池下の歯医者 阿部歯科院長のブログです。歯科治療に関する話題を中心に更新しています。

東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近くの歯医者
診療案内
院長ブログ

当院院長からのメッセージや出来事のご紹介です。

の最近のブログ記事

夜間のブラキシズムの原因についての続きとなりますが、ブラキシズムは主として感情的ストレスと関係しました中枢神経系の問題であるのかもしれないとの主張がありました。また、一方におきましてブラキシズムは咬合不調和と精神的ストレスの両者がともなってブラキシズムが発生するのではないのか、それが不可欠なのではないのかと提唱する二元論者もいたそうですが、依然としまして論争は続いているのであります。
IMG_20171224_135747_BURST001_COVER.jpg

感情

夜間のブラキシズムは、感情に関係しましたひとつの睡眠障害であるとの意見も上がっているそうです。夜間のブラキシズムの程度におきましては、夜ごとに大きく変化をいたしいますが、感情的ストレスのある日や、離婚や失業、大きな試験などの日常生活におけます重大な局面とも密接に関係していたとの報告もあるそうです。

患者

ブラキシズムのある患者さんには、性格や感情の面におきまして、ブラキシズムをしない患者さんとはいろいろな面で異なることが認められているそうです。ブラキシズムのある患者さんには精神病的素質のあるものはまれではありますが、一般的な精神緊張のレベルが高くなりやすい性格をもつものは多いとのことであります。

ブラキシズム

ブラキシズムのあるものは攻撃的であり、敵意を持ちやすく、心配性で活動が過剰であるのかもしれないとの報告もあります。(1972年、1955年、1960年の報告)さらに、ブラキシズムのある患者さんには、しばしばほかにストレス症状を示しまして、神経性の小疾患をもつ場合が比較的多いとの報告もあるそうです。

診断

夜間、歯軋りをしたり、噛みしめていたりしていることの認識の程度におきましては、患者さん個々においていろいろあります。およそ成人の10%、お子さんの5%におきまして夜間のブラキシズムをすることに気づいてはおりますが、この事につきましては問診することによりまして、容易に確かめられるのではないのでしょうか。

咬耗

咬耗の形を診査することによりまして、さらに40-60%の患者さんにブラキシズムを認められることができるかもしれないです。上顎犬歯の尖頭の平坦な形態については、よく見られる徴候のひとつと言えるのかもしれません。また、他の咬耗小面を診査することにおいてでも、ブラキシズムを確かめることができるのかもしれません。
 
夜間のブラキシズムがグラインディングよりもクレンチングが主としてあるような患者さん、おそらくは25-40%のものにおきましては、歯の咬耗はごくわずかであるとも言われております。
 
千種区池下で来年4月開業の阿部歯科院長 阿部丈洋です。前回、書きましたブラキシズムについての続きについてご説明を加えていこうと思います。
リライト:2017年12月29日16時半
 
ブラキシズムの危険性等につきましては、前回も書いてきましたが、この複雑なブラキシズムという現象については補足として引き続きお話をしていきたいと思いますので、宜しくお願いします。
IMG_20171224_135728.jpg

発現状況について

夜間のブラキシズムの発現状況につきましては、およそ大人の10%、子供の5%の人が、夜間のグラインディングやクレンチングをすることが知られているそうです。
 
しかしながら、ブラキシズムに関連しました徴候や症状につきましては、人口の80%から90%の人たちに認められるということが、1966年のRedingや1979年のSolbergらの論文によって報告されています。
 
また、すべての人において一生涯のうちに、いつかは短時間のうちに夜間のブラキシズムを経験していると言われています。自分のブラキシズムを知るということにおいては、たいていは寝室を共にする相手から言われたり、咬耗の形で歯医者さんから知らされたりすることによってが多いです。
 
ブラキシズムの発現状況につきましては、男性と女性ではほぼ同じとされています。

小児

小児の夜間のブラキシズムにつきましては、ほとんどわかっていないというのが現状です。
親御さんにおかれましては、お子さんのブラキシズムでかなり大きな音がするので気づくもとが多いのではないかと考えます。
 
