池下の歯医者 阿部歯科院長のブログです。歯科治療に関する話題を中心に更新しています。

<電話番号をタップするとお電話できます>
TEL:052-751-0613
メール予約の受付は24時間可能です!ご予約・お問い合わせ
東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近くの歯医者
診療案内
院長ブログ

当院院長からのメッセージや出来事のご紹介です。

顎関節症の最近のブログ記事

こんにちは、名古屋市千種区池下の阿部歯科です。顎関節症という言葉も一般に知れわたってきておりまして、歯科医院に始めてきていただいたときから顎関節症かもしれないという訴えで来院される患者さんも以前と比べまして増えてきたように思います。もちろん、顎が痛いとか音が鳴るという訴えもありますので、患者さんには顎関節症の説明をしていくことになります。
 
顎関節症は複雑な症状になります。口を開けたときの痛みや、口が開きにくくなったり、音がするという症状が主なものになっております。どの症状も自覚症状があるだけに、自分でもすぐ分かりやすいものではあると考えられます。顎関節症は自然に気にならなくなるときもありますが、何かしらの原因が隠されている可能性があります。

頬粘膜、舌のチェック

顎関節症が出てくる可能性として歯医者さんでチェックできることがあります。もちろん患者さん自身でもチェックはできるとは思いますが、毎日自分の口の中を見てもその変化に気づくことは難しいのではないのでしょうか?ですので客観的に歯科医院で診てもらうことも大切になってきますね。
 
頬の粘膜に噛み合わせのあとがついていたり、舌にも噛み合わせの痕跡がああったりすることがあります。そのような状態は長い間、歯が咬み合わさっている可能性があるということになります。下顎の緊張状態が続いているということになり増して、顎関節への負担もましてきている可能性もあります。

上下歯列接触癖(TCH)

食べ物を食べていないときにも歯と歯を接触させる癖があります。その癖を、上下歯列接触癖と言います。なぜこの癖の話をしたかと言いますと、実は顎関節症の患者さんの半分くらいに認められるとのことです。先ほどの頬粘膜、舌の噛み合わせのあとはこのような癖の可能性が疑われますので注意が必要であると思われます。

開口障害

頻繁に顎の音が鳴る患者さんでは、後に口が開かなくなってしまう経験をすることが時々あるそうです。関節の軟骨の位置がずれすぎてしまってロックしてしまった状態になるのです。中には口を開けるといたくてそれ以上開けれない場合もあると思います。診断によっては治療法方が変わりますので、一度歯医者さんに相談なさってくださいね。
 
名古屋市千種区池下の顎関節症についての歯科医院ブログ
 

顎関節内障について

千種区の頼れる歯医者さん、阿部歯科院長の阿部丈洋です!前回のブログ記事の続きで、今回も顎関節症について詳しく解説をしたいと思います。
記事のリライト日時:2017年12月27日18:50
 

「顎関節内障」というのは関節内の関節構成要素間の障害を示しています。

特にこの用語は主に関節円板から下顎頭との関係にみられます変化を指すのに使われています。この関節円板は下顎頭に対し、前方にも後方にも偏位しまして、どちらの状態においても咀嚼器官に対し、痛みや機能障害を引き起こす可能性があるとされています。前方転位が顎関節内障では最も一般的にみられます。
 
IMG_20171220_123958.jpg

関節円板前方転位

急性の関節円板前方転位において後方付着部の裂断や伸展を伴うものは、下顎頭の前方移動をつねに障害することとなります。

このことにより、関節の痛みのみならず、開口量の減少(25mm-30mm)が生じてしまいます。
下顎の正常な方向への側方移動も制限されることとなってしまいます。

原因は何か?

急性の関節円板前方転位の原因となりますのは、下顎の突然の外傷、たとえば事故や抜歯、気管内挿菅、あるいは慢性的なクリックが次第に悪化したものがあげられます。

また慢性的な円板転位においては、臼歯の欠損やさまざまな異常機能の際の慢性的な筋活動の亢進、あるいは下顎の後方偏位をもたらすような咬頭干渉、などによります微少な損傷が原因であると考えられてきましたが、仮説をうらずける証拠は無いのであります。

先天異常

顎関節は胎生期、胎生後期のいろいろな発達異常の影響を受ける可能性があるとされています。

簡単に分類されますのは、先天異常と生後の発達障害があげられます。顎関節の先天異常はまれで、もっともよくみられる奇形は下顎頭の一部、あるいは全部の発育不全があります。たいていの場合は、顔面の欠損、たとえば側方顔面の異形成などにともなって生じることがあります。

生後発育障害

顎関節の生後の発育障害は先天異常とくらべ一般的であります。これには発育不良や発育過剰があり、顎関節部だけ、あるいは顔面の大部分にまで及ぶこともあるそうです。

局所的な原因による障害はたいていは、片側性に生じることがありますが、全身的な要因による場合におきましては、両側性に引き起こることもあるようです。

発育不良について

主に下顎頭の低成長によっておこる発育不良は、直接的、間接的な顎関節の外傷、若年性リウマチ性関節炎のような炎症性疾患、局所的な全身的な感染、放射線などによって引き起こされることがあります。

過剰発育

顎関節や下顎骨の過剰発育は末端肥大症で代表されるようなアクロメガリの継発症とみられまして、下顎骨が特異的に巨大化しまして歯列に空隙をつくったり、下顎前突となることがあります。こうした変化は咬合関係に影響を及ぼすことが考えられております。
 
 
いかがでしょうか?顎関節症に関し、専門的な歯医者の視点で詳しく解説いたしました。
阿部歯科では顎関節症でお悩みの方に、それぞれの症例に適したアドバイス、治療方法をお話しております。お気軽にご相談ください!
 
