千種区池下で5月開院の歯医者 阿部歯科院長へのインタビュー

<電話番号をタップするとお電話できます>
TEL:052-751-0613
東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近く
診療案内

千種区池下で2018年5月16日開院の阿部歯科 阿部丈洋院長インタビュー

歯科治療に関する設備面の特徴やこだわりについてお聞かせ下さい。

画像

千種区の阿部歯科が考えている歯科治療は再発のない虫歯や歯周病、噛み合わせの治療です。
そのためにも、いくつか治療設備面でのこだわりがあります。

口腔内の細菌の大きさは8ミクロンとも言われていまして、それは8/1000ミリに相当します。目で見ることはもちろんできませんし、虫歯を引き起こす細菌との戦いは困難です。
しかし、出来る限り精度の高い歯科治療をすることによって再発を防ぐことができます。

 

そして治療が一度終了したからといって、そのままではいけません。
定期的な歯科検診やメンテナンスが重要になります。
特に多いのは詰め物や被せものからの虫歯の二次感染です。

「治療したから、もう大丈夫!」と思ったら実はそうでないこともあります。詰め物や被せ物に大きな引っ掛かりがあれば、容易に細菌は侵入し病気を引き起こしてしまう可能性があります。

ただ細菌が侵入したとしても、まだすぐに虫歯を作ってしまうわけではありませんので、ご安心ください。その細菌が詰め物や被せ物の隙間にたまって、居続けることが病気を引き起こしてしまう原因となります。

より精密な詰め物や被せ物を作ってそれを入れることが、リスクを最小限に抑える最良の方法です。
そのため、歯科治療を行う時の形成や型取り、石膏模型の管理などにとても気を使います。
歯の形成の時にも特殊なバーを使用し、素材に合った理論的な形成の仕方をしていかなければ問題が起きてしまう可能性があります。

画像

型取りにおいても、素材に応じた印象材を使用し精密に仕上げようと考えています。
印象をとった後にも、雑に石膏を入れてしまえば変形した模型が出来上がり、最終的に口の中に入れる時に目に見えない隙間ができてしまいます。
そうすれば、細菌が侵入するスペースができてしまい、再発の危険性があります。

作っていく過程でお口の中と出来る限り同じ環境を石膏で再現することが重要となります。
より再発のない歯科治療を行うためにも、十分な知識と技術をもって行うことが大切です。

ただ歯科治療に関する技術だけではどうにもならないこともありますので、それらを補完する上で設備面にも力を入れています。特殊な型取りの機器や、精密な形成が可能な歯を削る機械などが多くあります。
一つ一つの主義を確かなものにすることによって、最終的に最適なものが出来上がります。
阿部歯科は一度治療が完了をしたら、できるだけ治したところを長持ちさせたいと思います。そのために技術面でも多くの努力をしてきました。

歯科医院を立ち上げる時、設備面でも歯科医師の技術・知識が最大限発揮できるようにしようと考えました。現在もそうですが、これからもより良い歯科医療をご提供していくため、治療設備についてドンドンより良いものを取り入れていこうと思います。
それが患者さんお一人ひとりの口腔内の健康に寄与していくことになるからです。

 

【院長プロフィール】

千種区の歯医者 阿部歯科院長 阿部 丈洋(あべ たけひろ)

≪院長の主な経歴≫

阿部 丈洋 (あべ たけひろ)
1978年
名古屋市千種区生まれ
1997年
名古屋 東海高校 卒業
2003年
奥羽大学 卒業
2003年
愛知学院大学歯学部研修医、稲沢市民病院勤務
2004年
愛知学院大学第2口腔外科 勤務
2005年
岐阜県立多治見病院 救命救急、麻酔科レジデント
2006年
愛知県済生会病院 歯科口腔外科 医員
2009年
加藤歯科 勤務
2016年
オカダ歯科クリニック 勤務
2018年
千種区の阿部歯科 院長に就任
【お電話でのご予約】TEL:052-751-0613
診療時間
10:00~14:00

16:00~19:30

▲ 土日:9:30~13:00 / 15:00~18:00 休診・・・祝日
論文掲載について

医院情報


千種区の痛くない歯医者

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

【お電話でのご予約】
TEL:052-751-0613

平日の遅めの時間と土日が予約が取りづらくなっていますので、お早めのご予約をおすすめします

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

千種区の歯医者 Copyright © 阿部歯科. All Right Reserved.
Web Management Exe.
ページ
最上部へ