阿部歯科の院長・副院長・顧問・スタッフのご紹介ページです。

<電話番号をタップするとお電話できます>
TEL:052-751-0613
メール予約の受付は24時間可能です!ご予約・お問い合わせ
東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近くの歯医者
診療案内
院長、スタッフ紹介

院長、スタッフをご紹介いたします

院長:阿部 丈洋 (あべ たけひろ)

阿部 丈洋 (あべ たけひろ)
1978年
名古屋市千種区生まれ
1997年
東海高校 卒業
2003年
奥羽大学 卒業
2003年
愛知学院大学歯学部研修医、稲沢市民病院勤務
2004年
愛知学院大学第2口腔外科 勤務
2005年
岐阜県立多治見病院 救命救急、麻酔科レジデント
2006年
愛知県済生会病院 歯科口腔外科 医員
2009年
加藤歯科 勤務
2016年
オカダ歯科クリニック 勤務
2018年
阿部歯科 院長就任

院長からのメッセージ

初めまして。院長の阿部丈洋です。

私の自己紹介をさせて頂きたく思い、
長文ですが私の人となりを理解してもらうのに必要だと思い 下記に記したいと考えております。宜しくお願い致します。

人生のミッション

私は小太りで、けっこう人見知りな子供でした。
スポーツは苦手で知らない人のみならず知っている人に対してもシャイで
家族や祖父母くらいにしか心を開きませんでした。
何かあったわけではなく、気づいたらそんな内気な性格でした。

けど、人よりも得意だと思えることもありました。
絵やマンガを書くこと、プラモデルやミニ四駆を作ることです。
それから月日がたって今に至ります。

得意なことは細かい作業である歯科治療はかわらず、
いや磨きがかけられ性格に関しては真逆になりました。
得意なことは伸ばしながら、苦手なことは改善いやむしろ得意なことになりました。
その軌跡はおってお話していきたいと思います。

私の人生のミッション、「弱みはもともとの強み以上になる」
私は仲間と家族、患者様と一緒に笑顔でいたい。
一緒に幸せを分かち合いたい。
そう思えることに感謝します。
ありがとうございます。

誕生

私は名古屋市の東市民病院、現在の東部医療センターにて
1978年(昭和53年)6月26日に生まれました。
実家は名古屋市千種区の池下です。 生粋の地元民です。

池下も昔と比べて大分変化をとげました。
ショッピーというスーパーで生鮮食品を買いに親に連れていってもらったり、
祖父母も一緒に家族で地中海というレストランに夕食を食べに行ったりしていました。

幼稚園ではウサギの絵を上手に書いたり、社交的な子ども、コミュニティのメインも家族で、
今思うとその後続く暗い時期のことなんて微塵も感じなかったと思います。

高見小学校時代

小学生の頃、私は一人で楽しむようなことが大好きでした。

ビックリマンシールを集めたり、ミニ四駆(特にアバンテ)を作ったり、
自作のオリジナルマンガを書いたり、、、。

あんまり人と話すことなく黙々と自分の納得できるまで時間を使っていました。
そんな子供でしたので小学校では友達と呼べる人は少なかったです。

休み時間は一人ぼっち、クラスメートにどうやってしゃべりかけていいか分からず
帰る頃にはいっつもお腹が痛かった覚えがあります。
その反動で家に帰ったらカールを片手にファミコン(FF2)、
ゲームボーイ(魔界塔士サガ)をやりまくっていました。
そんな内向的な生活が後に苦労する性格を作ってしまいました。

東海中学時代

そんな暗い性格が災いして友達はほとんど出来なかったです。
小学生の時は明倫ゼミナールでまあまあ勉強した習慣は消え去り、
ひたすらなけなしのお小遣いをゲームセンター(ストリートファイター2)につぎ込む日々でした。

独りよがりで自分の中だけで解決、閉鎖的な人間でした。
そんな仲間を作らずコミュニケーション下手な私に、
日々がなんとなく心理的にツラく感じることが増えてきました。

東海高校時代

内気な性格になってしまった思春期に、少ないなかの友達からギターを教えてもらいました。
貯めていたお年玉でフォークギター(モーリス)を買いました。

とある真冬の公園で弾いてみました。
こんな騒音出していいのかな?(ダメです)と思いながら言われるがまま掻き鳴らしました。
聞く音楽も長渕剛や尾崎豊を好んでいました。

思春期に刺激を受けた私は、学校のホームルームでギター片手に歌ってみたりしました。
YDK(やればできる子)というよりも空気が読めないイタイ子でした。
そんな高校生で自分が何者になりたいかもなく親に勧められるがまま歯科大を受験し入学しました。

