池下の歯医者 阿部歯科院長のブログです。歯科治療に関する話題を中心に更新しています。

<電話番号をタップするとお電話できます>
TEL:052-751-0613
メール予約の受付は24時間可能です!ご予約・お問い合わせ
東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近くの歯医者
診療案内
院長ブログ

当院院長からのメッセージや出来事のご紹介です。

全身疾患の最近のブログ記事

誤嚥性肺炎という言葉をメディアでも良く耳にする機会が増えてきました。高齢化社会ですので、そのような病気が取りざたされることも不思議ではありませんね。今回は名古屋市千種区池下の阿部歯科より歯医者さんで出来る誤嚥性肺炎の予防につきましてお話ししていきたいと思います。
 
誤嚥性肺炎の発症には、実は嚥下機能が低下することだけが原因ではないのです。いくつかの原因が重なって発症に至るのであります。では、他にはどのような原因が関係しているかと言いますと、患者さんの免疫力が低下してしまうことでしたり、咳をして痰を出すことが難しくなってしまったりすること、誤嚥してしまった食べ物とか唾液に含まれる細菌の量も関係しているのです。

ムセのない誤嚥

誤嚥性肺炎の隠れた原因の中で注目されているものがあります。私たちは誤嚥してしまいますと、ついつい反射的にムセてしまうと思います。ムセによって異物を除去しようとする生体防御反応が起きるのです。そのようなことは日々の生活で時々あったりするのではないでしょうか。
 
ムセのない誤嚥は不顕性誤嚥と呼ばれております。知らず知らずのうちにこのような病気になってしまいますので、とても怖い病気とも言えますね。寝ているときに自分の唾液を謝って飲んでしまうことになりますので、その唾液が出来るだけきれいな状態になるように寝る前には口の中をきれいにしておくことが大切になります。

ムセの解決法

ムセを解決するためには、訓練して鍛える方法や、食事内容を変えること環境を調整すること食べる方法や飲み込み方を工夫することがあげられます。いろんなことを実践することによって、上手にムセを出来るようにすることはこの不顕性誤嚥を予防する手だてとなるのです。

歯医者さんが出来ること

口は食べ物の通り道でありますし、唾液が流れていく経路になります。入り口をきれいにすることは大切になりますね。ではどんなことが歯医者さんで出きりのでしょうか?いくつかをあげていきます。
唾液腺のマッサージをしてきれいな唾液を保つ
口腔ケアで口の中を直接きれいに
口の回りの筋肉を鍛えるための筋力トレーニング
噛める入れ歯、ちゃんと使える入れ歯を作る、もしくは作り直す
健康な歯を維持するためにしっかり治療をしておき、予防に努めること
食べ物の形態について相談する
耳鼻科さんなど他の科との連係をする
 
以上が、誤嚥性肺炎にたいしまして歯科医院で出来ることの数々でした。根本的に肺炎自体を歯医者さんで治療することはできないのですが、そうならないように出来る限りで予防することは可能だと考えております。誤嚥性肺炎を治すことはできないのですが、誤嚥性肺炎にならないように予防することは可能だと思います。一度歯医者さんに相談なさってはいかがでしょうか?
 
名古屋市千種区池下の誤嚥性肺炎を予防する歯科医院ブログ
 
こんにちは、名古屋市千種区池下の歯科医院、阿部歯科です。加齢とともに出てくる全身的な病気の中に高血圧や糖尿病があると思います。患っている患者さんは循環器の内科さんや内分泌の内科さんに通って高血圧や糖尿病の状態のコントロールをするために頑張っていると思います。
 
高血圧糖尿病の患者さんが歯医者さんを受診する確率は非常に高いと考えられます。歯科医療で頻繁に使用します歯科の麻酔、主に局所麻酔を使用する治療は多くなってくることと思います。

安全のために

歯医者さんで使う局所麻酔を安全に使っていることを知ってもらうことによって、患者さんに安心してもらって、不安な気持ちを少しでも減らせればと思います。医療従事者としましても、出来るだけ安心、安全に歯科医療を進めていきたいですし、せっかく来ていただいている患者さんに不快な思いをできるだけさせないように努力していきたいと思います。

