池下の歯医者 阿部歯科院長のブログです。歯科治療に関する話題を中心に更新しています。

<電話番号をタップするとお電話できます>
TEL:052-751-0613
メール予約の受付は24時間可能です!ご予約・お問い合わせ
東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近くの歯医者
診療案内
院長ブログ

当院院長からのメッセージや出来事のご紹介です。

むし歯の最近のブログ記事

歯の感覚は、その歯の神経によるものであります。歯の神経は歯科では歯髄と呼ばれているのです。歯がしみてしまったりするのも、この歯髄が関係しているのであります。歯の神経はレントゲンでは見ることができないのです。レントゲンでわかることは、その歯の神経が入っている空洞、歯髄腔が分かるのです。
 
こんにちは、名古屋市千種区池下の歯科医院、阿部歯科です。歯の神経は若いときと、年齢が上がっていたときでは同じではないのです。違いが実は出てくるのです。今回は、歯髄の変化としまして、色々ありますがその中でも歯髄腔の変化について、お話ししていきたいと思います。

歯髄腔

加齢とともに歯髄形態は変化していきます。若年者の時には大きかった歯髄腔は、年齢とともに細くなって狭窄してくる変化が出てきます。歯は毎日使うものでありまして、様々な刺激にさらされることになるのです。もちろん、治療という刺激も例外ではありません。
 
レントゲンで歯の検査をしてみますと、その細くなっている狭窄状態についてよく判断することができます。歯が出来てくる過程でその栄養は唯一、歯髄から栄養されるのであります。栄養が歯の外側から取り込まれるわけではないのです。

症状はどうなの?

歯髄腔が狭くなることで、何か症状が出るのかと心配のか他もおられるのかもしれません。実は、そのような自覚症状はほとんどないことが多いのであります。歯髄腔が狭窄することで、歯の神経への刺激が届きにくくなるためとも言われております。むしろ、そのような刺激から歯の神経への影響を少なくするために、歯髄腔が狭く、細くなっているとも考えられます。

虫歯からの影響

虫歯が慢性的にあって、その虫歯から歯の神経を守ろうとする働きもあると考えられます。急性の虫歯ですと、歯を作る前に一気に虫歯が進んでしまいますが、慢性的の虫歯ですとゆっくりゆっくり進みますので、歯が作られる時間もできるのです。加齢とともに起きる歯の変化ですね。

根面カリエスと歯髄腔への影響

歯の根っこの部分は、歯の頭の部分と比べて、虫歯になりやすいのです。また、神経との距離というのも近くなっているのです。歯の根っこの部分はくびれてきている形態ですので、どうしても形態的にやむを得ないことではあります。根面カリエスになってしまいますと、やはり歯髄腔への影響は否めないものではあります。虫歯になりやすい場所、かつ細くなっている場所、このような環境ですので加齢とともに歯茎が下がってしまい、虫歯になりやすくなってしまうことが原因となってしまうのですね。
 
名古屋市千種区池下の歯髄を守る歯科医院ブログ
 
食生活におきましては、年齢とともに変わっていきます。奥歯を喪失してしまったり、飲み込む機能の低下、口の周りの筋肉の機能の低下などが影響してしまったりします。今回の名古屋市千種区池下の歯医者さんブログでは虫歯と食生活の関係についてお話ししていきたいと思います。
 
口の周りの筋力の低下や、歯を失ってしまったことで咬むことが困難になってきてしまいますと唾液の分泌の低下を招いてしまいます。他にも胃液の分泌の低下や、消化菅の蠕動運動の機能低下を引き起こしてしまう可能性があります。

食べる力

食事中にすぐにお腹がイッパイになってしまったり、噛むことで感じられるはずの旨味を感じにくくなってしまうことが、奥歯を失ってしまうことや、飲み込む力の低下、噛む力によって起こってしまうかもしれません。旨味を食事から感じにくくなってしまえば一回の食事摂取量も少なくなってしまいます。栄養不良の引き金にもなってしまう可能性があるのです。

間食

減ってしまった食事量を間食で補ってしまっていることもあるのかもしれません。間食、いわゆるおやつの回数が増えてしまいますとだらだら食べ続けてしまうことになります。常に口の中に食事が入ることは実はあんまりよくないことなのです。食べ物があることによって口の中のPH が低下してしまうことが問題になってしまうのです。常に口の中が酸性に傾いてしまっていますと、虫歯になってしまうリスクが高まってしまうことになりかねないのです。

