が守られるような噛み合わせのことになるのであります。
 

フルバランスドオクルージョン

例えば総入れ歯のときには入れ歯が安定するような噛み合わせにしなければならないのです。そのときに作られる噛み合わせがフルバランスドオクルージョンという噛み合わせになるのです。この状態は、噛んだときにも、顎を横にずらしたときにも、顎を前にずらしたときにも、前歯の部分や左右の奥歯の部分で噛み合わせが当たっている状態になるのであります。このような噛み合わせにすることで総入れ歯がどんな状態で間だとしても外れにくいような安定した状態であるような噛み合わせのことになるのです。
 

入れ歯

近年では入れ歯に対しましても見た目だけにとどまらず、機能的にも要求が高まっているものと思われます。歯の並びや噛み合わせには、自然で見た目がよくて、何でもよく噛めること、さらには歯の並びに関係する支持組織にたいしての機能的な圧を適度に分散させるような入れ歯を作ることが治療を成功させる鍵になると考えております。
 

昔は…

総入れ歯の噛み合わせにおいて使われる人工歯といいます入れ歯に使う歯を、その昔は咬む面がない無咬頭歯というものを使っていた時代もあるのです。そのときの噛み合わせの状態をモノプレーンオクルージョンと表現していました。この無咬頭歯は奥歯がつるつるの人工歯で、ものを咬むにはあんまり適してはいないと考えます。すりつぶすにはいいのかもしれませんが、、、
 

リンガライズドオクルージョン

モノプレーンオクルージョンの時代を経て、フルバランスドオクルージョンの時代がやって来ました。そして新たな噛み合わせが提案されることになったのです。それが、リンガライズドオクルージョンという噛み合わせになるのです。この噛み合わせは、上の人工歯の舌側の咬頭が下の人工歯の咬む面に当たる状態でして、顎を横にずらしたときにも左右の歯の面同士がバランスをとるように当たりまして総入れ歯を安定させる画期的な噛み合わせの状態になるのです。
 
今回は、いろいろな噛み合わせにつきまして少し専門的ではありますがお話さていただきました。
 
千種区池下、今池、覚王山の入れ歯の噛み合わせについての歯科医院ブログ
 
こんにちは、名古屋市千種区池下の阿部歯科です。噛み合わせを語るに当たりまして考えておかなければならないことがあります。歯科大学の補綴の授業では当たり前のようにやるのですが、一般の方は普通は知らない内容について、少し専門的にはなっていきますがお話ししていきたいと思います。
 

モンソンの球面説

モンソンの8インチ球面説という内容を歯科大学の授業では習います。モンソン博士という人がその昔に提唱した理論になるのです。それは、上顎や下顎のすべての歯のそれぞれの山が篩骨鶏冠の近くを中心にしまして直径8インチの球面に接するというないようになるのであります。
 
噛む上で歯が並んでいる位置におきましてこの球面上に歯が並んでいることが咀嚼するするための動きとして大切であるとされています。歯はいろんな角度から合わさることによって食べ物を噛みきったり、すりつぶしたりすることになるのです。人間の顎はいろんな動きをするのです。ワンちゃんでは食べ物を食べるときには、口を開閉するような動きしかできないのです。人間は顎を少し横に動かしたりすることができて、噛みきったりすりつぶしたりしているのであります。

スピーの彎曲、ウィルソンの彎曲

このモンソンの球面は横側から見た歯の並びの彎曲をスピーの彎曲と言われるのであります。正面から見た歯の並びの彎曲をウィルソンの彎曲と言われるのであります。補綴の研究では、過去のいろんな研究者たちがその噛み合わせや歯の並びにたいして理論的な根拠、いわゆるエビデンスを見つけようとして頑張っていたのであります。そのお陰で理論をもとにした臨床が成り立っているのであります。

その事が何を意味しているの?

