名古屋市千種区の歯科医院 阿部歯科院長のブログ。歯科治療に関する話題を更新。

<電話番号をタップするとお電話できます>
TEL:052-751-0613
メール予約の受付は24時間可能です!ご予約・お問い合わせ
平日の遅めの時間と土日が予約が取りづらくなっていますので、お早めのご予約をおすすめします
東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近く
診療案内
院長ブログ

当院院長からのメッセージや出来事のご紹介です。

知覚過敏という症状

皆さんは知覚過敏という言葉をご存じでしょうか。よく耳にする言葉ではあると思いますが、症状が出てきた場合にはかなり不快な症状のひとつではあります。読んで字のごとく感覚のなかの知覚が通常じでは感じないレベルでも過敏に反応してしまう症状のことです。
IMG_20171121_140047.jpg
感覚には、知覚以外にも触覚、痛覚などがあり知覚神経という神経繊維が過敏に反応してしまうのが知覚過敏です。運動神経ではありませんので、その過敏症によって顔形が変わったり、運動障害が現れることはありません。神経繊維にはそれぞれ役割があって各々で作用を営んでいるのです。

しみる

知覚過敏の主な症状としては、歯が凍みるということがあります。正式名称では象牙質知覚過敏症と言われまして、治療法の根幹としては、象牙質の露出にたいするケアと歯髄保護があげられます。象牙質というのは歯のエナメル質の内側にある部分でして、歯髄というのは歯の神経のことです。

ホームケア

それらを行うに当たって、ポイントとしてはホームケアと院内処置を上手に組み合わせることが大きなポイントになります。片一方だけでは結果として、なかなか予定とする症状の回復が見込めないこともあります。両方をうまく使いながら症状の緩和に勤めていくことが重要になります。
 
ホームケアには主に歯磨き材を変えることがあります。市販で売っていますシュミテクトなどがそれに当たります。ささくれだってしまった神経をなだめる作用のある成分が入っていることと、着色を除去するための研磨剤が入っていないことにより症状を押さえていくことになります。
 
デメリットとしては研磨剤が入っていないことにより、着色しやすいといことがあげられます。磨いているのに歯が着色してしまうのは、その研磨剤が入っていないことによることが大きいのです。おすすめの使い方としては凍みる部分だけ専用の歯磨き材を使っていただき、他の部分は通常の歯磨き材を使うことにより染みない環境を作り、かつ着色もとれと思います。
 
院内ケアとしては凍みるのをコーティングするような材料を塗布することによって象牙質への刺激を遮断することによって症状の緩和に勤めれます。緩和は一時的なものですので、ホームケアとの組み合わせをおすすめ致します。コーティング材を行う処置は決していたい処置ではないですので、ご安心いただければと思います。比較的短時間で終わる処置ですので、かつ保険適応の処置ですので費用面においても心配はありません。知覚過敏と思われる症状がありましたら、一度歯医者さんで診察を受けてみてはいかがでしょうか。
 
千種区池下の歯医者ブログ
 
【お電話でのご予約】TEL:052-751-0613
診療時間
10:00~14:00

16:00~19:30

▲ 土日:9:30~13:00 / 15:00~18:00 休診・・・祝日
親知らずと抜歯・歯周病治療の専門サイト
阿部歯科 特別コラム

医院情報


千種区の痛くない歯医者

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

【お電話でのご予約】
TEL:052-751-0613

ご予約・お問い合わせ 平日の遅めの時間と土日が予約が取りづらくなっていますので、お早めのご予約をおすすめします

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

千種区の歯医者 Copyright © 阿部歯科. All Right Reserved.
Web Management
Exe.
ご予約
ご相談
ページ
最上部へ