味覚

年齢とともに味覚の低下が引き起こってしまう可能性があります。特に塩味に対する味覚が鈍くなってしまうそうなのです。ですので、年齢とともに味付けが濃くなりすぎてしまったり、過剰に甘いものをとりすぎてしまうことがあるのかもしれません。食事の味付けについても、今一度振り返ってみることも必要なのかもしれません。
酸性に傾いてしまう食品
健康によいとして好まれる食品の中に、口の中を酸性に傾けてしまうものが実はあるのです。いくつかを列記していきたいと思います。
ワイン
ヨーグルト
柑橘類
クエン酸いりのサプリメント
栄養ドリンク
野菜ジュース
フルーツジュース
 
虫歯のリスクがあるからといって、これらの健康によいとされているような食品を避ける必要はないと思いますが、実は口の中を酸性に傾いてしまい虫歯のリスクを高めてしまうことを念頭に置いてもらうと、より口の中の健康、歯の健康の後押しになると思います。摂取したら、口の中に停滞しすぎないように工夫することが大切になるのかもしれませんね。
 
名古屋市千種区池下の食生活を考える歯科医院ブログ
 
普段何気なく受けている治療に虫歯の治療があります。歯科の虫歯治療は一般的すぎて、お任せになってしまうのが普通になっています。もちろん術前に分かりやすく、歯医者さんがその虫歯の治療について説明してくれてはいると思いますが、専門的なことは分かりやすさを重視するために省いてしまっていると思います。
IMG_20180320_091104.jpg
今回、千種区池下の歯科ブログでは少し専門的に突っ込んだお話をしていこうと思います。診療中に話したくても、なかなか話せないことをこのばを借りて説明していこうと思います。患者さんも診療質では緊張してしまって、なかなか頭に入ってこない虫歯の治療の説明を深掘りして少しだけ解説していこうと考えております。

充填処置って長くもつの?

歯を修復するということは、不可逆性の治療を歯に行うということです。必要がなければすることはないのですが、虫歯を削った穴は塞がなければなりません。その時に必要になる治療が充填処置になるのです。では、充填したところはずっと虫歯にならないですむのでしょうか?
 
実際に、歯科治療のほとんど多くを修復治療のやり直しに時間をとられてしまっている現実があります。修復物の周りから二次カリエスになってしまったり、詰め物が壊れてしまったりしてやり直しになってしまい、歯医者さんにまた治療で通わなくてはいけなくなってしまうのです。

歯科における充填治療の目的とは?

虫歯を削って直す、充填治療の目的にはいくつかありますのでそのいくつかを書いていきたいと思います。まず第一に、虫歯の進行を阻止するために局所的な因果要因の虫歯を除することです。第二に、細菌や細菌が産み出すもの、また砂糖や酸などが歯の神経に影響を与えないこと。第三に、機能的で審美性を回復すること。以上が歯科における充填の目的なのです。

虫歯除去の歯科器具

虫歯で汚染されてしまった歯を除去して、カリエスを患っている部分をとることをエキスカベーションといいます。このエキスカベーションを行うのに、様々な器具、インスツル面とがありますので一度ご紹介したいと思います。歯科では一般的でも、一般の方には耳慣れない言葉もあると思います。
エキスカベーター
  虫歯をエキスカベーターという器具を使って手で行います。健全な歯質を無駄に取り除かない歯に優しい器具です。
ロースピードドリル
  ロースピードコントラアングルハンドピースにつけられるラウンドバーで機械的に虫歯の除去を行います。
化学的機械的除去
  特別な薬剤や、特殊な器具を使って虫歯を取り除きます。例えば、カリソルブなどがあります。
エアブレーション
  圧縮空気で酸化アルミニウムの粒を歯に吹き付けます。エナメル質を除去してカリエス病変へのアクセスをしやすくするために用います。
レーザー
  高エネルギーのレーザーで歯を少しずつ除去します。ドリルよりは痛みは少ないですが時間がかかります。エルビウムヤグレーザーなどがあります。
以上が、虫歯の修復治療に対するちょっとした解説です。専門性が高い話になると、患者さんは歯科医院では余計緊張してしまうのかもしれません。千種区池下の阿部歯科では診療室では緊張させることなく、ブログでより細かい説明をして納得できる説明と治療を目指していきます。宜しくお願い申し上げます。
 