歯科用局所麻酔薬

歯医者さんで使います歯科用局所麻酔薬についてお話ししていきたいと思います。局所麻酔薬のなかにはアドレナリンもしくはフェリプレシンというものが入っています。その作用としましては、麻酔の作用を強くしたり、麻酔が聞いている時間を伸ばしたりするためなのです。なぜそのようなことが出来るのかと言いますと、このアドレナリンフェリプレシンは血管を収縮させる作用がありまして、麻酔薬を効率的にその場に停滞させることが出来るからなのです。

高血圧への影響

歯科の局所麻酔はリドカイン(キシロカイン)になりまして、血管を収縮させるアドレナリンが入っています。そのアドレナリンの作用によって、心拍数が増加してしまったり、心臓の筋肉の収縮する力が増えることによりまして、心拍出量が増加することにもなりまあす。血圧が上昇してしまう原因にもなります。

糖尿病への影響

糖尿病におきましてはインスリンの分泌が押さえられることや、グリコーゲンの分解などが活性化することによりまして、血糖値が上がります。また、歯科治療時のストレスも血糖値をあげてしまう理由にもなります。インスリングルカゴンのバランスが壊れることによりまして、糖尿病の患者さんへの内分泌系への悪影響を引き起こしかねないということになります。
 
名古屋市千種区池下の局所麻酔を考える歯科医院ブログ
 
まれな疾患ではありますが、歯科と関係がある可能性が出てくる障害を今回はお話ししていきます。耳慣れない言葉かもしれませんが、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)といいます、障害があります。ごく稀ではありますが歯を抜いたあとにこの様な症状を併発する可能性があるとのことです。
IMG_20180122_135202.jpg

急性呼吸窮迫症候群

この急性呼吸窮迫症候群は、以前からある症状を伴う疾患の経過中に、一週間以内に急性に発症しましたびまん性肺胞障害であります。実際の症状としましては、低酸素血症になることや、胸部レントゲン写真において両側性の肺浸潤の影が特徴的なようです。酸素の状態によりましては、軽症、中等症、重症の三段階に分類されております。

ARDS 

このARDS の病態としましては、肺胞領域における好中球主体での非特異的な過剰な炎症反応によります透過性亢進型の肺水腫であります。この肺水腫は広範な肺損傷を特徴とするそうです。この急性呼吸窮迫症候群の発症の契機におきましては様々な基礎疾患や外傷などが関係していると報告されております。

症状

重症度は軽症、中等症、重症と分類されておりまして、死亡率重症度と相関関係があるそうです。軽症では約25%、中等症では約30%、重症では約45%との報告もあるそうです。非常に重大な結果を招いてしまう可能性のある見逃すことができない症候群であるとも言えます。

治療法

現段階におきまして生命の予後を改善させるような薬物療法は確立されていないそうです。重要とされております管理方法には、低容量換気における厳重な呼吸管理が必要となってくるとのことです。呼吸状態をまずは改善させることによりまして、症状の悪化を防ぎ、状態の改善を促していくことになります。

感染症

急性呼吸窮迫症候群は何らかの感染症を契機に発症することが多いとされております。そのためにも、感染症の対策としまして抗菌薬治療を行うことは、生命予後を高めるためにも重要な因子ともされております。感染しやすいような、高齢者糖尿病腎臓病肝臓病などの基礎疾患を持っていると歯科治療における感染が原因となってARDS を引き起こしてしまう可能性も考えなければなりません。
 
名古屋市千種区池下の阿部歯科では、患者さんの口のなかを守るということもさることながら、治療の正当性をもってしまして、全身に害のない治療や予防、リスクマネージメントを知識と経験によって常に把握していきたいと考えております。宜しくお願い申し上げます。
 
【お電話でのご予約】TEL:052-751-0613
診療時間
月~金
10:00~14:00 / 16:00~19:30
土・日
9:30~13:00 / 15:00~18:00
休診・・・祝日
阿部歯科 特別コラム

医院情報


千種区の歯医者 阿部歯科

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

【お電話でのご予約】
TEL:052-751-0613

ご予約・お問い合わせ

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

千種区の歯医者さん|Copyright © 阿部歯科. All Right Reserved.
Web Management Exe.
ご予約
ご相談
ページ
最上部へ