発現時点では小児のブラキシズムによる後遺症としての障害はほとんど認められていないそうです。小児のブラキシズムは12歳を過ぎますと、減少していく傾向にあるようでして、そのことにより、心配される親御さんには成長していく過程においてブラキシズムはなくなることや、なんら後遺症としての障害は起きる可能性が少ないということをアドヴァイスすることが通常で。

夜間のブラキシズムの原因について

夜間のブラキシズムの原因としましては、考え方として咬合性、精神性そして全身性に分けられています。
 
初期の考え方では、ブラキシズムは咬合からのトリガーによって引き起こされるのではないかと考えられていました。つまりは、咬合における不調和が歯根膜の機械的受容器に影響を与えることによって、ブラキシズムが引き起こされるのではないかと考えられていました。
 
千種区の歯医者、阿部歯科院長です。今回はブラキシズムについて解説をしたいと思います。
 
リライト日時:2017年12月29日16:30
 
咬合性の異常機能にはブラキシズム(歯ぎしり、噛みしめ)や、咬唇癖、指しゃぶり、異常な顎位をとることなどが含まれています。
これらの動作が、あるいは習癖が昔から異常機能と呼ばれていた理由として、咀嚼や嚥下、発音などの機能的な活動と比較し、機能的な目的をまったくもっていないようにみられるからです。
IMG_20171224_135800.jpg

夜間のブラキシズムについて

もっとも問題となります異常機能習癖の1つには、睡眠中のクレンチングとグラインディングがあげられます。
 
ほとんどの患者さんにおきましては、断続的な夜間のブラキシズムが厄介な結果をまねくことは少ないと考えられます。多くにおいては歯の軽度の咬耗、わずかな骨改造、あるいはまた、起床時の筋痛やこわばりがある程度であります。

グラインディング

グラインディングにおきましては力が側方方向に加わりますために、歯軸方向よりもむしろ水平的に歯を加圧することになります。
 
このことは咬頭の破折や歯の動揺を助長します。また、臼歯の咬合面が咬耗によりまして隣接接触点以下になることがあり、それによって空隙ができ、食片圧入をまねいてしまうことがあります。

過度咬耗

ブラキシズムにともなう過度の咬耗は、歯髄疾患を引き起こしてしまうことがあると言われています。
 
咀嚼によります咬耗は通常では徐々に生じてしまうことがあります。そのような状況下におきましては、歯髄は後退していき、二次象牙質が形成されることになります。歯髄を結果として保護するようになっていきます。

夜間性質について

睡眠中にいかにしてブラキシズムが起こるかについて知っていますと、その破壊作用を予測することができるかもしれません。
 
ブラキシズムにおきましては、リズミカルで激しい歯ぎしり型と、その一方、一定時間持続します噛みしめ型の二つがあると考えられています。

ブラキシズムの力

夜間のブラキシズムの力におきましては、咀嚼時の同じ力と比較し有害であり、そのことについては筋の収縮が等尺性であることと、力の間隔について長いこと、さらに歯が不安定な偏心位におきまして接触することなどによると考えられています。

睡眠中

ブラキシズムの動作について、睡眠中のどの時期においてもみられますが、たいていは第二相で生じていると考えられます。
時にはREM睡眠のように時には夢を見ている時に起きることもあるそうですが、深い眠りの相から浅い眠りの相への移行時に生じることが多いのではないかとの報告もあります。
 
 
日増しに寒さが強くなっていますね。千種区池下の阿部歯科の院長、阿部歯科です。今回は脊椎動物の歯についてお話ししたく思います。
 
最古と言われます脊椎動物は約5億年前に生息していました無顎類とされています。顎がはっきりしていなくて、食物を吸いとって食べていたとされています。噛むという動作ではなく、吸引による食物摂取をしていたらしいです。現在にいる生物で例えますとヤツメウナギによくにているそうです。顎がないので吸って食事をするなんて我々にはなかなか想像ができないことですね。
IMG_20171114_123233.jpg
もう少しあとの、無顎類になりますと十分には発達していないですが、はっきりと顎とわかるような組織を持った原始的な魚の登場も認められるそうです。原始的な下顎と上顎、そして顎関節を形作っていたらしいです。もうそれらの魚は現在絶滅しているとのことですが、どうやら体を装甲していたばかりではなく、口の中にも歯のような組織も持っていたとのことです。

