池下の歯医者 阿部歯科院長のブログです。歯科治療に関する話題を中心に更新しています。

<電話番号をタップするとお電話できます>
TEL:052-751-0613
<時間外受付はこちら(初診のみ)>
TEL:090-3300-5882
メール予約の受付は24時間可能です!ご予約・お問い合わせ
東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近くの歯医者
診療案内
院長ブログ

当院院長からのメッセージや出来事のご紹介です。

痛みの最近のブログ記事

千種区池下の阿部歯科です。歯の痛みの悩ましい痛みの中に、知覚過敏という痛みがあります。正式には象牙質知覚過敏症といいます。どこかで聞いたことがあるかもしれませんが、実際にこの症状の出くわすことは歯医者さんとしては多いことを実感しています。患者さんも診断して知覚過敏のことをお伝えすると理解してくれていることからも、認知されている症状だと考えています。

知覚過敏症

神経がある歯を生活歯と言います。反対に神経をとってある歯を失活歯といいます。この神経がある歯である生活歯に起きる症状が知覚過敏なのです。神経をとってある歯である失活歯では知覚過敏は起きません。つまりは、歯の神経が過敏になってしまった症状が知覚過敏症、もしくは象牙質知覚過敏症と言われるものなのです。

知覚過敏の実際の痛みとは

神経がある生活歯において象牙質が何かしらの原因によって露出してしまった場合に起きてしまう知覚過敏では、歯ブラシの刺激でしたり、冷たいものを飲んだときや、熱いものを飲んだときや、甘いものであったりの刺激で一時的に鋭い痛みが起きることがあります。
 
これらの痛みは、知覚過敏を引き起こしている刺激を取り除くことによりまして痛みは消え去ってしまいます。歯の神経の痛みとは分けられまして、象牙質知覚過敏症として分類されております。自発痛というなにもしないでも痛いということはなくて、様々な刺激が加わったときにいたくなるのです。歯磨きや、冷たいものを飲んだ時に多いのではないかと考えております。

知覚過敏の原因とは

知覚過敏の原因には色々あるのですが、大きく分けると歯周病と歯周病以外による象牙質の露出が原因であると思います。歯周病では歯茎が下がってしまうことによって象牙質が露出することで痛みが出てしまいます。歯周病以外での象牙質の露出では虫歯や歯の亀裂、歯が擦れてしまったことや、歯を削ったあとの痛み、酸蝕症による象牙質の露出等があると思います。

知覚過敏でなんで痛みが起きるの?

知覚過敏で痛みが起きる理由については様々な説が考えられています。一番多く支持されていることには、象牙質の表面に刺激が加わって、その刺激によりまして象牙細管という管のなかの液体が動きます。その動きが歯の神経の近くを刺激することによって痛みが生じると言うことが考えられている説があるのです。その説を動水力学説と言われております。
 
もしも、知覚過敏が疑われる方は一度、歯医者さんに相談してみてはいかがでしょうか?悩むよりも専門的に相談していただくと心配事は減るのではないでしょうか?ぜひとも歯医者さんに歯の検診に行ってみてくださいませ。
 
こんにちは。千種区池下の阿部歯科のブログです。今回は、なかなかよく聞くかもしれないですけれども意外と患者さんにとってよくわからない分野の歯の神経の病気について少し専門的ではありますけれども説明していきたいと思います。もしも、詳しく話してほしい場合には歯医者さんで直接相談してみてはいかがでしょうか?
 

歯の神経の病気にはどんなものがあるのでしょうか?

歯の神経は歯髄という名前がついています。ですので、歯の神経の病気を歯髄疾患という名前で扱っています。歯髄疾患にはひとつではなくていくつもの疾患に分類されるのであります。その分類によって若干の治療の方針が変わってくるのです。よく分類されるものとしましてはズキズキ痛い急性の歯髄疾患と鈍い痛みや違和感といった慢性の歯髄疾患に分けられると考えております。
 

歯髄疾患には何があるのでしょう?

先程も書きましたように分かりやすい歯髄疾患としましては急性の歯髄疾患と慢性の歯髄疾患があるのですが、実際にはもっと多くの分類がされるのです。どのような種類があるかと言いますと、歯髄充血、急性の歯髄炎、慢性の歯髄炎、歯髄壊死、歯髄壊疽、歯髄の変性、上行性歯髄炎、特発性歯髄炎、内部吸収などといいます疾患があるのです。
 

歯の神経の病気の原因は何なんですか?

