池下の歯医者 阿部歯科院長のブログです。歯科治療に関する話題を中心に更新しています。

<電話番号をタップするとお電話できます>
TEL:052-751-0613
メール予約の受付は24時間可能です!ご予約・お問い合わせ
東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近くの歯医者
診療案内
院長ブログ

当院院長からのメッセージや出来事のご紹介です。

歯みがきの最近のブログ記事

虫歯や歯周病の一番の原因はプラークになります。そのはの汚れを認識している人ほど一生懸命い、歯磨きをして頑張っていることと思います。こんにちは、名古屋市千種区池下の阿部歯科のブログです。今回は、そんな歯磨きを頑張っている方に対しましてもしかしたら磨きすぎかも!?とひとつ考えるきっかけになればと思いお話ししていきます。
 
炎症を抑制するためには、患者さん自身のブラッシングによるプラークコントロールが大切になってきます。歯に対して意識の高い患者さんでは逆に磨きすぎな場合も時々あります。せっかく頑張って歯を磨いているのに、そのオーバーブラッシングによって違う症状が出て苦しんでいる患者さんもいるのです。

歯肉退縮

オーバーブラッシングで起こってしまう代表的なものに歯肉退縮というものがあります。歯茎に外傷が加わってしまい、その歯肉の摩耗が歯肉退縮を進行させてしまう可能性があるのです。しかしながら、その発症のメカニズムにつきましてははっきりとはわかっていないのです。

では、どんなことがオーバーブラッシングなの?

患者さん自身ではその歯磨きが正しいのか正しくないのかわからないままに毎日行っていることと思います。その力加減やブラッシングの圧、動かし方が関係している可能性があります。もしも、歯ブラシの角度や動かしている方向が歯肉退縮している部分ばかりに強く、そして頻繁に当たっているようでしたらそれはオーバーブラッシングになっているのかもしれません。一度鏡の前で確認してみてはいかがでしょうか。

クリーピング

正しいあるべき歯磨きの仕方にしたならば歯肉退縮を食い止められるかもしれません。または歯肉を盛り上がらせるクリーピングということが期待できる可能性もあります。まずはですね、自分の今起きている状況から何が問題となっているのかを知ることが大切になってきますね。

クリーピングのためのポイント

一度下がってしまった歯茎を戻すことは並大抵のことではありません。まずは、歯磨きの悪習慣を改善することから始まりますね。そこで、気を付けていきたいポイントをいくつか書いていきますので、参考にしていただければと思います。宜しくお願いします。
治りたいという目標を持つこと
歯ブラシの選択
歯ブラシの握り方
力を抜く
歯ブラシの毛先の当て方
歯ブラシの動かし方
プラークを染めだしてみる
歯医者さんに実際磨いてもらって体感してみる
使用している歯ブラシを観察してみる
以上を気を付けて今一度考えてみてはいかがでしょうか。細かい部分は実際に歯科医院にいっていただき直接聞いてみてはどうでしょうか。是非ともこの事をきっかけにしてでも、遠退いてしまった歯医者さんに行ってみましょう。きっとその実行にはいいことがあると思いますよ。頑張ってください。
 
名古屋市千種区池下のクリーピングを目指す歯科医院ブログ
 
歯科医院にいけば歯磨き粉が売っています。もちろん薬局にも売っています。しかし、いろんな種類があってどれを選んだらいいのか、形状も多種多様であります。こんにちは、名古屋市千種区池下の歯医者さんです。皆さんが思っています素朴な疑問のひとつに歯磨き剤のこともあるかもしれませんので、今回はちょっと詳しくお話していきたいと思います。
IMG_20180423_001103.jpg
歯磨き剤は日本では実は薬事法によって定められています。何を定められているかと申しますと、化粧品、医薬品そして医薬部外品というものに分けられているのであります。しっかりと、販売されている歯磨き剤は、そのないよう成分によって法律で守られているとも言えます。

化粧品として

歯磨き剤が化粧品として分類される成分につきましては、歯の着色をとるための研磨剤や歯磨き剤そのものに潤いを与える湿潤剤、歯磨きをしたときにアワアワにさせている発泡剤、粘着剤、香味剤そして保存料などでなりたっているのであります。これらは基本成分になりますので、ほとんどの歯磨き剤に入っていることと思います。

医薬品、医薬部外品

虫歯や歯周病を予防するために薬効成分が入っているものを、医薬部外品といっております。厳重に法律で管理されて、国民が安心して使用できるように整備されているのです。医薬品の中にも、歯周病の症状の緩和や予防効果、治療効果が認めら量なものが分類されております。

歯磨き剤の形状

市販去れっている歯磨き剤の形状も、本当に多くのものがあります。どれを使っていいのか迷ってしまいますね。まずは、どのような種類があるのかをお話ししていきたいと思います。
 
ほとんどの歯磨き剤はペースト状のものが、ほとんどになります。使いやすさや感触で選ばれる方が多いのではないのでしょうか。口のなかでの歯磨き剤の広がりやすさとして、液状であったり、フォーム状、液体、ソフトペーストなど様々あります。それぞれには研磨剤が入っていたり入っていなかったりするのです。

研磨剤

研磨剤は、歯に着いた着色をとるためのものであります。ペースト状の歯磨き剤には10%-60%の研磨剤が配合されています。無配合のものもありますし、少しだけ配合されているものもあります。液体の歯磨き剤には、研磨剤は配合されておりません。液状のものには少し配合されているものや、入っていないものなどがあります。粉状のものには多く入っている場合があります。そして、ジェル状の歯磨き剤には、発泡剤や研磨剤は含まれていないのです。
 