 
本記事の執筆者:歯科医師  阿部 丈洋 (あべ たけひろ)
 
【経歴について】
1978年:名古屋市千種区生まれ  1997年:愛知県内の東海高校を卒業  2003年:奥羽大学を卒業
2003年:愛知学院大学歯学部研修医、稲沢市民病院にて勤務  
2004年:愛知学院大学第2口腔外科にて勤務
2005年:岐阜県立多治見病院 救命救急、麻酔科レジデント
2006年:愛知県済生会病院の歯科口腔外科 医員
2009年:加藤歯科にて勤務  2016年:オカダ歯科クリニックで勤務
2018年:阿部歯科 院長就任
 
【治療に対する考え】
人間おひとり、ひとりの性格が異なるのと同様、「お一人お一人が必要とする治療」にも違いがあります。そのため、治療の必要性についてしっかりと説明を行ったうえで、各患者様に適した治療計画を立案します。ただ治療を進めるのではなく、患者に信頼いただき、安心して治療をお任せいただけることを重視しています。
 
名古屋市千種区の阿部歯科 院長、阿部丈洋です。
患者さんからご相談・お問い合わせいただくことの多い「顎関節症」

顎関節疾患には様々なタイプがありますが、今回はこの千種区池下の歯医者さんブログで、そのうちのいくつかをご紹介していきたいと思います。
顎関節は、からだの他の部分の関節と同じようにさまざまな疾患におかされてしまう可能性があることは否定できないと考えます。特に顎関節は「咬合機能に関する問題」が絡んできますので、より複雑になってしまうのかもしれません。
 
再執筆日:2017年12月27日18:30
 
IMG_20171220_123932.jpg

退行性関節疾患について

「退行性関節疾患」に対して、用いられます同義語にはいろいろあります。
その中には関節症、変形性関節症、骨関節炎そして退行性関節症などの言葉があげられます。ここで言う、「変形性関節症」という言葉には、関節表面の軟組織の退行性変化と摩耗、また、その基底骨に同時に起こります改造変化を特徴とします滑膜関節の非炎症性疾患ということになります。
 
顎関節におけます変形性関節症の頻度としましては、年齢と共に増加するともいわれています。
しかしながら、まれではありますが40歳以前に発症するとも言われております。変形性関節症の臨床的徴候のひとつとして最もよくみられますことに、顎関節の音であるクレピテーションがあるとされています。

1975年のHansson&Milnerの調査によりますと調査対象者の約25%にみられたそうです。

リウマチについて

顎関節の炎症性関節疾患のうちで最も重要になりますのは、このリウマチ性関節炎(RA)になりまして、これは全身的な結合組織の炎症性疾患となっております。
このリウマチ性関節炎は全身のあらゆる関節をおかしますが、しばしば末梢の関節、手足の指の関節から始まり、隣接部に徐々に広がりまして膝や肩などの大きな関節に至るとされています。
 
リウマチ性関節炎に起因する顎関節の症状としましては、全身の疾患状態の深刻さにもよりますが、ある研究によりますとリウマチ性関節炎の約2人に1人が顎関節に症状をもったことがあるとのこと。

この疾患はたいていは30歳代半ばから始まりまして、機能障害を伴うような重大な症状はおよそ10-15%の患者さんにみられるそうです。

外傷性関節疾患

外傷性関節疾患は、関節組織の過度な外傷にたいします炎症性の反応とされています。
顎関節におきましては下顎頭の骨折、つまり下顎頭下部や関節包内の骨折に併発することがあるそうです。

臨床的には痛みによる運動制限や浮腫による関節部の腫脹があります。通常は片側の顎関節でこうした状態になり、腫脹した関節には強い圧痛がありまして、関節内の浮腫により下顎が反対側に変位して咬合が合わなくなることがあります。
 
 
本記事の執筆者:歯科医師  阿部 丈洋 (あべ たけひろ)
 
【経歴について】
1978年:名古屋市千種区生まれ  1997年:愛知県内の東海高校を卒業  2003年:奥羽大学を卒業
2003年:愛知学院大学歯学部研修医、稲沢市民病院にて勤務  
2004年:愛知学院大学第2口腔外科にて勤務
2005年:岐阜県立多治見病院 救命救急、麻酔科レジデント
2006年:愛知県済生会病院の歯科口腔外科 医員
2009年:加藤歯科にて勤務  2016年:オカダ歯科クリニックで勤務
2018年:阿部歯科 院長就任
 
【治療に対する考え】
人間おひとり、ひとりの性格が異なるのと同様、「お一人お一人が必要とする治療」にも違いがあります。そのため、治療の必要性についてしっかりと説明を行ったうえで、各患者様に適した治療計画を立案します。ただ治療を進めるのではなく、患者に信頼いただき、安心して治療をお任せいただけることを重視しています。
 
【お電話でのご予約】TEL:052-751-0613
診療時間
月~金
10:00~14:00 / 16:00~19:30
土・日
9:30~13:00 / 15:00~18:00
休診・・・祝日
阿部歯科 特別コラム

医院情報


千種区の歯医者 阿部歯科

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

【お電話でのご予約】
TEL:052-751-0613

ご予約・お問い合わせ

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

千種区の歯医者さん|Copyright © 阿部歯科. All Right Reserved.
Web Management Exe.
ご予約
ご相談
ページ
最上部へ