池下の歯医者 阿部歯科院長のブログです。歯科治療に関する話題を中心に更新しています。

<電話番号をタップするとお電話できます>
TEL:052-751-0613
メール予約の受付は24時間可能です!ご予約・お問い合わせ
東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近くの歯医者
診療案内
院長ブログ

当院院長からのメッセージや出来事のご紹介です。

お口のにおいの最近のブログ記事

こんにちは、千種区池下、今池、覚王山の歯医者さんブログです。皆さんは口臭で悩むことはないでしょうか?人と話すときには、ついつい自分の口臭がしていないかを気にしてしまうこともあると思います。ではなぜ口臭がしてしまうのでしょうか?今回は少し専門的に解説していきたいと考えております。
 
口臭とは一般的には、はく息が口の中から出る悪臭のことと考えられます。人と話をするときには息をはかなければなりません。自分の口臭を気にしていては人とのコミュニケーションに支障が出てしまいかねません。口臭を気にされている方は独自の方法で改善しようと試みていることと思います。

口臭

口臭の改善策につきましては様々ありますので今回は口臭そのものについてお話ししていこうと思います。口臭の原因は色々ありますが、そのほとんどが口の中の問題によって引き起こされていると考えられます。比率としましては諸説によりますが80%ほどとも言われています。つまりは口臭と歯医者さんとはやはり切っては切り離せないものだと思っております。

口臭の種類は?

口臭と言いましてもいくつかの種類があげられます。大きく分けまして、生理的口臭病的口臭に分けられます。
生理的口臭について
生理的口臭には年齢と共に出てきます口臭や、朝起きたときに気になる口臭、お腹が空いたときに発生します空腹時にともないます口臭、また月経時の口臭などがあります。年齢にともない唾液の分泌量が減ってくることによって匂ってしまうことや、朝起きたときにも口で呼吸して寝てしまっていますと口の中が乾燥してしまって口臭となって現れてしまう可能性もあります。
病的な口臭
病的な口臭には口の中が問題となっている場合と全身的な病気が問題となっている場合があります。
 
口の中が問題となっていることにつきましては、歯肉炎歯周病虫歯やはたまた口内炎でありましたり悪性腫瘍などのガンでありましたり舌についた舌苔と呼ばれます汚れが原因となっている場合があるのです。これらの問題に関しましては自分で改善できるものもありますが、中には専門的に治療しなければなおらないケースもありますので、一度歯科医院で相談されることをおすすめ致します。
 
全身的なことが問題となって口臭の原因になるものとしましては鼻からくる口臭もあります。例えば鼻炎でしたり蓄膿症扁桃の問題なども考えられます。歯医者さんで口の中が問題として考えられない場合には耳鼻科の先生と協力して現疾患の問題の改善に取り組んでいきたいと考えております。
 
消化器系の問題も口臭と関係している場合があります。胃潰瘍や、またはまれではありますが胃ガンとの関係性も考慮して問題に当たっていかなければなりません。現代はストレス社会ですので過度な緊張状態でいにくることもあるかもしれませんし、ストレスで唾液の減少も口臭の原因となっている可能性もありますね。
 
呼吸器系の問題もまれではあるかもしれません。肺癌を含む肺疾患も気にして口の中を診察していかなければなりません。

口臭の原因物質とは!?

口臭の原因となっている物質には実は様々なものがあるのです。例えて言いますと、アルコール類や硫黄酸化物、脂肪酸やアミン類そしてトリプトファン誘導体といわれるものなどがあるのです。そして口臭の主な原因はそれらの中でも揮発性化合物 硫化水素メチルメルカプタンそしてジメチルサルファイドといわれるものが考えられているのです。
 
千種区池下、今池、覚王山の口臭についての歯医者さんブログ
 
こんにちは、名古屋市千種区池下の阿部歯科の院長、阿部丈洋です。毎日食事をすると、ある悩みにさいなまれる方もおられると思います。その悩みとは食事をすると歯と歯の間にものがつまってしまうことです。その、ものがつまってしまうという事態はとっても不快であると考えられます。
 
食べかすが口のなかに残っているという状態も気分がいいものではないですし、ずっと食べかすが歯と歯の間に残っていれば、臭いとかも気になってしまうと思います。人とのコミュニケーションでも支障が出てしまいかねないですね。では、なぜそんな歯と歯の間にものがつまってしまうような状態になってしまうのでしょうか?今回はその理由について、少しではありますがお話ししていきたいと思います。

