池下の歯医者 阿部歯科院長のブログです。歯科治療に関する話題を中心に更新しています。

東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近くの歯医者
診療案内
院長ブログ

当院院長からのメッセージや出来事のご紹介です。

小児歯科の最近のブログ記事

乳歯について、どんな状態であったり、どんな場合には抜いた方がいいのかは戸惑うことが多いことと思います。こんにちは、千種区池下の阿部歯科の院長、阿部丈洋です。永久歯が適切に成長していくためには、やむをえず抜歯をしなければならない状態の乳歯もあるのは事実になります。
IMG_20180323_131642.jpg
今回は、そのような場合において、どんな状態の乳歯を歯医者さんでは抜歯せざるを得ないのかを、ひとつの意見としてお話ししていこうと思います。様々ない考え方がありますので、一概にこの事が正しいというわけではありません。ただ、守るべきものが何なのか?歯並びだったり、あとから生えてくる永久歯のためだったりすると思います。その事を踏まえて、読んでいただければと思います。

根尖病変

乳歯の根っこに病気があっても、すべてが抜歯に至るわけではありません。病気が例えば、そのあとに生えてくる永久歯に影響を及ぼす、発達に障害をもたらす場合には抜歯も選択することがあります。
 
レントゲンで広く病気が広がってしまっている場合も、抜歯を考える必要があるかもしれません。根っこの治療で病変の回復が見込めないときには、抜歯の対象になることもあると思います。永久歯の歯胚に影響を及ぼす病変は、乳歯の根っこの間、つまり根分岐部に根尖病変があると、その膿瘍が波及してしまいましてダメージを受けてしまうこともあるのです。

病的な歯根吸収

歯の根っこが病的に1/3-1/2吸収をしている場合の抜歯の可能性があります。後続永久歯への発育への影響を及ぼす可能性がありますと、残しておくこと自身が害を与えてしまうかもしれないからなのです。しかしながら、保隙という永久歯が生えてくるスペースを保つことも重要になりますので、考慮が必要となってきます。

虫歯で歯冠崩壊が激しいとき

あまりにも虫歯が大きい場合には上に詰める、詰め物が外れやすくなってしまうことを考えて、抜歯を選択することもあります。ただ、前歯では発音や咀嚼のことも考える必要が出てきます。もちろん見た目のこともあります。

外傷後の破折

歯がたてに割れてしまった場合には保存することは難しくなってしまいます。もちろん、この事は永久歯においてもそうであります。縦に割れてしまった場合には予後がとても悪くて、腫れを繰り返したり痛みが出てきたり、様々な感染による炎症症状が出てくるかもしれません。

晩期残存

歯があと少しで抜けそうなときには、歯医者さんで抜歯をお手伝いすることもあります。抜けるまで待つのも方法のひとつではありますが、お子さんがいやがっていなければ抜いてスッキリさせてもいいのかもしれません。晩期残存の場合には生理的吸収がうまく進まず、破の根っこの欠片が少しだけ残ってしまうこともあります。永久歯のためにも必要な抜歯はしていくことも必要だと思います。
 
名古屋市千種区池下の小児の抜歯のことのブログ 阿部歯科
 
現在、医院建物の改装中につき、固定電話が繋がらなくなっております。
求人等に関するご連絡は、下記携帯番号までお願いいたします。(原則メールにてご連絡ください)
採用担当:阿部 090-3300-5882
診療時間
月~金
10:00~14:00 / 16:00~19:30
土・日
9:30~13:00 / 15:00~18:00
休診・・・祝日
阿部歯科 特別コラム

医院情報


阿部歯科

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

TEL:052-751-0613
※現在、医院建物の改装中につき、固定電話が繋がらなくなっております。
求人等に関するご連絡は、下記携帯番号までお願いいたします。(原則メールにてご連絡ください)
採用担当:阿部 090-3300-5882

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

Copyright © 阿部歯科医院. All Right Reserved.
Web Management Exe.
お問い
合わせ
ページ
最上部へ
TOP
PAGE