軟骨魚

サメやエイは軟骨魚とされていまして、それらの歯は同形歯型で単椎歯型、多換歯性な特徴があるようです。同じような単純な歯で、生えかわりができるような性質があるのですね。それらの歯は顎に広く付着していて歯の脱落や交換は適当に起きるのではなく、正確な順序で行われるそうです。食物の補食においても引きちぎるのに都合がいいように、鋭く細い刃をもって配列しています。ですので、日とがまれにサメにおそわれると重症を追うことにもなります。顎の動きとしては横には動かせない、犬のような噛みかたになると思われます。

硬骨魚

硬骨魚は軟骨魚よりももっとたくさん歯があるそうです。本来ある位置以外にも上顎や喉の方、舌にもあったりするとのことです。まるで、非常に精巧に出来ている粉砕器みたいですね。肺魚を含みます原始的な硬骨魚からは、デボン紀に陸上に上がってきた脊椎動物がいるそうです。餌を求めて陸に上がってきたのですね。シーラカンスの祖先ではないのでしょうか。

両生類

陸生の両生類では陸上で歩行ができるように発達しました。カエルやサンショウウオがそれに当たります。噛みかたはやはりカプカプとした動きになりまして、すりつぶしたりする機能はないみたいです。強力な舌骨の力をかりて、強い噛みつき動作をするそうです。

爬虫類

原始的な両生類のなかから爬虫類が進化してきました。歯と頭蓋骨がよく発達してきたみたいです。強固な頭の骨のおかげで、口がより効果的な補食器官に発達してきました。そして爬虫類は空気を含めた生体環境によく順応して、陸上と水中を支配するようになってきました。生物の進化とは誠に偉大ですね。
 

乳歯列

乳歯列期は1歳から5歳くたいのあいだになります。最初に萌出する脱落歯である乳歯は下顎の真ん中に生えてくる歯でありまして下顎中切歯と呼ばれていまして生後8か月くらいから生えてきます。その後、生後16か月くらいに第一乳臼歯が萌出してきます。この第一乳臼歯の噛み合わせの成立は噛み合わせの発達において大変重大な出来事となります。
IMG_20171128_143614.jpg
乳歯列は上顎第二乳臼歯の萌出をもっておよそ2年半で通常は完成します。乳歯の並び方は永久歯の並び方と比べましても丸みを帯びています。乳臼歯の前後的な上下の歯列の関係はたいていの子供では第二乳臼歯の後ろ側にステップがみられることが多いです。それはメジアルステップとも呼ばれています。
 
そのステップには三種類ありまして、メジアルステップ、フラッシュターミナルプレーン、ディスタルステップというものがあります。メジアルというのは近心という意味で中心から近い側ということです。ディスタルというのは遠心という意味で中心から遠いということです。

霊長空隙

顎と顎の骨は生後1年の間にかなり成長してきます。この成長は乳歯列の発達のために余分なスペースを乳歯の間に小さな空隙を生じるようになっています。一番大きな空隙は上と下の犬歯の付近にみられます隙間がもっとも大きいことがあります。その隙間を霊長空隙と呼んでいるのです。
 

混合歯列

混合歯列期は6歳から12歳くらいと言われています。6歳くらいから6歳臼歯といわれています第一大臼歯が生えてきまして、6歳から8歳くらいで乳切歯が後続永久歯と交代してきます。下顎の乳切歯の裏から大体は後続永久歯の中切歯が生えてきます。お母さんのなかでお子さんの歯が後ろから生えてきたんですが大丈夫ですか?と尋ねられることが多いですが普通ですので安心してくださいね。
IMG_20171128_143607.jpg
単純な感覚で乳歯と永久歯の大きさが違うことに皆さんは気づかれると思います。例えば乳歯と永久歯で見えるところで言えば前歯と糸切り歯は明らかに大きさが違いますよね。生体はこのような事態にたいしてもちゃんと適応していくように準備されているのです。
 