歯髄疾患は複雑な病気でして診断によって治療が決定します。ですので、的確な分類のもと治療方針を決定しなければなりません。しかしながら、多くの原因には虫歯が関係している場合があります。虫歯は原因のなかでも細菌的原因になるのです。原因の種類には、細菌的原因、物理的原因、化学的原因、医原性原因などに分けられます。
 

歯髄疾患の原因のそれぞれ

虫歯は細菌的原因になります。虫歯菌が悪さをして歯髄に影響を与えるくらいに深いとこまでいってしまうことによって引き起こされてしまうのです。物理的原因には歯ぎしりなどが含まれております。または歯をぶつけてしまって歯髄が病気になってしまうことがあります。歯が変色してしまうことで疑うことがあります。化学的原因には修復材料の刺激や薬剤によることが原因になります。医原性原因には歯の治療の刺激があげられます。
 
歯医者さんではこれらの原因をレントゲンや直接口のなかを診察することによりまして、診断して治療をしているのです。歯茎の診査も歯茎疾患を診断するのに重要ですので歯茎の検査をすることは歯周病の診断や治療のためだけではなくて、隠れた歯髄疾患を見つけ出す手がかりもなるのです。お口の病気をいち早く発見するためにも歯医者さんで検診を受けてみるとよいと考えております。
 
千種区池下、今池、覚王山の歯科ブログです。顎関節症という言葉をご存じでしょうか?顎に関する様々な症状のことを意味しております。その中で下顎頭の変形が関係していることもあるのです。顎関節を構成しているものの中に下顎頭という下顎骨が上顎骨と関節円盤という組織を介して近接している部分が下顎頭という部分になるのであります。
 
この下顎頭に変形をきたした顎関節症を変形性関節症といわれております。英語表記ではosteoarthritis(OA)とも呼ばれているのであります。日常でよく使う部分では関節の中でも膝関節がこの変形性関節症に当たることもあるそうです。顎関節では膝関節ほど日常生活におきまして障害が起きることも少ないそうですが、合併症としての問題がこの変形性関節症におきましてクローズドロックといいます口が開けられなくなってしまうことや、炎症が治療の対象になってくるのであります。

エックス線検査

一般的なエックス線検査であるパノラマエックス線撮影でもこの下顎頭の変形を観察することは可能であると考えております。顎関節症が疑われるときにはこの変形性関節症を疑って下顎頭の変形が起きていないかも診査診断して患者さんに説明することが不安の軽減にも繋がると考えております。
 
下顎頭は通常は丸くてスムーズでパノラマエックス線上では均一な細い線で縁取られているものです。下顎頭は実際には繊維性軟骨で表面がおおわれております。もし介在するものがなくて上顎の骨と下顎の骨同士が擦れ合うように動いてしまうと痛くなってしまうことが想像されます。

下顎頭の変形のいろいろ

下顎頭が丸さがなくてスムーズでないときには下顎頭の変形が疑われます。それらの種類は様々ありましてその一部を紹介します。
びらん性の骨変化
関節リウマチ
下顎頭の偏平化
骨皮質の陥没
骨の増生
くちばしのような変形
骨棘
骨の肥厚
偽嚢胞
硬化した像
以上が簡単にあげましたが様々な下顎頭の変形の種類の一部になります。
 
顎関節症と疑われて原因がはっきりしないときには一度、下顎頭の変形も疑って歯医者さんに相談してみてはいかがでしょうか?
 
千種区池下、今池、覚王山の下顎頭の変形を説明する歯医者さんブログ
 
こんにちは、名古屋市千種区池下の歯科医院ブログです。歯の痛みって、歯や歯茎だけが痛みじゃない場合があることを知っていますか?実は、ごく稀ではありますがそのようなこともあるのです。そんな症状を示す可能性がある病気を今回はご紹介していきたいと考えております。
 
まずは、歯の痛みがあった場合は普通は歯が原因だと思いますよね。しかし、レントゲンをとっても口の中を診査しても明らかな原因が歯や歯茎出ないことも現実にあるのです。こういうことを知っておくことによりまして、全身的な病気の早期発見、早期治療に繋がるかもしれませんので、いくつか紹介していきたいと思います。
三叉神経痛
前三叉神経痛
幻歯痛
慢性局所疼痛症候群
神経血管痛
心臓由来
上顎洞由来
首の部分の新生物
唾液腺機能不全
心理的な要因
 