食片圧入

食べ物が歯と歯の間につまってしまうという、いわゆる食片圧入という状態は実は歯と歯の関係性が問題となってきている場合が多いのです。食片圧入が発生してしまうのは1本の歯に対しまして2本の歯が噛み合っていることが原因となっているのであります。
 
ですが、この1本の歯に対しまして2本の歯が噛み合っていることは奥歯のならびの完成にとっては必要なことになるのであります。噛み合わせの関係を構築していく上で、大切なことになっているのです。噛み合わせににて必要なことではあるのですが、その反面に副作用があるのも事実なのであります。
 
歯と歯の間に肉や野菜などの繊維性の食物が入り込んでしまって、その繊維性の食物が挟まってしまうことは不快な事態になってしまいます。又、歯周病を引き起こしてしまうことにもなりませんし、その事を知っておかなければなりませんね。歯は山型になっていますので、山が谷に入り込むようにして食物を圧入させてしまうことになるのです。

抜歯後

また、歯を抜いてしまうことになった場合にその抜いた状態をそのまま放置してしまいますと噛み合うはずの歯がどんどん伸びて出てきてしいまいまして、より食物が歯と歯の間に入り込みやすい状態になってしまうのであります。
 
抜いたままの状態は噛み合わせにも悪いのですが、食物が歯と歯の間に挟まり不快な状況を作ってしまうことになりかねません。抜歯後はそのような事態にならないように、痛くないからといってそのまま放置せずに治療を完了させて、定期検診をしていくことをおすすめ致します。
 
名古屋市千種区池下の食片圧入についての歯医者さんブログ
 
患者さんのなかには、お口の臭いで悩まれている患者さんもいると思われます。名古屋市千種区池下の阿部歯科です。今回は、においの原因になりやすい舌苔についてお話していきたいと思います。
IMG_20180416_080535.jpg
舌には様々な構造があります。舌背には小さな突起がたくさんあるのです。その無数の突起は舌乳頭と呼ばれています。その乳頭の種類にはいくつかあるのです。
糸状乳頭
茸状乳頭
葉状乳頭
有郭乳頭
このような、名前がそれぞれにつけられているのです。

舌苔

この舌苔という汚れは、舌の多くを占めています糸状乳頭の部分に、食べかすなどが残って、細菌が繁殖したりしますと強いにおいの原因になってしまうのです。色につきましても様々で、白かったり、茶色かったり見た目にも悪いことが多いです。付着している汚れは除去することは実は可能ではあります。
 
唾液量が減少してきますと、この舌苔はつきやすくなってしまいます。唾液の作用には、たまった汚れを洗い流す作用もあるのです。子供さんは唾液の量が非常に多いですので、あんまり舌に汚れがたまっていることはありませんね。しかし、高齢者の方は年齢と共に唾液量が減ってきますので、舌に汚れがたまりやすくなってしまいますね。

舌苔の原因

他にも舌苔の原因としましてはいくつかあります。睡眠不足喫煙発熱脱水ストレスアレルギー消化器系の病気免疫の低下薬の副作用抗生物質の使用など、あげればきりがないほどたくさんあるのです。しかし、どれにも当てはまりやすいのが、やはり唾液量の分泌の低下になってくるのです。

ケア方法

舌ブラシを使うことがありますが、強く磨きすぎて舌を傷つけないようにしてくださいね。また、ブラシを当てるときには舌の奥の方から前の方に、優しく磨くようにしてください。舌は非常に繊細な組織でありますので、傷つけてバイ菌が繁殖してしまったら大変です。味覚にも影響を与えてしまうと、それも大変になってしまいます。

清掃の注意点

舌をしっかり前に出してきれいにするようにしていただければと思います。おえっとなってしまいそうなときには、一瞬行きを止めるなどしてもらうとやり易いとは思います。舌の中央部はへこんでいますので、ブラシは当てにくいことを意識してもらうとよいかもしれません。あとは、一度にたくさんの汚れを取ろうと思わず、こまめに分けてとるよう意識するといいかもしれませんね。
 
名古屋市千種区池下のベロもきれいにしていくお手伝いをする歯科医院ブログ
 
【お電話でのご予約】TEL:052-751-0613
診療時間
月~金
10:00~14:00 / 16:00~19:30
土・日
9:30~13:00 / 15:00~18:00
休診・・・祝日
阿部歯科 特別コラム

医院情報


千種区の歯医者 阿部歯科

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

【お電話でのご予約】
TEL:052-751-0613

ご予約・お問い合わせ

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

千種区の歯医者さん|Copyright © 阿部歯科. All Right Reserved.
Web Management Exe.
ご予約
ご相談
ページ
最上部へ