永久歯のスペースのために、まずはたいていの乳歯列にみられる余分なスペースがあることもそうです。永久歯の前歯の方が乳歯の前歯よりも手前に傾いて並んだりもします。そもそも歯列が発達して歯列幅の増大によって補われたりもします。乳歯列期と呼ばれる期間にお子さんの歯と歯の間に隙間があってもそんな理由でスペースが空いていますので心配しないでくださいね。
 
哺乳類の歯列には特徴的な点が2つあります。第一に、明確な異形歯性で切歯、犬歯、臼歯は通常はっきり別れることです。第二に、通常は二換歯性の歯列で脱落歯列と永久性歯列の二世代からなると言うことです。我々人間も乳歯列と永久歯列の二換歯性に当たるというわけです。
IMG_20171114_195203.jpg
例外もありまして、臼歯が標準的な歯数を遥かに越えているある種の有袋類やマナティーのような哺乳類もいるのです。また、他の特徴としては歯が根を歯槽内で繊維性の付着をしていると言うことです。つまり、歯根膜という組織によってハンモック状に吊られているということです。

咀嚼

哺乳類の咀嚼システムにおいても特徴があります。これらは他の脊椎動物と異なっている点が多々あります。まず、よく発達した二次口蓋があるということ、咀嚼系と呼吸系が分離されているということ、唇や頬が可動性で食物を獲得するのに適したはっきりとした形であるということ、唇や頬の筋肉とともに臼歯部で食塊を操作できる高度に発達した舌の存在、潤滑作用としただけではなく、消化酵素を含んだ唾液を分泌する唾液線を持っていることがあげられます。

歯列

哺乳類の歯列には3つの基本型があります。肉食動物や食虫動物のような肉や魚や昆虫を食べるための歯列、草食動物のような草木の葉、樹皮、果実、木ノ実などの植物を食べるための歯列、雑食動物にみられる肉や植物の両方を食べるための歯列があるのです。人間は雑食動物にあたります。

肉食動物

肉を食べるためには獲物をとらえなければなりません。もっとも顕著な特徴としましては切歯が比較的小さくて、その後方に大きな犬歯があることです。霊長類では雄のみが大きな犬歯を持っています。また、少ない臼歯も特徴としてあります。ネコはほんの少しの臼歯歯かもっていないですね。

草食動物

哺乳類で植物性の食物を食べる草食動物にはヒツジ、シカ、ウマやサイのような動物がいます。草を食べる動物は歯の磨耗と戦わなければなりません。臼歯の本数を維持する傾向にあります。大きな口を開けることも顎関節の形態状難しいです。鼻が長いのも特徴で臼歯と前歯が分離されています。鼻が長いのも作用して嗅覚もとても鋭くなっています。

雑食動物

ヒトはもっとも発達した雑食動物です。次によく知られている雑食動物としてはブタがあげられます。特徴としては肉食動物や草食動物と比較して歯の大きさが同じくらいであるということです。顎関節においても様々な方向に動かすことができます。強さと広範囲の動きを与えているのも特徴になりますね。比較すると知れば知るほど面白いことがたくさんありますね。
 
現在、医院建物の改装中につき、固定電話が繋がらなくなっております。
求人等に関するご連絡は、下記携帯番号までお願いいたします。(原則メールにてご連絡ください)
採用担当:阿部 090-3300-5882
診療時間
月~金
10:00~14:00 / 16:00~19:30
土・日
9:30~13:00 / 15:00~18:00
休診・・・祝日

医院情報


阿部歯科

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

TEL:052-751-0613
※現在、医院建物の改装中につき、固定電話が繋がらなくなっております。
求人等に関するご連絡は、下記携帯番号までお願いいたします。(原則メールにてご連絡ください)
採用担当:阿部 090-3300-5882

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

Copyright © 阿部歯科医院. All Right Reserved.
Web Management Exe.
お問い
合わせ
ページ
最上部へ
TOP
PAGE