今あげ連ねてみますと、本当にたくさんのことが原因になっている可能性があるのですね。聞いたことがない病気もあるかもしれません。そのなかでいくつかをピックアップしましてご説明していきたいと思います。

三叉神経痛

脳神経のひとつにこの三叉神経というものがあるのです。この三叉神経は顔面の感覚を司っている神経になるのです。例えこの神経が傷害されたとしても顔が歪んだりするというような運動神経ではないのであります。ですので、他人から見て明らかにわかるというようなものではないのであります。
 
この三叉神経に影響が出た場合はですね、一時的ではありますが短くて激烈な痛みが出ることが特徴となっているのであります。例えば歯ブラシをしたときにこの強い痛みが引き起こされてしまったり、顔を洗ったときに突然激烈な痛みが出てしまったり、食事中にも出ることがあるそうなんです。

治療法

治療法としましては、最初の治療としまして抗けいれん薬が用いられることが多いそうなのです。少ない量から始めていきまして、痛みの程度によって薬の量を増やしていくことになります。効果がすぐに現れるということではなく、徐々に痛みが引いていく可能性があるということも知っていただきたいないようになってきますね。
 
薬の治療でなかなか効果が現れない場合には、必要に応じまして外科的な治療やブロック麻酔といものをすることもあります。この外科的な治療につきましては歯医者さんがするのではなく専門的なお医者さんが行っていくことになります。またブロック麻酔につきましては麻酔科医の先生によって行われることになります。
 
続きにつきましては、また機会を改めましてお話ししていきたいと思います。
 
名古屋市千種区池下の歯が原因ではない痛みについての歯医者さんブログ
 
こんにちは、名古屋市千種区池下、今池、覚王山の歯医者さんブログです。歯の痛みは多くの患者さんが悩まされる症状だと思います。何が原因なのでしょうか?虫歯ですか?歯周病ですか?それとも歯が割れてしまったことによる痛みですか?様々な原因があるとは思いますが、それらに合致しないこともあることを、頭の片隅においておかなければなりませんね。
 
さて、歯の痛み、特に急性の痛みにつきましてはよほどのことがない限り誤ることはないと思われます。その原因となっている歯の特定もしやすいと考えられますし、また患者さん自身でどこが痛いのかをわかっていることがほとんどだと思います。歯医者さんもその話を聞くことによって診断がしやすいことも確かなのです。

慢性の痛み

しかし、厄介な痛みがあるのです。その痛みと言いますのが慢性の痛みなのです。患者さん自身でも把握することが難しくて、違和感のような状態ですと診断に苦慮することがあります。そして、この慢性の痛みにつきましては近年、社会的な影響もあいまって発生頻度が多くなってきているとの報告があります。
 
そこで、困ったことに明らかな歯の原因が見つからない場合です。患者さんが感じているその歯の痛みが実際には歯が原因ではない場合、いわゆる非歯原性の疼痛というものがあるのです。
 
我々歯科医師としましても、もっとも気を付けなければならないことが、この非歯原性の疼痛なのです。誤って歯の治療をしてしまって、その痛みがとれないことによって一気に歯医者さんへの信頼が崩れてしまうということになりかねないのであります。それよりも患者さんが歯医者さんを信じれなくなってしまうというあってはならない事態に陥りかねないのです。

疼痛

患者さんが歯科医院を訪れるときには、何かしら期待をしてきてくれていると思います。その期待が満足できないときに信頼関係を失ってしまうことになりかねないのです。それが痛みをとるということかもしれません。そのためにも診断はとても重要なものになってくるのです。
 
Okesonの疼痛分類におきましては、疼痛とは歯原性疼痛のような侵害受容性疼痛のほかにも、神経障害性疼痛いわゆる神経原性疼痛や心理的な要因も関係していることが知られているそうです。つまりは、歯が原因であること以外にも他のことが原因となっている可能性もあるということをいっているのです。
 
