千種区池下の歯医者 阿部歯科 副院長の阿部利晴によるブログで、アメリカの歯科医療についての事情等を載せています。

<電話番号をタップするとお電話できます>
TEL:052-751-0613
メール予約の受付は24時間可能です!ご予約・お問い合わせ
平日の遅めの時間と土日が予約が取りづらくなっていますので、お早めのご予約をおすすめします
東山線「池下駅」徒歩5分 「今池駅」徒歩6分 仲田銀座商店街 広小路通沿い ホカホカ弁当近くの歯医者
診療案内
副院長ブログ

当院副院長からのお知らせ、出来事のご紹介です。

咬合時痛.jpg

歯を噛んだ時に痛いので虫歯ではないかと心配されて歯医者さんに来院される患者さんがしばしばいらっしゃいます。

池下の阿部歯科にも歯を噛んで痛いので歯医者さんに来たと言って多くの患者さんが来院されています。

噛んだ時の痛みは虫歯歯周病などその他にもさまざまな理由があります。

そして、痛みが出たそれぞれの原因の違いによってその痛みの出方にも特徴があるのです。

虫歯で痛い場合の特徴

虫歯で痛みを感じる場合の特徴として、虫歯の穴に何かが詰まった時の痛みとして出るという特徴があります。

食べ物など何か物が詰まることで、虫歯の穴の中の象牙質が刺激されてその奥の神経に刺激が加わり、痛みが出るということになります。

痛みが出る時は、食べ物などが詰まったということにとどまらず、デンタルフロスなどを歯と歯の間に使った時に痛みが出ることもあります。

 

虫歯で噛んだ場合に痛みが出る場合には、

①何か食べ物などを噛んでいる際に痛みが出る

冷たいもの熱い食べ物で痛みが出る

③時には、食べ物を食べた後に引きずるような痛みが続く

といったような特徴が出る事があります。

これらの特徴の一部は知覚過敏にも共通する部分があるため、虫歯の有無を確認する事が大切となります。

歯周病で痛い場合

歯周病が原因で歯を噛んだ際に痛みが出る場合には、何も食べ物を噛んでなくても歯を噛み合わせるだけで痛いことがしばしばあります。

もちろん食べ物を噛んだ際にも歯の痛みを感じることがあります。

しかし、虫歯の場合に歯を噛んで痛い場合との違いは、虫歯の場合には歯の神経が痛みを感じているのに対して、歯周病の場合は歯の周りの組織である歯周組織が痛みを感じているという点にあります。

 

歯周病の場合に歯を噛んで痛みを感じる際には、歯を「グッ」と噛んで感じる場合と歯を「ギシギシ」と噛んで感じる場合とがあります。

どちらの場合も歯周組織がダメージを受けて痛みを感じていますが、それぞれの場合でも歯周組織にダメージを受けた原因が変わってきます。

 

歯を「グッ」と噛んで痛みを感じる場合は、歯の当たり方と噛み合わせが強すぎる場合があります。

歯を「ギシギシ」と噛んで痛みを感じる場合には、歯ぎしりなどの癖があって、歯を擦り合わせた時に必要以上に歯が擦れ合ってダメージを受けている可能性があります。

いずれの場合も咬合性外傷と呼ばれる状態で歯周組織にダメージを受けています。

 

普段では問題の無い場合でも歯周病が進行することで、通常の歯の噛む力(咬合力)に耐えられなくなり、その結果、歯を支える歯周組織に炎症が起きてくることもあるのです。

それぞれの原因によって歯の噛み合わせ自体に問題があるのか、もしくは歯周組織が歯の咬合力に耐えられなくなっているのか様々な違いがあります。

詰め物が取れている場合

歯の詰め物が取れている、もしくは取れかかっている際に食べ物を噛んで痛みを感じる場合もあります。

この際の歯の痛みの感じ方にも特徴があります。

 

詰め物が取れかかっている際の痛みの感じ方としては、食べ物を噛んだ時よりも、噛んでその後口を開けて噛んだものを離した時に痛みを感じやすいという特徴があります。

これは詰め物の下の象牙質に圧力がかかった後に、口を開けることで圧力が解放されて、その刺激を感じて痛みを感じている可能性があるためです。

そのため歯を噛んだ時よりも、噛んでその後開けた際に痛みを感じる場合には虫歯や歯周病よりも詰め物が取れているという事を疑う場合もあります。

デンタルフロスを入れた際にも、詰め物が取れかかっている場合には痛みを感じる事があります。

この場合には虫歯の可能性もあるため、痛みの原因が虫歯なのか歯の詰め物が取れかかっているのかを細かく調べる必要があります。

 

歯の痛みを感じる原因には様々なものがあります。

それぞれの原因によって特徴が色々とあるので、その特徴を見逃さずに原因を明らかにすることが大切となってくるのです。

(関連記事:朝起きた時に歯が痛いよくある理由

エナメル上皮種.jpg

口の中の腫れには様々な病気があり、中には注意をしないといけないものもあります。

症状のないものから痛みを伴ったり顔が腫れたり、悪性の癌であったりその種類は様々です。

その中でも歯の組織学的な発生に原因を認めるエナメル上皮種という病気があります。

 

エナメル上皮種は良性腫瘍であるにも関わらず浸潤や転移を認める事もあり再発率も高く、時には再発を繰り返す事で悪性化する事もあるというやっかいな病気です。

エナメル上皮種って何?

