名古屋市千種区の歯科医院 阿部歯科院長のブログ。歯科治療に関する話題を更新。

<電話番号をタップするとお電話できます>
TEL:052-751-0613
メール予約の受付は24時間可能です!ご予約・お問い合わせ
平日の遅めの時間と土日が予約が取りづらくなっていますので、お早めのご予約をおすすめします
東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近く
診療案内
院長ブログ

当院院長からのメッセージや出来事のご紹介です。

【歯科治療】カリエスの要因と段階毎の治療内容

千種区池下の丁寧で患者さんに優しい歯医者、阿部歯科 院長です。
本日も「患者様からよくいただくご相談/お悩みから、最新の歯科治療に関する話題」まで専門的な情報をお届けします。


「カリエス」という言葉をご存じでしょうか?普段あまり聞く言葉ではないかもしれません。
カリエスとは、またの名をデンタルカリエスと言います。つまり、一般的なネーミングでいうと虫歯の意味です
虫歯という皆さんすぐに分かるのではないでしょうか。当歯科医院へお越しなる新規患者様も虫歯が原因でいらっしゃる方も多いです。

カリエスは皆さんご存じの通り、歯に穴が開いてしまう病気になります。今回は虫歯の要因や進行・細菌・治療方法について専門的にご説明したいと思います。
 
記事の更新日:2021年6月17日19時
 
IMG_20180220_131804.jpg
現在、「どのように歯に穴が開いてしまうか?」については既に広く知られている内容です。
虫歯、歯科医院では「カリエス」と呼ぶことが多いのですが、極小さな状態の損傷で発見しの上、予防することが重要です。

まだ小さなカリエスの段階でしっかりと予防し、大きなカリエスへと症状が進行する前に未然に対処することが、歯の寿命を伸ばします。
 

カリエスが進行する前に適切な歯科治療を

カリエス病変について、早い段階で適切な歯科治療を行っていないと、次第に大きくなります。そして、後にはその進行を送らせるため、破壊されてしまった歯質を取り除く必要がでてきます。

場合によっては、神経の除去もしなければならない症状もあるので十分注意が必要です。小さなカリエスの状態でならば、小さな充填で対応できる場合もあるのです。
 
Early treatment of tooth decay20200617.jpg

 

カリエスを患ったままの歯科治療では再発をする

一時的に対象の歯を治したとしても、大きな問題なのは病気としてのカリエスを患ったままだという点です。
このような場合、充填や修復物の間から再度カリエスになってしまい、その後、長く持たない可能性があります。何故なら残ったままのカリエスが引き続き、充填や修復物の周囲から歯を破壊し続け、再度穴が開いてしまうリスクがあるからです。
 
歴史的には、実はカリエスはここ数年の問題であり、カリエスが広く世の中の共通問題となり出したのは近代に入ってからです。

実際に1900年代ごろ、経験されたカリエスは他の時代ではほとんど無いとされています。ヴァイキング時代にカリエスが少し見つかるケースがあっても、歯列全体に渡るようなカリエスは稀だったとのことです。つまり、カリエスは西洋文明によって生じ始めた贅沢病であり、実際は糖類摂取が常習化することが要因として多いのです。
 

カリエスは細菌が要因と分かる以前は…

現在、カリエスは細菌が酸を作ることによって歯を溶かすという事が分かっています。しかし、その原因が明らかではなかった時代では、「顎の骨の中の何かが歯を通じ出てきた」と考えられていた頃もあります。

1500年代では食物が分解され酸となることにより、カリエスができると考えられていた時代もありました。
 

阿部歯科でのカリエス治療:進行状態により治療が変わる

初期の段階では、エナメル質に含まれるカルシウム等が解け、白い斑点が見えます。この状態はあまり患者様に自覚症状はありませんが、歯に小さな穴が開いたり、表層にツヤがなくなる等の症状が見受けられます。この段階ではカリエス部分を削り、レジンまたはインレーを詰める歯科治療を行います。


C2と呼ばれる「エナメル質を越え、象牙質までカリエスが進行する」状態だと、冷たいものを食べた時にしみることが増えます。つめもの/インレーや被せ物/クラウンによる処置を行います。歯科技工士がクラウンを作った後、噛んだ時に違和感がないかを確認します。その後、歯科用のセメントで接着をします。

C3ではさらにカリエスが進行し、神経にまで達した状態のため、ズキズキと刺すような強い痛みを感じます。場合によっては神経が死んでしまっているケースも。神経が死んでいる場合は根幹治療にて、歯の神経をとります。その後、神経の入っていた管を消毒します。そしてクラウンによって歯を補強します。


最後にC4です。歯の頭がほぼ崩壊しており、歯の根の部分のみが残されています。歯の根から神経だけでなく、周囲組織にまで細菌が進行し、炎症を起こしているため、腫れて非常に強い痛みを感じます。その場合の治療は抜歯となることが多く、その後、ブリッジという固定式の入れ歯や取り外し式の入れ歯、インプラントによる治療等を行います。
 
 

千種区でカリエス治療を行うなら

阿部歯科では、できるだけ「歯を抜かない」「神経を取らない」歯科治療を重視しています。何故なら、ご自身の自然の歯に勝るものはないからです。


そのため、抜歯の必要がある前の段階で少しでも早期に歯科医院へとご来院いただき、早め早めの処置を行うことがカリエス治療にとって最も重要です。


他の歯科医院さんで抜歯の判断となった症状でも、治療計画を念入りに検討し、できるだけ最終手段の抜歯とならないよう治療方法を模索します。

また患者さんのお体に負担のない、痛みの少ない治療を重視しているため「長く歯医者へ行っておらず、行くのが不安」「治療が痛いのでは…」といった方は一度ご相談ください。その患者さんにとって最もストレスのない歯科治療方法を検討させていただきます。
 

【記事の執筆者】
千種区の歯医者 阿部歯科院長 阿部 丈洋(あべ たけひろ)
dental doctor abe2020.jpg
 
≪院長の主な経歴≫
1978年:名古屋市千種区生まれ
1997年:名古屋 東海高校 卒業
2003年:奥羽大学 卒業
2003年:愛知学院大学歯学部研修医、稲沢市民病院勤務
2004年:愛知学院大学第2口腔外科 勤務
2005年:岐阜県立多治見病院 救命救急、麻酔科レジデント
2006年:愛知県済生会病院 歯科口腔外科 医員
2009年:加藤歯科 勤務
2016年:オカダ歯科クリニック 勤務
2018年:千種区の阿部歯科 院長就に就任
 
千種区の歯医者 阿部歯科のTOPページはこちら
【お電話でのご予約】TEL:052-751-0613
診療時間
10:00~14:00

16:00~19:30

▲ 土日:9:30~13:00 / 15:00~18:00 休診・・・祝日
親知らずと抜歯・歯周病治療の専門サイト
阿部歯科 特別コラム

医院情報


千種区の痛くない歯医者

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

【お電話でのご予約】
TEL:052-751-0613

ご予約・お問い合わせ 平日の遅めの時間と土日が予約が取りづらくなっていますので、お早めのご予約をおすすめします

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

千種区の歯医者 Copyright © 阿部歯科. All Right Reserved.
Web Management
Exe.
ご予約
ご相談
ページ
最上部へ