池下の歯医者 阿部歯科院長のブログです。歯科治療に関する話題を中心に更新しています。

<電話番号をタップするとお電話できます>
TEL:052-751-0613
メール予約の受付は24時間可能です!ご予約・お問い合わせ
東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近くの歯医者
診療案内
院長ブログ

当院院長からのメッセージや出来事のご紹介です。

口腔外科の最近のブログ記事

千種区池下、今池、覚王山の歯科ブログです。顎関節症という言葉をご存じでしょうか?顎に関する様々な症状のことを意味しております。その中で下顎頭の変形が関係していることもあるのです。顎関節を構成しているものの中に下顎頭という下顎骨が上顎骨と関節円盤という組織を介して近接している部分が下顎頭という部分になるのであります。
 
この下顎頭に変形をきたした顎関節症を変形性関節症といわれております。英語表記ではosteoarthritis(OA)とも呼ばれているのであります。日常でよく使う部分では関節の中でも膝関節がこの変形性関節症に当たることもあるそうです。顎関節では膝関節ほど日常生活におきまして障害が起きることも少ないそうですが、合併症としての問題がこの変形性関節症におきましてクローズドロックといいます口が開けられなくなってしまうことや、炎症が治療の対象になってくるのであります。

エックス線検査

一般的なエックス線検査であるパノラマエックス線撮影でもこの下顎頭の変形を観察することは可能であると考えております。顎関節症が疑われるときにはこの変形性関節症を疑って下顎頭の変形が起きていないかも診査診断して患者さんに説明することが不安の軽減にも繋がると考えております。
 
下顎頭は通常は丸くてスムーズでパノラマエックス線上では均一な細い線で縁取られているものです。下顎頭は実際には繊維性軟骨で表面がおおわれております。もし介在するものがなくて上顎の骨と下顎の骨同士が擦れ合うように動いてしまうと痛くなってしまうことが想像されます。

下顎頭の変形のいろいろ

下顎頭が丸さがなくてスムーズでないときには下顎頭の変形が疑われます。それらの種類は様々ありましてその一部を紹介します。
びらん性の骨変化
関節リウマチ
下顎頭の偏平化
骨皮質の陥没
骨の増生
くちばしのような変形
骨棘
骨の肥厚
偽嚢胞
硬化した像
以上が簡単にあげましたが様々な下顎頭の変形の種類の一部になります。
 
顎関節症と疑われて原因がはっきりしないときには一度、下顎頭の変形も疑って歯医者さんに相談してみてはいかがでしょうか?
 
千種区池下、今池、覚王山の下顎頭の変形を説明する歯医者さんブログ
 
こんにちは、名古屋市千種区池下の歯科医院ブログです。歯の痛みって、歯や歯茎だけが痛みじゃない場合があることを知っていますか?実は、ごく稀ではありますがそのようなこともあるのです。そんな症状を示す可能性がある病気を今回はご紹介していきたいと考えております。
 
まずは、歯の痛みがあった場合は普通は歯が原因だと思いますよね。しかし、レントゲンをとっても口の中を診査しても明らかな原因が歯や歯茎出ないことも現実にあるのです。こういうことを知っておくことによりまして、全身的な病気の早期発見、早期治療に繋がるかもしれませんので、いくつか紹介していきたいと思います。
三叉神経痛
前三叉神経痛
幻歯痛
慢性局所疼痛症候群
神経血管痛
心臓由来
上顎洞由来
首の部分の新生物
唾液腺機能不全
心理的な要因
 
今あげ連ねてみますと、本当にたくさんのことが原因になっている可能性があるのですね。聞いたことがない病気もあるかもしれません。そのなかでいくつかをピックアップしましてご説明していきたいと思います。

三叉神経痛

脳神経のひとつにこの三叉神経というものがあるのです。この三叉神経は顔面の感覚を司っている神経になるのです。例えこの神経が傷害されたとしても顔が歪んだりするというような運動神経ではないのであります。ですので、他人から見て明らかにわかるというようなものではないのであります。
 
この三叉神経に影響が出た場合はですね、一時的ではありますが短くて激烈な痛みが出ることが特徴となっているのであります。例えば歯ブラシをしたときにこの強い痛みが引き起こされてしまったり、顔を洗ったときに突然激烈な痛みが出てしまったり、食事中にも出ることがあるそうなんです。