エナメル上皮種は元々歯を作る細胞であった歯胚の中のエナメル器が腫瘍化した病気です。

歯原生腫瘍の中では最も発生頻度が高く、発育が緩慢で腫瘍発生から腫瘍発見まで数十年かかる事もあります。

平均約40歳で認められ、発生初期には自覚症状がない事が多く、見た目や症状からは発見が困難でレントゲン撮影によって偶然発見される事もしばしばあります。

 

症状が出ると

痛みや顎の骨の膨隆

歯の動揺や傾斜

下唇の知覚麻痺

などが出る事がありますが無症状で経過する事が多く、症状を自覚するまでには腫瘍発生からかなりの時間が経過していると考えられます。

再発しやすい理由

エナメル上皮種は良性腫瘍にも関わらず再発をしやすい病気です。

良性腫瘍ですが癌のように組織への浸潤が多く認められ、単一腔の単房性の病変のみならず多房性の複数の隔壁を持つ状態や石鹸の泡のように顎骨内に病変を作る事もあります。

このような浸潤性の強さが良性腫瘍であるにも関わらず高い再発率を引き起こす原因の一つにもなっており転移する事もあります。

治療法

エナメル上皮種における治療はとにかく腫瘍を摘出するという事に尽きます。

腫瘍の進展に合わせて

①腫瘍の摘出

掻把

③顎の骨ごと腫瘍を摘出する顎骨切除やそれに伴う顎骨再建

凍結療法化学的焼灼法の併用

など治療法は様々です。

 

発生確率は10万人あたり1人以下と言われており、稀ではありますがエナメル上皮種の診断がくだった場合は治療も含めて経過観察も慎重に行う必要があります。

エナメル上皮種の経過

治療法において嚢胞を掻き出す掻把のみを行った場合は再発率が100%近くとなり、単純に摘出をした場合でも70%近くの再発率を認めるため複数の治療法を併用して行う事になる事がしばしばみられます。

適切なエナメル上皮種の治療を行った際の再発率はそれでも17%ほどあり、再発率は高い状況にあります。

最も再発率の低い腫瘍ごと顎の骨を切り取る顎骨切除をした場合でも再発率は10%ほどと言われています。

 

再発が起きた場合は半数が2年以内に起きると言われていますが10年を超えて再発が認められる場合もあり、経過は長期で見る事が大切となります。

そのため、エナメル上皮種の治療後の経過はおおよそ10年目までは慎重に見ることが推奨される事もあります。

エナメル上皮種の鑑別診断

エナメル上皮種との鑑別診断はいくつかありますが、その中でも歯原性角化嚢胞、含歯性嚢胞、歯根嚢胞があります。

これらはレントゲン上でエナメル上皮種と似た像を示す事があり、経過も変わります。

その中でも歯原性角化嚢胞との鑑別が困難になる事がしばしばあります。

 

歯原性角化嚢胞は、かつてはWHOの分類で腫瘍に分類されており角化嚢胞性歯原性腫瘍と呼ばれていましたが2017年からは嚢胞に分類されて名称の変更が行われています。

発生率もエナメル上皮種と比較的近く、エナメル上皮種同様にしばしば埋伏歯を含む事もあり画像診断で見分けがつきにくい事もあります。

治療で大切な事

細胞学的、組織学的な性質から再発する事がしばしば認められるという特徴から診断が下り治療が完了した後は主治医に従って予後の経過をしっかり見るという事が大切となります。

引っ越しなどで受診できなくなる場合は主治医にしっかり相談してその後の対応を決めていく事が大切になると思います。

 

阿部歯科でも長く千種区で歯医者をしていますが、やはりエナメル上皮種に遭遇する事は稀です。実際にエナメル上皮種の診断がくだり治療後の経過観察をしている患者さんは数年から十数年の長期にわたってレントゲン撮影を定期的に行い確認をしています。

エナメル上皮種の治療後にはこのようにレントゲン撮影による経過観察を定期的に行う事がとても大切となってきます。

歯の捻挫.jpg

朝起きた時に歯が痛いという理由で歯医者さんを受診される患者さんがしばしばいます。

千種区の阿部歯科でもそのような理由で受診される患者さんが多くいます。

歯が痛くなる理由は様々ですが、その痛みが出る時間帯によって虫歯や歯周病以外の他の原因によって痛みが出ている事が予想できる事もあります。

歯が捻挫を起こす

歯が捻挫を起こす、と書きましたが、捻挫といえば関節で運動をしすぎて関節を痛めてしまう事ですね。

歯にはもちろん関節はありませんが、関節のように歯も噛み合わせや特定の癖などの条件が重なると関節の捻挫のように痛める事があります。

 

ただし、歯の場合に痛めるのは関節ではなく、歯を支える歯と骨の間にある「歯根膜」です。

この歯根膜ですが、歯で物を咬んだ時や歯を噛み合わせた時に衝撃を和らげるためのクッションの役割をしています。

このクッションである「歯根膜」が強いダメージを受けると、炎症を起こして痛みを感じるのです。

歯を痛めないために自然と備わっている機能

ところでみなさんは、通常は上下左右合わせて歯が何本あるからご存知ですか?

親知らずを含めて32本です。

親知らずがなかったり生えてない人は全部で28本です。

そしてこの、28本の歯ですが、それぞれの部位の歯で役割が違います。

 

この28本の内

①笑った時に見える上下左右の前歯8本は、顎を前に出している時にお互いに当たり、その他の歯が当たらないように役目をしています。

②前から3番目の犬歯(もしくは糸切り歯)は、歯を咬んでギリギリ横に動かした時に当たって顎をスライドさせて、他の歯が当たらないようにしています。

③残りの上下左右奥歯16本は上と下の歯を咬み合わせた時に、カチっと安定した位置に保つ役割を果たしています。

 

基本的にはそれぞれの歯にはこのような役割があるのですが、人によっては、前から4番目の歯や5番目の歯も、歯をギリギリした時に当たる場合があります。

この4番目と5番目の歯の形ですが、見てみると少しだけ犬歯(糸切り歯)に似ています。

ちょうどこれらの歯は、奥歯の大きな2本の歯と犬歯の中間のような形をしているので、これらの2つの機能の中間の性質を持っています。

八重歯などで、犬歯が噛み合ってない場合は、この犬歯の奥にある4番目の歯が、歯をギリギリした時に犬歯の代わりの機能を果たしたりします。

歯の当たり方によって痛みが左右される

さて、このそれぞれの役割ですが、それぞれの歯がその歯の得意な役割以外の役割を与えられた時に、不具合が生じる事があります。

つまり、歯根膜がダメージを受けて歯が捻挫を起こしたように痛みを感じる事があるわけです。

 

例えば、歯をギリギリした時に前から6番目の大きな歯が上下で当たっているとします。

すると、ギリギリした時に歯に痛みを感じる事があります。食事の時にも普通に咬んだ時にも感じる事があります。

これは正に、歯根膜がダメージを受けて炎症を起こしている状態です。

 

①では、なぜ犬歯は大丈夫なのでしょうか?

