千種区の痛くない歯医者

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区仲田2-18-17

【電話予約】
TEL : 052-751-0613

平日遅め・土日は予約が
取りづらくなっています。
早めのご予約をお勧めします。

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

こちらはコラム記事になります。
一部、当院で行っていない治療もご紹介しております。
ご了承くださいませ。

歯の詰め物の接着剤

虫歯を取った後に金属やセラミックを詰める場合に歯と詰め物をくっ付ける材料が必要ですよね。今回はこの接着剤に焦点を当ててお話をしようと思います。この接着剤ですが付けようとするとする詰め物によって入っている成分が大きく変わります。

詰め物を歯に付ける要素

この要素で大きな役割を果たしているのが機械的嵌合と言われる、いわゆる物理的な抵抗力です。ちょうど手と手を握ると離れなくなるように引っ掛かりができることで歯と詰め物を付けている力になります。この嵌合力と言われる物理的な抵抗力が詰め物を歯に付ける基本的な要素となりますが、それとは別に化学的な結合によっても接着力を発揮します。

金属の詰め物への化学的な結合

金属の詰め物といっても大きく2種類に分かれます。その2種類とは貴金属と卑金属です。貴金属は皆さんご存知の金、つまりゴールドが有名ですが白金なども含まれます、逆に卑金属は銅などの貴金属以外を示します。これらのいくつかの金属が混ぜ合わされて歯科用の合金となるのですが、この金属の成分に何が含まれているかで接着剤がつくかどうかが影響してきます。

卑金属に付く有名な成分に<リン酸エステル系モノマーというものがあります、これが接着剤の成分に入っているかどうかで卑金属への接着力が変わります。一方貴金属の場合はこの成分に硫黄分子が加わったチオリン酸エステル系モノマーという成分が必要となってきます。ゴールドの詰め物を入れる場合にはこの成分が含まれているかどうかを確認することがより確実な詰め物の接着力に影響するため大切となってくるのです。

セラミックの詰め物への化学的な結合

この場合も金属と同様に化学的に結合する成分があります。有名なものにはシランカップリング剤というものがあります。この成分とセラミック中のケイ素分子が化学的に結合することで接着力を発揮します。セラミックプライマーと言われる材料の中にこの成分が含まれているのでセラミックを歯に付ける時にセラミックの表面に塗ることで接着力を発揮します。

製品によって入っている成分は様々

詰め物の接着剤.jpg

製品名だけだと実はその中にどのような成分が入っているかはなかなかわかりません。接着剤の添付文書を見ることで成分がわかり、どのような種類の詰め物に付くかが理解できます。そのため製品名だけ見て接着剤を使っていると実は物理的には付いているものの化学的には付いていなかった、なんて事にもなりかねないわけです。

そのため製品名ではなく、中に入っている成分も確認して適切な接着剤を選択していく事が大切になるのですね。

カテゴリー

  • 虫歯