これらのことが何を意味しているかと考えますと、スムーズなこの球面が噛み合わせの安定を保つことになっているということになります。噛み合わせが安定することによりまして、顎関節が安定した位置になるということになります。噛み合わせの安定が顎関節症を引き起こさないようになるとも考えられるのではないでしょうか。
 
噛み合わせの安定は、日々の生活の豊かさを与えるのにも大切なことではないでしょうか。噛み合わせのストレスをなくすことは満足した食べる楽しみに寄与することとなると考えております。歯医者さんはいろんな噛み合わせの理論を勉強して患者さんの口の悩みを解決していきたいと思っているのです。
 
名古屋市千種区池下の噛み合わせの安定を考える歯医者さんブログ
 
こんにちは、名古屋市千種区池下の歯科医院ブログです。口のなかで力が加わると何が起きるのか?基本的には歯や歯茎への影響や歯並び、顎関節への影響というものが考えられます。その加わった力によって場合によっては歯がかけてしまったり、詰め物や被せものが壊れてしまうこともあると思います。
IMG_20180110_112243.jpg
力というものは目に見えないものでありますので、わかりづらいことではあります。私たちがわかることは、目で診てわかることと言いますのは力が加わって起こったあとの結果でしかないと言えるのではないでしょうか?直接見えるものではありませんので、歯科医院でも特に気を付けてみていかなければなりません。

力における注意点

歯や歯茎に対しましての力の診断における注意点としましては、まずは何を差し置いても、その力と言いますのは目に見えるものではありませんので、目に見えているものはその結果であることを認識することになります。そしてその状態を観察していきます。また個人差や個体差が大きいことも注意が必要となりますね。そして炎症のコントロールが一番の優先事項になります。

どんなことが起きるの?

歯を失う原因には大きく分けて三つあるのです。それが、歯周病、虫歯、そして力が関係していることになるのです。歯周病や虫歯はイメージがつきやすいと思いますが、力と言われても何となくわかりづらいのではないかと思います。具体的な力が関係する現象をあげていきます。
咬耗
アブフラクション
骨隆起
骨増生
修復物の変化
歯槽硬線の肥厚
骨硬化像
セメント質剥離
噛み合わせの変化
歯並びの変化
ひび割れ
歯の破折
歯根の破折
頬や舌の圧痕
口の周りの筋肉の緊張
 
非常に様々なことが力によって引き起こされるのであります。ただ慎重にしていかなければならないことは、力が何でもかんでも原因であると決めつけていかないことです。まずは不可逆的な治療をしてしまうよりも、炎症のコントロールを先に行っていきまして、それでも改善されない場合に次なる考えとして力が原因ではないかと疑っていく方が、体に対しまして優しいのかなと考えます。
 
名古屋市千種区池下の口の力を考える歯科医院ブログ
 
 
 
 
咬合調整、すなわち歯冠形成術とは選択的に歯冠の形態を修正する処置であります。1歯ないしは数歯のこいした形態を修正することは、通常におきましてはエナメル質を削除することによって行われますが、まれではありますが象牙質知覚過敏を起こさせてしまうこともあります。
IMG_20171226_132333.jpg

咬合調整目的

咬合調整の目的につきましては①咬頭嵌合位やあらゆる機能的滑走運動におけます歯の接触位で、上下顎の歯が非外傷性の安定した咬合接触関係を得ること②咬頭嵌合位において顎関節の安定を得ること、の二点に集約されることがあります。目的を達成するために天然歯牙や補綴歯を調整することになります。

咬合調整効果

現在、咬合調整の効果を説明するのにいくつかのはっきりとした考え方があるのです。そのなかには、①外傷性咬合接触説②歯牙接触回避説③異常咬合位説④咬合調整の行動科学的効果説、があげられます。咬合調整をしていくにあたりましては、外傷性歯牙接触をどのように見つけ出して、除去していくのか?下顎頭の妥当な位置関係に対応しました機能的に安定した咬頭嵌合位をどのように求めていくかにつきると考えられます。

外傷性咬合接触説

外傷性咬合接触説は咬合調整につきまして二つの目標を持っています。①個々の歯の強い接触を除去すること②歯牙接触で生じる力を干渉のない調和のとれた咬合状態において分散させること、この二つが目標としてあげられております。この理論によりますと、咬合調整は外傷性咬合によります有害な局所的な作用を抑制しまして、除去していこうと言うものと考えることができます。

歯牙接触回避説

歯牙接触回避説につきましては、咬合接触関係が三叉神経感覚系によりまして有害であると感知されますと、下顎運動を支配します筋神経系が適応しまして、この有害な接触を回避するような下顎運動パターンを形成するという考え方に基づくものであります。外傷性咬合接触説との違いにつきましては、不適あついは有害な歯牙接触の主な効果を反射性、適応性の筋の動作を含めました神経感覚レベルで考えた点にあります。