この、犬歯ですが、実は他の歯よりも骨に植わっている歯の根の長さが長いのです。

つまり、電柱が地面の奥に深く刺さっているようなもので、横揺れに強いわけです。

そのためにギリギリやった時にもしっかり歯の支えが得られるのです。

前から4番目と5番目の歯は奥歯よりは犬歯に近いものの、犬歯ほどはこのギリギリした時の横揺れの強さには強くはありません。

 

②前歯の場合はどうでしょうか?

前歯は犬歯ほど歯の根は深くがありませんが、全部で8本で顎を前に出した時に当たるようになっています。

ギリギリして犬歯が当たっている場合は、下顎を右に動かした時は右の上下の犬歯の2本が、下顎を左に動かした時は左の上下の犬歯の2本がそれぞれ当たっています。

前歯と犬歯の当たっている時の数を単純に数えると8本と2本で4倍違うわけです。

そのために、前歯の歯の根が犬歯ほどは深くなくても支えとしての役割を果たす事ができます。

どうして寝ている間に歯を痛めるのか

しかし、例えば、夜に歯ぎしりの癖がある人だと、毎晩得てる時に日常的に歯をギリギリするので、歯ぎしりをしない人に比べて犬歯がすり減ってきます。

犬歯がすり減ってくると、それまでギリギリした時に当たっていなかった4番目の歯が当たり出し、次に5番目の歯、そして6番目、7番目の歯へと当たるようになってきます。

4番目の歯が当たる場合は症状がない人が比較的多いですが、5番目、6番目と当たりが強くなってくると、痛みが出てくる人がチラホラと出てきます。

 

特に6番目と7番目の歯がギリギリした時に当たっている場合は、強い痛みが出る事もしばしばあります。

6番目と7番目の歯はギリギリした時の動きに本当に弱く、これが歯が捻挫を起こしたような状態になるのです。

 

このような場合は、夜につけるナイトガードを製作するなどして、そのナイトガードが奥歯を守るようにする事ができます。

そのためには、寝ている時にナイトガードはつける必要があります。

歯ぎしりの自覚がなくても、朝起きると歯の奥が痛かったり、顎の関節がなんだか痛い、というような人は、寝ている間に歯ぎしりをしている可能性がある事に注意しないといけません。

虫歯を削らないためには.jpg

虫歯と言えば削るものという認識があると思います。

しかし、場合によっては削らずにそのままにしておく場合もあります。

今回はそのような虫歯になっても削ったり埋めたりしない虫歯についてお話をしようと思います。

削らなくてもいい虫歯の条件

削らなくてもいい虫歯とはは一言で言ってしまえばそれ以上悪くならない虫歯の事です。

つまり、虫歯が進まない、そして痛みやうずくなどの症状のない虫歯に相当します。

一言で言うと非常にシンプルに聞こえますが、このハードルをクリアするのはかなり多くの条件が必要となります。

 

その条件の一部のをあげますと

①虫歯がまだ初期の段階である事

②虫歯になり始めてから時間が経っているものの虫歯が進行していない

歯磨きがほぼ完璧にできている事

④歯ブラシ、歯間ブラシ、糸ようじ、洗口液などを使って磨き残しがないようにしている事

⑤食後に欠かさず歯磨きをしている事

⑥少なくとも3ヶ月ごとに歯医者さんで定期検診を受けている事

などの条件を達成している場合に限ります。

 

つまり、

①まだ小さい状態の虫歯で、虫歯が進まない事が確認されている(またはかなり虫歯の進行が遅い)

②歯磨きもよくできていて歯科検診で歯医者さんが確認しても汚れが確認できないくらいの状態で磨けている

③食後に欠かさず歯磨きを続けている

④定期的に歯医者さんで虫歯の進行具合を確認している

などの状態がクリアされている事が必要となってきます。

 

虫歯を進行させないためには

今池からすぐの歯医者の阿部歯科の患者さんでもむやみに歯を削らずに現状を維持していただいている患者さんもいます。

そういった患者さんは定期検診時に確認すると歯磨きの具合は限りなく100点に近いです。

その上で定期検診時には普段ではどうしても磨くのが難しくなる歯周ポケットの中の掃除や細かい隙間に入り込んでいる細菌の消毒を行います。

しかしながら、虫歯予防の基本は家での歯磨きです。

いかにしてこの歯磨きをこまめに、かつ完璧に近くできるかが虫歯の再発生や進行に大きく影響をしていきます。

 

そのため、虫歯が小さく100点に近いくらい歯磨きができている場合は条件が合えばむやみに歯を削らないようにします。

この条件をクリアするのは本当に極限られたケースの場合と患者さんの歯磨きの具合定期検診の頻度によってしまいます。

逆にこれらの条件が達成されていない場合に虫歯を放置してしまいますとさらに虫歯が進行していってしまう事になるので、この虫歯の経過観察というのは注意して決定する必要があります。

虫歯といっても多くの条件を乗り越えた極一部のケースに関しては中には定期検診をしてそれ以上虫歯が進行しないように経過観察をする場合もあるのです。

 

(関連記事:虫歯や歯周病の始まりとなるプラークの蓄積

歯周病での破骨細胞.jpg

歯周病になると歯肉が下がるだけではなく、歯を支える歯槽骨自体も吸収されて溶けていきます。

そして、骨が溶ける事が結果的に歯が抜けるといった症状へとつながっていきます。

なぜ歯周病で骨が溶けるのかという事には体の機能が関係しています。

歯周病が骨を溶かす

歯周病は、通常では悪さをしていない悪性度の低い細菌の状態では骨は溶けません。

口腔内清掃の悪化などの理由で、悪性度の高いDysbiosisと呼ばれる細菌の状態へと変化する事(マイクロバイアルシフト)で骨が溶かされていきます。

しかし、歯周病による症状、腫れや出血、歯槽骨が溶けるといった症状は悪性度の増した細菌そのものが直接起こしているわけではありません。

それらは、細菌に反応した体の様々な細胞によって起きている反応です。

 

