千種区池下の歯医者 阿部歯科 副院長の阿部利晴によるブログで、アメリカの歯科医療についての事情等を載せています。

<電話番号をタップするとお電話できます>
TEL:052-751-0613
メール予約の受付は24時間可能です!ご予約・お問い合わせ
平日の遅めの時間と土日が予約が取りづらくなっていますので、お早めのご予約をおすすめします
東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近くの歯医者
診療案内
副院長ブログ

当院副院長からのお知らせ、出来事のご紹介です。

2019年12月アーカイブ

歯科治療シミュレーター.jpg

どんなにうまく仕事や物事をこなせる人にも必ず初めてその事を経験した瞬間があるのと同様に、どんな歯医者さんにも当然初めて患者さんを治療したという瞬間があります。

初めて患者さんに触れる前に歯医者さんは学生の時に模型や人を模したマネキンで治療の訓練を積むのですがその訓練の方法も最近では少しずつ変わりつつあります。

池下の阿部歯科の院長と副院長も学生の時はもちろんこのような訓練を積んでいたのですが当時にはなかった実習方法も今では開発されてきています。

従来からある模型実習

私がまだ歯学部の学生だった頃の治療の訓練は昔からある模型や人を模したマネキンを使った治療の訓練でした。

模型ではプラスチック製の歯を使ってどのように歯を削ればいいか、感染してしまった歯の神経を取ればいいのかといった解剖学的な知識の習得と共に治療技術の訓練を行っていました。

時には学校の実習授業中に教員の先生の指導の基で消毒済みの抜歯された実物の歯を石こうに固定して実際に削って練習する事も行っていました。

人を模したマネキンの実習ではマネキンの口にプラスチック製の歯を付けて実際に患者さんを治療するような姿勢、状況で治療のシミュレーションを行う実習と訓練を行っていました。

これらのプラスチック製の歯やもしくは消毒済みの抜歯された歯を使った従来からある模型実習は古くから治療手技の獲得のために世界中で行われています。

このような実際の削る対象を持った実習方法とは別に最近ではバーチャルの仮想シミュレーション上で治療を行うという手法も出てきています。

仮想空間で削る歯

仮想空間で削る歯はその症例の選択はもちろん歯を削った時の感触や硬さを再現して、使う道具の選択といった事も行えます。

飛行機のコクピットのように機械に向かって歯を削るドリルを模した器具やその他の道具を模した棒を握ってコンピューター上で道具を切り替えながら仮想上の歯を削っていきます。

仮想のシミュレーションを行う場合は最も難しくなるのがやはり歯を削った時の感触や角度となりますが、最新のシミュレーターでは歯の構造による感触の変化、虫歯になった歯を削った時の感触、見る角度の変化など様々な要素が仮想上で再現されています。

このような最新のシミュレーターは普及はまだまだですが、私の働いていたアメリカのペンシルベニア大学歯学部でも取り入れられて教育に用いられていました。

仮想上で歯を削る訓練をする場合のメリットはやはり様々な症例を体験できるという事だと思います。一方で従来からある模型を使った実習にももちろん利点はありますのでそれぞれの良いところを取りながら複数の実習と訓練がこれからはすすんでいくのかなと思っています。

(関連記事:歯医者さんのドリル

 

エナメル質ナノ結晶.jpg

食事をする中で歯は毎日のように使われていますが、その中でも歯の部位によってそれぞれに役割があり食べ物を噛んだりすり合わせたりしていますが、そのような毎日の歯へかかる力を受け止めている歯の構造にエナメル質があります。

歯を覆うエナメル質は体の組織の中で最も硬い組織なのですが単に硬いだけではなく、歯の他の組織やエナメル質そのものの構造にも日々の食べ物を噛む際の負荷に耐えられるような構造があります。

(関連記事:歯の構造について

歯が割れないために

エナメル質は何か硬いものを不用意に噛んでしまったり日々かかる負担でヒビが入ったり割れたりする事がありますが、これを防ぐために歯根膜や象牙質といった組織が歯にはあります。

