池下の歯医者 阿部歯科院長のブログです。歯科治療に関する話題を中心に更新しています。

<電話番号をタップするとお電話できます>
TEL:052-751-0613
メール予約の受付は24時間可能です!ご予約・お問い合わせ
東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近くの歯医者
診療案内
院長ブログ

当院院長からのメッセージや出来事のご紹介です。

こんにちは、名古屋市千種区池下の阿部歯科の院長、阿部丈洋です。毎日食事をすると、ある悩みにさいなまれる方もおられると思います。その悩みとは食事をすると歯と歯の間にものがつまってしまうことです。その、ものがつまってしまうという事態はとっても不快であると考えられます。
 
食べかすが口のなかに残っているという状態も気分がいいものではないですし、ずっと食べかすが歯と歯の間に残っていれば、臭いとかも気になってしまうと思います。人とのコミュニケーションでも支障が出てしまいかねないですね。では、なぜそんな歯と歯の間にものがつまってしまうような状態になってしまうのでしょうか?今回はその理由について、少しではありますがお話ししていきたいと思います。

食片圧入

食べ物が歯と歯の間につまってしまうという、いわゆる食片圧入という状態は実は歯と歯の関係性が問題となってきている場合が多いのです。食片圧入が発生してしまうのは1本の歯に対しまして2本の歯が噛み合っていることが原因となっているのであります。
 
ですが、この1本の歯に対しまして2本の歯が噛み合っていることは奥歯のならびの完成にとっては必要なことになるのであります。噛み合わせの関係を構築していく上で、大切なことになっているのです。噛み合わせににて必要なことではあるのですが、その反面に副作用があるのも事実なのであります。
 
歯と歯の間に肉や野菜などの繊維性の食物が入り込んでしまって、その繊維性の食物が挟まってしまうことは不快な事態になってしまいます。又、歯周病を引き起こしてしまうことにもなりませんし、その事を知っておかなければなりませんね。歯は山型になっていますので、山が谷に入り込むようにして食物を圧入させてしまうことになるのです。

抜歯後

また、歯を抜いてしまうことになった場合にその抜いた状態をそのまま放置してしまいますと噛み合うはずの歯がどんどん伸びて出てきてしいまいまして、より食物が歯と歯の間に入り込みやすい状態になってしまうのであります。
 
抜いたままの状態は噛み合わせにも悪いのですが、食物が歯と歯の間に挟まり不快な状況を作ってしまうことになりかねません。抜歯後はそのような事態にならないように、痛くないからといってそのまま放置せずに治療を完了させて、定期検診をしていくことをおすすめ致します。
 
名古屋市千種区池下の食片圧入についての歯医者さんブログ
 
こんにちは、名古屋市千種区池下の歯科医院ブログです。歯の痛みって、歯や歯茎だけが痛みじゃない場合があることを知っていますか?実は、ごく稀ではありますがそのようなこともあるのです。そんな症状を示す可能性がある病気を今回はご紹介していきたいと考えております。
 
まずは、歯の痛みがあった場合は普通は歯が原因だと思いますよね。しかし、レントゲンをとっても口の中を診査しても明らかな原因が歯や歯茎出ないことも現実にあるのです。こういうことを知っておくことによりまして、全身的な病気の早期発見、早期治療に繋がるかもしれませんので、いくつか紹介していきたいと思います。
三叉神経痛
前三叉神経痛
幻歯痛
慢性局所疼痛症候群
神経血管痛
心臓由来
上顎洞由来
首の部分の新生物
唾液腺機能不全
心理的な要因
 
今あげ連ねてみますと、本当にたくさんのことが原因になっている可能性があるのですね。聞いたことがない病気もあるかもしれません。そのなかでいくつかをピックアップしましてご説明していきたいと思います。

三叉神経痛

脳神経のひとつにこの三叉神経というものがあるのです。この三叉神経は顔面の感覚を司っている神経になるのです。例えこの神経が傷害されたとしても顔が歪んだりするというような運動神経ではないのであります。ですので、他人から見て明らかにわかるというようなものではないのであります。
 
この三叉神経に影響が出た場合はですね、一時的ではありますが短くて激烈な痛みが出ることが特徴となっているのであります。例えば歯ブラシをしたときにこの強い痛みが引き起こされてしまったり、顔を洗ったときに突然激烈な痛みが出てしまったり、食事中にも出ることがあるそうなんです。