AAOPでは口腔顔面痛つまり口や口周囲、顔の痛みを身体的な状態、第一軸というものと精神的状態、第二軸というものに分けて診断をしているのであります。このような診断手法を用いることには、患者さんが無駄なドクターショッピングをして問題を悪化させないようにするためにも大切になってきます。何よりも患者さんのために重要なことが、その歯の診断ということになってくるのですね。
 
名古屋市千種区池下、今池、覚王山の歯の痛みの診断をする歯科医院ブログ
 
歯の感覚は、その歯の神経によるものであります。歯の神経は歯科では歯髄と呼ばれているのです。歯がしみてしまったりするのも、この歯髄が関係しているのであります。歯の神経はレントゲンでは見ることができないのです。レントゲンでわかることは、その歯の神経が入っている空洞、歯髄腔が分かるのです。
 
こんにちは、名古屋市千種区池下の歯科医院、阿部歯科です。歯の神経は若いときと、年齢が上がっていたときでは同じではないのです。違いが実は出てくるのです。今回は、歯髄の変化としまして、色々ありますがその中でも歯髄腔の変化について、お話ししていきたいと思います。

歯髄腔

加齢とともに歯髄形態は変化していきます。若年者の時には大きかった歯髄腔は、年齢とともに細くなって狭窄してくる変化が出てきます。歯は毎日使うものでありまして、様々な刺激にさらされることになるのです。もちろん、治療という刺激も例外ではありません。
 
レントゲンで歯の検査をしてみますと、その細くなっている狭窄状態についてよく判断することができます。歯が出来てくる過程でその栄養は唯一、歯髄から栄養されるのであります。栄養が歯の外側から取り込まれるわけではないのです。

症状はどうなの?

歯髄腔が狭くなることで、何か症状が出るのかと心配のか他もおられるのかもしれません。実は、そのような自覚症状はほとんどないことが多いのであります。歯髄腔が狭窄することで、歯の神経への刺激が届きにくくなるためとも言われております。むしろ、そのような刺激から歯の神経への影響を少なくするために、歯髄腔が狭く、細くなっているとも考えられます。

虫歯からの影響

虫歯が慢性的にあって、その虫歯から歯の神経を守ろうとする働きもあると考えられます。急性の虫歯ですと、歯を作る前に一気に虫歯が進んでしまいますが、慢性的の虫歯ですとゆっくりゆっくり進みますので、歯が作られる時間もできるのです。加齢とともに起きる歯の変化ですね。

根面カリエスと歯髄腔への影響

歯の根っこの部分は、歯の頭の部分と比べて、虫歯になりやすいのです。また、神経との距離というのも近くなっているのです。歯の根っこの部分はくびれてきている形態ですので、どうしても形態的にやむを得ないことではあります。根面カリエスになってしまいますと、やはり歯髄腔への影響は否めないものではあります。虫歯になりやすい場所、かつ細くなっている場所、このような環境ですので加齢とともに歯茎が下がってしまい、虫歯になりやすくなってしまうことが原因となってしまうのですね。
 
名古屋市千種区池下の歯髄を守る歯科医院ブログ
 
こんにちは。名古屋市千種区池下の阿部歯科の院長、阿部丈洋です。先日、阿部歯科の近くで以前から開業されておりますペインクリニック様の医院に伺いました。院長の熊谷先生は非常に物腰が柔らかく暖かみのあるお医者様でした。阿部歯科から徒歩で3分くらいの場所で開業されておりまして、歯科医院と切っては切り離せない痛みについて、歯科疾患が疑われない場合には相談させていただきたいお医者様であると思いました。伺わせていただき、この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。
IMG_20180201_182225.jpg
このペインクリニック様で扱われています症状や病気について、お聞きしました。とても誠実に、かつ分かりやすく院内の解説を踏まえて教えていただきました。症状、病気としましては、腰痛帯状疱疹肩凝りやぎっくり腰も対象にされているとのことです。他にも様々なことに対応されているとお聞きいたしました。

かたこり

歯科との関連性でよく見受けられそうなことに、肩こりがあるとあると思いました。噛み合わせで以上がなくて、顎関節症の疑いが少ない場合には歯科領域だけではなく、医科との連携も必要になってくると思います。広い視野で病気や症状を見ていくためにも、信頼できるお医者様がそばにいらっしゃって、すぐに相談できる環境は嬉しいものです。

