千種区池下の歯医者 阿部歯科 副院長の阿部利晴によるブログで、アメリカの歯科医療についての事情等を載せています。

<電話番号をタップするとお電話できます>
TEL:052-751-0613
<時間外受付はこちら(初診のみ)>
TEL:090-3300-5882
メール予約の受付は24時間可能です!ご予約・お問い合わせ
東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近くの歯医者
診療案内
副院長ブログ

当院副院長からのお知らせ、出来事のご紹介です。

仮歯とプロビジョナルレストレーションの違い

歯が虫歯になってしまった等の理由で歯に冠を被せる事になった時に歯を削った後の仮歯を被せる場合もあるのですが、仮歯というと患者さんの中には聞いた事がある方もいるかもしれません。ですが、プロビショナルレストレーションという言葉はあまり馴染みがないと思います。実はこの二つは一見見た目には似たように見えるのですが、その目的も作製工程も素材も大きく違います。難しい名前のプロビショナルレストレーションですが、治療計画によってはなくてはならない非常に大切なものになります。
今日はそんな仮歯とプロビショナルレストレーションというものについてお話をしようと思います。

仮歯

仮歯の目的はその文字の通り仮の歯を入れる事です。例えば前歯に被せ物をする時には歯をぐるっと削らないといけませんが削ったままではあまりに目立ちすぎるため前歯の形をしたプラスチック製の仮の歯を入れる事があります。この仮歯は基本的に歯の周りを削って型を取ってから被せ物が入るまでのかりそめの歯という位置ずけで1番の役割は削った歯が目立ちすぎないようにするという事です。

プロビジョナルレストレーション

一方プロビジョナルレストレーションの目的は仮歯とは全く違います。プロビジョナルは日本語で仮、レストレーションは復元、回復を意味します。見た目には一見して仮歯と似ているように見えますが、その目的は歯の機能を仮に回復するというものなのです。
少しわかりにくいかもしれませんが、仮歯は見た目の体裁を保つのが1番の目的なのに対してプロビジョナルレストレーションは最終的に入る被せもののリハーサルのようなものです。もっと言ってしまえばプロビジョナルレストレーションとは最終的に入る被せものと材質が違うだけの同じ姿形をしたものと言ってしまってもいいのです。
患者さんによっては下の歯全部を直したり形を変える必要のある方もいますが、いくつもの歯の形が急に変われば噛み合わせや歯同士のあたりも非常に難しくなります。それを本番一発で治すのではなく、まずリハーサルを入れてその噛み合わせや見た目、形、歯茎へのあたりなど事細かに調整をしていきます。そのため治療計画によってはこのプロビジョナルレストレーションを1年以上入れ続けて形を調整して行くことさえあります。そのためにもプロビジョナルレストレーションに使われる素材はただのプラスチックではなく硬さも耐久性もある素材が使われます。素材にはハイブリッドセラミックと呼ばれるプラスチックにセラミックの粉を混ぜて耐摩耗性を高めた上に高温で固く焼き固めた耐久性の高い物を使う事があります。これくらいしっかりとしないと長期間にわたる被せもののリハーサルには耐えられないのですね。
このプロビジョナルレストレーションを入れて噛み合わせが自然になるように調整した上で歯自体の見た目や歯茎に接する面の形、機能性を完成させていき最終的に同じ形の被せ物を入れて行くのです。まさにかりそめに(歯の機能性を)回復させるという名前の通りの目的のものなのです。千種区の歯医者の阿部歯科では歯の見た目だけではなくこのように歯の機能といった面からも治療計画を立てて治療をすすめています。
 
【お電話でのご予約】TEL:052-751-0613
診療時間
月~金
10:00~14:00 / 16:00~19:30
土・日
9:30~13:00 / 15:00~18:00
休診・・・祝日
阿部歯科 特別コラム

医院情報


千種区の歯医者 阿部歯科

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

【お電話でのご予約】
TEL:052-751-0613

ご予約・お問い合わせ

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

千種区の歯医者さん|Copyright © 阿部歯科. All Right Reserved.
Web Management Exe.
ご予約
ご相談
ページ
最上部へ