治療法

治療法としましては、最初の治療としまして抗けいれん薬が用いられることが多いそうなのです。少ない量から始めていきまして、痛みの程度によって薬の量を増やしていくことになります。効果がすぐに現れるということではなく、徐々に痛みが引いていく可能性があるということも知っていただきたいないようになってきますね。
 
薬の治療でなかなか効果が現れない場合には、必要に応じまして外科的な治療やブロック麻酔といものをすることもあります。この外科的な治療につきましては歯医者さんがするのではなく専門的なお医者さんが行っていくことになります。またブロック麻酔につきましては麻酔科医の先生によって行われることになります。
 
続きにつきましては、また機会を改めましてお話ししていきたいと思います。
 
名古屋市千種区池下の歯が原因ではない痛みについての歯医者さんブログ
 
こんにちは、名古屋市千種区池下、今池、覚王山の歯医者さんブログです。歯の痛みは多くの患者さんが悩まされる症状だと思います。何が原因なのでしょうか?虫歯ですか?歯周病ですか?それとも歯が割れてしまったことによる痛みですか?様々な原因があるとは思いますが、それらに合致しないこともあることを、頭の片隅においておかなければなりませんね。
 
さて、歯の痛み、特に急性の痛みにつきましてはよほどのことがない限り誤ることはないと思われます。その原因となっている歯の特定もしやすいと考えられますし、また患者さん自身でどこが痛いのかをわかっていることがほとんどだと思います。歯医者さんもその話を聞くことによって診断がしやすいことも確かなのです。

慢性の痛み

しかし、厄介な痛みがあるのです。その痛みと言いますのが慢性の痛みなのです。患者さん自身でも把握することが難しくて、違和感のような状態ですと診断に苦慮することがあります。そして、この慢性の痛みにつきましては近年、社会的な影響もあいまって発生頻度が多くなってきているとの報告があります。
 
そこで、困ったことに明らかな歯の原因が見つからない場合です。患者さんが感じているその歯の痛みが実際には歯が原因ではない場合、いわゆる非歯原性の疼痛というものがあるのです。
 
我々歯科医師としましても、もっとも気を付けなければならないことが、この非歯原性の疼痛なのです。誤って歯の治療をしてしまって、その痛みがとれないことによって一気に歯医者さんへの信頼が崩れてしまうということになりかねないのであります。それよりも患者さんが歯医者さんを信じれなくなってしまうというあってはならない事態に陥りかねないのです。

疼痛

患者さんが歯科医院を訪れるときには、何かしら期待をしてきてくれていると思います。その期待が満足できないときに信頼関係を失ってしまうことになりかねないのです。それが痛みをとるということかもしれません。そのためにも診断はとても重要なものになってくるのです。
 
Okesonの疼痛分類におきましては、疼痛とは歯原性疼痛のような侵害受容性疼痛のほかにも、神経障害性疼痛いわゆる神経原性疼痛や心理的な要因も関係していることが知られているそうです。つまりは、歯が原因であること以外にも他のことが原因となっている可能性もあるということをいっているのです。
 
AAOPでは口腔顔面痛つまり口や口周囲、顔の痛みを身体的な状態、第一軸というものと精神的状態、第二軸というものに分けて診断をしているのであります。このような診断手法を用いることには、患者さんが無駄なドクターショッピングをして問題を悪化させないようにするためにも大切になってきます。何よりも患者さんのために重要なことが、その歯の診断ということになってくるのですね。
 
名古屋市千種区池下、今池、覚王山の歯の痛みの診断をする歯科医院ブログ
 
こんにちは。名古屋市千種区の池下、今池、覚王山の阿部歯科です。今回は舌のさまざまな色や形について少しお話ししていきたいと思います。皆さんはご自分の舌をまじまじと見ることはありますでしょうか?舌には色々な体の情報が現れてくることから舌診というものもあるのです。また、まれではありますが病気が隠れていたり、何かしらの状態を示している場合があります。そのいくつかを紹介していきたいと考えております。

舌が白い(舌苔)

舌が白い場合には舌苔という汚れがたまっている場合があります。年齢と共に口の中は乾いていく傾向にあります。唾液の分泌の量が少なくなってしまいまして舌にたまってしまう汚れを洗い流す機能が弱まってしまうということになります。そのために口臭の原因になってしまうことにもなります。
 