歯肉の腫れといった炎症も、悪性度の増した細菌に反応した免疫細胞が種々のサイトカインなど様々な物質を放出する事で起きます。

それに伴って血管の拡張や透過性の亢進などを引き起こし歯の周りが腫れるといった状態を引き起こしています。

それと同様に、歯を支える歯槽骨が溶けるのも悪性度の増した細菌からなんらかの物質が出て骨を溶かしているわけではありません。

別の細胞によって骨が溶かされています。

歯槽骨を溶かしている原因となる細胞は、通常でも体の骨の代謝(骨改造)を行っている破骨細胞によって行われています。

骨は溶けては作られているが歯周病では一方的に溶ける

体の中の骨は常に新しく作りかえられており、溶けては作ってを繰り返してどんどん新しい骨へと置き換わっていきます。

成人では1年間での骨の置き換わり(骨改造)は全体のおおよそ2%ほどと言われています。

そのため、通常では骨には骨を溶かす破骨細胞はまばらに見えるのみにとどまります。

しかし歯周病の起きている部位では破骨細胞が非常に多く見られます。

この組織学的な状態が歯を支える骨である歯槽骨を過剰に溶かすという症状を作り出しています。

 

正常な骨では骨を溶かす破骨細胞と骨を作る骨芽細胞がタッグとなるユニットを組んで行動します。

このユニットは行動を開始するとおおよそ4か月間共に骨の改造を行います。

このユニットは

・活性化

・破骨細胞による骨吸収

・骨吸収から骨添加への変化

・骨芽細胞による骨形成

といった手順を踏みます。

このようにして破骨細胞と骨芽細胞によって骨は溶かされては作られてといった恒常性が維持されています。

歯周病で溶かされる骨

通常では破骨細胞と骨芽細胞によるユニットの共同作業で骨は新しくどんどん置き換えられていきます。

歯周病ではこのような共同作業とは全く違った事が骨で行われています。

 

破骨細胞は重要な免疫細胞で単球やマクロファージの前駆細胞から分化をしており、それらの細胞と共通の起源を持ちます。

破骨細胞はM-CSF(マクロファージコロニー刺激因子)やRANKL(破骨細胞分化誘導因子)といったサイトカインによって分化され活動を開始します。

炎症の際には、悪性度の増した歯周病細菌によって活発化した免疫細胞によってこのようなサイトカインが数多く放出されます。

その結果破骨細胞が急激に作り出され、そして骨を急激に溶かしていくのです。

 

つまり、通常の歯周病では

口腔内清掃状態が悪くなる

・悪性度の低い状態から悪性度の高い細菌状態へと変化する

・細菌に対して免疫細胞が集まりだす

・免疫細胞が様々なサイトカインなどを放出する

・腫れや易出血性などの炎症が起きると共に、破骨細胞が活性化される

・歯肉が腫れて歯槽骨が溶ける

・歯周病となる

・歯肉からの出血や細菌による代謝物が栄養となり、さらに細菌が増殖する

さらに歯周病が悪化する

といった悪循環が起きるのです。

 

千種区の歯医者の阿部歯科ではこのような歯周病の悪循環を断ち切るために、位相差顕微鏡を導入して細菌の密集具合を直接確認しています。

さらに消毒薬を使っての清掃をする事でいかに悪性化した細菌の状態を改善させていくかという事に力を入れています。

 

細菌感染によって歯肉に炎症が起きるのは免疫細胞が細菌と戦おうとした結果ともいえます。

その結果自分自身の組織も自ら痛めてしまう事となります。

一方で炎症によって大量に作り出された破骨細胞は歯を支える骨を溶かし結果として歯の脱落(歯が抜ける)といった結末へと向かっていくのです。

しかし、この理由は細菌感染を引き起こした感染源である歯そのものを脱落させる事でその感染源を取り除こうとする体の反応の進化ではないかという考察も報告されています。

実際に重度の歯周病でも、歯を失う事で感染源そのものがなくなると急激に状態が回復するのでこのような歯周病に対する破骨細胞の反応も体を守ろうとする防御機能の一つなのかもしれません。

(関連記事:どうして歯周病になるのか

 

参考文献)

1) Recent advances in osteoclast biology and pathological bone resorption. Blair H. C. and Athanasou. N. A. Histol. Histopathol. 2004

2) Osteoporosis and inflammation. Mundy G. R. Nutr. Rev. 2007

3) Mechanisms of Bone Resorption in Periodontitis. Hienz S. A., et al. J. Immunol. Res. 2015.

4) Host defense against oral microbiota by bone-damaging T cells. Tsukasaki M., et al. Nat. Commun. 2018.

差し歯が取れる.jpg

名古屋市千種区の優しい歯医者さん 阿部歯科の副院長です!
本日は患者様から歯科治療について『よくいただくご質問とその回答』をご紹介したいと思います。

今日は「差し歯」についての話題で、「差し歯が取れてしまう主な理由」と「差し歯が取れてしまったらどうすれば良いか?」について、詳しく歯科医が解説します。

【記事のリライト:2020年7月15日】


差し歯とは、虫歯などの理由で歯が大きく欠損しまった部分に歯の形を作りなおして、歯の根に差し込んである人口の歯の事です。

患者さんの中にも、これまでに差し歯が取れてしまった経験がある方もいらっしゃるかもしれません。

阿部歯科にも差し歯が取れてしまって、困った!という事で受診される患者さんがしばしばいますが、ではどうして一度つけた差し歯が取れるのでしょうか?

 

そもそも差し歯とは何か?