異常咬合位説

この理論につきましては、咬頭嵌合位がさまざまな理由によりまして、異常なあるいは適応できない位置にあるという前提に基づいて考えられております。下顎位が異常であれば、周囲の筋に活動性の亢進、痛み、不協調などの影響があることが指摘されておりました。

行動科学的効果説

咬合調整の行動科学的効果説の考え方につきましては、プラシーボ効果などの非特異的な治療因子に加えまして、咬合調整後にみられます良い反応におきましても、調整によりまして歯列の接触関係が変わることによるものであろうと考えられております。咬合調整は少なくとも一時的にも、患者さんに噛み合わせが以前よりも楽になったことを意識させる働きをするのかもしれません。
 
千種区池下 阿部歯科
 
咬合による外傷で、咬合性外傷というものがあります。この咬合性外傷は一次性のものと二次性のものに分類されます。一次性の咬合性外傷とは、正常歯周組織に異常な力が作用したときにみられる影響であります。二次性の咬合性外傷とは、正常な歯周組織にとっては過度になるかならないかといったような程度の咬合力が、すでに弱ってしまっている歯周組織に作用した場合の影響のことであります。
IMG_20171218_124007.jpg
歯周組織は咬合力から受ける圧にたいしては適応性の変化という形で反応しています。もしも、この圧が、量、頻度、期間の点で増えて、そのためにこの適応変化が過大になりますと、歯の支持組織に外傷性の損傷が起きてしまいます。その事は、かなり特異な顕微鏡的な、臨床的所見をもった咬合性外傷が現れてきます。

臨床所見

咬合性外傷の臨床所見としましては、傷害をうけた支持組織からの痛みや不快感、歯の動揺、細かな振動、それに歯の移動があります。Ramfjord &Ash (1981年)によると、咬合性外傷の臨床診断には活動的な傷害所見があることが必要とされているそうです。

レントゲン

咬合性外傷の結果としまして起こる臨床的、エックス線写真的変化について1975年にBurchは以下のようにまとめています。1:歯槽骨頂付近の歯根膜腔の漏斗状変化2:根分岐部の不鮮明3:垂直性骨喪失4:セメント質過形成5:象牙質粒6:歯根吸収7:骨粱の凝縮8:歯肉退縮、などの変化があげられます。ただ、咬合性外傷と関係性が必ずあるわけではないそうです。

歯周炎

歯周炎がある場合の咬合性外傷についてもよく研究されています。正常な歯周組織に外傷がくわえられても、上皮付着の喪失をともなう歯周炎は起こらないとされています。歯周疾患にかかってしまった歯に多大な量、持続時間、頻度で咬合圧が加わった場合には、骨の破壊が生じてしまい、骨縁下ポケットの形成が起こると考えられています。

Lindhe

1974年の研究においてLindhe &Svenbergのビーグル犬を用いた実験があります。その、実験は歯周組織と咬合性外傷との関連性を調べた実験でありました。この実験から、プラークの存在と咬合圧との関連性が強調され、臨床医の理解の向上に大きな影響を与えた論文となりました。

治療上問題

その咬合性外傷が歯周組織について現在のものか過去のものかを判定することは不可能であります。因果関係についても、下顎の機能、および異常機能時の歯の接触運動を慎重に検査してみなければわからないのであります。動揺度、または振動の増大にたいしてはスプリント療法などの臨床的処置が必要となる場合が多いと思われます。
 
名古屋市千種区の歯医者さんのブログ
 

千種区の頼れる歯医者 阿部歯科院長の阿部丈洋です。
今回の記事は少し専門的な歯科医療に関するお話「不正咬合」について、分かりやすくお伝えいたします。

記事のリライト日:2017年12月20日(水)17時半

形態的不正咬合

咀嚼システムの痛みや機能障害の病因因子としての咬合因子の重要性が、過去に多くの論文で論じられてきました。

今もまだ異論のあったところで語られています。1980年代中期においても、咬合の障害と顎機能異常との間に密接な関係があると主張するものと、そうした関係はまったくないとするものがあったそうです。
 
IMG_20171210_111049.jpg
歯列の異常においては、歯の形と個々の歯の形成、萌出、配列に関する正常からの偏位が含まれます。歯の形成に関して一般に見られます異常としましては部分的無歯症である小歯症があります。
1歯または複数歯が先天的に欠如しているということになります。
 