いたみ

歯科では痛みがもっとも多い問題であると思います。明らかな病気である虫歯でしたら、診断も簡単ではありますが、もし明らかでない場合は違う角度から、その痛みにたいして診断していかなければならないのかもしれません。間違った診断で痛みの除去のために、診断、治療をしないためにもわからないことはわからないと判断しまして、分かる人に聞いていきたいと考えております。

帯状疱疹

歯医者さんにおいてもまれではありますが帯状疱疹の症状を訴えてくる患者さんもおられます。しかし、歯医者さんでできることかなり限られておりますので、帯状疱疹の強い痛みの軽減にはやはりお医者さんの力をお借りすることも必要になると思います。今後、より歯科といかと連携が重要になる症状のひとつであるとも思います。
 
開業歯科医院での医科との連携におきましては、総合病院への紹介などは頻繁にあると考えられます。しかしながら、歯科開業医と医科開業医との密な連携は貴重で重要でありながら、難しい連携であるのかもしれません。ただ、阿部歯科では通ってくださる患者さんにより良い医療の提供のために出来ることは、患者さんのためにを目的に行っていきたいと考えております。
 
口腔顔面痛には、頭部や顔部、頸部および口腔のあらゆる構造に関連しました疼痛状態が含まれております。この診断につきましては、頭痛、筋骨格痛、神経原性疼痛、心因性疼痛、および悪性腫瘍や後天性免疫不全症候群(AIDS)のような疾患に由来する疼痛までもが含まれております。
IMG_20171226_124328.jpg
 

口腔顔面痛種類

1:頭蓋内の障害
新生物、動脈瘤、腫瘍、出血、血腫、浮腫
2:一次性頭痛障害(神経血管障害)
片頭痛、異型片頭痛、群発頭痛、発作性片頭痛、頭蓋動脈炎、頸動脈圧痛、緊張型頭痛
3:神経原性疼痛障害
a. 発作性神経痛
三叉神経痛、舌咽神経痛、中間神経痛、上咽頭神経痛
b. 持続性神経痛
求心路遮断性疼痛症候群(末梢性神経炎、ヘルペス後神経痛、外傷後神経痛、術後性神経痛)
c. 交感神経維持痛
4:口腔内疼痛障害
 歯髄、歯根膜、歯肉組織、舌
5:顎関節症
 咀嚼筋、顎関節、関連諸組織
6:関連諸組織
 耳、眼、鼻、副鼻腔、咽頭、リンパ節、唾液線、頸
7:第Ⅱ軸 心因性障害
 身体表現性障害、精神的原因による疼痛症候群

疼痛変調

疼痛は人によって受け止め方が異なることがありますが、このことは中枢神経に入りますすべてのインパルスは、より上位中枢へ上行するときに強力な変調といいます支配を受けるためと考えられているそうです。この変調につきましては、侵害受容性入力情報の増強、あるいは減弱のどちらかを起こすことになりまして、結果としまして疼痛経験の増大もしくは減少を生じることとなります。

関連痛領域

関連痛につきましては、口腔顔面組織におきましては一般的な所見でありまして、また臨床医における不適切な診断がなされることによりまして結局は誤った治療を行ってしまう傾向にあるそうです。よって、臨床医におきましては治療を開始する前に疼痛部位から真の疼痛源を鑑別することがより重要になってくるのです。

疼痛源

疼痛源とは真の疼痛発生部位を意味することになります。疼痛部位とは単に患者さんが疼痛を感じる部位のことでありまして、もしも疼痛源と疼痛部位が同じでありましたら、疼痛は原発性疼痛と診断することとなります。原発性疼痛につきましては、通常では診断が困難な疼痛問題であることはないと考えられます。なぜならば、疼痛の訴えを説明するのに有用な臨床所見がしばしばそこに存在することとなるからであります。
 
痛みについて  千種区池下阿部歯科のブログ
 
【お電話でのご予約】TEL:052-751-0613
診療時間
月~金
10:00~14:00 / 16:00~19:30
土・日
9:30~13:00 / 15:00~18:00
休診・・・祝日
阿部歯科 特別コラム

医院情報


千種区の歯医者 阿部歯科

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

【お電話でのご予約】
TEL:052-751-0613

ご予約・お問い合わせ

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

千種区の歯医者さん|Copyright © 阿部歯科. All Right Reserved.
Web Management Exe.
ご予約
ご相談
ページ
最上部へ