治療法

治療法としましては、最初の治療としまして抗けいれん薬が用いられることが多いそうなのです。少ない量から始めていきまして、痛みの程度によって薬の量を増やしていくことになります。効果がすぐに現れるということではなく、徐々に痛みが引いていく可能性があるということも知っていただきたいないようになってきますね。
 
薬の治療でなかなか効果が現れない場合には、必要に応じまして外科的な治療やブロック麻酔といものをすることもあります。この外科的な治療につきましては歯医者さんがするのではなく専門的なお医者さんが行っていくことになります。またブロック麻酔につきましては麻酔科医の先生によって行われることになります。
 
続きにつきましては、また機会を改めましてお話ししていきたいと思います。
 
名古屋市千種区池下の歯が原因ではない痛みについての歯医者さんブログ
 
こんにちは。名古屋市千種区の池下、今池、覚王山の阿部歯科です。今回は舌のさまざまな色や形について少しお話ししていきたいと思います。皆さんはご自分の舌をまじまじと見ることはありますでしょうか?舌には色々な体の情報が現れてくることから舌診というものもあるのです。また、まれではありますが病気が隠れていたり、何かしらの状態を示している場合があります。そのいくつかを紹介していきたいと考えております。

舌が白い(舌苔)

舌が白い場合には舌苔という汚れがたまっている場合があります。年齢と共に口の中は乾いていく傾向にあります。唾液の分泌の量が少なくなってしまいまして舌にたまってしまう汚れを洗い流す機能が弱まってしまうということになります。そのために口臭の原因になってしまうことにもなります。
 
舌が白いということは日々のストレスも関係していると私は思います。人がストレスを感じてしまうと緊張状態になってしまい交感神経が優位になることになります。そのために唾液の分泌が減少してしまい、舌を洗い流すことが難しくなってしまいます。そのために、舌に汚れがたまってしまいまして白くなって見えることになります。
 
舌が白くなっているときには、舌の歯ブラシでの掃除やうがいも効果はあると考えますが、ストレスによる唾液の分泌の量の減少が原因であったならばストレス解消をすることもある種の解決策なのかもしれません。ストレス発散のために背伸びをして深呼吸をしてみてはいかがでしょうか!?

舌が黒い(黒毛舌)

舌が黒く見えることがある場合があります。黒い着色がついているような、そして毛のような状態になっている症状で黒毛舌という状態があります。比較的まれな状態ですのでほとんどの人には当てはまらないと考えられます。黒くなった毛のような状態は長いと1-2cmになることもあります。
 
原因は抗菌剤の使用によるものによったり、ステロイドの使用も関係しているようです。最近の環境が変化することがあると考えられおります。胃腸の障害も原因のひとつとしてあげられていましてこれもストレスが関係しているのかもしれません。カンジダというカビも併発することもあります。

舌の形

舌のかたちが変化するものでは地図のように変化する地図状舌や、舌の中央部に菱形の舌乳頭がなくなってしまう正中菱形舌炎というものもあります。痛みを伴うこともありますので、舌を見て心配になるようでしたら、一度歯医者さんに相談してみるといいと思います。

舌のむくみ(浮腫)

舌にむくみが出てしまい歯の形がついてしまっていることもあります。舌は歯がないとだんだん大きくなってしまいます。歯が一本もない人は結構舌が大きくなっていることがあります。歯がある場合で歯の形がついてしまっているときには歯ぎしりくいしばりを睡眠中にしている可能性があります。
 
名古屋市千種区池下、今池、覚王山の舌についての解説をする阿部歯科ブログ
 
 
 
 
こんにちは、名古屋市千種区池下の阿部歯科です。顎関節症という言葉も一般に知れわたってきておりまして、歯科医院に始めてきていただいたときから顎関節症かもしれないという訴えで来院される患者さんも以前と比べまして増えてきたように思います。もちろん、顎が痛いとか音が鳴るという訴えもありますので、患者さんには顎関節症の説明をしていくことになります。
 
顎関節症は複雑な症状になります。口を開けたときの痛みや、口が開きにくくなったり、音がするという症状が主なものになっております。どの症状も自覚症状があるだけに、自分でもすぐ分かりやすいものではあると考えられます。顎関節症は自然に気にならなくなるときもありますが、何かしらの原因が隠されている可能性があります。

頬粘膜、舌のチェック

顎関節症が出てくる可能性として歯医者さんでチェックできることがあります。もちろん患者さん自身でもチェックはできるとは思いますが、毎日自分の口の中を見てもその変化に気づくことは難しいのではないのでしょうか?ですので客観的に歯科医院で診てもらうことも大切になってきますね。
 