虫歯はどの単位で、それは町単位もしくは国単位でありますが、どれくらい分布しているのでしょうか?そのようなことを説明することを疫学と言われます。部分的な範囲ではなく、もっと範囲を広げて全体を俯瞰することにより、小さな規模で見えてこなかったことが、広い視野において見つかることもあるのかもしれません。
IMG_20180119_124041.jpg

疫学

そもそも疫学とはどういうものなのでしょうか?疫学は科学の分野のひとつでありまして、ある疾患についての、例えば広がりや原因、進行を扱う分野であるとのことです。その、疫学というものはある母集団で疾患を定めまして、その罹患の程度を表すことになります。
 
そして、様々な問いに答えることになります。罹患している人やグループはどんなであるのか?それは、子供?青年?成人?社会的な背景で違いは出てくるのだろうか?それによって、何を改善していくことができるかの糸口になるのかもしれません。
 
時間的にも、過去10-30年前と比べてはどんなであるのだろうか?現在の社会ではどのように対応していくのが良いのか?地域差はどんなであるのか?都市部と郊外で違いがあるのであるならば、その違いは何によってであるか等を考えるきっかけになると思います。

疫学種類

疫学の種類には様々あります。
記述疫学
分析疫学
後ろ向き疫学
前向き疫学
それぞれに、特徴があって対象とするものや、知りたいことに応じて、使い分けているそうです。

カリエス

カリエス、つまり虫歯でももちろん疫学を行うことはあります。その理由のひとつには、虫歯のにどれくらいかかっているかを、年と共に変化していくかを見ることにあります。虫歯は減り続けているのだろうか?その減少傾向は減っていくのだろうか?その理由はなんだろうか?考えるきっかけになっていきます。
 
地域差はどうでしょうか?それを把握することは、ある一定の地域でのヘルスケアに応用できると考えられます。スウェーデンにおいては地域によって異なる虫歯の対策をとっているとのことです。疫学調査はそのような具体的な対策をねるのに評価されるのであります。
 
虫歯に対します、教育レベルや親の教育レベル、そして収入の格差によります虫歯のなりやすさも口の中の健康を考えていく上で疫学は重要となってくるのです。家族や家庭事情が関連しているとしましたら、適切な虫歯に対します対策をしていくことが地域の患者さんの口のなかを守るために必要なことになってくると思います
 
名古屋市千種区池下の虫歯の予防を大切にする阿部歯科のブログ
 
 
虫歯になっていくには、その過程にいくつかの原因となるものが存在していることは皆さんも何となく想像できるかもしれません。その原因となるものの関与がどのようなものであって、それらの原因の個々に対処していかなければならないのです。まずはどのようなものが、原因となっているのかをお話ししていきたいと思います。
IMG_20180228_140637.jpg
プラークの酸産生能
食事の頻度
食事の内容
唾液の組成
唾液の分泌量
歯面の抵抗性
フッ化物の存在
 
上に示しましたように、様々な因子が複雑に絡まりあって、虫歯ができてくることになるのです。ただ、虫歯ができてくるにはそれなりの時間がかかることも事実であります。場合によっては、最悪の環境においてでも数週間かかることもあるのかもしれません。普通の状態であるならば、数年くらいかかって虫歯ができてくると考えられます。その間に、幾度かの虫歯を防ぐチャンスがあるのです。虫歯になってしまったら、治すしかなくなってしまいます。

虫歯治療後

一般的には、虫歯の治療と考えれば何を浮かべるでしょうか?おそらく、普通は虫歯でできてしまった穴を埋めることを思い浮かべるのではないでしょうか?その事につきましては、間違っていないですし多くの場合はそのような治療で問題が起きないことも確かです。短期的にはそうですが、長期的に考えますとそれだけでは不十分であると思います。
 
壊れてしまったはを修復することが歯医者さんの仕事であると一般的には考えられていると思います。確かに、毎日の臨床ではほとんどが壊れてしまった歯の修復をしています。しかし、ただただ修復しているだけではその原因にたいしてのアプローチが十分とは言えないと考えます
 

