千種区の痛くない歯医者

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区仲田2-18-17

【電話予約】
TEL : 052-751-0613

平日遅め・土日は予約が
取りづらくなっています。
早めのご予約をお勧めします。

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

こちらはコラム記事になります。
一部、当院で行っていない治療もご紹介しております。
ご了承くださいませ。

池下駅近くの阿部歯科 リニューアル工事をスタート!

こんにちは。池下駅から徒歩の場所にある阿部歯科 副院長の阿部利晴です。
【記事のリライト日:2017年11月21日(火)16:30】
 

歯科医院建物工事の開始

最近になって急に朝夕が寒くなってきましたが、急に暑くなったり寒くなったり寒暖差の多い日が続きますね。

そんな中、来年の2018年4月の阿部歯科新装開院に向けて将来の診療室となる部分の解体がスタートしました。
現在の阿部歯科の入り口から奥側に抜ける様に診療室が広がりますが、今までの診療室でも診療室側の取り壊しが始まるまでは限定的に診療を続けています。11月中旬以降からは現在の診療室のある区画を取り壊していく予定となっております。
新しい診療室となる部分は待合室も含めて設計段階から患者さんの居心地の良さや緊張感を感じないようにするというコンセプトで設計を進めていきました。


今の診療室のある部位は、第二次世界大戦中に名古屋大空襲で大きな傷を負った名古屋の復興時に歯科医師である祖父が歯科医院をこの千種区池下の広小路通前の今の場所に阿部歯科を開院してから位置が変わっておりませんでしたが、今回の阿部歯科大改装に合わせて診療室を奥側に広げる事になりました。

 

祖父が名古屋大空襲でまだ赤ちゃんだった父を連れて空襲から逃げた話を昔私にしてくれましたが、その当時から今までの名古屋の復興とともに阿部歯科があった事を考えると感慨深いものがあります。今は亡き祖父が「どちら方向に逃げようか迷ったけどなんとか空襲から逃れる事が出来た」という話を私が幼い頃にしてくれましたが、そういった私の知らない歴史の積み重ねがあって今現在の阿部歯科があるんだなと今更ながら思いにふけっています。

 

以前の池下駅周辺の景色

歯科医院の改装に伴い、中にある物の整理をしておりますと色々な写真が出てきます。祖父が開院したばかりの頃の写真を見たことがありますありますが、当時はまだ千種区の池下の広小路通には路面電車が走っており、歩道も舗装されておらず土がむき出しの写真でした。その路面電車の走る池下の広小路通前には阿部歯科の看板があげられており時代の流れというものを写真から感じ取る事できました。

 

写真 2017-10-14 13 18 08.jpgその祖父や父親が守ってきた阿部歯科の2018年4月からの新しいスタートにむけて診療室の奥側から解体が始まっていますが、工事の様子を傍から見ていますと工事関係者の方々には頭が下がります。さすがは建築のプロですね、素人の私が見ても手際よく工事を進められていきます。

 

 

工事の進捗に伴って大きな音も出てくるかもしれませんが、近隣住民の方々にも音などで不都合をかけていないかと申し訳なく思っています。

 

この工事に合わせて診療設備も最新のものに一新して治療体制も大きく変えていきますが、診療室の整理を始めると祖父の時代に使われていた機械や器具を目にする事もあります。私が歯学部にいた時代でも既に使われなくなった様な機械もあり、見ただけではどの様に使うのか分からないものが多々あります。

私の母校である池下の隣駅、覚王山にある愛知学院大学歯学部の資料展示室で見たような機械や年配の先生の話から聞いていた様な器具も目にしますが、なかなか風格のある見た目をしている器具も多々あります。しかしながら、祖父もそれらの機械を駆使して地域医療に貢献し続けた事を考えると、単なる古い機械という以上のものを感じます。祖父が若い頃もそれらの機械や器具を駆使して診療していたんだなと思うと不思議な感覚にもなります。

 

患者さんが頼れる歯医者を目指して

新装開院に向けて阿部歯科の診療所の所在地は変わりませんが、見た目や内装は大きく変化を遂げていきます。見た目だけでなく、歯科医療の機械も日進月歩でどんどん新しい技術を用いたものが出てきていますのでその最新技術の恩恵を患者さんが受けられるといいなと感じています。
治療だけでなく、どうしても歯医者へ気持ち的に行きづらいという患者さんのためにも来院するのにためらいが出ないような医院づくりを心がけたいと思っています。そのために、院内の雰囲気や入りやすさ、居心地を考えて、質問があれば気軽に聞けるような体制を整えて患者さんに寄り添った歯科医療を提供できるようにしていこうと進めています。

医院自体も医院の診療体制も大きな変化を遂げていきますが、祖父や父が地域医療へ捧げてきた思いは引き続き、継いでいこうと決意しております。

 

写真 2017-10-14 13 18 31.jpg医院外観/内装を新しくするにあたって取り壊しが急ピッチで進んでおり、今後も工事はどんどん進んでいきますが、既存の患者さんにはご不便をおかけしますが11月から来年の3月までは一時的に場所を変えての診療を続けさせていただきます。
治療場所や治療日時が阿部歯科改装中は限定的となっていってしまいますが、可能な限りご不便をかけないよう努めていきたいと考えております。

 

今後もその都度「新しい阿部歯科の変化」を報告していこうと思います。祖父が戦後に池下の今の広小路通前仲田に阿部歯科を開院した時も私達と同じ気持ちに燃えていたのかと思いをはせて、その気持ちを大切にしながら2018年4月に向けて歩みを進めていこうと思っています。

カテゴリー

  • 阿部歯科工事