頬の粘膜に噛み合わせのあとがついていたり、舌にも噛み合わせの痕跡がああったりすることがあります。そのような状態は長い間、歯が咬み合わさっている可能性があるということになります。下顎の緊張状態が続いているということになり増して、顎関節への負担もましてきている可能性もあります。

上下歯列接触癖(TCH)

食べ物を食べていないときにも歯と歯を接触させる癖があります。その癖を、上下歯列接触癖と言います。なぜこの癖の話をしたかと言いますと、実は顎関節症の患者さんの半分くらいに認められるとのことです。先ほどの頬粘膜、舌の噛み合わせのあとはこのような癖の可能性が疑われますので注意が必要であると思われます。

開口障害

頻繁に顎の音が鳴る患者さんでは、後に口が開かなくなってしまう経験をすることが時々あるそうです。関節の軟骨の位置がずれすぎてしまってロックしてしまった状態になるのです。中には口を開けるといたくてそれ以上開けれない場合もあると思います。診断によっては治療法方が変わりますので、一度歯医者さんに相談なさってくださいね。
 
名古屋市千種区池下の顎関節症についての歯科医院ブログ
 
菌血症という言葉があります。菌血症とは、血管のなかは本来、無菌状態なのですが何かの影響によりまして血管内に菌が侵入したことを言います。自然に血管内に菌が入ることはありませんので、傷がついたりして入ってしまうことが考えられますね。
 
こんにちは、名古屋市千種区池下の歯医者さん、阿部歯科です。まれではありますが怖いこととしまして菌血症について今回はお話をして行きたいとおもいます。そのなかでも菌血症と歯科との関係を少しだけでも解説していければとおもいます。専門的な用語が多くならないように、出来るだけ噛み砕いていこうと考えております。

菌血症の原因

血管はからだの至るところに分布しています。体に傷がついてしまったり、感染の原因となるような何かしらの事態が引き金となることがあります。もちろん点滴などで、静脈に針を指すようなことも原因のひとつとしてあげられると思います。外科的治療や静脈内カテーテルもありますので、数えれば数限りないのです。
 
しかし、そのすべてが菌血症を引き起こすかと言えばそうではないことも確かなのです。全身を駆け巡る血管ですので、ものすごい早さで全身を回って、その後行き着いた肝臓で代謝されて全く問題がなくなってしまうようになるのです。その時間も約一時間程度とも言われています。体というものは、本当にすごい機能を一杯持っているのですね。

歯科ではどうなの?

歯科で菌血症の原因になりそうな、つまり血管内への菌の侵入が考えられそうなことにはいくつかあると思います。歯茎の掃除のスケーリングルートプレーニングであったり、麻酔の注射もそうですね。抜歯ももちろん考えられますね。ある研究によりますと、一番多いとされていますのが抜歯です。その次に、スケーリングルートプレーニング。他にはスケーリングやプロービングもあげられているそうです。
 
これらの処置は、結構頻繁に行われる歯科治療になりますね。菌血症のことも頭の片隅におきながら処置をしていかなければならないことと考えられます。ほとんど起きないことではありますけれども、医療従事者としましては加味しておかなければならない大切なことになりますね。

症状が出る可能性のある患者さん

心疾患がある患者さんでおもい症状が出る可能性があるそうです。人工弁をいれている患者さんや、心臓の弁に障害がある患者さんがそれに当たります。菌血症が重くなってしまいますと感染性心内膜炎を患ってしまうことも考慮しておかなければならない、大切なこととなります。
 
人工関節置換術の既往症がある患者さんもリスクを伴うそうです。人口関節置換術はリウマチや関節の変形にたいして行われる手術であります。この手術中には宇宙服のようなものを着て、クリーンルームで手術が行われるのです。それというのも絶対に細菌感染をさせてはならないからなのです。骨は血流がいいわけではないですし、感染にたいして取っても弱いからなのです。そういうわけで菌血症のリスクにあげられているとのことです。

歯周病関連の全身疾患

最後に、歯周病と全身疾患が関連している患者さんも危険性があるとのことです。高齢になってくれば色々な全身的な病気が出てくると考えられます。菌血症のリスクとしてあげられる歯周病との関連する病気で糖尿病がそれに当たります。十分に気を付けて対応していかなければなりませんね。
 