・虫歯や歯の根っこの先に膿を作ってしまった・・・

・歯が割れてしまった・・・ など
 

その他の理由で歯の神経を取る事になった後は、歯の神経が元々あった空間に樹枝状の材料や薬、その他の人工物を埋める必要がでてきます。

その後には、その歯に対して杭のような人工物を打ち込んで土台を作り、さらにその上に被せ物を作っていきます。このような歯科治療です。

『差し歯が取れる』という表現は、この杭の部分から取れた時に一般的に使われます。

杭が取れずに被せ物のみが取れる事もあるのですが、この場合は、被せ物が取れたと表現される事が多くあります。

 

sashiba abe.jpg

 

それでは、この歯に打ち込んだ「杭」はなぜ取れる事があるのでしょうか?

大きく分けると、その理由はいくつかに分けられますが、代表的なものとしては

最初に歯科治療をした時点で、既に健康な歯の部分があまり残っていなかったから

歯と杭の間が虫歯になってきたから

などの場合があります。

 

治療した差し歯が取れてしまう主な理由①

の場合の、「健康な歯の部分があまり残っていなかったから」というのは、

歯に杭を打ち込んで被せ物の土台を作ったものの、杭を打ち込んで作った土台の部分と後からかぶせる被せ物の部分はしっかりとついているものの、

打ち込んだ杭の部分だけでは十分に自分自身の歯との「くっつき」が得られない、という場合に実は起きます。

 

差し歯を作って被せ物をする場合は、歯茎の上から高さ2mm以上でまわりの周囲が70%以上自分の健康な歯の部分が残っていないと差し歯が杭から丸ごと抜けてしまう可能性が高まるという性質があります。この残った健康な「高さ2mm以上で周囲が70%以上」の自分自身の歯の部分によって、被せ物が自分の歯自体から取れにくくしているのです。

 

このわずか「2mmの高さの自分の健康な歯の部分」が、被せ物と自分自身の歯とのくっつきに大変大きな貢献をしているのです。

 

例えば、不幸にも歯が大きく虫歯になってしまい、ほぼ歯茎の際までしか自分の歯が残らなくなってしまった場合、被せ物は歯に打ち込んだ「杭」によってのみ支える事になります。

このような場合は、歯を抜かずに歯を残して被せ物をしようとするには、杭を歯に深く打ち込まざるをえず、咬んだ時の負担全てをその杭のみで支えないといけません。


そのため、負担に耐えきれずに杭が取れてしまったり、負担が自分の歯にかかりすぎて歯自体が大きく割れてしまう事もあります。

この①の理由で差し歯が取れる場合は、比較的早い段階で差し歯が脱離する場合があります。
 

治療した差し歯が取れてしまう主な理由②

では、②の理由の「歯と杭の間が虫歯になってきたから」という理由の場合はどうでしょうか?
 

歯に杭を打ち込む時に、多くの健康な自分自身の歯の部分が残っていても、杭の土台から取れてくる事があります。

この場合は被せ物と歯の間から虫歯が進行して、その虫歯が杭と歯の間まで進んでしまい杭と歯の間のくっつきがなくなってしまった場合に起きます。

こういったケースは、長い時間をかけて少しずつ虫歯が進行した結果なので、①に比べて比較的長い時間をかけて取れてくる場合が多いです。このような事態を予防するために、しっかり歯と被せ物の間を毎日よく磨く事が大切となってきます。

 

歯と被せ物の間の虫歯は、被せ物が上にあるため一見してわかりづらい事も多く、虫歯がある程度進行してからはじめて分かるといった事もしばしばです。
 

もし差し歯が取れてしまったら…

差し歯が取れにくいようにするためには、虫歯がまだ進行しきっていない時期に歯科治療をする事が実は大切となります。

健康な歯の部分がなるべく多く残った状態で被せ物をして、被せ物をした後は定期検診での口の中の掃除も含めて、毎日の歯磨きと清掃を注意深く行う、という事が大切になってきます。
 

一度取れた差し歯は、どうしても何かしらの取れる理由があったために、差し歯について再度歯科治療を行っても、やはり差し歯が取れやすい条件が残ってしまっている場合があります。

そのため、差し歯が取れたら対策をするのではなく「差し歯が取れる前にしっかりと対策をする事」が大切です。

 

●歯の健康な部分があまり残ってない場合は、

骨の一部を削って歯を露出させて歯の健康な部分の高さを取ったり(自分自身の歯の健康な部分を歯茎から高さ2mm以上になるまで骨を削ったり)

歯自体を少し骨から引っ張り出して歯の健康な部分を露出させる(歯茎から歯を歯茎の上に牽引する事で、歯茎から2mm以上の高さを確保する)

といった特殊な歯科治療もありますが、これらはやや特殊な方法なので、やはり自分の歯の健康をなるべく守るといった事がより重要になってきます。

 

差し歯のトラブルなら、千種区の優しい歯医者 阿部歯科へご相談ください

当院では今回詳しくご紹介をしました、「差し歯のトラブル」に関するご相談に随時応じています。

できるだけ長く快適にお食事や会話がきますよう、差し歯に関する適切な治療も行っております。
何かお困りなことやお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。

まずはじっくりと患者様のお話をお聞きした上で、お口の状態をくわしく拝見し、適切な歯科治療をいたします。安心して、リラックスして歯科治療を受けていただければと思います。
 

treatment 0715.jpg

今回は『差し歯がなぜ取れるのか?』という事について、比較的代表的な理由をお話ししましたが、これ以外の理由にも噛み合わせ・生活習慣・癖など細かいものまで含めると多種多様な理由があります。そのため、注意深く原因を突き止める事が大切になってくるのです。その上で、適切な治療を進めることが非常に重要です。
 

(関連記事:歯の詰め物が取れる原因

 

