池下の歯医者 阿部歯科院長のブログです。歯科治療に関する話題を中心に更新しています。

<電話番号をタップするとお電話できます>
TEL:052-751-0613
<時間外受付はこちら(初診のみ)>
TEL:090-3300-5882
メール予約の受付は24時間可能です!ご予約・お問い合わせ
東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近くの歯医者
診療案内
院長ブログ

当院院長からのメッセージや出来事のご紹介です。

2019年4月アーカイブ

千種区池下の阿部歯科です。歯の痛みの悩ましい痛みの中に、知覚過敏という痛みがあります。正式には象牙質知覚過敏症といいます。どこかで聞いたことがあるかもしれませんが、実際にこの症状の出くわすことは歯医者さんとしては多いことを実感しています。患者さんも診断して知覚過敏のことをお伝えすると理解してくれていることからも、認知されている症状だと考えています。

知覚過敏症

神経がある歯を生活歯と言います。反対に神経をとってある歯を失活歯といいます。この神経がある歯である生活歯に起きる症状が知覚過敏なのです。神経をとってある歯である失活歯では知覚過敏は起きません。つまりは、歯の神経が過敏になってしまった症状が知覚過敏症、もしくは象牙質知覚過敏症と言われるものなのです。

知覚過敏の実際の痛みとは

神経がある生活歯において象牙質が何かしらの原因によって露出してしまった場合に起きてしまう知覚過敏では、歯ブラシの刺激でしたり、冷たいものを飲んだときや、熱いものを飲んだときや、甘いものであったりの刺激で一時的に鋭い痛みが起きることがあります。
 
これらの痛みは、知覚過敏を引き起こしている刺激を取り除くことによりまして痛みは消え去ってしまいます。歯の神経の痛みとは分けられまして、象牙質知覚過敏症として分類されております。自発痛というなにもしないでも痛いということはなくて、様々な刺激が加わったときにいたくなるのです。歯磨きや、冷たいものを飲んだ時に多いのではないかと考えております。

知覚過敏の原因とは

知覚過敏の原因には色々あるのですが、大きく分けると歯周病と歯周病以外による象牙質の露出が原因であると思います。歯周病では歯茎が下がってしまうことによって象牙質が露出することで痛みが出てしまいます。歯周病以外での象牙質の露出では虫歯や歯の亀裂、歯が擦れてしまったことや、歯を削ったあとの痛み、酸蝕症による象牙質の露出等があると思います。

知覚過敏でなんで痛みが起きるの?

知覚過敏で痛みが起きる理由については様々な説が考えられています。一番多く支持されていることには、象牙質の表面に刺激が加わって、その刺激によりまして象牙細管という管のなかの液体が動きます。その動きが歯の神経の近くを刺激することによって痛みが生じると言うことが考えられている説があるのです。その説を動水力学説と言われております。
 
もしも、知覚過敏が疑われる方は一度、歯医者さんに相談してみてはいかがでしょうか?悩むよりも専門的に相談していただくと心配事は減るのではないでしょうか?ぜひとも歯医者さんに歯の検診に行ってみてくださいませ。
 
こんにちは。千種区池下の阿部歯科のブログです。今回は、なかなかよく聞くかもしれないですけれども意外と患者さんにとってよくわからない分野の歯の神経の病気について少し専門的ではありますけれども説明していきたいと思います。もしも、詳しく話してほしい場合には歯医者さんで直接相談してみてはいかがでしょうか?
 

歯の神経の病気にはどんなものがあるのでしょうか?

歯の神経は歯髄という名前がついています。ですので、歯の神経の病気を歯髄疾患という名前で扱っています。歯髄疾患にはひとつではなくていくつもの疾患に分類されるのであります。その分類によって若干の治療の方針が変わってくるのです。よく分類されるものとしましてはズキズキ痛い急性の歯髄疾患と鈍い痛みや違和感といった慢性の歯髄疾患に分けられると考えております。
 

歯髄疾患には何があるのでしょう?

先程も書きましたように分かりやすい歯髄疾患としましては急性の歯髄疾患と慢性の歯髄疾患があるのですが、実際にはもっと多くの分類がされるのです。どのような種類があるかと言いますと、歯髄充血、急性の歯髄炎、慢性の歯髄炎、歯髄壊死、歯髄壊疽、歯髄の変性、上行性歯髄炎、特発性歯髄炎、内部吸収などといいます疾患があるのです。
 

歯の神経の病気の原因は何なんですか?

歯髄疾患は複雑な病気でして診断によって治療が決定します。ですので、的確な分類のもと治療方針を決定しなければなりません。しかしながら、多くの原因には虫歯が関係している場合があります。虫歯は原因のなかでも細菌的原因になるのです。原因の種類には、細菌的原因、物理的原因、化学的原因、医原性原因などに分けられます。
 

歯髄疾患の原因のそれぞれ

虫歯は細菌的原因になります。虫歯菌が悪さをして歯髄に影響を与えるくらいに深いとこまでいってしまうことによって引き起こされてしまうのです。物理的原因には歯ぎしりなどが含まれております。または歯をぶつけてしまって歯髄が病気になってしまうことがあります。歯が変色してしまうことで疑うことがあります。化学的原因には修復材料の刺激や薬剤によることが原因になります。医原性原因には歯の治療の刺激があげられます。
 
歯医者さんではこれらの原因をレントゲンや直接口のなかを診察することによりまして、診断して治療をしているのです。歯茎の診査も歯茎疾患を診断するのに重要ですので歯茎の検査をすることは歯周病の診断や治療のためだけではなくて、隠れた歯髄疾患を見つけ出す手がかりもなるのです。お口の病気をいち早く発見するためにも歯医者さんで検診を受けてみるとよいと考えております。
 
【お電話でのご予約】TEL:052-751-0613
診療時間
月~金
10:00~14:00 / 16:00~19:30
土・日
9:30~13:00 / 15:00~18:00
休診・・・祝日
阿部歯科 特別コラム

医院情報


千種区の歯医者 阿部歯科

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

【お電話でのご予約】
TEL:052-751-0613

ご予約・お問い合わせ

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

千種区の歯医者さん|Copyright © 阿部歯科. All Right Reserved.
Web Management Exe.
ご予約
ご相談
ページ
最上部へ