永久歯列の詳細

永久歯列では、このことは人口の約7%に起こるそうでして、この数に親知らずは含まれてはいません。

1歯あるいは複数の親知らずの欠如においてはもっと頻度が高くなります。それは、人口の約25%に発現するとのことです。先天的な歯の欠如は、そのままにしておきますと歯を抜いたときと同じように、隣の歯の移動や傾斜、対合歯の挺出(歯が通常あるべき位置よりも伸びてしまうこと)が引き起こされてしまうのです。

多数歯が欠如しているような極端な状態では、咬合の安定も危うくなってしまうのです。
 

配列について

歯の配列異常は、孤立した単独の不正咬合としても生じることがありますが、空隙異常としてもっとも頻度の高い叢生(乱ぐい歯)と関連してよく見られる事実があると思います。

叢生では、歯の空隙の不足によって歯列弓上の正常の位置からほっぺた側あるいは舌側に、あるいは歯列弓上で回転した状態をとるようになっています。
 

機能的不正咬合

1968年にPosseltが唱えました「正常な運動様式から下顎を偏向させるような咬頭接触」や1983年にRamfjord&Ashが唱えました「円滑な調和のとれた歯の接触滑走運動を阻止し、障害する咬合接触」、1974年にDawsonが唱えました「調和した顎機能の障害となる歯質の一部」と定義されたそうです。
 

下顎運動

下顎運動は大きく神経筋制御機構によって支配されています。

機能的に最適な咬合では、歯の接触は筋が不必要な活動をしなくてすむようなものでなければならないとのことです。好ましくない筋活動を起こしやすくするような特異な歯の接触形態があるという意見もありまして、1968年にPosselt はもっとも悪い咬合不調和として述べているそうです。
 
その内容には、後方歯牙接触位での咬合干渉、非作業側の干渉、作業側の干渉を論じています。しかしながら、1982年のアメリカ歯科医師会における顎機能異常に関する会議では、次のように声明を発表しています。

文献的には、咬合問題が顎機能異常を引き起こすことは示されていないが、臨床的データではこの2つがしばしば共存することは確かである。しかし、両者の関係がどのようなものであるかは現在のところ明らかではない」とされているそうです。
 

いかがしたでしょうか?今回は普段お伝えしている内容よりも、少し専門的ではありますが大切な話題です。阿部歯科では「不正咬合」「噛み合わせ」に関するご相談も受け付けています。不正咬合でお悩みの方は是非ご相談ください。
 
 
 
本記事の執筆者:歯科医師  阿部 丈洋 (あべ たけひろ)
 
【経歴について】
1978年:名古屋市千種区生まれ  1997年:愛知県内の東海高校を卒業  2003年:奥羽大学を卒業
2003年:愛知学院大学歯学部研修医、稲沢市民病院にて勤務  
2004年:愛知学院大学第2口腔外科にて勤務
2005年:岐阜県立多治見病院 救命救急、麻酔科レジデント
2006年:愛知県済生会病院の歯科口腔外科 医員
2009年:加藤歯科にて勤務  2016年:オカダ歯科クリニックで勤務
2018年:阿部歯科 院長就任
 
【治療に対する考え】
人間おひとり、ひとりの性格が異なるのと同様、「お一人お一人が必要とする治療」にも違いがあります。そのため、治療の必要性についてしっかりと説明を行ったうえで、各患者様に適した治療計画を立案します。ただ治療を進めるのではなく、患者に信頼いただき、安心して治療をお任せいただけることを重視しています。
 
千種区の頼れる歯医者 阿部歯科院長の阿部丈洋です。今回はよく患者さんからご相談をいただく「噛み合わせ」についての内容です。
 
リライト日:2018年12月13日(水)12:45
 
ヒトの歯列は非常にバリエーションが大きいです。しかしながら、咬合関係についてはすべてではないかもしれないですが多くに共通項がありまして、咀嚼システムの機能と健康を高めるような何かしらの特徴的なものの存在が、咬合関係を保つ上で重要になってくるのかもしれません。
IMG_20171121_140239.jpgのサムネイル画像
こういう問題については歯医者さんが治療の際、咬合関係を変更したり作ったりする場合において、とても重要になってくるものなのです。
長い間、歯科医師は診断や治療に適応できるような咬合の考え方を求めて、決めようとしてきました。このような論争は今日もなお続いておりまして、この歴史についても私たち歯科医師は知っておかなければならないのです。
 