歯の脱臼.jpg

事故や転倒などの怪我で歯が抜けてしまう事があります。

千種区の阿部歯科にも転んで歯を打って抜けてしまった、という相談で歯医者に来院される患者さんがしばしばいます。

完全に歯槽骨から歯が取れてしまった状態を完全脱臼、大きく動いているものの一部がまだ歯槽骨に付いている状態を不完全脱臼と言います。

歯が完全に歯槽骨から脱落してしまった場合には歯を歯槽骨に植えなおす再植を試みる事があります。

脱臼により抜けた歯を再植した後の経過

事故などで歯が抜けてしまった後に再植を試みる事がありますが、その経過には大きくわけて3種類の経過をたどると言われています。

それぞれに

機能的な回復

置換性吸収

炎症性の吸収

となります。

 

機能的な回復もしくは骨性癒着を伴った回復では、歯は通常に近い状態まで回復し長期経過において安定しうる状態に落ち着きます。

一方で置換性吸収や炎症性の吸収では再植を行った歯に対して破歯細胞(破骨細胞と同義)による急速な吸収が行われるため、予後として経過が悪くなります。

 

機能的に回復した場合は長期のレントゲン確認にて歯の吸収はほとんど認められず、歯に対する痛みなどもなく機能的に通常の歯と同様までに回復します。

置換性吸収では歯と骨が一体化する骨性癒着(アンキローシス)と呼ばれる状態になり、この状態では歯と骨の境界に存在する歯根膜が消失し破骨細胞(破歯細胞)の骨改造による吸収を受けて歯根が吸収されて骨へと置換されていきます。

炎症性の吸収では炎症に伴う痛みや腫れなどに伴って破骨細胞が活性化され、それによって歯根が吸収されて消失していきます。

再植した歯が機能的に回復する割合は?

再植歯の経過を観察すると再植歯が

機能的に回復した割合はおおよそ4分の1

置換性吸収が行われた歯はおおよそ半分

炎症性の吸収の経過をたどった歯はおおよそ4分の1

と報告されました。

 

置換性吸収が起きた歯ではおおよそ6年で約4分の1の歯が脱落し、炎症性の吸収を伴った歯では4年以内で約4分の1の歯が脱落しているため、炎症を伴った吸収では予後が悪く急速に歯根の吸収が行われている事が分かります。

さらに炎症性の吸収による歯の脱落が起きる場合はその多くが2年以内に起きるとされ、平均的には1.7年で4分の1の歯が脱落するとされています。

骨性癒着を伴った歯の寿命はおおよそ5から8年と言われる事があるため、炎症が起きるか起きないかでも大きな差が出る事が分かります。

歯の脱臼による歯への影響

歯の脱臼は多くが転倒による前歯の脱落などで起きるため、子供にしばしば見られます。

子供の歯はまだ萌出途中であったり、歯根が未完成であったりした場合はさらに脱臼がしやすいという状態にあります。

脱臼をしてから再植を受けるまでの歯には歯根膜の細胞を保存する事が大切な要素の一つとなり、歯根膜の細胞が生きているかどうかで骨性癒着を起こすかどうかの要因になりえます。

その他にも脱臼時の歯へのダメージによる破折やヒビなどといった後々炎症を起こしうる要因といった様々な要素がからみあって再植後にどのような経過をたどるのかが変わってきます。

そのため、歯が脱臼した場合は可能な限り速やかに再植を受けるために受診をする事が大切な事の一つとなります。

 

参考文献:

1) Results after replantation of avulsed permanent teeth. Pohl Y., et al. Dent. Traumatol. 2005.

2) Survival and complication analyses of avulsed and replanted permanent teeth. Müller D. D., et al. Sci. Rep. 2020.

根管内イリゲーション.jpg

虫歯などで歯の根が細菌に感染してしまった際に根管内から感染物質を取り除き、洗浄と消毒をするのですが根管内に使う薬剤には時代と共に移り変わりがあります。

20年ほど前は交互洗浄という方法で次亜塩素酸ナトリウムと過酸化水素水を用いた発泡作用を用いた洗浄方法が使われていましたが今ではその洗浄方法もガラリと変わりました。

根管内洗浄に使われる薬剤

今の根管内洗浄と消毒の主流は次亜塩素酸ナトリウム単独での使用へと変わっています。

スメア(無機質の残渣)の除去としてEDTAを併用する事もありますが、消毒と洗浄の本体は次亜塩素酸ナトリウムによる有機質溶解作用を利用して行われます。

千種区にある歯医者の阿部歯科でも根管内治療の際に使用する消毒薬剤は、現在の歯科医学的な消毒方法の主流である次亜塩素酸ナトリウムを用いて行っています。

次亜塩素酸ナトリウムが洗浄の主流となっているのは日本だけでなく世界的な歯科治療の現在のトレンドですが、その濃度に関してはややはっきりしてない部分も実はあります。

根管内洗浄に使われる次亜塩素酸ナトリウムの濃度はおおよそ0.5%から5%、時には10%の濃度のものが使われますが、消毒と洗浄において濃度はそこまで重要な要素をしめないと指摘される事もあります。

むしろ、重要なのは次亜塩素酸ナトリウムを用いた洗浄の頻度と時間であって、濃度が上げる事では根尖部の歯周組織を痛めてしまい歯根膜症状を出す可能性が上がるとも指摘されています。

次亜塩素酸ナトリウムの根管内洗浄における最大の利点は様々な細菌に作用する範囲の広さで、それと同時に有機質溶解作用による感染や壊死した残存歯髄の溶解という点に根管洗浄に対する大きな利点があります。そのため、次亜塩素酸ナトリウムを用いた根管内洗浄が現在の歯科における主流となっています。

次亜塩素酸ナトリウム以外の他の薬剤はどうか

次亜塩素酸ナトリウムを用いた洗浄は消毒や有機質溶解という点において多くの利点がありますが、それと同時に歯周組織に薬剤が漏出した場合のダメージや象牙質における有機質への作用という点に課題が残っています。

次亜塩素酸ナトリウムに変わる薬剤として可能性を試されている薬剤の一つがグルコン酸クロルヘキシジンとなります。

グルコン酸クロルヘキシジンは歯周病領域においてしばしば使われる薬剤ですが、根管内における歯内治療においてもその可能性が調べられています。

グルコン酸クロルヘキシジンはグラム陽性とグラム陰性の細菌に対して幅広く作用を示しますが、その作用は濃度に依存します。消毒作用としては有効性があるものの次亜塩素酸ナトリウムとは大きく違う点がいくつかあります。