名古屋市千種区池下の菌血症への対応を考える歯科医院ブログ
 
こんにちは!千種区池下の阿部歯科です。口のなかには、実に様々な症状がおきまして、いろんな病気があると思います。虫歯や歯周病以外にも、患者さんのそれぞれの悩みを解決するためにも、たくさんの知識を磨き続けることが重要になります。私たち、歯医者さんは技術の研鑽はもちろんのこと、最新の知識や、昔からある知識を復習して臨床に還元していかなければならないと考えております。
IMG_20180328_130300.jpg
今回は、唾石症といいます比較的よく見られます病気を解説していきたいと思います。私たちの口のなかは、いつも唾液で潤っています。この唾液のお陰で、日々の生活で支障を少なくしていることも多いのです。食事をするときに、飲み込みやすくしたり、話をするときに潤滑剤のようになったり、本当に様々な恩恵を受けているのです。
 
この、唾液の成分が固まって凝縮したものが唾石というものになります。唾液の成分によってできた、石のようなものということですね。成分としましては、唾液の成分であるカルシウムやリンというものが関係しまして、成り立っていることになります。唾液は誰にでもあるものですので、誰しもに発生する可能性があるとも言えます。

いつ頃できるの?

唾石症はお子さんにはあんまり発症しないとも言われています。その理由としましては確かではありませんが、一つ目としまして、形成されてくるまでの期間にあります。唾石が作られるのには、ある一定期間が必要になりまして、時間がかかるということになります。二つ目としましては、お子さんは唾液の流れが早いということになります。三つ目としましては、安静時のお子さんの唾液ではカルシウムやリンの濃度が低いということがあげられます。
 
ですので、小児の患者さんの唾石としましては、比較的少なくて、青年期壮年期に多いとされてきました。レントゲンをとったら見つかったとか、症状が出て調べてみたら見つかったなどが発見経路になることが多いのではないのでしょうか。そのような面でも、お子さんでは唾石の石灰化も不十分なため見つかりにくいのかもしれませんね。
 
舌の下の腫れなどが症状になりまして、痛みがないけれどもなんだろうと思って調べてみたら唾石だったということもあります。無症状なことも多いのが、発見されにくい理由になるのかもしれませんね。感染を伴えば、痛みや赤みが出てくると考えられます。レントゲンでの検査が発見に繋がる、典型的な病気であるとも言えます。
 
今回、私も病院勤務医時代に様々な唾石の患者さんを経験したことから、とれる位置であるならば除去という方法を選択することは正当性があります。しかし、深い位置にあった場合にはより専門的な病院に相談していくことが大切だと考えております。そして、千種区池下で患者さんの幅広い病気に対応していきたいと思っております。
 
口腔外科領域でも名古屋市千種区池下で地域貢献をしていく歯医者さんブログ
 
口腔領域では様々な粘膜疾患があります。まれなものもほとんどでありまして、一般しか領域から離れまして、口腔外科領域として取り扱われる範囲としましても広いのが現実ではあります。名古屋市千種区池下の阿部歯科では口腔外科につきまして豊富な経験をもとに地域の患者さんの口腔の健康に寄与していきたいと考えております。
IMG_20180213_131828.jpg
さて、今回はまれな口腔外科の領域としての疾患としまして類天疱瘡について少しではありますが書いていこうと思います。あまり聞きなれない病気ではあると思いますが、口の中には様々な病気があるということのひとつの例として考えていただければと思いますので、宜しくお願い申し上げます

類天疱瘡

類天疱瘡は抗表皮基底膜部抗体によりまして水泡を形成する自己免疫性水泡症であります。口の中で症状を示すもとしましては二つに別れます。大きく分けまして、水泡性類天疱瘡粘膜類天疱瘡であります。どちらも口の中に水泡を形成する病気でありまして、比較的まれな疾患であることは否定できません。

水泡性類天疱瘡

水泡性類天疱瘡は皮膚のかゆみや赤み、水泡を特徴としておりまして口腔の粘膜での併発に関しましては約20%くらいとされております。

粘膜類天疱瘡

粘膜類天疱瘡は口腔の粘膜や眼の粘膜のびらんや水泡を作ることを特徴としておりまして、皮膚症状の併発におきましては全体の約30%前後とされております。
 
類天疱瘡は口腔の粘膜に初発することもありますので、口腔外科のみならず皮膚科との連携も必要となっていく可能性があります。それにともない、診断を確定したのちに適切な治療をしていかなければならないと思います。多くの口腔外科領域の病気では他科との連携をすることにより、より診断を確定できることは紛れもない事実であると考えております。