舌が白いということは日々のストレスも関係していると私は思います。人がストレスを感じてしまうと緊張状態になってしまい交感神経が優位になることになります。そのために唾液の分泌が減少してしまい、舌を洗い流すことが難しくなってしまいます。そのために、舌に汚れがたまってしまいまして白くなって見えることになります。
 
舌が白くなっているときには、舌の歯ブラシでの掃除やうがいも効果はあると考えますが、ストレスによる唾液の分泌の量の減少が原因であったならばストレス解消をすることもある種の解決策なのかもしれません。ストレス発散のために背伸びをして深呼吸をしてみてはいかがでしょうか!?

舌が黒い(黒毛舌)

舌が黒く見えることがある場合があります。黒い着色がついているような、そして毛のような状態になっている症状で黒毛舌という状態があります。比較的まれな状態ですのでほとんどの人には当てはまらないと考えられます。黒くなった毛のような状態は長いと1-2cmになることもあります。
 
原因は抗菌剤の使用によるものによったり、ステロイドの使用も関係しているようです。最近の環境が変化することがあると考えられおります。胃腸の障害も原因のひとつとしてあげられていましてこれもストレスが関係しているのかもしれません。カンジダというカビも併発することもあります。

舌の形

舌のかたちが変化するものでは地図のように変化する地図状舌や、舌の中央部に菱形の舌乳頭がなくなってしまう正中菱形舌炎というものもあります。痛みを伴うこともありますので、舌を見て心配になるようでしたら、一度歯医者さんに相談してみるといいと思います。

舌のむくみ(浮腫)

舌にむくみが出てしまい歯の形がついてしまっていることもあります。舌は歯がないとだんだん大きくなってしまいます。歯が一本もない人は結構舌が大きくなっていることがあります。歯がある場合で歯の形がついてしまっているときには歯ぎしりくいしばりを睡眠中にしている可能性があります。
 
名古屋市千種区池下、今池、覚王山の舌についての解説をする阿部歯科ブログ
 
 
 
 
虫歯や歯周病の一番の原因はプラークになります。そのはの汚れを認識している人ほど一生懸命い、歯磨きをして頑張っていることと思います。こんにちは、名古屋市千種区池下の阿部歯科のブログです。今回は、そんな歯磨きを頑張っている方に対しましてもしかしたら磨きすぎかも!?とひとつ考えるきっかけになればと思いお話ししていきます。
 
炎症を抑制するためには、患者さん自身のブラッシングによるプラークコントロールが大切になってきます。歯に対して意識の高い患者さんでは逆に磨きすぎな場合も時々あります。せっかく頑張って歯を磨いているのに、そのオーバーブラッシングによって違う症状が出て苦しんでいる患者さんもいるのです。

歯肉退縮

オーバーブラッシングで起こってしまう代表的なものに歯肉退縮というものがあります。歯茎に外傷が加わってしまい、その歯肉の摩耗が歯肉退縮を進行させてしまう可能性があるのです。しかしながら、その発症のメカニズムにつきましてははっきりとはわかっていないのです。

では、どんなことがオーバーブラッシングなの?

患者さん自身ではその歯磨きが正しいのか正しくないのかわからないままに毎日行っていることと思います。その力加減やブラッシングの圧、動かし方が関係している可能性があります。もしも、歯ブラシの角度や動かしている方向が歯肉退縮している部分ばかりに強く、そして頻繁に当たっているようでしたらそれはオーバーブラッシングになっているのかもしれません。一度鏡の前で確認してみてはいかがでしょうか。

クリーピング

正しいあるべき歯磨きの仕方にしたならば歯肉退縮を食い止められるかもしれません。または歯肉を盛り上がらせるクリーピングということが期待できる可能性もあります。まずはですね、自分の今起きている状況から何が問題となっているのかを知ることが大切になってきますね。

