名古屋市千種区の歯科医院 阿部歯科院長のブログ。歯科治療に関する話題を更新。

<電話番号をタップするとお電話できます>
TEL:052-751-0613
東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近く
診療案内
院長ブログ

当院院長からのメッセージや出来事のご紹介です。

【歯科治療系】歯科医院で使用するお薬の役割

千種区池下の歯医者、阿部歯科 院長です。
本日も患者様からよくいただくご相談/お悩みから、最新の歯科医療などに関する話題まで専門的な情報をくわしくお届けします。


歯科治療を受けた後にお薬を処方される場合があります。
薬物療法は、多くの咀嚼システムの筋骨格系(食べ物を噛む時に使う骨)の疾患に対する治療としてよく行われます。

薬物は歯科医院での診断の助けになったり、患者さんの急性の痛みや不安を取り除いたり、局所的・全身的な疾患を抑制するといった大きな利点があります。またはリハビリテーション計画の一部としても使用されます

今回は”歯科医院で使用するお薬の効果や役割”について、専門の歯科医が患者さんに分かりやすく解説いたします。


記事の更新日:2022年2月16日18時

2022abe-dental-loxonin.jpg
 

病気の原因(原因因子)に関する確認

こちらの確認段階におきまして、まず慎重に考えなければなりません。病気の原因となる要素は、実に複雑で多様であります。
それらは障害あるいは精神的ストレスに対する反応や潜在的な全身疾患、遺伝的要素のような体質的/生理的要素である可能性も考えられるからです。
 
こういった多様な要因が検討される中、適切な薬物に関する決定を行うために、特定の原因をもとに選択する必要があります。
例えば、精神的葛藤や不安、抑圧などが主な原因ならば抗精神薬などの投与が必要になります。極度の開口障害や、関節包の浮腫が夜間のブラキシズム(歯ぎしり)と関連していることが分かった場合は抗炎症薬を抗不安薬と一緒に就寝前に投与すると有効です。

通常、歯科医院にて処方されます抗炎症薬はロキソニンが多いでしょう。

 

痛みの発生源について分かっていること

薬物療法が効果的に行われると、痛みの組織的な部位が明確になってきます。痛みは筋内受容器や腱内受容器で主に発生すると考えられますが、関節包・歯周組織・骨膜・血管の周囲の受容器からも発生することが現在分かっています。

痛みは一点あるいは数ヶ所のトリガーポイントがあることが考えられ、さらに広がって多発する場合もあります。

 

急性か慢性の痛みかによっても異なる

急性の痛み」と「慢性の痛み」とでは明らかに違うことも判明しています。従って、薬物投与においても対処が異なってきます。

急性の痛みは、鎮痛薬などの使用によりカテコールアミンという物質の放出を抑制しなければなりません。そして、慢性の痛みに対しては筋萎縮や線維症、身体的社会的な不活性、うつ状態、全身的な副交感神経優位が関わってきます。そのため、抗うつ薬等、その症状に合わせた効果的な薬物投与が必要になってきます。

2022abe-dental-clinic2.jpg
 
 

投与計画を立て、適切に薬物を処方する

通常、使用する薬物は主に五つのものが挙げられます。それは局所麻酔薬鎮痛薬抗炎症薬不安緩解薬抗うつ薬です。

しかしながら、薬物の乱用はその効果を弱めてしまうといった恐ろしいリスクがあるため、むやみに投与するのではなく慎重に投与計画を立てます。専門の歯科医は、患者さんの苦しみに対し、効果的に対処していかなければならないため、その処方判断は重要です。
 
 

当院では適切に薬物を使用し歯科治療を行っています 

阿部歯科では短期的に考えるとそのお薬をすぐに処方した方が良くても、長期的に考えた場合、その患者さんのためにならない場合は容易に薬物を処方することはしません。

全項目で記載しましたように、その患者さんの痛みの要因やお口の状態、歯科治療計画等に基づき、適切な投与計画を予め立案することが大切です。
また、お薬の中には1日1回就寝前に服用すればいいものから、1日2回飲まなければならないタイプもあり、よくお車を運転される患者さんにおいては薬の服用によって強い眠気が出てしまうことを避ける必要があります。

そのため、患者さんの普段のライフスタイルやお仕事なども加味し、どういったお薬の服用が適切か?等も検討いたします。歯科治療同様、複数の方法がある中で、その患者さんにとって本当に必要な処方とはどういったものか?をよく検討し進めます。

2022abe-dental-clinic.JPG


「以前にお薬の服用でアレルギー症状が出てしまった…「あまり薬物療法が好きではない」等のお悩みや疑問がありましたら、お気軽にご相談ください。
当院では名古屋市千種区を中心に多くの患者様にご来院いただいております。これからも地域に根差した、より良い歯科治療をご提供できますよう努めてまります。どうぞ、よろしくお願いいたします。
 

【本記事の執筆者について】
千種区の歯医者 阿部歯科院長 阿部 丈洋(あべ たけひろ)
dental doctor abe2020.jpg
 
≪院長の主な経歴≫
1978年:名古屋市千種区生まれ
1997年:名古屋 東海高校 卒業
2003年:奥羽大学 卒業
2003年:愛知学院大学歯学部研修医、稲沢市民病院勤務
2004年:愛知学院大学第2口腔外科 勤務
2005年:岐阜県立多治見病院 救命救急、麻酔科レジデント
2006年:愛知県済生会病院 歯科口腔外科 医員
2009年:加藤歯科 勤務
2016年:オカダ歯科クリニック 勤務
2018年:千種区の阿部歯科 院長就に就任
 
千種区の歯医者 阿部歯科TOPページはこちら
【お電話でのご予約】TEL:052-751-0613
診療時間
10:00~14:00

16:00~19:30

▲ 土日:9:30~13:00 / 15:00~18:00 休診・・・祝日
親知らずと抜歯・歯周病治療の専門サイト
阿部歯科 特別コラム

医院情報


千種区の痛くない歯医者

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

【お電話でのご予約】
TEL:052-751-0613

平日の遅めの時間と土日が予約が取りづらくなっていますので、お早めのご予約をおすすめします

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

千種区の歯医者 Copyright © 阿部歯科. All Right Reserved.
Web Management
Exe.
ページ
最上部へ