鑑別診断

多くの水泡を形成する病気と類天疱瘡を区別するために、他にどのような病気があるのかも鑑別して診断していかなければなりません。鑑別診断としてあげられます病気には、
表皮水泡症
虫刺症
蕁麻疹様血管炎
ポルフィリン症
多形紅斑
薬疹
アミロイドーシス
水泡型エリテマトーデス
などがあげられます。

水泡

類天疱瘡の口腔の病変としましては、典型的な水泡を作ることは少ないとされております。ニコルスキー現象を伴わない口腔の粘膜の多発性潰瘍やびらんを認めることが多いとされております。従いまして、前述しました鑑別疾患のほかにも、難治性口内炎をはじめとしまして、尋常性天疱瘡口腔扁平苔癬悪性腫瘍との鑑別も重要となってくるよ考えられます。
 
歯は顎骨によって支えられています。その顎骨のなかでも歯槽骨という骨によって支えられているのです。今回、名古屋市千種区池下の歯医者さんのブログでは顎骨壊死、特にその中でも薬物に関連しました顎骨壊死(MRONJ)について少しですがお話ししていきたいよ考えております。
IMG_20180207_125459.jpg

顎骨壊死

歯科の世界において、顎骨壊死が報告されているなかで骨吸収抑制薬の投与に関連しものが、特に近年現れてきているとのことです。2003年にMarxという人が、ビスフォスフォネート(BP)製剤を投与されました乳ガンの患者さんや、前立腺がんの患者さんの骨への癌の転移や骨粗しょう症の患者さんにおきまして歯科領域で顎骨壊死が発症しやすくなるとの論文を発表しました。

ビスフォスフォネート

ビスフォスフォネート(BP )製剤に関連しました顎骨壊死を訳しましてBRONJとされております。しかしながら、臨床でわかってきましたことにビスフォスフォネート製剤のみならず、デノスマブなどの血管新生阻害薬におきましても顎骨壊死を引き起こすことがわかってきました。

MRONJ 

そのために、AAOMSは2014年にBRONJ の名称を薬物関連顎骨壊死(MRONJ )に変更しました。この薬物関連顎骨壊死はステージを0-3に分類しました。その内容としましては、骨の露出、感染の有無、病変の進展範囲などを参考とするようにしてきました。ステージによって、それぞれ治療の方法が違ってくるのです。

発症誘因

MRONJ の発症誘因につきましては、2007年のAAOMS でいくつか語られております。その誘因として考えられますものには、MRONJ 原因薬剤投与中の患者さんにたいしまして歯医者さんが行いますインプラントの埋入や抜歯骨の整形といいました侵襲的な歯科治療を局所的な危険因子として考えられているそうになります。

開放創

顎骨壊死の部位を切除したのちに閉鎖するのか開放するのかの方法につきましては諸説言われていることになります。論文のなかで開放創にして感染を制御することが治癒を早めると言われているものもあります。その開放した場所を洗浄することの優位性にたいしましても否定はできないもであるとは思われます。
 
今回は、近年しばしば認められます顎骨壊死につきましてお話ししていきました。名古屋市千種区池下の阿部歯科ではより全身疾患と関連しました病気のリスクにたいして地域連携を目的としまして口腔外科に対しましても力をいれております。気になる方は、一度阿部歯科に相談されてはいかがでしょうか?宜しくお願い申し上げます。
 
名古屋市千種区池下で口腔外科に力をいれている阿部歯科のブログ
 
口の中には少なからず悪性腫瘍つまり癌ができる可能性があります。体全体の癌との割合で言いましたら、それほど多いものではありませんが口は咀嚼や呼吸、飲み込みなど様々な機能を営んでいる大切な期間であります。今回は、その中でも上顎癌についてお話ししていきたいと思います。
IMG_20180204_214133.jpg
上顎癌は歯医者さんで発見される場合が多いと考えられます。口の中の違和感で歯医者さんにかかることもあると思われます。訴えの中でも多いものとしましては、癌原発付近での痛みや腫れで来院されることが多いと言われております。その中でも痛みを訴えてくるものとしましては70%前後、腫れを訴えてくるものとしましては20%前後との報告もあります。

転移

上顎癌は所属リンパ節へ転移することが少なくはないと報告されております。その中でも、初診時にリンパ節転移を認める場合は10%-30%くらいの割合とも言われております。比較的高い割合で病気のステージが高くなっている可能性があるということになります。そのような危険性を上顎癌は持っているということがわかります。