虫歯過程

もし虫歯の修復治療だけを行っていたら、治療した修復物の隙間から、さらに虫歯になってしまうことが容易に想像することができます。そして、またしばらくしたら虫歯の治療をしなければならなくなってしまうのです。虫歯は風邪とは違いまして、自然に消えてしまうことはないのです

修復物

治療後の修復物はどのくらい長持ちするんでしょうか?おそらく、経験上8-10年すると、半分以上が修復物のやりかえになってしまうのではないのかと思います。よくある理由としましては、修復物の辺縁に新たな虫歯ができてしまうことが経験されます。実際に毎日の治療は修復物のやりかえであるのかもしれません。
 
そのようなことを踏まえた上で、阿部歯科では患者さんに現状の説明や今後のこと、忌ますべきことを説明していきたいと考えております。宜しくお願い申し上げます。
 
歯科の世界には、う窩という言葉があります。簡単に言いますと虫歯でできた穴のことになります。虫歯カリエスとも言われます。口の中にある細菌が、酸を出すことによりまして、無機質である歯の表面にあります、エナメル質を溶かしていくことにより、う窩が形成されるのです。
IMG_20180122_135039.jpg

脱灰

歯が溶かされていく過程では、自然にはが溶けてしまうわけではありません。歯が溶けてう窩を作るまでにはそれなりに原因があるのです。そのなかに、発酵性炭水化物を含みます食事をとるたびに、酸が作られるということがあります。その酸が原因であって、食事が直接の原因となっているわけではないのです。

pH

酸が作られますと、約30分から1時間の間、プラークpH が低くなることがわかっております。その、低いpH は歯の無機質にたいしまして過飽和の状態を作ることになります。その結果としまして、様々な無機イオンが歯面から離れることとなります。この事を、歯面の脱灰と呼ぶことになります。

再石灰化

しかしながら、酸性の状態の期間が短くて、頻回でなければ酸産生が減少しましてpH が上昇することとなります。そして、無機イオンが歯面の中へ再び戻ることとなります。つまりは、今度は唾液中の無機イオンの方が、過飽和状態になりまして無機イオンが再び歯に戻ることになります。このことを、歯面再石灰化と呼ぶことになります。

ステファンカーブ

砂糖の摂取後に酸の攻撃によりまして、プラーク中のpH がどのように下降するかを示す図をステファンカーブといいます。砂糖の摂取後に約10分後にpH は5くらいまで下がります。それから、約30-40分間でもとの状態に戻ってきます。根面の無機質はpH がや6.3未満くらいで溶けだします。エナメル質の無機質は約5.5未満くらいで溶けだします。また、酸の攻撃にさらされます回数が多いとそのリスクは上昇することになります。
 
頻回な酸の攻撃にさらされるということは、歯面の脱灰再石灰化を上回るということになります。そして、溶けた無機質のほとんどがその場から失われることとなります。その結果、歯面に欠損が生じることとなります。つまりは、う窩の始まりとなることとなるのです。
 
う窩の始まりは慢性的なカリエス病変の始まりでして、慢性的で局所的な生態学的な破壊となるのです。う窩の成り立ちからそのリスクを理解してこそ、虫歯の予防になるのです。漠然と削って治すだけでは、本当の意味で虫歯の予防とはなり得ない、ひとつの根拠なのです。
 
名古屋市千種区池下の歯医者さんの虫歯についてのブログ
 
虫歯の発見に、現在も多大な役割を担っているものにエックス線の存在があります。エックス線は、1896年にニューオリンズの歯医者さんによって人の歯のエックス線をとることに成功したそうです。それ以降エックス線は小さな虫歯の発見に対しまして、早期発見、早期治療のために重要な方法となっています。
IMG_20180130_142811.jpg
虫歯のことにつきまして重要な発見は、やはりフッ素の発見になります。フッ化物が虫歯の抑制をするという作用がわかったことです。それというのも、1928年に、フッ素が入った飲み物による歯の変色と、虫歯の発症の少なさの関係性に結論付けられたそうです。また、1940年代には、そのフッ素が虫歯の発症を抑えるということがわかったことにより、飲料水にフッ素を入れることによりまして、虫歯の発症を約60%まで抑えたそうです。