その一つがグルコン酸クロルヘキシジンには有機物溶解作用がないという点です。この点がないという事で次亜塩素酸ナトリウムと比べて歯周組織に薬剤が漏出した際のダメージが低くなるという一方で、根管内に残存する感染歯髄や壊死歯髄を溶解できないという弱点もあります。利点がそのまま逆に弱点にもなっているのです。

さらに細菌に対する消毒の作用が次亜塩素酸ナトリウムよりも弱いのではないかという事が言われています。様々な報告を見ると次亜塩素酸ナトリウムとグルコン酸クロルヘキシジンの消毒作用を比べると、

次亜塩素酸ナトリウムの方が消毒作用が強い

どちらも変わらない

グルコン酸クロルヘキシジンの方が消毒作用が強い

といった報告が混在していますが、次亜塩素酸ナトリウムによる消毒作用がよく調べられている一方でグルコン酸クロルヘキシジンによる根管内の消毒作用は次亜塩素酸ナトリウムに比べるとまだまだ十分に調べられていないという現状があります。

根管内における洗浄は細菌と残存有機質の除去という点が重要になるため、薬剤という点から見た場合は次亜塩素酸ナトリウムによる洗浄がまだしばらくは主流のままになるのではと思われます。

(関連記事:歯の神経を取る時って痛いの?

 

参考文献:

1) Sodium hypochlorite in endodontics: an update review. Mohammadi Z. Int. Dent. J. 2008.

2) Apical extrusion of sodium hypochlorite using different root canal irrigation systems. Mitchell R. P., et al. J. Endod. 2011.

3) The Effect of Sodium Hypochlorite and Chlorhexidine as Irrigant Solutions for Root Canal Disinfection: A Systematic Review of Clinical Trials. Gonçalves L. S., et al. J. Endod. 2016.

古代のガム.jpg

1000年近く前の中世ヨーロッパの人々の歯石から当時の口腔内細菌の痕跡を探す事で当時の口腔内細菌の状況が現代の人々の状況に近く、さらに歯周病菌がすでにはびこっていた可能性がある事が判明しましたが、それよりもはるかに古い5700年前のヨーロッパの人が噛んだガムから当時の口腔内細菌の痕跡を見つける事ができた事が報告されました。

カバノキの樹脂から古代の痕跡が

5700年前にカバノキの樹脂を噛んだサンプルから噛んだ本人と口腔内細菌の痕跡などが見つかり話題になっています。

ガムの中には様々なDNAの残骸があり、そのDNAの断片を調べる事で様々な事が判明したそうです。

ガムを噛んでいたその人物は、浅黒い肌に青い目、茶色の髪の女性でその口腔内細菌などの一部の様子も判明しました。カバノキの樹脂がなぜ噛まれたのかははっきりしていないものの、道具を接着する際に使う接着剤として使った際に柔らかくするために噛んだとか、カバノキの樹脂には消毒作用があるため歯科疾患への対応のために噛んでいたとか、単にガムのような目的で噛んでいたとか、などの予想がされています。

いずれにせよ、この古代のサンプルが人によって噛まれていた事ははっきりしておりこの5700年も前の資料から当時の口腔内の様子を調べる試みがされました。

すでに歯周病菌がいた

歯周病は虫歯と含めて非常に古くからある疾患だと分かっていますが、ここ10年ほどの研究で歯周病には様々な口腔内細菌や免疫の状況が関連している事が分かっています。

歯周病に関連する細菌でも特に有名なRed complexと呼ばれる細菌群、

ポロフィロモナス・ジンジバリス(Porphyromonas gingivalis)

タンネレラ・フォーサイシア(Tannerella forsythia)

トレポネーマ・デンティコラ(Treponema denticola)

の3菌種のDNAが5700年前のガムから発見されました。

現在有名なこれらの歯周病関連細菌が5700年前にすでに口腔内に住み着いていた可能性があるというのは非常に驚きです。

さらにガムからは様々な口腔内の共生細菌や肺炎に関わる細菌や伝染性単核球症の原因であるエプスタイン・バールウイルス(Epstein Barr Virus)といったウイルスの痕跡も見つかっています。

これほどまでに古いサンプルからも当時の口腔内の様子が判明するというのは非常に驚きです。ここ数年のDNAを対象としたメタゲノム解析やタンパク質を対象としたメタプロテオミックス回析は発展も目覚ましく、サンプルを総括的に調べる事で急速に様々な事が分かる用になっています。

このように非常に古い口腔内の様子が分かるようになればどのように口腔内細菌が進化を遂げて虫歯や歯周病を引き起こすようになったかも分かるようになるかもしれませんね。

それによって虫歯や歯周病への対応方法が発展するかもしれないと思うと予防歯科に力を入れている今池から5分の歯医者の阿部歯科ではこのような報告にも目が離せません。

(関連記事:歯周病に関連する細菌

 

参考文献:A 5700 year-old human genome and oral microbiome from chewed birch pitch. Jensen T. Z. T., et al. Nat. Commun. 2019.

抜歯理由.jpg

千種区の歯医者 阿部歯科 副院長です。本日は多くの患者さんが気にされる抜歯について、詳しく解説をします。

歯を維持するために日々歯をこまめにみがいたり、定期的に歯医者さんに通っている方も多くいると思いますが、時として処置の一環として抜歯をせざるをえない時もあります。

抜歯をする理由は様々ですが、日本における抜歯処置の年齢別や理由別の傾向というものが存在します。

阿部歯科 親知らずと抜歯 専門サイト」の特別ホームページも用意していますので合わせてご覧ください。

 

歯科治療時の抜歯は何歳で行われる事が多い?