触診

リンパ節転移の診断におきましては、触診がまずはよく用いられます。しかしながら、経験の差は否めないものでして熟練者であったとしても深部のリンパ節転移を触診することは困難なこともあります。正確に把握するとなると触診だけにたよっていては診断がぶれてしまう可能性があるということになります。

リンパ節

上顎癌の原発のサイズと所属リンパ節の転移におきましては正の相関があるといわれております。所属の頸部リンパ節転移の頻度としましては、T1症例では4%、T2-T3症例では10-15%、T4症例では25%とも報告されておりまして、原発巣の診断とともに頸部リンパ節の診断も行っていくことが重要となっております。

画像診断

歯科医院で撮影しますパノラマエックス線検査だけでは上顎癌の正確な診断をすることは困難であります。よって、他の画像を使用した画像診断が必要になってきます。それが、CTMRIになってきます。必要に応じまして、血管内から造影剤を入れて撮影することも大切な診断のための方法になってきます。

遠隔転移

多臓器に癌が転移することを遠隔転移と言います。例えば歯肉癌症例におきましては、5%前後とも報告されております。転移部位として多い順に報告されているものに、病理解剖による研究では、が約70%、肝臓が約35%、が約15%とされておりまして、臨床的な研究では、が約55%、が約20%、肝臓が約10%とされております。これらを含めましても、遠隔転移の有無を把握するためにも画像診断が必須になってくと考えられます。
 
千種区池下の口腔外科に力をいれている歯医者さん 阿部歯科
 
顎の構造的な異常や、それに起因します顔面形態の不調和を修正する外科的療法を、顎矯正手術とよんでいます。この顎矯正手術の目的としましてはより理想的な噛み合わせの獲得することを目的としています。当初におきましては、この顎の矯正手術は下顎のみ、もしくは上顎のみで行われていましたが、今日では両方同時に行ったり、中顔面における手術も行ったりしています。
IMG_20171226_132443.jpg

成長期

下顎頭に外傷をうけてしまい、その成長が止まってしまった場合には早期に治療をする必要性が出てきます。その処置をしなかった場合には、他の骨の成長は通常通りすすんでいき、非対称もしくはバランスを著しく書いた顔面になってしまう可能性が懸念されると思います。

咬合

そのような顔面の変形におきましては、見た目のコンプレックスもさることながら、噛み合わせにたいしても重大な問題を抱えることにもなりかねません。ただ、成長期におきましてはその成長をしっかりと考えて行っていかないと後々になって顔面の予期せぬ非対称や噛み合わせの不調和を残すことにもなりかねません。
 
見た目のコンプレックスは私たちが思う以上に患者さんを苦しめる要因であると考えられます。周囲の心ない、少しの言葉で患者さんは容易に傷つけられるでしょう。だからこそ、患者さんの少しの意見にも耳を傾けることが大切なのだと思います。臨床的な満足に固執することなく、本来の患者さんの悩みを解決するためにも持てる技術と患者さんの満足の調和を目指さなければならないと考えられます。

下顎

下顎が過度に成長し続けている場合におきましては、その成長が終了するのを待たないといけないのかもしれません。一時的には、見た目の改善や噛み合わせの構築ができたとしても、後の成長によってバランスをかいた状態に陥ってしまうかもしれません。

結果

さまざまな処置や予防においてでも、患者さんが満足しているからといって臨床的に成功しているとは言えず、また逆に臨床的に成功しているからといって患者さんが満足しているとも言い切れません。臨床的にも、患者さんの満足的にも成功を納めれるように科学的かつ経験的な手法を学び続けなければならないと思います。
 
独断で治療を終わらせるのではなく、十分に患者さんの意見に耳を傾けて臨床歴にも、患者さん的にも満足できる結果を追い続けなければならないと考えられます。第三者の目からの意見も重要だと思います。さまざまな角度から見て十分に満足できるレベルの治療結果を求めていきたいと思います。
 
名古屋市千種区のブログより
 
【お電話でのご予約】TEL:052-751-0613
診療時間
月~金
10:00~14:00 / 16:00~19:30
土・日
9:30~13:00 / 15:00~18:00
休診・・・祝日
阿部歯科 特別コラム

医院情報


千種区の歯医者 阿部歯科

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

【お電話でのご予約】
TEL:052-751-0613

ご予約・お問い合わせ

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

千種区の歯医者さん|Copyright © 阿部歯科. All Right Reserved.
Web Management Exe.
ご予約
ご相談
ページ
最上部へ