池下の歯医者 阿部歯科院長のブログです。歯科治療に関する話題を中心に更新しています。

<電話番号をタップするとお電話できます>
TEL:052-751-0613
メール予約の受付は24時間可能です!ご予約・お問い合わせ
東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近くの歯医者
診療案内
院長ブログ

当院院長からのメッセージや出来事のご紹介です。

入れ歯の最近のブログ記事

下顎の骨は歯がなくなると実は変化が起きてしまうのです。どのような変化が起きてくるかと言いますと、歯の喪失に伴いまして下顎の骨の外形と内部構造に変化が生じてきてしまうのです。歯があることによって、その下顎の骨の外形と内部構造が保たれているということになるのです。
 
こんにちは、名古屋市千種区池下の歯医者さんブログです。入れ歯を作っていくに当たりまして、問題となることがあります。その一つに顎の骨の状態があります。特にした顎の骨の状態は、入れ歯を維持するためにとても大切なものなのです。しっかりした骨には、安定した入れ歯が乗ることが出来るのです。

下顎の骨のオトガイ孔までの吸収

歯がたくさん失われてしまって、歯が全くない状態の顎の骨の状態を無歯顎といいます。この無歯顎では入れ歯は総入れ歯の状態になってしまいます。この無歯顎の状態ですと歯槽部が次第に消失していってしまいます。そしてついには、頬っぺた側の臼歯部において外斜線に沿ってオトガイ孔という場所まで吸収されてしまうのです。

オトガイ孔

このオトガイ孔は下顎の骨の中を走っている神経の出口でもあります。脳神経の分枝である三叉神経のうちのひとつ、下顎神経の末端であります下歯槽神経の枝になるオトガイ神経というものになります。この神経は感覚を司っておりまして、下顎や下唇のさわっている感覚などを担っております。
 
下顎の骨の吸収が、このオトガイ孔付近まで到達してしまいますと入れ歯をいれたときや、入れ歯を入れて噛んだりしたときに神経の出口でありますオトガイ孔付近を刺激してしまいまして、痛みを伴うことがあるのです。噛むという生活の豊かさが脅かされてしまう事態になってしまいます。

バッカルシェルフ

下顎の骨の部分で外斜線と歯槽頂線の間の部分を頬棚、バッカルシェルフといいます。このバッカルシェルフは顎の骨が残っているときには外下方へ向かう斜面担っております。顎の骨が吸収していきますと平坦になってしまいます。さらに吸収が進んでしまいますと強いくぼみになってしまいます。
 
このバッカルシェルフの変化も入れ歯の維持安定に大きく関係してしまいます。しっかりした入れ歯を得るためには、その土台となる顎の骨の状態が大切になってくるのです。一番は、顎の骨を失わないようにすること。しかしながら、年齢と共に顎の骨は少しずつ減ってしまう事実は変えることが難しいのです。減ってしまったその顎の骨の状態で出きるだけ安定した入れ歯を作っていきたいと考えております。
 
名古屋市千種区池下の下顎の骨の吸収についての歯科医院ブログ
 
こんにちは、千種区池下の歯科医院のブログです。入れ歯の取り扱いについて、入れ歯をしている患者さんは知っていることと思います。復習もかねて、今回は、その入れ歯の取り扱いについてお話していきたいと思います。何となく知っていることも、今一度振り返ってみてはいかがでしょうか。
IMG_20180110_110513.jpg

義歯

義歯といいますのは、失った機能と見た目を取り戻すために作成されました取り外しができる補綴物のことになります。全部が義歯になっているものは、総義歯、もしくは総入れ歯全部床義歯とも言われております。部分的に入れ歯になっているものは部分入れ歯、もしくは部分床義歯といわれております。

義歯の取り扱い

義歯のつけはずし、つまり入れ歯の着脱はまずは基本的なこととなるでしょう。部分入れ歯でしたら、歯の位置に金具を合わせることから始まります。人工の歯の部分を歯が生えている方向に押してはめ込みます。舌で押してはめたり、噛むことによってはめたりすることは金具の変形や、入れ歯の破損に繋がりますのでやめた方がいい入れ方でしょう。
 
はずすときには、指や爪を使いまして、ゆっくりといれた方向とは逆にはずしていってください。なれるまでは、少し時間がかかりますがなれてくると簡単だと思います。特に、はじめて使う場合には特に時間がかかってしまうかもしれませんが焦らずにゆっくりと行ってくださいね。もしも、難しいようでしたら歯医者さんにアドバイスしてもらうとよいと思います。

入れ歯の管理

入れ歯はいつまでも、新品の状態の快適な使用をしてもらいたいと思います。義歯も使えば使うほど汚れてきます。長時間使用していれば、カビが生えてしまったり、そのカビはいわゆるカンジダでありますが、清掃を怠ったりすれば、もしくは誤った手入れのしかたをしていますと付着してしまって、義歯性口内炎の原因になってしまったり、口臭の原因になってしまうこともあります。
 
一日、一回は一定時間はずして、口の粘膜を休めることが重要になります。コンタクトレンズもはめっぱなしですと、目に負担がきてしまうように、入れ歯でも口の粘膜に負担が来てしまうのを予防していかなければなりませんね。はずした入れ歯は、水のなかににいれておくとよいでしょう。

入れ歯の保管

入れ歯は、プラスチックでできていますので乾燥してしまうと破損の原因になってしまいます。ですので、水のなかに保管するなどしていただければと思います。義歯の材料は口のなか、つまり唾液で潤った湿った環境で安定するようにできています。また、入れ歯をいれるようきもあらかじめ決めておいてもらいますと、紛失のリスクが少なくなると思います。

 
名古屋市千種区池下の入れ歯を快適に使ってほしい歯医者さんブログ
 
【お電話でのご予約】TEL:052-751-0613
診療時間
月~金
10:00~14:00 / 16:00~19:30
土・日
9:30~13:00 / 15:00~18:00
休診・・・祝日
阿部歯科 特別コラム

医院情報


千種区の歯医者 阿部歯科

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

【お電話でのご予約】
TEL:052-751-0613

ご予約・お問い合わせ

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

千種区の歯医者さん|Copyright © 阿部歯科. All Right Reserved.
Web Management Exe.
ご予約
ご相談
ページ
最上部へ