名古屋市千種区池下の歯磨きに興味を持ってもらいたい歯科医院ブログ
 
電動歯ブラシが一般にも認知されるようになって久しいこの頃であります。名古屋市千種区池下の阿部歯科の院長、阿部丈洋です。電動歯ブラシといいましても様々な種類があるために、どれも何となく一緒に思ってしまっている方も多いと思います。そこで、今回は、電動歯ブラシについて少しだけ詳しく、お話をしていきたいと考えております。
 
電動歯ブラシは昨今、広く一般にも広まってきました。持ち運びも楽になってきまして、替えの歯ブラシの毛先があったりと清潔に使用もできるようになってきていますね。どんどん管理がしやすくなってきておりまして、患者さんの中には電動歯ブラシを愛用している方も、本当にたくさんおられます。

電動歯ブラシ

電動歯ブラシは使う日とが、自分で動かさなくても毛先が勝手に動いてくれて、歯を磨くようにできています。うまく歯ブラシが使えない方や、手が不自由な方にとっては重宝する歯ブラシであります。ただ、使用方法を間違えてしまいますと歯や歯茎を必要以上に傷つけてしまう恐れがありますので、注意が必要になります。

電動歯ブラシの種類

電動歯ブラシには大きく分けまして、三種類のものがあります。それが、従来型電動歯ブラシ、音波歯ブラシ、超音波歯ブラシになります。それぞれで特徴に違いがあります。その際足るものが振動の回数になるのです。いずれも、内蔵されたモーターで動くことにはかわりはありません。

振動回数

まずは、従来型電動歯ブラシになります。歯ブラシのヘッドの振動数で、一分間に3000-1万回になっています。これはこれで、すごい振動数ですが、次にあげる音波歯ブラシはもっと振動数が多いのです。振動数としましては、一分間に1万2000回~4万回くらいになっています。もっとすごいのは、超音波歯ブラシになるのです。一秒間に160万回の振動をするのです。

電動歯ブラシの選び方

いろんな様式がありますので、一番は自分にあったものを選んでもらうといいと思います。その中でもいくつかポイントがありますので、参考にしてもらえればと思います。例えば手の不自由な方にとっては、できるだけ持ちやすいような歯ブラシを選択していただいた方がいいと考えられます。
 
選び方のポイントとしましては、替えのブラシが手にいれやすいことがあります。また、奥歯まで磨きやすいような少し小さめな歯ブラシもいいと思います。軽くて、握りやすいことはもちろんのこと、毛先の固さは少し柔らかい方がいいですね。いろんな形状がありますので、好みで使い分けれるような替えの歯ブラシの毛先の種類があると選択肢の幅が増えますよ。
 
名古屋市千種区池下の電動歯ブラシを効果的に使ってほしい歯科医院ブログ
 
ブラッシングだけで歯についた汚れを取ることが難しいところがあることを、皆さんも何となくわかっていると思います。名古屋市千種区池下の歯医者さんブログでは今回、わかっていそうでわかっていないのかもしれない、磨きにくいところ、磨きのこしが多いところについてお話していきたいと思います。
IMG_20180119_124041.jpg
磨きのこしを少なくすることは、大きく考えますと全身の健康増進、健康管理に繋がると思います。ブラッシングは、皆さんが毎日行っています日常活動のひとつであると考えます。日々のこのような細かい健康管理が、その後の健康維持に繋がっていくことと思います。

バイオフィルム

歯科医院では磨きのこしを発見するために、染めだし液を使ったり、細かく診査診断、汚れが残りやすい部分を患者さんに知ってもらうことができる設備などがあります。一番は自分の口を自分で管理できたら素敵であると思います。汚れがたまってくると、バイオフィルムになってしまい自分でその汚れを取ることが難しくなってしまいます。

磨きのこし

では、どのような場所に磨きのこしができやすいのでしょうか?屋はあり、歯ブラシが当てにくいところや、あたらないところがそのような場所に該当すると思われます。当てにくい場所には、ほっぺたやベロが邪魔して歯ブラシが入りにくいところもあげられると考えられます。以下に、磨きのこしが起きやすい場所を書いていきます。
奥歯の噛むところ
歯と歯の間
歯と歯茎の境目
一番奥歯の奥の場所
前歯の裏側
 
このような場所が、誰しもが磨きにくいところになるのです。ですので、より意識して磨くか、特殊な器具を使用してなんとか磨けるようにしていかなければなりませんね。補助器具として、デンタルフロスやワンタフトブラシを使うのも非常に効果的になります。使い方は、是非とも歯医者さんで聞いていただければと思います。

磨きにくい口の中の環境

磨きにくい場所についてはお話ししていきましたが、磨きにくい口の中の環境もありますので、その事についても補足していきたいと思います。
乳歯と永久歯が混ざっている時期
矯正中
詰め物や被せものが入っている歯
入れ歯がかかっている歯
孤立している歯
根っこが見えている状態
口が乾いている
歯周病になっている
口が開かない
嘔吐反射がある
 
口の環境でも、磨きについては左右されてしまうのです。千種区池下の阿部歯科ではプラークコントロールを徹底できるように、まずは磨きのこしがおきやすい場所を知ってもらいたいと思います。その上で、口の健康から、体の健康を維持して管理していくお手伝いをしていきたいと考えております。
 
千種区池下の磨きのこしを知ってもらいたい歯医者さんブログ
 
【お電話でのご予約】TEL:052-751-0613
診療時間
月~金
10:00~14:00 / 16:00~19:30
土・日
9:30~13:00 / 15:00~18:00
休診・・・祝日
阿部歯科 特別コラム

医院情報


千種区の歯医者 阿部歯科

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

【お電話でのご予約】
TEL:052-751-0613

ご予約・お問い合わせ

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

千種区の歯医者さん|Copyright © 阿部歯科. All Right Reserved.
Web Management Exe.
ご予約
ご相談
ページ
最上部へ