フッ素

そのフッ素を歯磨き粉に入れるというアイデアは早くから出されていました。当初はフッ化物は歯磨き粉の中の研磨剤と一緒に配合することが困難でありました。研磨剤とフッ化ナトリウムが結合してしまうことによりまして、肝心のフッ素を放出することができなくなってしまうからなのです。

スウェーデン

そこでスウェーデン人のEricsson教授がフッ素化合物であります、モノフルオロリン酸ナトリウムをカルシウム入りの研磨剤を添加した歯磨き粉に入れることによりまして、その弱点を改善する研究をしておりました。それは、1960年代のことでありまして、現在のスウェーデンと北欧の歯科の研究に貢献されております。

局所麻酔

局所麻酔の発見も歯科におきましては重要な発見となっております。スウェーデン人の化学者が1943年にリドカインを発見しました。いわゆるキシロカインのことになります。局所麻酔にも用いることができまして、患者さんにたいして不快感を少なくしながら歯を削ることができるようになりました。まもなくしまして、1960年代には水で冷却しながらのハイスピードドリルが一般的にも利用されることとなりまして、早く歯を削ることができるようになりました。

ミュータンス

1960年代にアメリカで虫歯の原因となるレンサ球菌についての研究がなされておりました。その頃に、虫歯の原因となるものとしましてミュータンスレンサ球菌が注目されるようになってきました。現在の虫歯の治療というものも、過去の様々な研究のお陰で成り立っていると言えるのでしょう。
名古屋市千種区池下の歯医者さんによるブログ
 
カリエスという言葉をご存じでしょうか?カリエスとはまたのなをデンタルカリエスと言います。虫歯の意味になります。虫歯については、皆さんご存じの通り歯に穴が開いてしまう病気になります。今回は、その虫歯についてお話ししていきたいと考えておりますので、宜しくお願い申し上げます。
IMG_20180220_131804.jpg
現在、どのようにして歯に穴が開いてしまうかについてはすでに知られていることだと思います。虫歯つまりカリエスは極小さな状態の損傷で発見して、予防することが大切になっております。小さなカリエスのうちに予防して、大きなカリエスになる前に未然に対処していくことが歯の寿命を伸ばすことになります。

進行

カリエス病変がとても大きくなってしまうと、その進行を送らせるために破壊されてしまった歯質を取り除かなければなりません。場合によっては、神経の除去もしなければならないと思います。小さいカリエスの状態であるならば、小さな充填で対応できるかもしれません。

病気

ただ、その歯を一時的に治したとしましても、問題となることとしましては病気としてのカリエスを患ったままだということです。そのような状態におきましては、充填や修復物の間から再度カリエスになってしまいそんなに長くは持たないかもしれません。カリエスは引き続き充填や修復物の周囲から歯を破壊し続けてしまって、また穴ができてしまうのかもしれません。
 
歴史的には、カリエスは実は最近の問題でありまして、その虫歯が広く共通の問題となりましたのは近代に入ってからになるのです。実際に、1900年代に経験されたほどのカリエスは、他の時代ではほとんどないとのことです。ヴァイキングの時代の人にはカリエスが少しは見つかることはあったとしましても、歯列全体にわたるようなことはまれだったそうです。つまりは、カリエスは西洋文明に生じます贅沢病でありまして、実際は糖類摂取が常習化することに因るところが多いということになります。

細菌

現在では、カリエスは細菌が酸を作ることによって歯を溶かすということはわかっております。しかしながら、その原因が明らかでなかった時代では、顎の骨の中のなにかが歯を通して出てきたと考えられていた時代もあったのです。1500年代では食物が分解されて酸となることによって、カリエスができると考えられていた時代もあったのです。
 
名古屋市千種区池下の歯医者さんの虫歯のブログ
 
【お電話でのご予約】TEL:052-751-0613
診療時間
月~金
10:00~14:00 / 16:00~19:30
土・日
9:30~13:00 / 15:00~18:00
休診・・・祝日
阿部歯科 特別コラム

医院情報


千種区の歯医者 阿部歯科

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

【お電話でのご予約】
TEL:052-751-0613

ご予約・お問い合わせ

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

千種区の歯医者さん|Copyright © 阿部歯科. All Right Reserved.
Web Management Exe.
ご予約
ご相談
ページ
最上部へ