池下の歯医者 阿部歯科院長のブログです。歯科治療に関する話題を中心に更新しています。

<電話番号をタップするとお電話できます>
TEL:052-751-0613
メール予約の受付は24時間可能です!ご予約・お問い合わせ
東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近くの歯医者
診療案内
院長ブログ

当院院長からのメッセージや出来事のご紹介です。

歯並びの最近のブログ記事

長い人生のなかで歯を抜かざるを得ないことはしばしばあると思います。その原因となっているのことが虫歯であったり、歯周病または歯が割れてしまってやむをえず抜歯に至ることもあるのかもしれません。抜きたくて抜く人はいないのです。抜歯を選択するにはそれなりの理由があるのです。
 
こんにちは、名古屋市千種区池下の歯科医院ブログです。隣り合った歯や対向する歯との関係で歯は位置を保っているのです。噛み合わせとも深い繋がりがあるのです。乳歯の段階では噛み合わせを探りながらは得てきているのですが、永久歯の段階ではその後も噛み合わせにおいて機能的であって、審美的な位置関係を体は模索しているとも考えられますね。

抜歯したまま放置すると…

ある歯を抜歯したとしましょう。そう、例えば6歳臼歯である第一大臼歯を虫歯で抜歯したとします。そうしますとその後、抜いた場所のとなりの歯や対向する歯は今の位置を果たしてそのまま保っているでしょうか?実は抜いた場所を、空間を埋めるかのように歯は時間の経過と共に動いてしまうのであります。

近心傾斜

前から6番目の歯があったスペースを埋めるかのように、前から7番目の歯が前の方に、口の入り口方向に動くのではなく、傾いていくのであります。このようなことは歯医者さんの世界ではよく知られていることではありますが、一般の患者さんではその話をしますと驚かれる患者さんもいるのであります。

では、なぜ近心傾斜が起きるの?

歯が生えている方向としましては、実は少しだけ前の方に、つまりは近心方向に傾いて生えているのであります。その少し前方に傾斜して生えている歯に噛み合わせの力が垂直方向に加わってしまうとどうなるのでしょう?そう、前方に傾くように力が加わり、傾斜移動してしまうことになるのであります。

隣り合った歯と歯の接触面で起きていること…

歯を抜いていなくても、目で見えないところで歯は微小な動きをしているのであります。歯と歯の隙間は糸ようじが通るくらいの小さな隙間があります。隙間ができ過ぎないように歯は若干動いて調整しているとも言えます。長年、咀嚼運動をしていますと噛む面がすり減ってきまして隣接部のエナメル質が割れてしまって、その隣接部に隙間ができてしまう可能性があります。そのような場合でもからだが正常な隣接関係を保とうとしてはが動いて回復するようになるのであります。
 
名古屋市千種区池下の歯の動きを解説する歯医者さんブログ
 
こんにちは、名古屋市千種区池下の阿部歯科です。噛み合わせを語るに当たりまして考えておかなければならないことがあります。歯科大学の補綴の授業では当たり前のようにやるのですが、一般の方は普通は知らない内容について、少し専門的にはなっていきますがお話ししていきたいと思います。
 

モンソンの球面説

モンソンの8インチ球面説という内容を歯科大学の授業では習います。モンソン博士という人がその昔に提唱した理論になるのです。それは、上顎や下顎のすべての歯のそれぞれの山が篩骨鶏冠の近くを中心にしまして直径8インチの球面に接するというないようになるのであります。
 
噛む上で歯が並んでいる位置におきましてこの球面上に歯が並んでいることが咀嚼するするための動きとして大切であるとされています。歯はいろんな角度から合わさることによって食べ物を噛みきったり、すりつぶしたりすることになるのです。人間の顎はいろんな動きをするのです。ワンちゃんでは食べ物を食べるときには、口を開閉するような動きしかできないのです。人間は顎を少し横に動かしたりすることができて、噛みきったりすりつぶしたりしているのであります。

スピーの彎曲、ウィルソンの彎曲

このモンソンの球面は横側から見た歯の並びの彎曲をスピーの彎曲と言われるのであります。正面から見た歯の並びの彎曲をウィルソンの彎曲と言われるのであります。補綴の研究では、過去のいろんな研究者たちがその噛み合わせや歯の並びにたいして理論的な根拠、いわゆるエビデンスを見つけようとして頑張っていたのであります。そのお陰で理論をもとにした臨床が成り立っているのであります。

その事が何を意味しているの?

これらのことが何を意味しているかと考えますと、スムーズなこの球面が噛み合わせの安定を保つことになっているということになります。噛み合わせが安定することによりまして、顎関節が安定した位置になるということになります。噛み合わせの安定が顎関節症を引き起こさないようになるとも考えられるのではないでしょうか。
 
噛み合わせの安定は、日々の生活の豊かさを与えるのにも大切なことではないでしょうか。噛み合わせのストレスをなくすことは満足した食べる楽しみに寄与することとなると考えております。歯医者さんはいろんな噛み合わせの理論を勉強して患者さんの口の悩みを解決していきたいと思っているのです。
 
名古屋市千種区池下の噛み合わせの安定を考える歯医者さんブログ
 
【お電話でのご予約】TEL:052-751-0613
診療時間
月~金
10:00~14:00 / 16:00~19:30
土・日
9:30~13:00 / 15:00~18:00
休診・・・祝日
阿部歯科 特別コラム

医院情報


千種区の歯医者 阿部歯科

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

【お電話でのご予約】
TEL:052-751-0613

ご予約・お問い合わせ

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

千種区の歯医者さん|Copyright © 阿部歯科. All Right Reserved.
Web Management Exe.
ご予約
ご相談
ページ
最上部へ