奥羽大学歯学部時代

コミュニケーションが苦手な私は福島県郡山の大学に入学し、一人暮らしを始めました。
お金があまりかからないかなと思い、空手部に入りましたが意外とお金がかかりました。

郡山市は駅前は栄えていますが、少し離れると田んぼが広がる郊外的な場所です。
のどかな場所での一人暮らしは、寂しい思いもありましたが生涯の友人、恩師に出会えました。

一人暮らしをするに辺り自炊、洗濯などはじめてのことも多かったですが
孤軍奮闘しながら行ったことは自分を成長させるのにいい経験だったと、今更ながらに思います。

成績はあまりよくなかったですが、大学六年生の特に友人から
「君の勉強の仕方は悪くないけどその勉強の仕方だと国家試験どころか卒業も難しいかもよ」
といわれまして、私は素直に「じゃあ、どのように勉強すればいい?」と聞き、
忠実にそのやり方を守ったら成績は面白いようにうなぎ登りでした。

大学最後の時になって、その貴重なアドバイスにより私は歯科医師になれました。
その友人には感謝しても感謝しきれない恩があると、今でも思っています。

卒後、口腔外科時代

卒後後、地元の名古屋市千種区の池下に戻り、
愛知学院大学歯学部の臨床研修医として勤務しました。
専属の科は第2口腔外科で、従たる施設として稲沢市民病院に配属されました。

はじめての社会人として苦難の連続でした。
ガンや交通事故、初めてみる大きな病気の前に私は立ちすくみ、
なにもできない自分がそこにはいました。

学校の知識と臨床が結び付かず、現場の凄惨さを思い知ることにになりました。
それから、恥ずかしながら勉強し続けることの大切さを身に染みて、
患者様のためになるように、知識、技術を臨床に落とし込んでいます。

麻酔科レジデント時代

口腔外科医局からの派遣で麻酔科レジデントとして県立多治見病院の麻酔科に配属されました。
お医者さんに混じって手術室での麻酔科医、救命救命、集中治療室での経験は
私の現在の、全身疾患の知識、経験の礎となりそのときお世話になった
麻酔科の医院の方々、部長には今でも感謝しております。
本当にありがとうございました。

普通の歯科医師では経験できないことをたくさん臨床の場で経験し得た知識を
その場で実践できたことは今後の地域の皆様への健康への役にかならずたてると
本当に思っています。
地域住民の一人として、地元への貢献としてお役にたてることができるようならば、
これ以上の幸せはありません。

病院勤務時代

麻酔科レジデントが終了し、医局の人事異動により
私は愛知県済生会病院の歯科口腔外科の医局院として配属されました。

そこでは、まさに口腔外科の技術を研鑽し、おもに親知らずの抜歯からガンの治療、
外傷、炎症に至る幅広い経験をさせて頂きました。

不幸なことに末期のガンのために亡くなってしまった患者様もおられました。
そのときの悲しみは書くに耐えれないほどです。
自分がどのようにすれば、目の前の患者様を助けることができるのか、、
文献を読む日々は数知れず、自分の時間など考えたことはありませんでした。
最新治療を取り入れたり、研修で県外に出ることはざらであり、
それでも目の前の患者様が助かってくれるならとの思いでいっぱいでした。
今でも、その思いは全く変わりません

歯科医院にての勤務医時代

口腔外科の時代が6年ほどあり、
一般歯科治療のことにたいしての修行が足りないと感じた私は、
歯科の治療の研鑽のために厳しい環境下に自分を置くことを決意しました。

その後10年ほど口腔外科の時に勝るとも劣らないほどの、激動の修行期間が続きました。
その日々が今の私の一般歯科治療への自信になっていることにたいして、
勤務先の先生方には感謝しても感謝しきれないです。

研修会やセミナーの日々、勉強会の日々、経営について学んだ日々を大切にして、
私の地元、池下で地域の患者様の口の悩みを解決するよう勤めていく所存であります。

ここまで読んで頂きありがとうございました。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

阿部歯科 院長 阿部丈洋
画像

『自分にあった歯科医院はどこなのか』、そういった悩みを抱える患者様は多くいます。

ひとりひとりの性格が違うように、ひとりひとりが求めて必要とする治療にも個性があります。

当院では、治療の必要性を説明した上で、
それぞれの患者様に合った治療計画の立案を説明させて頂きます。

阿部丈洋先生の推薦文 (医)オカダ歯科クリニック 理事長 岡田 実

阿部丈洋先生との出会い

2年前、当院が副院長になる人材を探していたところ、応募して頂きましたことがきっかけでした。

平成28年の2月だったのですが、名古屋には例年にない大雪の日で、
雪まみれの状態で、「交通渋滞で遅くなりました」と春風に吹かれるような、
さわやかな笑顔であいさつをされたのが印象的でした(笑)