クリーピングのためのポイント

一度下がってしまった歯茎を戻すことは並大抵のことではありません。まずは、歯磨きの悪習慣を改善することから始まりますね。そこで、気を付けていきたいポイントをいくつか書いていきますので、参考にしていただければと思います。宜しくお願いします。
治りたいという目標を持つこと
歯ブラシの選択
歯ブラシの握り方
力を抜く
歯ブラシの毛先の当て方
歯ブラシの動かし方
プラークを染めだしてみる
歯医者さんに実際磨いてもらって体感してみる
使用している歯ブラシを観察してみる
以上を気を付けて今一度考えてみてはいかがでしょうか。細かい部分は実際に歯科医院にいっていただき直接聞いてみてはどうでしょうか。是非ともこの事をきっかけにしてでも、遠退いてしまった歯医者さんに行ってみましょう。きっとその実行にはいいことがあると思いますよ。頑張ってください。
 
名古屋市千種区池下のクリーピングを目指す歯科医院ブログ
 
態癖として患者さんが無意識に行っていることはいくつかあると思います。その癖が何も悪さをしなければいいのですが、長い間その癖を行うことによりまして、歯や歯並びに少なからず影響を与えてしまう可能性のあるものもあるのです。ではどのようなものがあるのでしょうか?
 
癖について患者さん自身が訴えをもって相談にこられることはそんなに多くはないと考えられます。無意識で行っている癖ですので、そのくせ事態にあまり気づいていない可能性もあります。そのため歯医者さんがその癖を見つけて、気づいてもらうことから始まると思います。

口の周りの態癖

口の周りの態癖はその周囲に普通ではかからないような力が加わってしまうことで歯のならびに歪みが出てしまうこともあるのです。その態癖によって特徴的な歯並びになることもありますので、歯医者さんでもある程度予想することができると思います。ではいくつかの癖についてお話ししていきたいと思います。

下唇の巻き込み

下唇を巻き込む癖は比較的よく見られると思います。患者さん自身では意識していない場合が多いのではないのでしょうか?このような巻き込みの癖がありますと歯並びにおいては、前歯が一直線になってしまう状態になりことがあります。歯並びはボックスフォームの状態で、下唇の周囲は黒ずんでいることが特徴となります。

上下唇の巻き込み

歯並びはボックスフォームになってしまっています。もともと唇が厚くて、その事を気にしている患者さんが無意識的に上下の唇を巻き込んでいるそうです。デリケートなことですので周りの人たちも慎重に対応していかなければなりません。

唇がタイト

この唇がタイトな患者さんはその唇を閉じる力が強い傾向にあります。その影響で、上の前歯が内側に倒れこんでしまう可能性があります。癖のなかにも様々なものがありますので、いち早くその癖を見つけ出して、必要ならば改善していくように伝えていくことも大切になります。

クレンチング

噛み締めをしている人は顔から判断できることがあります。咬筋が発達しているために、外から見てもしっかりした顎のように見えます。また、頬や舌に噛み締めている歯のあとがあることも特徴となります。いろんな些細な事柄を見つけて診断をしていかなければなりませんね。
 
名古屋市千種区池下の癖に注意する歯科医院ブログ
 
滅菌と消毒では何が違うのでしょうか?なにか同じような気もしますが、違うような気もする。そんな些細な疑問から今回は少し滅菌と消毒についてお話ししていきたいと思います。
 
こんにちは、名古屋市千種区池下の歯科医院ブログです。まずは滅菌と消毒の細かい話をする前にそもそもそれぞれの言葉がどのようなことを意味しているかを確認していきたいと思います。滅菌とは、すべての微生物を不活性化させることになります。そして消毒とは病原微生物を死滅させることになります。ちなみに洗浄につきましては、洗剤を用いて汚れを洗い落とすこととなっております。

歯科医院での消毒、滅菌レベル(スポルディングの分類から)

スポルディングの分類というものがあります。機器や機材をどの場所に使うかによりまして滅菌や消毒のレベルを分類したものになります。三つの分類に分けられておりまして、クリティカルセミクリティカルノンクルティカルというものがあるのです。
 
クリティカルは無菌部位や血管内に入るものになります。セミクリティカルは粘膜組織や損傷のある皮膚に触れるものになります。ノンクルティカルは損傷のない健常皮膚に触れるものになります。滅菌レベルとしましてはクリティカルセミクリティカルノンクルティカルという段階で上がっていきます。

