千種区池下で5月開院の歯医者 阿部歯科院長へのインタビュー

<電話番号をタップするとお電話できます>
TEL:052-751-0613
東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近く
診療案内

千種区池下で2018年5月16日開院の阿部歯科 阿部丈洋院長インタビュー

幼少期から「千種区池下」で過ごされ、この地に対する想いを聞かせください。

画像

私は幼稚園は若竹幼稚園、小学校に関しましては高見小学校という生粋の千種区池下の地元民です。
高見小学校は現在の阿部歯科の医院建物から歩くと、少し離れています。
今、セントラルガーデンがある場所は子供の頃はJRの社宅でした。毎日の通学路はその付近で、昔は蛇の脱け殻が落ちていることもありました(笑)。いい思い出です。

今みたいに、当歯科医院前の大通りのような都会!といった感じではなく、まだベッドタウンのような住宅地でした。小学生の頃はあまり道が分からなくて、振甫プールの方まで歩いて行ってしまい、帰り道が分からなくて泣いてしまったという苦い記憶もあります。
小学校の帰りにPLの裏の崖の所を散策し冒険したりもしました。現代のようにまだスマートフォンもない時代でしたし、電話は回すタイプの黒電話でした。今では考えられませんね。

その当時の遊びと言えば、公園のジャングルジムやブランコで飛び回ったり、高いところから勇気を試すために飛んだりしていました。そして当然、怪我もしました。一度ブランコから飛び降りた時に顔面から落ちてしまい、パックリと顎のところや顔が切れてしまいました。大ケガですね。

すぐさま、親が来てくれて、少し記憶は曖昧ですが父が当時、口腔外科部長をしていた名古屋港の臨港病院で全身麻酔下で縫合の手術を受けました。抜糸は家で私が寝ている間に終了しました。
親が医療従事者であったため、この時、私自身とても助かったと考えます。
その時に“医療、治療の大切さやありがたみ”を感じました。もしかすると、子供の時のこの怪我の出来事も今の私を形成する上で影響を与えているのかもしれません。
ただ当時は後に歯科医師として、日々治療を行うとは思ってはいなかったと思います。

画像

小学4年生から、覚王山の日泰寺へ向かう道沿いにあった明倫ゼミナールという塾へ小学6年まで通っていました。学校が終わり、塾の時間が近づくと池下から覚王山へ向かう坂を歩いて向かい、昔ショッピーというスーパーがあった場所を横目にとぼとぼと歩いて行きました。
昔は太っていたので、ゆっくりと歩いていました。勉強はその頃からあまり出来なかったのですが、塾で上の方になるともらえる、アーガルバッグというバッグや塾長の顔写真入りのテレホンカードを目標に勉強を頑張りました。

今では逆に勉強、学びは大好きです。
特に歯科治療に関する勉強は好きで、好んで自発的に常に勉強しています。新しい歯科医療に関する情報収集や国の制度の変更など、興味のある内容は多岐にわたります。しかし、その強い興味があるからこそ、今のより良い歯科治療を、より良い歯科医療のために!といった行動に役立っていると思います。

ちなみに今にして思えば、顔写真入りのテレカは当時斬新なものでした。何故ならアイドルとか、俳優などの有名人ではないからですね。しかし、その当時は本気で欲しいと思っていました。一つの勉強へのモチベーションですね。

池下駅前にある家の前には昔、「三洋堂」という大きな書店があり、三階建てで、三階には当時流行っていたファミコンが自由にできるスペースも3台分あって、子供たちは常に並んで待っていました。
まるでディズニーランドのアトラクションに並ぶゲストのようにです。
その当時はまだ、その書店の近くの池下で、後に歯科医院を開業する事になるとは思っていませんでした。

本当に、この千種区・池下エリアでの思い出はたくさんありますが、歯科治療に関するお話と同じぐらい、 話がなかなか尽きないので、この辺にしておきたいと思います(笑)

【お電話でのご予約】TEL:052-751-0613
診療時間
10:00~14:00

16:00~19:30

▲ 土日:9:30~13:00 / 15:00~18:00 休診・・・祝日
論文掲載について

医院情報


千種区の痛くない歯医者

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

【お電話でのご予約】
TEL:052-751-0613

平日の遅めの時間と土日が予約が取りづらくなっていますので、お早めのご予約をおすすめします

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

千種区の歯医者 Copyright © 阿部歯科. All Right Reserved.
Web Management Exe.
ページ
最上部へ