共に働き、共に勉強したオカダ歯科クリニック時代

阿部先生は頭脳明晰、指先がひと並外れて器用で、
かつ診断のセンスが抜群に良く、
一般歯科、小児歯科、口腔外科、矯正歯科の治療を全てこなし、
当院勤務医の歴史上、最も腕の立つ歯科医師でした。

当院に勤務していた約2年の間に、阿部先生が、患者様に嫌そうな顔を見せたり、
スタッフを叱って怒鳴るなどの感情をあらわにした場面をただの一度も見たことがありませでした。
いつも穏やかで心優しい先生でした。

私から見た阿部先生

阿部先生は、生まれ持った手先の器用さとお父上譲りのセンスの良さに加えて、
長い間の努力と経験をふまえ、どんな難症例も治してしまう、凄腕の歯科医師です。

阿部先生ならば、どのような患者様のどんなお悩みやご相談にも親身になってお答えし、
その方のご希望やご期待に沿った治療をしてくれると思います。

「あべ歯科」を受診なさると、阿部先生やスタッフの方はいつも優しい笑顔で迎えてくれるとことでしょう。
きっと、宇宙旅行に行くようなワクワク楽しい気分になります!!

画像
画像

副院長、臨床コーディネーター:阿部 利晴 (あべ としはる)

阿部 丈洋 (あべ たけひろ)
1980年
名古屋市千種区生まれ歯科医師の祖父と父親を持ち地元で育つ
2005年
愛知学院大学歯学部 卒業
2005年
豊川市民病院 歯科口腔外科 臨床研修医
2006年
愛知学院大学歯学部 顎顔面外科学講座入局
2010年
愛知学院大学大学院 歯学研究科修了 総代
2010年
愛知学院大学歯学部 顎顔面外科学講座 非常勤助教
2010年
名古屋大学医学部附属病院 麻酔科 医員
2011年
アメリカ ペンシルベニア大学歯学部 勤務
2014年
アメリカ ペンシルベニア大学歯学部 講師
2014年
アメリカ 国立衛生研究所 国立歯科・頭蓋顔面研究所 非常勤連邦職員
2015年
阿部歯科 副院長
画像

副院長からのメッセージ

はじめまして!阿部歯科 副院長の阿部利晴です。

ここでは私がどういう風に育ってきて、
何故、阿部歯科で患者様との対話を大切にしたいと強く思ったのかをご紹介します。

祖父と父は歯科医師ですが、実は自分が歯科医師になるとは思っていませんでした。
私は、東部医療センター(旧東市民病院)で生まれ、
若竹幼稚園、高見小学校と大学を出て社会人になるまでずっと池下の周りで生まれ育って来ました。

歯科治療と思い出して最も古い記憶は、子供の頃から虫歯が多かった私に
乳歯でも父親が入れてくれた金歯の事です。

父はあまりしゃべるタイプではありませんでしたが、
それが寡黙で気持ちを伝える事の少なかった父の
歯科医師としてできる私への愛情だったのだと思います。

少し恥ずかしいのですが、その父親の愛情のこもった乳歯は今でも戸棚にしまってあります。

治療行為自体は無機質かもしれませんが、
そこには術者の患者様への気持ちが詰まっているのだと思えるエピソードでした。

次男という事もあって、子供の頃からいたずらの多かった私は
一時期歯科医師である祖父に諦めかけられた事もありました。

子供心にはこれは結構衝撃的でした。
今でも覚えていますがちょうど現歯科医院の前の広小路前で
祖父からダメ出しされつつ諦めの言葉を頂きました。
今思えばそれは将来歯科医師にはなれないだろうという言葉の裏返しだったのかもしれません。

子供の頃から兄は私より努力家で手先も器用で想像力が豊かでした。
そんな兄と比べて挫折の多かった私はそう思われてしまったのかもしれません。
そんな子供時代でしたが、中学、高校、大学とずっと地元で育って来ました。

私が愛知学院の歯学部に入学した時にはすでに祖父は亡くなっておりました。

厳しい言葉もたくさんもらいましたが、寡黙な父親とはまた一味違った
昔ながらの厳しい父親像の様な祖父でした。
昔気質で実直な祖父だったので、私が歯学部に入学した姿を見ていたら
きっと喜んでくれて頂ろうと今でも思い返します。