スポルディングの分類での歯科機器や機材

では具体的にはどんな機器や機材がそれらに当たるのでしょうか?一つ一つの分類で例をあげていきたいと思います。
 
クリティカル➡基本診査セット、歯を削るためのバー、根っこの治療のための機材、ハンドピース、インプラントのための機材

セミクリティカル➡感染症の患者さんで使用した器具、噛み合わせを見るときに使用するホルダー、セメントを練るためのヘラ、形取りのための器具

ノンクルティカル➡レントゲンの機器
 

歯医者さんで使う消毒薬の種類

消毒液の中でも、体にたいして使用できるものと、機材のみに使用できるものとに分けられます。消毒薬の中でも、三つに分けられておりまして高水準中水準低水準となっております。高水準にはグルタラール、フラタールというものがあります。中水準には次亜塩素酸ナトリウムというものがあります。低水準には塩化ベンザルコニウムやグルコン酸クロルヘキシジンというものがあります。
 
以上が滅菌と消毒についてのもろもろでした。
 
名古屋市千種区池下の滅菌と消毒についての歯医者さんブログ
 
こんにちは、名古屋市千種区池下の阿部歯科です。顎関節症という言葉も一般に知れわたってきておりまして、歯科医院に始めてきていただいたときから顎関節症かもしれないという訴えで来院される患者さんも以前と比べまして増えてきたように思います。もちろん、顎が痛いとか音が鳴るという訴えもありますので、患者さんには顎関節症の説明をしていくことになります。
 
顎関節症は複雑な症状になります。口を開けたときの痛みや、口が開きにくくなったり、音がするという症状が主なものになっております。どの症状も自覚症状があるだけに、自分でもすぐ分かりやすいものではあると考えられます。顎関節症は自然に気にならなくなるときもありますが、何かしらの原因が隠されている可能性があります。

頬粘膜、舌のチェック

顎関節症が出てくる可能性として歯医者さんでチェックできることがあります。もちろん患者さん自身でもチェックはできるとは思いますが、毎日自分の口の中を見てもその変化に気づくことは難しいのではないのでしょうか?ですので客観的に歯科医院で診てもらうことも大切になってきますね。
 
頬の粘膜に噛み合わせのあとがついていたり、舌にも噛み合わせの痕跡がああったりすることがあります。そのような状態は長い間、歯が咬み合わさっている可能性があるということになります。下顎の緊張状態が続いているということになり増して、顎関節への負担もましてきている可能性もあります。

上下歯列接触癖(TCH)

食べ物を食べていないときにも歯と歯を接触させる癖があります。その癖を、上下歯列接触癖と言います。なぜこの癖の話をしたかと言いますと、実は顎関節症の患者さんの半分くらいに認められるとのことです。先ほどの頬粘膜、舌の噛み合わせのあとはこのような癖の可能性が疑われますので注意が必要であると思われます。

開口障害

頻繁に顎の音が鳴る患者さんでは、後に口が開かなくなってしまう経験をすることが時々あるそうです。関節の軟骨の位置がずれすぎてしまってロックしてしまった状態になるのです。中には口を開けるといたくてそれ以上開けれない場合もあると思います。診断によっては治療法方が変わりますので、一度歯医者さんに相談なさってくださいね。
 
名古屋市千種区池下の顎関節症についての歯科医院ブログ
 
妊娠期に現れるからだの変化や口の中の変化はどのようなものがあるのでしょうか?女性のライフサイクルの中で、妊娠、出産はとても大きな位置を占めていることと思います。お母さんになっていく準備段階の女性の心理的なところも大変不安が大きくなってくるのではないでしょうか?
 
妊娠している患者さんに歯科が求められることはたくさんあると思います。10か月もの間お腹の中でお子さんを育てて、生むという大変なライフイベントを迎える女性のか谷対しまして、歯医者さんとしてできることをしていきたいと考えております。患者さんに寄り添った歯科医療が大切になってきます。

妊娠期の体の変化

体型の変化はもちろんありますが、目では見えにくいところでは循環器系の変化というものがあります。妊娠中はお母さん自身の体重が増加していきます。お子さんへの血流を確保する必要もあるために、循環血液量は約40%増えるそうです。血液量は増えるのですが相対的な赤血球の割合が減ってくるために、妊娠期の女性は貧血の症状が出やすいとのことです。
 
血圧の低下も認められるとのことです。黄体ホルモンでありますプロゲステロンというホルモンが上昇することによりまして、血管が拡張します。その拡張した血管の影響で、血圧が10mmHg前後低下してしまうそうです。様々な循環器系の変化がこのように起こってくるのです。