1925年、Washburnは「過去75年間は主に咬合に関する理解が進んだことで、歯科の進歩の最も著しい時代として注目される」と述べております。
その当時は、天然歯は大部分は失われてしまうものと考えられており、機能的な入れ歯を作ることが重要な課題となっておりました。
 

初期の噛み合わせに関する概念

1850年頃、数学者であり歯科医師であったBonwillはヒトの咬合に関する研究を始めました。
1885年に、彼はその後数十年にわたって咬合に関する基本的考え方になる論文で『咬合に関する幾何学的機械的法則』について、かっことした堅固でゆるぎない見解を発表したのでありました。
 

咬合器(噛み合わせを改善する機器)

Bonwill の法則より以前においては咬合の概念は単純な中心的な位置だけがあるだけな静的な蝶番という考え方に基づいておりました。
19世紀中頃から終わりにかけまして、簡単な蝶番咬合器として具現化されていました。そこでBonwill は2つの独立した顎関節の動きを再現した解剖学的咬合器を開発しました。この咬合器は数学的原理を咬合問題に適用した最初の例と考えられております。
 

平衡咬合

1890年にSpeeは平衡咬合の概念それ自体に、まったく独自にヒトの天然歯の機能に関する知見を発表しました。
そのSpee の提案とは①下顎のすべての歯の咬合接触面は、上顎歯の咬合接触面と滑走する。②これらの接触面は同じ円柱面上に位置する。③その円柱湾曲面の水平軸は、涙管後部の眼窩内側面の中央を通る、というものでありました。
 

Spee の考え

Spee の主張はこうでした。咬合の機能は石臼をひくのと同じように、下顎運動は振り子が軸を中心に運動するように円形の経路をとると主張しました。

Spee の湾曲という用語があります。それは「臼歯の咬合面は、側方からみると上顎では下向きに凸状に、下顎では上向きに凹状に配列されている」という彼の観測に基づいているとのことです。
 
以上が、咬合の初期の概念の一部でした。
 
 
 
 
今回の記事の執筆者:歯科医師  阿部 丈洋 (あべ たけひろ)
 
【経歴について】
1978年:名古屋市千種区生まれ  1997年:愛知県内の東海高校を卒業  2003年:奥羽大学を卒業
2003年:愛知学院大学歯学部研修医、稲沢市民病院にて勤務  
2004年:愛知学院大学第2口腔外科にて勤務
2005年:岐阜県立多治見病院 救命救急、麻酔科レジデント
2006年:愛知県済生会病院の歯科口腔外科 医員
2009年:加藤歯科にて勤務  2016年:オカダ歯科クリニックで勤務
2018年:阿部歯科 院長就任
 
【治療に対する考え】
人間おひとり、ひとりの性格が異なるのと同様、「お一人お一人が必要とする治療」にも違いがあります。そのため、治療の必要性についてしっかりと説明を行ったうえで、各患者様に適した治療計画を立案します。ただ治療を進めるのではなく、患者に信頼いただき、安心して治療をお任せいただけることを重視しています。
 
今回は犬歯、いわゆる糸切り歯の大切さについて書こうと思います。糸切り歯は実は口のなかでも噛み合わせにおいてと手も大切な歯なのです。それというのも犬歯の寿命はとても長いからです。なぜ寿命が長いかと言いますと、歯の根っこつまり歯根の長さがすべての歯の中で一番長いからなのです。
IMG_20171120_144434.jpg
虫歯になってしまうのはどの歯においてでも、そんなに違わないのですがどのはも歯周病に虫歯と同様に患ってしまいます。歯周病という病気は、歯を支えている骨が歯周病菌によって少しずつなくなってしまう恐ろしい病気なのです。知らない間に忍び寄る病気で、末期状態になってくると歯がぐらぐらしてきたりして抜けてしまう直前にさえなってしまいます。
 
そんな歯周病はどのはにも襲ってくる可能性はありますが、犬歯は歯根がもっとも長いために相対的に歯を支えている骨の量も多いのです。つまり、歯周病に万が一かかってしまったとしても歯根の先端まで骨が溶けてしまうには他のは都比較しても時間がかかるために抜け落ちてしまうまでには相当の年月がかかるのです。

歯根

犬歯の歯根は長くて単根であるために清掃も比較的奥歯に比べても容易であります。奥歯ですと根っこが数本ありますので一度歯周病にかかってしまいますと、磨くのにその複雑性がゆえに困難な場合があります。前歯と同じように歯磨きをしていても奥歯の方が磨き残しが多くなってしまい、歯周病にかかるリスクが増してしまうのです。