歯根膜では食べ物を噛んだ際の圧力を感じる事ができ、あまりに力をかけすぎて歯が割れないように制御をしています。

象牙質ではエナメル質を下から支えるようにして、食べ物を噛んだ際にエナメル質が割れないように歯根膜と共にクッションのように守っています。

このような組織的な構造によって歯を覆うエナメル質が割れないように守られているのですが何かしらの原因でエナメル質にヒビが入り始めてしまうという事もあります。

歯に入るヒビ

エナメル質は95-97%がハイドロキシアパタイトと呼ばれる無機質で構成され、残りが有機質と水分で構成されていますが、このほとんどが無機質で構成されている特性のため非常に硬いという特性があります。

この特性上、ヒビや破折をふせぐために象牙質や歯根膜でその予防をしているのですが、それでもエナメル質にヒビが入ってしまう事があります。ひとたびエナメル質にヒビが入り始めるとそのヒビが大きくなりやがて歯が割れてしまう事もあるのですが、歯のエナメル質にヒビが入っているもののその後も長く歯を使い続けられている患者さんも多くいます。

この歯のエナメル質にヒビが入ってしまった場合の対処方にハイドロキシアパタイトの結晶方向の特性が関係しているかもしれないという話が最近報告されました。

歯のエナメル質が硬くても、もろくなりにくくするために

硬い物質は硬さがある一方でもろいという特性も持ち合わせる事があります。

そのようなもろさの弱点を弱めるためにエナメル質のハイドロキシアパタイトの結晶の方向が関係しているかもしれないというのです。

エナメル質にはエナメル小柱と呼ばれる柱のような構造と、その間に存在するエナメル小柱間質と呼ばれる結晶方向の違う構造が存在しています。このエナメル小柱の内部のハイドロキシアパタイトのナノ結晶の方向はエナメル小柱の長軸方向に平行に結晶化していると考えられてきました。

しかしこのエナメル小柱のナノ結晶構造を確認すると全てが長軸方向に平行になっているのではなくところどころで1-30°ずれるようにしてナノ結晶構造が整列している事が可視的に確認されました。

ハイドロキシアパタイトのナノ結晶構造の方向がずれる事が意味する事

この隣接するハイドロキシアパタイトのナノ結晶構造が1-30°ずれる事がエナメル質にどのような意味をもたらしているのでしょうか。

それは、エナメル質に対して小さいヒビが入り始めた際に一気にそのヒビが伸びていくのではなく、ヒビの方向をそらせてヒビが大きく繋がらないようにしている可能性があるという事がシミュレーション上で観察されました。

つまり、日々の歯への負担の際に生じるエナメル質への細かなヒビ(マイクロクラック)が発生した際にそれ以上ヒビを悪化させずに、それよってエナメル質のもろさを構造的に補填している可能性があるという事です。

歯にヒビが入る予防だけではなく歯にヒビが入ってしまった際の対応という点でも歯のエナメル質には機能が備わっている可能性が示唆されたわけです。長い食生活の上で歯を守るためにまだまだ知られていないこのような色々な機能が歯には備えられていると思うとその機能を理解する事でより良い治療法が発展していくかもしれません。

今池から5分の歯医者の阿部歯科では予防歯科に力を入れているため、虫歯や歯周病だけではなく患者さんが普段の生活でどのような事に気を付ければより歯を長持ちさせる事ができるかこれからも最新情報をお伝えしていければと思っています。

参考文献:The hidden structure of human enamel. Beniash E, et al. Nat. Commun. 2019.

 

【お電話でのご予約】TEL:052-751-0613
診療時間
10:00~14:00

16:00~19:30

▲ 土日:9:30~13:00 / 15:00~18:00 休診・・・祝日
親知らずと抜歯・歯周病治療の専門サイト
阿部歯科 特別コラム

医院情報


千種区の歯医者 阿部歯科

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

【お電話でのご予約】
TEL:052-751-0613

ご予約・お問い合わせ 平日の遅めの時間と土日が予約が取りづらくなっていますので、お早めのご予約をおすすめします

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

千種区の歯医者|Copyright © 阿部歯科. All Right Reserved.
Web Management Exe.
ご予約
ご相談
ページ
最上部へ