口の中への影響

では、口の中への影響はどんなことが起こってくるのでしょうか?妊娠期には黄体ホルモンでありますプロゲステロンや卵胞ホルモンでありますエストロゲンの増加によって口の中の組織への炎症症状が過剰に引き起こされてしまうのです。唾液においても分泌の量が減ることや、唾液の粘りが増えてしまうことによって口の中での自浄作用も減ってしまうのです。影響としましては次のようなことが考えられます。
炎症症状が過剰に引き起こされてしまう
唾液の粘りが増して、量も減ってしまうのです。
口の中が酸性に傾いてしまう
抗菌作用や自浄作用が低下
不快感によって口の中の清掃不良
食習慣の変化
嗜好品の変化
妊娠期の女性にとってはストレスとなるようなことが多い時期ではあると思いますが、歯や歯茎の悩みに対しては歯科医院に相談していただいて、口のことは任せてしまった方がいいのかもしれません。快適な日々を少しでも遅れるように、歯医者さんはお手伝いしていきます。
 
名古屋市千種区池下の妊娠期の女性をサポートする歯医者さんブログ
 
再生とはどういうことでしょう?文字通り再び生まれるということになります。医学的に解釈していきますと、失われてしまった組織が再び同じ組織で治ることという理解になっていくと思います。皆さんが身近で感じられることには、皮膚や口の中の粘膜がそれに当たると考えられます。
 
こんにちは、名古屋市千種区池下の歯科医院ブログです。医療の世界でも、少し前くらいからこの再生医療についての話題が盛り上がっていたこともありますね。もちろん今でもホットな話題であることには代わりはありませんが、内容としましてはちょっと難しい感じは否めないですよね。

歯科領域での再生

前進的なことの再生医療は私も専門ではないですのでたくさん知っているわけではないのですが、歯科の範疇でしたら少しはお話しすることもできますので、説明していきたいと思います。
 
そもそも口の周囲での組織で再生する力が強いものや弱いものがあるのですが、では度の組織が再生する力が津避けて、度の組織が再生する力が弱いのかが定かではないでしょうか。まずは、再生する力が津よい組織ですが
歯槽骨
歯根膜
血球
皮膚組織
末梢神経
続きまして、再生の力が弱いものです。
唾液腺
筋肉
腺組織
最後に、再生する力がないものです。
エナメル質
神経細胞
組織によって違いがありますので、もちろん自然に回復するスピードも変わってくるのですね。歯のエナメル質は再生しない組織になりますので、失わないように、虫歯などで壊れないようにすることがとても大切になってきます。もし虫歯になってしまっていたら出来るだけ早く治療して、もうそれ以上虫歯にさせないという考え方が重要になってくると思います。

iPS細胞

生きた細胞を使って傷ついた組織や臓器、病気を治療していくことが再生医療ではあります。以前にはES細胞いわゆる胚性幹細胞が先行していたそうです。生きた万能細胞を使った再生医療ですね。現在では、人工多能幹細胞つまりはiPS細胞が話題となっているそうですね。
 
自分の細胞を使うことによるそうで吸うので、拒絶反応や倫理的にも問題が少ないとされているとのことです。非常に期待されている再生医療になりますので、歯科の世界にもこのような再生医療が入ってくれば患者さんの生活の豊かさや生活の質をもっと向上できることと思います。

を支える骨の再生医療(エムドゲイン)

失ってしまった歯を支える骨の再生に期待が持たれているものに、エナメルマトリックスデリバティブでありますエムドゲインというものがああります。適応が限られますが適切な状態で使うことによって歯を支える骨の再生ができる可能性があるのです。このエムドゲインの条件で一番大切なことは患者さん自身のプラークコントロールがしっかりできていることになります。頑張ってください!
 
名古屋市千種区池下の再生医療についての歯医者さんブログ
 
【お電話でのご予約】TEL:052-751-0613
診療時間
月~金
10:00~14:00 / 16:00~19:30
土・日
9:30~13:00 / 15:00~18:00
休診・・・祝日
阿部歯科 特別コラム

医院情報


千種区の歯医者 阿部歯科

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

【お電話でのご予約】
TEL:052-751-0613

ご予約・お問い合わせ

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

千種区の歯医者さん|Copyright © 阿部歯科. All Right Reserved.
Web Management Exe.
ご予約
ご相談
ページ
最上部へ