歯学部を卒業して歯科医師免許を取得し、臨床研修、大学院、病院勤め、
渡米と時代が進みアメリカで忙しい日々を過ごしていたそんな時、
父の体調が悪くなってきたと連絡を受けました。
兄はどうしても実家に帰れない事情があり、それでも父を一人診療所に立たせるわけにはいかない。

悩みましたが、帰国を決めました。

帰国すると当時上司だったアメリカの教授に話した夜、
家に帰ってバスルームでシャワーを流しながら泣きしました。

ペンシルベニア大学を辞める事ではなく、
ただ教授と離れる事を考えたら涙を流さずにはいられませんでした。

大げさかもしれませんが、アメリカで過ごした日々の生活の中で
教授は私にとって親友であり、家族でした。
そして、私の30代前半の仕事観や価値観に大きな影響を及ぼした本当に素晴らしい恩師でした。

阿部歯科 副院長 阿部 利晴

顧問:阿部 本晴 (あべ もとはる)

顧問 阿部 本晴(あべ もとはる)
[経歴]
・阿部歯科 名誉院長
・歯学博士
・日本口腔外科学会 指導医、専門医、認定医
・日本成人矯正歯科学会 常務理事

English

Welcome to stop by us at the Abe Brother Dental Clinic.

About Us
We have 2 doctors and specialized many aspects of dentistry. You can rest assured that you are being treated by the best of the best!

Our Services

General Dentistry
Pediatric Dentistry
Endodontics
Prosthodontics
Esthetic Dentistry
Periodontics
Dental Implants
Oral Surgery


Can You Communicate in English?
Yes, we do!
Please do not hesitate to ask for information if you have any questions.

What Insurance Do You Accept?
We accept Universal Health Insurance Coverage in Japan.

What Age Groups Do You Serve?
We welcome patients of all ages. There are no age limits here.


Our Doctors
We take care of all your dental needs.

Director
Toshiharu Abe, DDS, PhD
About Me
After receiving his DDS and PhD from Aichi-Gakuin University, Dr. Abe practices many aspects of clinical dentistry.
In 2005 he joined Department of Maxillofacial Surgery, has been practicing at many hospitals and private practices.
In 2014 he was appointed associate faculty at the University of Pennsylvania School of Dentistry, USA.
He enjoys travel.

Assistant Director
Takehiro Abe, DDS
About Me
In 2003 after receiving his DDS, he has been practicing at many hospitals and private practices.
He enjoys driving a car.

Get Your Appointment Now!
Our Office Location

2-18-17 Nakata, Chikusa-ku,
Nagoya, Aichi 464-0074Welcome to stop by us at the Abe Brother Dental Clinic.

About Us
We have 2 doctors and specialized many aspects of dentistry. You can rest assured that you are being treated by the best of the best!

Our Services

General Dentistry
Pediatric Dentistry
Endodontics
Prosthodontics
Esthetic Dentistry
Periodontics
Dental Implants
Oral Surgery


Can You Communicate in English?
Yes, we do!
Please do not hesitate to ask for information if you have any questions.

What Insurance Do You Accept?
We accept Universal Health Insurance Coverage in Japan.

What Age Groups Do You Serve?
We welcome patients of all ages. There are no age limits here.


Our Doctors
We take care of all your dental needs.

Director
Toshiharu Abe, DDS, PhD
About Me
After receiving his DDS and PhD from Aichi-Gakuin University, Dr. Abe practices many aspects of clinical dentistry.
In 2005 he joined Department of Maxillofacial Surgery, has been practicing at many hospitals and private practices.
In 2014 he was appointed associate faculty at the University of Pennsylvania School of Dentistry, USA.
He enjoys travel.

Assistant Director
Takehiro Abe, DDS
About Me
In 2003 after receiving his DDS, he has been practicing at many hospitals and private practices.
He enjoys driving a car.

Get Your Appointment Now!
Our Office Location

2-18-17 Nakata, Chikusa-ku,
Nagoya, Aichi 464-0074

 
【お電話でのご予約】TEL:052-751-0613
診療時間
月~金
10:00~14:00 / 16:00~19:30
土・日
9:30~13:00 / 15:00~18:00
休診・・・祝日
千種区の歯医者さん|Copyright © 阿部歯科. All Right Reserved.
Web Management Exe.
ご予約
ご相談
ページ
最上部へ
TOP
PAGE