側方運動

犬歯の寿命についての理由は先ほど話したことが大きく関係します。また、もうひとつの理由として犬歯がなぜ大切かと言いますと歯軋りをしたときに上の犬歯と下の犬歯が滑って歯を守る作用があるからなのです。歯と歯が噛み合わせの横揺れのときに滑走しあう最初の歯なのです。
 
つまり、どういう事かと言いますと歯軋りをしたときに犬歯のこの滑走運動のおかげで奥歯があんまり当たらなくてすむのです。奥歯は垂直的な噛み合わせにたいしてはとても強靭なのですが、実は横揺れにたいしては犬歯ほど強くはないのです。それというのも歯根の長さが奥歯は犬歯よりも短いことがひとつの理由になります。
 
奥歯のみがきが悪くなってしまって、歯の横揺れで強く当たっていることが継続されますと歯を支えている骨が少しずつ吸収、溶けていってしまうのです。ですので、横揺れにたいして守るためにも犬歯の存在は見た目以上に重要だとも考えられます。奥歯を守るためにも犬歯を大切にしなければならない理由がこういうことが関係しているのです。
 
理想的な噛み合わせってなんでしょうか?S.P.Ramfjordによる理想咬合の定義によりますと、まず始めにかいてあることに中心位で咬合した際に下顎が安定している事とあります。ここにかいてあることは、理想的なことですので健常者すべての口のなかに当てはまることではないです。
PICT0532.JPG
中心位という難しいことを書きましたが、何かともうしますとこれは噛んでいる位置の事ではないのです。それは、歯の位置の事ではなく顎関節からみた位置の事です。えっ、歯の位置は関係ないのですか?そうなのです、噛み合わせを論ずるときに歯医者さんでは歯の事だけではなく顎の位置の事も考えた上で噛み合わせを見ているのです。
 
では、中心位という顎の位置がどういうときに関係するのかと言いますと、それは歯が無いときに、噛み合わせが無いときに、噛み合わせが不安定なときに基準になる位置なのです。歯医者さんは噛み合わせがないときにでも、歯を作らなければならないときに何かしらの基準をもってして治療を行っているのです。
 
どういうときにそんな状態であるかと言いますと、すぐに思い付くことが総入れ歯を作るときです。総入れ歯を作るときには基準となる歯が一本もないのです。歯を作るときには自然にできるのではなく、ステップを踏んで少しずつ作っていくのです。型をとったら次にはできてくるというわけではないのです。

咬合

型どりの次に、どこで咬むといいのかを歯医者さんサイドで設定するのです。水平的位置はどこにするのか?垂直的位置はどこにするのか?見た目を損なわない歯の位置はどこにするのか?正中線を設定。歯が歪まないで並ぶ位置はどこなのか?トータルで判断して設定していくのです。
 
そのためにも顎関節の位置を基準として見極めていきます。時々、型をとった次に歯が出来てこないのですか?といわれる事もありますが、そうではないのです。先程述べたように様々な事を設定して噛み合わせを作っていくのです。人それぞれで噛み合わせは違いますのでここに合わせた咬合を作っていきます。
 
心ならずも歯をすべて失ってしまったとしても顎の関節はなくなることはありません。ただ、顎関節の変形によって理想的な噛み合わせを構築することが難しい場合もあります。レントゲンで分かることもありますし、ジャリジャリとした音があることによって間接的に変形の可能性を判断できることもできます。
 
習熟した技術のもと困難な症例にたいして治療を施していきます。どうしても難しい患者さんの治療においては時間が上記の理由によってかかることがあります。しかし、どれも省くことができない大切な過程なのです。どうぞ、ご理解いただけたらと思います。
 
【お電話でのご予約】TEL:052-751-0613
診療時間
月~金
10:00~14:00 / 16:00~19:30
土・日
9:30~13:00 / 15:00~18:00
休診・・・祝日
阿部歯科 特別コラム

医院情報


千種区の歯医者 阿部歯科

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

【お電話でのご予約】
TEL:052-751-0613

ご予約・お問い合わせ

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

千種区の歯医者さん|Copyright © 阿部歯科. All Right Reserved.
Web Management Exe.
ご予約
ご相談
ページ
最上部へ