単純な数でみると抜歯処置を受けている人数はおおよそ日本では55歳から64歳でピークを迎えます。

その前後の45歳から54歳、65歳から74歳にかけても抜歯処置を受ける人は数が多く、抜歯の処置を受けた人のおおよそ6割以上がこの45歳から74歳までの間に集中しています。


55歳から64歳にかけては抜歯処置を受けた人の4分の1が集中しており、そのため、45歳を超えた後は抜歯とならないように歯に注意深く気を配らないといけない事が分かります。
 

逆に75歳を超えてくると抜歯の処置を受ける人が極端に減りますが、これは高齢者の人口という理由の他に高齢者では積極的な観血処置を避ける事もしばしばあり、例え、抜歯の対象となる残根(歯の冠がなくなって根っこだけになってしまった状態)や歯が割れていてしまっていてもそのままの状態にしておくといった選択を患者さん本人が取る事が増えてくるためです。

抜歯を受ける数は若年者から年齢が上がると共に少しずつ増加していきますが、25歳から34歳付近で少し増える事があり、これはこの時期に親知らずが腫れたなのどの理由で親知らずの抜歯を希望する患者さんが増える事が理由だと考えられます。

逆にこの時期を過ぎると親知らずの抜歯を希望する患者さんは、やや減少する傾向にあるように感じます。

 

歯を抜く処置を受ける理由

抜歯処置を受けるには様々な理由がありますが、その中でも多い2つ理由が虫歯歯周病になります。

虫歯とそれに続く症状(例えば、虫歯で歯が割れてしまったなど)を理由に抜歯処置となる人は抜歯処置を受けた人全体のおおよそ52%から55%と過半数を占めています。

一方で歯周病を理由に抜歯処置を受けた人は全体のおおよそ38%から42%とこちらもかなりの数を占めています。

これらの、虫歯もしくは歯周病を理由に抜歯処置を受けた人は9割近くにのぼる事が分かります。

虫歯で歯がなくなってしまい、抜歯する事になる事は想像できるかもしれませんが、歯周病を理由に抜歯処置となってしまう患者さんもこれほど多いのです。

そのため、歯自体は虫歯もそれほどないのに歯周病で歯槽骨が溶けてなくなってしまい歯を支える事ができなくなって、その結果、抜歯せざるをえないという事がないように日頃から歯周病の処置へは気を配る事が大切となる事が分かります。

 

45歳以上では歯周病が最も多い抜歯理由となる

全体でみると抜歯処置を受ける理由は虫歯の方が歯周病よりも多くなりますが、45歳以上では虫歯よりも歯周病が抜歯となる理由として最大となります。

歯周病は20歳を超えれば誰でもなる可能性があり、知らないうちに歯周病がすすむ事で歯槽骨が減り、その結果歯を支える事ができなくなってしまうという事もしばしば

起きます。

特に45歳以上では歯周病で抜歯となってしまう理由が虫歯でなってしまう理由を超えるため、実際に抜歯の処置を受ける45歳の手前の30代からあらかじめ注意する必要があります。

逆に未成年の若年者では、抜歯を受ける理由が矯正治療のための抜歯が多くを占めており、歯周病はもちろん虫歯を原因とする抜歯も少ない事が分かります。

15歳から34歳にかけては、親知らずが腫れたなどの理由で親知らずを抜歯する事が一時的に増える時期がありますが、年齢によって抜歯の理由がガラリと変わるのが分かります。

(関連記事:どうして歯周病になるのか

 

親知らずの抜歯をする理由

親知らずは上顎と下顎の両方に生える可能性がありますが、親知らずを抜歯する理由は日本国内では虫歯や親知らずが腫れたといった理由が大部分を占めます。

親知らずの虫歯を理由に抜歯を受ける割合は上顎の親知らずで過半数を超えている一方、下顎の親知らずでは親知らずが腫れたなど虫歯以外の理由で抜歯を受ける人が多くなります。

事実、親知らずは下顎の方が腫れる傾向が多いため、このような差が出るのだと思われます。

 

千種区の歯医者 阿部歯科は抜歯相談にも応じます

「この親知らず、早めに抜いた方がいいのでしょうか?」「抜きたい気持ちもあるけれど、無理に抜かなくてもいいのか悩みます…」といったご相談をよく患者様からいただきます。そのため阿部歯科では、親知らずの悩みや抜歯相談などを随時受け付けていますのでお気兼ねなくご相談ください。

抜歯はそれぞれの患者様の歯の状態、口腔内状態によって判断が異なります。レントゲンを撮影し、より具体的なデータに基づき抜歯すべきか否か等を適正に判断いたします。食事の時などに親知らずが原因で歯が痛い場合にやっぱり抜いた方がいいのかな…と悩みことも多いのではないでしょうか。

親知らずは必ずしもすぐに抜いた方が良いわけではありませんが、歯科医師による早めの判断が大切です。もしも今後抜く可能性がある場合、マイナスな影響が無いよう、早めに抜いた方が良い症例も勿論あります。お一人で悩まずまずは頼れる歯医者さんへ相談しましょう。

 

参考文献:

1) Reasons for extraction of permanent teeth in Japan. Morita M., et al. Community Dent. Oral Epidemiol. 1994.

2) Reasons for permanent tooth extractions in Japan. Aida J., et al. J. Epidemiol. 2006.

 

【お電話でのご予約】TEL:052-751-0613
診療時間
10:00~14:00

16:00~19:30

▲ 土日:9:30~13:00 / 15:00~18:00 休診・・・祝日
親知らずと抜歯・歯周病治療の専門サイト
阿部歯科 特別コラム

医院情報


千種区の歯医者 阿部歯科

〒464-0074
愛知県名古屋市千種区
仲田2-18-17

【お電話でのご予約】
TEL:052-751-0613

ご予約・お問い合わせ 平日の遅めの時間と土日が予約が取りづらくなっていますので、お早めのご予約をおすすめします

駐車場:あり

地下鉄池下駅より徒歩5分、
今池駅から6分

千種区の歯医者|Copyright © 阿部歯科. All Right Reserved.
Web Management Exe.
ご予約
ご相談
ページ
最上部へ